2017年 09月 20日 ( 1 )

大郷町あぐり寺で月一開いている宇宙真理哲学の学習会

珠子塾でした。

いつもすぐ満員になる珠子塾。
本日は、新月効果かキャンセル続出。
(@ ̄□ ̄@;)!!



今までで一番少ない、
6名での開講です。

c0195362_19375130.jpg

いつものメンバーがお休みで、

イレギュラーな参加者が
運命的に参加するという
波乱の展開。


特に、
ストレスで食べものの味がわからなくなっていた、
まちこちゃんが、
おいしくごはんを食べられるようになって
帰って行ったのがうれしくて
みんなで喜びました(๑'ᴗ'๑)

というわけでいつもとは一味違った
濃厚な内容となりました。
泣き率も高かった。
きっと必要だったんだろうな。


一緒に学んでくださって
ほんとうに、ありがとう!


本日の
テーマ「感じること」!

みんなの感想は以下☆



c0195362_00301794.jpg

・ドタ参加の珠子塾。息子に対して、その自立に向かう成長をただ信頼して、ただ喜び、見守ることを決めました。三次元の日常の中でこそ学びが進むということ。そして、真理を生きる為に、その回路を開き太くしていくアファメーションなどを地道に繰り返していくことが大切なのだという事が、よくわかりました。今日もたくさん学びました。本当にありがとうございました。

・「感じる」今日は人数が少なくて、とにかく濃い内容でした。以前は何を感じているかを自覚していなく、人の想いなのか自分の想いなのかがわからなくなっていました。今は何を感じているかを自覚するようになり、そのことによって生きやすくなり、楽しく生きられるようになりました。自分にとって何が大事かわかっていることが大切で、どういう自分でありたいかをよく理解していることが重要だなと思いました。「感じる」=「自分を表す」このことがよく分かりました。日常生活で自分を説明できるようにしていきたいと思います。

・今日もありがとうございました。最後の1人1人の目標がそれぞれにとても素晴らしくて、涙が出ました。少人数だったので、いつもよりみんなたくさんお話しできて、他の人の話が、また別の人の学びになり、必要なメンバーが集まったすばらしい時間でした。同じ感覚を持った先輩の姿を見ると、私も一緒と共感出来て安心するし、この道を進んでいいんだと心強くなりました。私は自分を信じて、生きていることを味わっていきます。天然はどうやったら治るんですか?チャンネルがあってないってことですか?なおさなくてもいいかな?

・珠子さん。今日はありがとうございました。感じることは自分のことを見る。意識することが自分のことを知ること。自分を大事にする事なんだと分かりました。自分を表すために、アファメーションを使って脳の回路を作っていきます。

・珠子先生。いつもと比べて少人数の会でしたが、とっても濃い充実の時間でした。一人一人が自分の経験したことを語ることで、誰かの今の課題のヒントになる!というようなことがたくさん起こって嬉しかった。皆が今日この場に集い分かち合うことで、また「素晴らしい私」に向かう方向性を確認することができました。珠子先生。今日もありがとうございました!

・何度も同じ現象=学びを繰り返していて、「本音が言えない」自分を乗り越えたいと思って今回受講しました。シェアすることで、「そもそも本音がわかっていない」ことに気づきました。私が今抱えている学びをクリアした人が受講し、アドバイスいただけたことで気持ちを立て直すことができました。自分を責めていた自分をもっといたわり、認めていきたいです。
「感じる」回路を成長させるアファメーションも教えてくれてありがとうございました。



↑天然ちゃんには、それがすばらしい魅力で、みんなの大好きなポイントなので、ぜひなおさないでと説明しました(๑'ᴗ'๑)


今日という特別な一日を、
ほんとうにありがとう!
楽しかったね*\(^o^)/*

次回珠子塾は10月13日

申し込みはこちら
https://www.facebook.com/events/664678990387344/?fref=ts


写真は無冥さん制作、おいしいペペロンチーノ。
無冥さん。
今日も本当にありがとうございました!!!!!!

c0195362_00303221.jpg



あなたもわたしも、
世界のみんなも幸せでありますように☆
新月に祈りをこめて。

by terasumonnmoku | 2017-09-20 23:22 | 珠子塾 | Comments(0)

宇宙真理哲学講師、らくがきすと、即興ピアニストぷらす社会活動家(過労自死遺族当事者)働くことから世界を変えるをモットーに、さまざまな活動をしています。合言葉はREBORN.大事なのは、生きることだ!


by terasumonnmoku