2017年 04月 01日 ( 1 )



徳ちゃんのFBフィードで
おもしろい映像発見。


普段のわたしの見え方に近い。







ありとあらゆるものの上に、もやん。と動いている光がある。


わたしにとっては背景のモノより


この

「もやん」


が、大問題。

「わたし」が未熟で
意識を分離感で汚していると

黒く濁ったものとして立ち上がり
場合によっては、憑依されたようになる。


「確かに世界がこんな風に見えたら、輪郭はハッキリわからない。みんな溶けちゃってるし。」


って徳ちゃんが書いていたけど

輪郭がわからないというより、

あっても、大した意味を持たない。


輪郭を持つもの=カタチって


俗にいう

地位。名誉。お金。財産。などなど。


わたしにとっては「言葉」もカタチかな。

ただの入れ物で、そこに何が込められているかによって

重さも手触りも変わってくる。


「もやん」としたものは

いわゆる「エネルギー」。



それは見ている自分が成長すると変化する。

透明度が上がり、光ってくる。

実際わたしにいま見えている風景は

この映像より

ずっと透き通ってる。




カタチに話を戻すと

わたしは、自分がやりたいと

心から思ったことは

絶対やる。


それはたぶん、「カタチ」に捕らわれていないから。


カタチって

ほんとはそれがあるわけじゃないんだよね。


徳ちゃんも言ってたし

サピエンス全史にも書いてあったけど

みんな幻を創りだしているだけ。


輪郭も、

このもやもやしたものも幻。


エネルギーに敏感な人は

それがあると思っちゃうけど


もとはこんなにキラキラした光の流れを

わざわざ歪めて

汚くして見てるだけ。


そしてわかっちゃいるけどそうなっちゃうっていうのは

ほんとは全然わかってないってことで


わかるようになれば、すべてが変わる。


素晴らしい方向に。


それってとっても

楽しみじゃない?



自分がアクセスする場所が違うだけで

びっくりするほど生きることが楽になる。


真理を学びましょう。

感受性が強い人には

めちゃんこお勧め。




c0195362_20593444.jpg




by terasumonnmoku | 2017-04-01 20:57 | スピリチュアル | Comments(0)

真理セラピスト・らくがきすと・即興ピアニスト+社会活動家(過労自死遺族/東北希望の会代表)幼少時より、生と様々な死から多くのことを学んできました。11年のセラピスト経験があり、仕事ではいのちのすばらしさについての、エナジーーワーク的なセッションやワークをしています。頭を現実的に使いながらメルヘンな世界を実現させていきたい。社会問題、スピリチュアルな仕事や宇宙のこと、日常について書いています。


by terasumonnmoku