映画14.ラ・ボエーム

仙台フォーラムでは
世界中の映画館と連動して

英国ロイヤルオペラハウス シーズン

と題したオペラやバレエの映画を
特集している。




c0195362_21570360.png

これはプッチーニの名作オペラ
「ラ・ボエーム」

もともとオペラ好きで
ラ・ボエームの音源も持っている。


しかし、いつも内容を調べず
中身を想像して聞いているため、
実際舞台を観ると
頭の中で展開されていた話が
ずいぶんおかしなことになっていることに気づく。


今回も、情熱的な愛の歌と
信じてうっとり聞いていた歌が

単なる自己紹介で

わたしは刺繍が好き〜♪

と言っているだけだったことを知り
大変驚いた・笑
(しかしその直後、ちゃんと愛も芽生えたので、まあ、あながち間違いではない)


役者ごとにテーマになるフレーズがある。
各場面の登場シーンでそれが
いろんな形で使われるのがおもしろい!


プッチーニは天才だね\(^o^)/
当たり前たけど・笑

ラ・ボエームはパリに住む
才能ある貧乏な、
若きアーティストたちの話。

病に倒れ、夢を追い、
貧しさの中美しく生きる。

誰もが、
どこかは心当たりがありそう。
作られてから、
延々上演され続ける理由がよくわかる。


それにしてもおもしろい。
歌手の人たちも本当にいいし
舞台美術もいい。
この調子だと、オペラの回は
全部見てしまいそう。

HP

14..ラ・ボエーム
ジャコモ・プッチーニ作曲リチャード・ジョーンズ演出アントニオ・パッパーノ指揮ニコール・カー、マイケル・ファビアーノ、ジョイス・エル・コーリー183mini











# by terasumonnmoku | 2017-12-15 21:33 | 映画 | Comments(0)

真理セラピスト・らくがきすと・即興ピアニスト+社会活動家(過労自死遺族/東北希望の会代表)幼少時より、生と様々な死から多くのことを学んできました。11年のセラピスト経験があり、仕事ではいのちのすばらしさについての、エナジーーワーク的なセッションやワークをしています。頭を現実的に使いながらメルヘンな世界を実現させていきたい。社会問題、スピリチュアルな仕事や宇宙のこと、日常について書いています。


by terasumonnmoku