屋久島24時間ステイひとり旅!②

朝6時に宿を出て
真っ暗闇を白谷雲水峡へ。

暗闇の中、
ヘッドライトだけを頼りに
山に入る。

真っ黒の山道の運転は怖いが
真っ暗な山道の1人登山は
怖くない・笑



どんどん登っているうちに夜が明けて、
気分はマックスに\(^o^)/

c0195362_20442786.jpeg




タイトな日程で1つだけ行くとしたら
ここしかない。
と、しゃぶしゃぶ屋のマスターに
太鼓判を押された

白谷雲水峡。



c0195362_20561988.jpeg



たった1人で歩く<もののけの森>は
贅沢の極み♪

c0195362_08360750.jpeg



怒涛のような水のせせらぎや
鳥のさえずり。


c0195362_08460732.jpeg




吹き渡る風が枝を揺らす音
生きものの気配。

空間が、意味のある情報に満ちている。


c0195362_00171474.jpeg


枯葉の上に寝っ転がり、空を眺めたり
瞑想したり
セルフタイマーで写真を撮ったり
おやつを食べたりするうち、


c0195362_00175775.jpeg


あっという間に時は過ぎ、

c0195362_00243684.jpeg

下山時刻に(T ^ T)

三が日だからひとはいないのかな
と思ったら

その頃になると、
どんどん登って来たので、
早く出たのは正解だったもよう☆.


c0195362_00165626.jpeg


また来ることがあったら、
あと1時間半早く来て
頂上でご来光を見てみたいな♪


c0195362_00261113.jpeg


その後、屋久杉ランドへ!


屋久杉ランドという
ファミリーな名前とは裏腹に
こちらの方が道は細く
ぐにゃぐにゃ。


c0195362_21023469.jpeg


ここでは軽く1000年杉を見る。
(30分コース)


c0195362_21032775.jpeg


白谷雲水峡も、屋久杉ランドも
遊歩道を小一時間歩くとその先は登山。



まじめに行くには、ちゃんとした装備が必要。


c0195362_21041365.jpeg



縄文杉まで行くとすると
大体10時間必要で、
冬場はアイゼンと
マイナス15度に対応できる
防寒着が必要とのこと。
スキーウエアみたいな!


c0195362_00271515.jpeg


登山靴は市内でレンタル可能。
わたしの泊まった田代別館も
レンタル対応していた。



c0195362_21044238.jpeg


その後、安保港を臨む
お洒落なカフェ
ワルン・カランでランチ。
登山ガイドもするマスターのごはんは、
インスタ映えするだけでなく
味もおいしい♡

雨の多い屋久島で
奇跡のような晴天の二日間。
正味24時間の旅が終わりました(๑˃̵ᴗ˂̵)

1人でも、1日でも
相当なことができる屋久島。


山の中で
心の深呼吸はいかがですか?




c0195362_00253412.jpeg


by terasumonnmoku | 2018-01-03 21:10 | | Comments(0)

真理セラピスト・らくがきすと・即興ピアニスト+社会活動家(過労自死遺族/東北希望の会代表)幼少時より、生と様々な死から多くのことを学んできました。11年のセラピスト経験があり、仕事ではいのちのすばらしさについての、エナジーーワーク的なセッションやワークをしています。頭を現実的に使いながらメルヘンな世界を実現させていきたい。社会問題、スピリチュアルな仕事や宇宙のこと、日常について書いています。


by terasumonnmoku