秘密の死から、語るべき死へ。宮城県自死遺族支援連絡会シンポジウムに参加しました。

日本では毎年二万人以上の方が自死で亡くなっているので、それに比例して、
大勢の遺族がいるわけですが、
ほとんどのひとが、
家族の自死を秘密にしています。

嘘をついていたり、黙っていたり
最初からいないことになってたり。

本当の意味で自死をなくすためには
遺族の置かれた現状を社会に知らしめ
自死を病死や事故死のような

<語れる死>

にしていくことが大事だよね。

ということで、
本日は東北希望の会として関わっている、


c0195362_18084849.jpg


宮城県自死遺族支援連絡会
シンポジウム、

「自死は向き合える」

に参加しました。

c0195362_18431644.jpg




迫り来る台風のなか、たくさんの皆様に参加していただき、感謝の気持ちでいっぱい。

今回は、同じタイトルの岩波ブックレットを出版している、

c0195362_18480411.jpg



ルポライターの杉山春さんが基調講演。


c0195362_18093517.jpg

いのちの電話さん。藍の会の田中さん。グリーフケア研究会の滑川先生と、宮城県精神保健センターの小原先生他の皆さまとご一緒です。

わたしは過労死過労自死の担当ですが
テーマがテーマだったので、
一遺族としてもがいた結果として、
昨年NHKウォッチ9で特集された

「宇多田ヒカル」

の映像を見ていただきました。

以下にリンクを貼ってありますが、
この取材は本当に辛くて、
神経が切れるんじゃないか
と思ったけど、
みなさんに見ていただいて
ようやく元を取りました。



満足。


これであとは一気に11月の過労死防止月間に突き進みます(^_^)


*番組の概要はこちら
宇多田ヒカルさんの新作。広がる共感。


ブックレットを購入した記念に
杉山先生にツーショット写真を撮っていただきました!
ありがとうございました

c0195362_18483469.jpg

by terasumonnmoku | 2017-09-17 17:50 | Comments(0)

宇宙真理哲学講師、らくがきすと、即興ピアニストぷらす社会活動家(過労自死遺族当事者)働くことから世界を変えるをモットーに、さまざまな活動をしています。合言葉はREBORN.大事なのは、生きることだ!


by terasumonnmoku