大変さに付加価値がある!〜水汲みによせて

いつもの仲間で水汲みに!

山形、東根、あらえびすは
冬だった。

c0195362_19155444.jpeg


水源に向かう山道には
除雪が入っておらず

頼みのクローラー車も故障中。

片道1時間歩くなら
行けるよ!

と黄色い三つ編みの帽子を被った
東出さんに言われ、

あっさり断念。

ウルフ犬のライガたちに
ご挨拶しつつ

あらえびすのスタッフが
精魂込めて
汲んできてくれた水を
横からもらって大満足。


c0195362_19225528.jpeg


はくよう
の、おいしい肉そば♪と、


c0195362_19194961.jpeg


よってけポポラで

熟してぐっと味の濃くなった
ラフランスとチョコのジェラートを食べ


c0195362_19204356.jpeg

つやつやで
元気いっぱいな野菜や果物を
しこたま買って帰る。(๑・̑◡・̑๑)

要はただ買い物をしているだけなのに
みんなでいると、何かがおもしろい。

楽しくて、あっという間に時が過ぎる。


でも水道のない時代、
日本でも水汲みは大事業だった。

わたしはネパールで
水汲みが重労働で
学校にも行かずそれだけで1日が終わる
山岳地方在住の
16才くらいの男の子に
会ったことがある。



自然の水の素晴らしさに
舌鼓を打つと同時に

便利さがない、

という暮らしも
世界にはまだ残っている
と言うことを

忘れずにいたい。
(冬場の水汲みは十分重労働だろうけど(T ^ T))

今起きているすべては
人間が、
目に見える幸福を
わかりやすく
求めた結果に過ぎない。

それが行き過ぎて
いろんなところで
不調和を起こしているだけ。


このままAIが進化していくと

便利じゃない生活を

あえて選ぶ人も増えていくの

かもしれない。


そんな道の途中で


世界中のみんなが
しあわせになっていったらいいな☆

もちろん、あなたもわたしもね(^ ^)





c0195362_19363740.jpeg


あらえびすから少し坂を下りるだけで、
景色はまったく変わり
晩秋がひろがっていた!





by terasumonnmoku | 2017-11-30 19:14 | あらえびす | Comments(0)

真理セラピスト・らくがきすと・即興ピアニスト+社会活動家(過労自死遺族/東北希望の会代表)幼少時より、生と様々な死から多くのことを学んできました。11年のセラピスト経験があり、仕事ではいのちのすばらしさについての、エナジーーワーク的なセッションやワークをしています。頭を現実的に使いながらメルヘンな世界を実現させていきたい。社会問題、スピリチュアルな仕事や宇宙のこと、日常について書いています。


by terasumonnmoku