2017年 04月 07日 ( 1 )

<オルセーのナビ派>展に行きました(^_^)

印象派の後の、
フオビズム(野獣派)の前の時代。


ボナール、ヴュイヤール、ドニなどを中心とする画家たちは、ゴーギャンに影響を受け自分たちをナビ(預言者)派と呼び、新たな芸術を展開します。

のちのフォビズムへの展開を予感させるような鮮やかな色彩。

平面的な色面の扱いと、画面の装飾性。

それでいて目に見えないものを果敢に描き出そうとする深い内面性を合わせ持つところに興味をかきたてられます。

もともとボナールはとっても好きだったのだけど、時々画面にあらわれる、性格が読み取れるほど個性を際立たさた猫たちや、意思的な子供の存在感、
色彩のおもしろさ、に夢中になります。

c0195362_21351243.jpg

特にびっくりしたのが、この↓マイヨール。
マイヨールは豊満で肉感的な女性の彫刻作品で有名ですが、

目を患って彫刻に転向する前には
こんなに繊細な油絵を描いていました。

実物はもっとずっと輝いていて、
手で触れそうな光。
マイヨールは、完全に「見える」ひとだったんだろうなあ。


c0195362_21353734.jpg


モチーフが、家族や女性、子どもだったりすることもあって、「かわいい」絵が多い。

これは自画像ですが、八角系のキャンバスと言い、色面の塗り分け方と言い、なんとも言えない魅力を放っています。

c0195362_21370654.jpg


パリのオルセー美術館の館長さんが、ヴュイアールの研究者だったこともあって、
オルセーでもコレクションが充実し、
近年研究が進んでいる「ナビ派」。

今回の展示にはありませんでしたが、
ボナールのこの絵を見るために、
オルセーに行きたくなってしまった!

c0195362_16250688.jpg

これは会場の三菱一号館正面の写真です。
重厚でレトロな建物が美しい。

c0195362_11190479.jpg
7周年記念だそうでロートレックのポチ袋をいただきました・笑。
ものすごく得した気持ちです。

c0195362_11195498.jpg

by terasumonnmoku | 2017-04-07 21:19 | Comments(0)

真理セラピスト・らくがきすと・即興ピアニスト+社会活動家(過労自死遺族/東北希望の会代表)幼少時より、生と様々な死から多くのことを学んできました。11年のセラピスト経験があり、仕事ではいのちのすばらしさについての、エナジーーワーク的なセッションやワークをしています。頭を現実的に使いながらメルヘンな世界を実現させていきたい。社会問題、スピリチュアルな仕事や宇宙のこと、日常について書いています。


by terasumonnmoku