がんばらず、だらだら行きましょう!熊本市内探索

熊本市内探索。

まずは水前寺成趣園へ。



c0195362_17195419.jpeg

1600年代に熊本藩初代藩主
細川忠利によって作られた桃山式庭園。


すべての線が丸く、
もこもこしている(๑・̑◡・̑๑)
緑の萌える季節には
さぞかしきれいだろう。

ゆったりした起伏に、
人の姿が見え隠れするのも楽しい。

参道の大鳥居は
再建計画中。

池を満たす水は阿蘇の伏流水。

長寿の水、と言われ
「出水神社」まで建立して
讃えた尊い水の池も
地震で枯れ、
最近ようやく、戻ってきたそう。


こちらは夏目漱石、熊本3番目の家。
漱石は熊本で、6回も引越ししたらしい。


c0195362_17231002.jpeg

草枕の構想を練った場所。

近くにあった
日赤発祥の地。
倒壊した洋学校教師館
「ジェーンズ邸」
の資料も、一緒に飾られていた。


熊本城。



c0195362_17382223.jpeg



建物がほぼなくなっていた。

衝撃的ですね。
と言うと、
「寂しいけど、受け止めて行かないとね」
と叔母は答えた。

形あるものは
すべて崩れる。

最初からそう思って
暮らしていかないといけないね。


街のそこここに見える
「がんばろう熊本」
と言うロゴが、切ない。


いっとき、東北の街にも
がんばろう
が、あふれていた。


あれはつらい。

大切なものを失った時は、
無理せず、可能なら
打ちひしがれ
悲しんだほうがいい。
早く立ち直れる。

諦めず、力を入れすぎず
だらだら行きましょう(๑・̑◡・̑๑)

と、誰よりもがんばったわたしが言うのも
なんですが・笑

ここから先は、お互いにね♪



by terasumonnmoku | 2018-01-07 21:18 | Comments(0)

真理セラピスト・らくがきすと・即興ピアニスト+社会活動家(過労自死遺族/東北希望の会代表)幼少時より、生と様々な死から多くのことを学んできました。11年のセラピスト経験があり、仕事ではいのちのすばらしさについての、エナジーーワーク的なセッションやワークをしています。頭を現実的に使いながらメルヘンな世界を実現させていきたい。社会問題、スピリチュアルな仕事や宇宙のこと、日常について書いています。


by terasumonnmoku