2017年 10月 15日 ( 1 )

ドリプラとは、10分間で夢を語る
プレゼン大会の名称である。

ドリプラの特色は
プレゼンターの夢をみんなで
応援していくところ。

c0195362_21501468.jpeg

わたしは2014年ドリプラ東北魂と、
世界大会のプレゼンター。
息子や
徳ちゃんひろみんをはじめとした
みんなに支えられ、
さいごは東京ドームでプレゼンした。

c0195362_21514385.jpeg


それはそれは濃い体験で
いい年をしたわたしたちは
まるで甲子園に出る
高校球児たちのようだった・笑

みんなに支えてもらい夢を描くことの
素晴らしさを語り始めると、
長くなるので割愛するとして、

世界を変えるには
自分やみんなのための夢を持つ人を増やし
それを応援しあうことが大事。

というわけで、わたしはいまも
珠子塾他、いろんな形で
みんなの夢を、応援している。

c0195362_21295842.jpeg



来年6月に東北でまたドリプラが開かれることになり、OBとして第1回支援会に行って来た。

世界ドリプラ感動大賞をとった、

大先輩三浦勝治さんと一緒である。

三浦さんは、浦戸諸島、桂島に惚れ込み
ここで牡蠣の養殖をしている人で、
今日は牡蠣を売りに来たのだそうだ!

東北希望の会では、毎年夏に子供達を連れて、三浦さんの営業するプライベートビーチ。
浦戸夢の島愛ランドで海水浴をしている。

そこは本当に美しい手作りビーチで
安心して子供達を遊ばせられること。
あと、子どもたちが、
三浦さんのような大人を見て
未来に希望を持ってくれたらいいな。
という下心もあって
通い始めて3年目だ。

今日はその三浦さんの話を久々にじっくり聞けて、もう、感動だった。

好きって気持ちが大事なんだ。好きっていうのは、いのちをかける、ってことだからね。わたしが浦戸を去るときは死ぬときだ。そのくらい好きなことを、やりなさいってことなんだよ。

牡蠣は浦戸の経済活性化のために、
売っている。ビーチは人を集めるため。
過疎の島を盛り上げることが
三浦さんのミッションだ。

c0195362_21301797.jpeg

というわけで皆さん。
牡蠣、買ってください!


浦戸牡蠣のご注文はファックス0223612454メールka.mi.2081@movie.ocn.ne.jp 500g1700円送料別。



c0195362_21420579.jpeg


その後新プレゼンターのみなさんの
6つの夢を聞いた。

1つ1つに人生があり
感動がある。
企画を聴きながら
ともに新しいビジョンを夢見ることの、
なんと贅沢なことよ!

みんなみんながんばれ(^_^)
これからも応援してるからね!

2018年ドリプラは
6月9日土曜日。
ちょっと、とんでもないことになりそう☆
みんな、ハンカチ持って
国際センターに来てね♪

2018東北ドリプラについてはこちら

ドリプラ東北魂わたしのプレゼンはこちら
夢は未来にかける橋


by terasumonnmoku | 2017-10-15 21:45 | Comments(0)

宇宙真理哲学講師、らくがきすと、即興ピアニストぷらす社会活動家(過労自死遺族当事者)働くことから世界を変えるをモットーに、さまざまな活動をしています。合言葉はREBORN.大事なのは、生きることだ!


by terasumonnmoku