2017年 11月 08日 ( 1 )

ビックイシューをご存知だろうか?

街角で、ホームレスさんたちが売っている雑誌。
これのことだ。


c0195362_22062275.jpeg


イギリス発祥の、ビックイシュー。
世界中で売られているが、
日本では雑誌代350円中、180円が
販売するホームレスさんの収入になる。

収入にもなるし、社会と関わりもできる。
ほんとにいい仕組みだと思う。
書いている人もメジャーで、特集もいい。



というわけで、「ビックイシューミーティング(仮)グローカルごはん会」に行ってみた。


c0195362_21591359.jpeg


主催の菅澤ファミリーのお友達、
ホームレスのあきらさんが、
ほんとに楽しそうに
ビッグイシューの説明をしてくれる。
聞いているとビッグイシューが欲しくなる!


c0195362_21595816.jpeg


わたしの大好きな社会問題に
興味関心のある人がいっぱい\(^o^)/


ちなみにグローカルとは、
グローバルとローカルの造語。
地方から世界へー
みたいな意味である。

おいしい未来の匂いが
するではないですか!



c0195362_22031493.jpeg



会場のオープンスペースKIKOは、
海外からの宿泊客を泊めるゲストハウス。
20代のよちやさんが1人で運営している。

まだまだこういった施設の少ない東北で、
一泊4〜5000円で、
今まで300人もの旅行者を泊めて来たという。
よちやさんの夢は、ゲストの家を訪ねながら、
世界一周すること、なのだそうだ。

c0195362_22004674.jpeg

みんなでよちゃさんが作ってくれた、
おいしい餃子を食べ
夢のプレゼンを聞き、


c0195362_22010344.jpeg

わいわいしながら
あきらさんのビッグイシューを購入し、

集まったみんなの、
人生の話を聞く。

いつも思うけど、こういう集まりで
ギターがあって、音楽があるってほんと楽しい。
そして明日につながる会話も!

素敵な時間と空間を
いつもありがとう😊


c0195362_22012030.jpeg

世界は変化している。

オープンスペースKIKOについてはこちら



by terasumonnmoku | 2017-11-08 21:25 | Comments(2)

真理セラピスト・らくがきすと・即興ピアニスト+社会活動家(過労自死遺族/東北希望の会代表)幼少時より、生と様々な死から多くのことを学んできました。11年のセラピスト経験があり、仕事ではいのちのすばらしさについての、エナジーーワーク的なセッションやワークをしています。頭を現実的に使いながらメルヘンな世界を実現させていきたい。社会問題、スピリチュアルな仕事や宇宙のこと、日常について書いています。


by terasumonnmoku