2017年 05月 01日 ( 1 )

東出融さんの講演と、

<身体ワーク>

に参加しました。


10時から17時ちかくまで
わずかの中断を除き
ほぼノンストップで大笑いの時間が
続きます( ´艸`)


c0195362_23111297.jpg

お話のベースにあるのは
東出さんの特殊な身体感覚を作る
もとになった豊かな人生経験と

内田樹、中沢新一、ミンデルなど、
わたしも大好きなラインの人の思想で

身体感覚はわからなくても
その辺はすんなり入ってくる・笑

それにしても母音で
東出さんの腰椎が動く
のはすごかった。
楽しいことを考えても
悲しいことを考えても

体はそれに備えて
ばっちり用意をしている。

ちゃんと自分の感情に素直に
振動し、感情を揺り動かしていれば
腰痛なんて、ありえない。

どこかで落としてしまった野生を
わたしたちはそろそろ
取り戻す時期に来ているんだ。

c0195362_23104254.jpg
今日収穫だったのは
「わたしは全くからだの感覚が
分からないわ」

と思っていたのが錯覚で
数少ない本気モードの時には
間違いなく身体感覚を
フル稼働させていたこと。

自分の発言で
人の深い部分に語り掛けようとするとき、


確かに腰椎が立ち上がり
そこからエナジーが
らせん状に渦を巻いて
広がっていく
感覚がある。

それが身体感覚とは
思わなかったので、
驚きました。
エネルギーだと思っていたけど
考えてみれば
何か物質的なものが関与しないと
エネルギーだって現れないはず。


いろいろなことに
感じ入り
今日は元気がもりもり盛り上がる
あらえびすの伏流水を、
注文することに!


持つだけでうれしい伏流水。

それで、これから体がどう変わるのか
今から楽しみでなりません。

わたしたちのからだも喜んで
それで日本の水源が守れるんだったら

こんなにうれしいことはない♪

特に今日は柄谷行人さんの、<世界共和国へ>
という本の中の
階級闘争がなぜ古いか、
についての記述を読んでいて

(なぜならわたしは労働問題で
組合の人と話をすることがあるので
こういうことを勉強する必要があるのです)



資本主義の特徴は
労働者=消費者であること。

発展した資本主義社会の中で
社会を変えるのは
もはや労働運動ではなく
賢い消費者による、不買の力による。
という記述に感銘を受けたばかり。

そういう意味でも、
身体の意識と正しい感覚を育てることで
地球にいいもの
自分たちの体にやさしいものを選べる
賢い消費者を作る。

というあらえびすの活動は
本当にタイムリーで
感動的でした(๑'ᴗ'๑)


東出さんの身体ワーク。
次回は6月8日の予定です。

すぐいっぱいになってしまうと思うので、
早めに申し込んでね!



あらえびすのHPはこちら↓



c0195362_23112862.jpg

by terasumonnmoku | 2017-05-01 23:08 | Comments(0)

宇宙真理哲学講師、らくがきすと、即興ピアニストぷらす社会活動家(過労自死遺族当事者)働くことから世界を変えるをモットーに、さまざまな活動をしています。合言葉はREBORN.大事なのは、生きることだ!


by terasumonnmoku