2017年 04月 04日 ( 1 )

クラーナハの
<林檎の木の下の聖母子>を見に
エルミタージュ美術館展に
行ってきました(^_^)

c0195362_19392567.jpg

会場は六本木ヒルズの52階だったかな?
森アーツセンターギャラリー。

東京都が一望に見渡せます。

c0195362_20184446.jpg

こちらは、今だけ写真OKな
ロシアの女帝エカテリーナ2世。

c0195362_19481870.jpg

エカテリーナは、100人の愛人がいた!など
奔放な逸話ばかりが有名ですが

思いの外才覚のある人だったよう。

お目当のクラーナハ以外にも、レンブラント、ルーベンス、ヴァン・ダイク、ティッイアーノと、コレクションは逸品揃い!

おもしろい♪


せっかくなので、自撮りにも挑戦しました。

エカテリーナとのツーショットです。
やっているうちに虚しくなってきたけど、
がんばってのせる・爆!

c0195362_19490170.jpg

ちょうど小林秀雄のモーツアルトの評論を読んでいるところなので、男性がみんなモーツアルトに見える・笑。

1530年のクラーナハ以外は
時代(1700〜1800)も同じ頃なんだよね。

c0195362_20163439.jpg
(盗まれた接吻ーフラゴナール1780年)

聖母子に込められた思いや祈り、
肖像画中の人の個性や、人間模様が
画面の中から立ち上がって見え、

自分の成長とともに、
絵の見方も深まってくる。

20の頃にはいいと思わなかった
古典的な絵に
なんとも言えない魅力を感じる。

これもいわゆる、変化する喜びかな。

生きているって
いいな、って、こんな瞬間に感じます☆

がぜん、本場に
行ってみたくなりました(^_^)
エカテリーナ2世の漫画(笑)も
読んでみよう♪



なんとも壮絶な人生なのですよ☆



by terasumonnmoku | 2017-04-04 19:37 | アート | Comments(0)

宇宙真理哲学講師、らくがきすと、即興ピアニストぷらす社会活動家(過労自死遺族当事者)働くことから世界を変えるをモットーに、さまざまな活動をしています。合言葉はREBORN.大事なのは、生きることだ!


by terasumonnmoku