大好きな場所、SAWA’S CAFE が9月に閉店するらしい!
というニュースが駆け巡り、
何とか続けられる方法はないか?と
カフェのファンが集まって話し合いをすることになり、
SAWA’S CAFE 月曜食堂に行ってきました。

SAWA’S CAFE 存続の危機についての経緯はこちら

月曜食堂、おいしいおいしい、あねちゃんのご飯を食べながら
さわさんの手がすくのをみんなで待ちます。

c0195362_20520776.jpeg
向かいに見えるのは、塾の宿題が終わらずふうふう言っている息子とうもろこしの
ノートの切れ端・笑。

お客さん有志が、何名かで代表になり
今のままの状態でカフェを引き継ぐ。という話も出ていたのですが
結局さわさんの意志は固く
さわかふぇコミュニティは、別の存続の形を模索する。
という結論になりました。

そのことについてのさわさんの意見

貴重な場所が失われるのは残念ですが、
でも、今のやり方がさわさんの意にそわないことはよくわかる。
すべては変化してゆく。
さわさんの新しい旅立ちは
さわさんにとって、そしてこのカフェに集うわたしたちみんなにとって
あたらしい世界の扉を開けるギフトになるはずです٩(ˊᗜˋ*)و✧*。

けれど、せっかくできたつながりだから、
みんなが納得できるような、場の変容ができるとほんとうにいいな(๑'ᴗ'๑)

そんな今日は、東京からのヒーリング依頼のお客さまがいらっしゃいました。
なんと7年ぶりの?再会!

お互い怒涛の人生ですが、ピンチの時に思い出してもらえるって、ほんとうにうれしいことです。


今がどんなに大変でも、必ず別の明日が来る。


あなたの魂が、しあわせでありますように。

奥さまと子どもたちの笑顔が、いつもそばにありますように。


それにしてもいろんなことがありますね。

激動の時代を生きるコツは

変化を受け入れること。

魂の声を聞くこと。

よろこぶこと。


写真は帰りに見た夕暮れ。

この世界は、案外、とってもきれいです。


c0195362_20522777.jpeg


by terasumonnmoku | 2016-05-17 20:51 | SAWA'S CAFE | Comments(0)

あこがれの「ゆるぼ」

以前、SNSでよく見かけていた
憧れの「ゆるぼ」というのをやってみました(๑'ᴗ'๑)
(ゆるぼって、今も言うのかどうかわかりませんが
急募の逆で、気が向いたら来てね~みたいな感じです・笑)

経営危機に瀕していて勝手に応援隊をやっている、SAWA’S CAFE で最近始まった
「月曜食堂」
に、ご飯を食べに行こうと思ったのですが、
ひとりで行くのはもったいないので(なにが?)
試してみた!

すると、仲良しの鍼灸師の富君と、
彼と駅前で九州地方の地震募金のためのフリーハグをやったばかりの
台湾から旅行中の24さいのviviちゃん、
仮設住宅の支援をしているNPO法人で働く千沙ちゃん、
それに、チャネラーのじゅんこさんと、建築家の大林先生という
謎のメンバーが集結しました・笑。
この写真に写っているフリーハグメンバーは、富君以外は初対面。
おもしろすぎる~

c0195362_21182588.jpeg

viviちゃんはとってもシャイなのに
九州地震の募金集めのためのフリーハグを提案。
勇気を出して、仙台駅前で
「台湾から来ました。フリーハグします。地震の募金お願いします!」
と日本語で声をかけ続けたのだそう。
富君千沙ちゃんたちとしたフリーハグには70人が参加し
それぞれに九州や台湾についての思いを語り
16000円の募金が集まったらしい。
東北の人はシャイだと思ったのに、台湾からっていうのが
よほど響いたんだろうな。

来週には台湾に帰る、というviviちゃんと
例によって「世界のどこかでまた会おうね!」
と言って別れました~
ますます台湾が好きになってしまいそうです。
きっと募金した人やハグを受けた人もそうだったんだろうな!

あこがれの「ゆるぼ」
(とはさすがに恥ずかしいので書きませんでしたが・笑)
いいかもしれない٩(ˊᗜˋ*)و✧*。

きっちりした予定が苦手で
出欠を明らかにしなくてはいけない用事は、めっちゃ避けたくて、
明日は誰とどこにいるのかわからない。
というのが好きなわたしには、ぴったりです。

ほんとうは、宇宙の法則にしたがってさえいれば、
予定をきちきち決めなくても会いたい人には会え、
願ったことは叶い、なんでもうまくいくようにできている。
(逆に言うとそこに逆らってしまうと、
いくら努力してもうまくいかず、ものすごく大変なことになってしまう)
コツは自分と周りの一人でも多くの人が
その行動によってHAPPYになることをする、ってこと!


あねちゃんの「月曜食堂」はほっぺたがおちるほどおいしく
(写真は油揚げの三食丼!)

c0195362_21163731.jpeg

チャネラー順子さん、大林先生とも
おもしろそうな計画ができちゃって、
かなりわくわく!

SAWA’S CAFE 月曜食堂は6月までの三か月限定。
12時から19時までです(๑’ᴗ’๑)





by terasumonnmoku | 2016-04-19 21:15 | SAWA'S CAFE | Comments(0)

さくら祭り。

SAWA’s CAFE 「桜まつり」に行ってきました(๑'ᴗ'๑)

ちゃぶ台から地球を変える、IMAGNEごはんのあさみちゃんと、
駄洒落王 英太郎さんのコラボです。

桜の木にまつわる日本神話からヒントを得て、
繁栄を運ぶ美しいコノハナサクヤヒメと
長命をもたらす醜いイワナガヒメ
両方の力が大切

ということから、あさみちゃんが作り出した
LUNCH。
メインプレートのイメージは、質実剛健なイワナガヒメ。

c0195362_21570964.jpeg

デザートのイメージは、桜の花のように美しいと言われたコノハナサクヤヒメ。

c0195362_21572462.jpeg

桜の花にまつわるご飯を食べて
英太郎さんの作った
桜の精のお話しの、朗読を聞きます(๑'ᴗ'๑)

コノハナサクヤヒメのイメージの桜餅が
物語にも登場し、
目にも耳にも、おいしいサラウンドな時間を作り出すのです。

店の中には桜の花は一輪もなかったけど
お花見をしているように
あたり一面に、桜の気配が充満していました。

英太郎さんはわたしより年長ですが
きらきらした、とてもうつくしい魂を持っています。
英太郎さんが紡ぐ物語も、透明で静かな湖のよう。
深い情緒に満ちている。

以前SAWA’S CAFE で開いた
「だから夢を見よう!ディープでポップな私たちの未来の作り方」
というイベントに
英太郎さんは参加してくださり、
わたしのドリプラのプレゼンを見て、
ご自身の壮絶なパワハラ体験を聞かせてくれました。

傷はすぐには癒えないけど、それがあっても、変わらぬ輝きを放つ
英太郎さんの魂の輝きを見るのが好きで
わたしは英太郎さん主催のイベントがあるたびに、
喜んで、でかけてしまう。

参加したみなさんも、とてもすてきで、
今日は、<鈴音>という日本酒のような
味の、美しい午後でした~ଘ(੭´ ꒫`)੭
飲んでないけど・笑。

c0195362_21575012.jpeg





by terasumonnmoku | 2016-04-07 21:56 | SAWA'S CAFE | Comments(0)

10日前に行われた、ボブさんの「フューチャーセッション」の
振り返りの会をしようということになり、
ZOOMというアプリを使った
SAWA’S CAFE「オンライン・ミーティング」というものに
はじめて参加させていただきました(๑'ᴗ'๑)

仙台だけでなく、高松や、山形からの参加者もいて、
とても新鮮です。

もちろん、リアルにはかなわない。

でも、画面にそれぞれの参加者が映像付きで映り
まるでそのひとが、そこにいるような臨場感です。
長く生きていると、いろんな経験ができておもしろいなあ・笑!

まず、名前、今の感情、最近感謝したことを報告しあって
それぞれがチェックインし、
フューチャーセッションを終え、10日たった感想を語り合います。

対話の重要性について、再確認したという意見が多かった。
セッションを境に、家族との対話を大事にしようとしはじめた参加者の方が
複数いらっしゃいました。
すごい効果です(๑'ᴗ'๑)

わたし自身は、日ごろの仕事も活動も主な業務が「話すこと」なので、
「対話」そのものは、しているほうだと思う。

けれど、様々な場所に出入りして思うのは
その集団、その立場によって
語られる言葉も、主要な考え方の傾向性も
かなり決まってきてしまうということです。

みんなとても狭い世界に住んでいて
その世界以外の人とコミュニケーションをとる場所が
存在しない。
そして、別の世界に一人だけで飛び込んで「違う」といっても
思いを伝えるのはなかなか難しい。

でも、グループそのものが、全く別の境遇の人で構成されていたとしたら
話は全く違ってきます。

そこで行われる「深い対話」は
参加したそれぞれの人を
全く別の場所に連れていく可能性を秘めている。


c0195362_21022312.jpeg
前回参加したフューチャーセッションでとてもよかったのは
参加した人が、年齢も性別も、境遇もまったく異なっていた。
というところでした。
そこで受けた刺激が、自分の限界を広げ
世界の広さを、また見せてくれた。

ということを言うと、フューチャーセッションの魅力は
そこにあるのだ。ということを
みなさんが、教えてくださいました(๑'ᴗ'๑)

これはいいかもしれない。

以前ドリプラで考えた「ねっとわーく希望」は
グループごと、さまざまなグループにゆるくつながっていく。
というものでしたが、
一回人が個人としてバラバラになって、個人個人としてつながっていくっていうのは
すごいかもしれない。
個としてつながっていくには、年齢も、性別も、立場も関係なく、
独立した個が立って(ある意味自立して)いなければいけない気もします。
きっと今はもう、そういう時代なのでしょう。

このフューチャーセッション、仙台でもちいさくはじまりそうです。
ぜひまた参加してみたい。
一緒に参加してみたい人は
ぜひぜひ、わたしに声かけてみてね~ଘ(੭´ ꒫‘)੭

それにしても、今日はぞくぞくと、わたしのまわりの
たいせつなこどもたちの進路が決まって
本当にうれしいです(泣)

それぞれに、いろいろなことがあった子供たち。
あたらしい学校では
楽しいこと、うれしいこと、青春がやまもり行列して
やってきますように☆彡


c0195362_21013590.jpeg
写真は、本題とは全然関係ないSAWA’S CAFEのなぞのキャラクターですー( ̄ー ̄)




by terasumonnmoku | 2016-03-16 21:00 | SAWA'S CAFE | Comments(0)

セラピスト仲間(先生は違いますが)で、みやぎの萩ネットワーク仲間、
高校生の子どものお母さんで自死遺族同士という、様々な共通点を持つ
琴似ちゃんとデートしてきました。

(琴似ちゃんはお嬢さんを自死で亡くされた後に生き方を変え、スピリチュアルに目覚めそうなので
夫が亡くなった当時セラピストになって7年が経ち、既にたくさんの相談を受けていた
わたしとは立場が違っています。本人としては痛いところですが、そこは厳粛に受け止めたいと思っています。
その問題に対する現在の考え方については、また日を改めて。
琴似ちゃんのブログはこちら
http://ameblo.jp/blue-ocean5/entry-11775215984.html
もしも、自死遺族ということでこのブログにたどり着いた方がいらっしゃいましたら、
ぜひ遊びに行ってみてください!きっとなにかのヒントになると思います(๑'ᴗ'๑))

いろんな方向で琴似ちゃんと盛り上がっているうちに、
二人とも文章を書くのが好き、
という共通点まで発覚!
わたしは、以前物書きを目指していたことがあって
作品製造100本化計画を遂行していたのです。

それは、本気で書いたシナリオ、童話、小説などを
この人生が終わるまでに100個書く。
書いたものはかならず何かに投稿する。
というもので、
確か38本書いたところで、夫の変調があり、それから本を読むことも
まともな作品を書く事も出来なくなり、途中で頓挫してしていたのですが
数年ぶりに書きたい主題に出会い
そろそろ復活しようと思っていたところだったのでした。
シナリオで、ある賞の最終選考に残ったという連絡を事務局からもらった時
夫がとても喜んでくれて、
家の神棚に一緒にお参りをさせられたのが忘れられない。
また書き始めることを、きっと応援してくれるに違いない。
(でも選考結果は落選でしたーとほほ)


なんでも、仲間が居るというのはいいですね。

ライターの友達もいるし、市民ライター仲間もいるのですが
創作ってそれとはまた違っています。
誰にも読んでもらえないかもしれないものを、時間と気力を費やして人知れず作り続ける、
しかも一人で、というのは、案外しんどいものなので
一緒に向かう仲間が居るというのは心強いです!
⇒琴似ちゃんに、やる。とも言われていないのに、勝手にその気になっている( ̄ー ̄)

写真は2人で行ったSAWA'S CAFE オーガニックランチです。
不定期開催のおぐら亭ランチ。
なんと、今月の25,26で終わってしまうそうなので
まだの方はぜひ~!



c0195362_14373607.jpeg

by terasumonnmoku | 2016-02-19 19:45 | SAWA'S CAFE | Comments(0)

SAWA'S CAFE 60代の天使英太郎さん主催の
ひでさんお誕生会あ~んど、オークションに行ってきました。

おぐちゃん&英太郎さん&おむすびで地球を結ぶあさみちゃんからの、美味しい差し入れと
あさみちゃん作のお誕生日アーモンドクリームパイを食べて、
みんなでHAPPY BIRTHDAY を歌います♪゜・*:.。. .。.:*・♪

c0195362_19214490.jpg
まったりしたところで、オークション٩(ˊ࿀ˋ⋆)و

わたしは未使用のモノを一つ売りに出し、
350円でまな板をせりおとし、
さわカフェと無冥さんのあぐり寺に、ほんのちょぼっとづつ寄付しましたが
額はとっても少ないのに
何故か満足感いっぱい。

オークションそのものでも、その場の話でも、
お金の価値ってなんなんだろうなあ。
と、考えさせられる時間になりました。

また、経営危機にひんしているSAWA'S CAFE 持続化プロジェクトの一環として
クラウドファンディングをやったらどうかという提案が出ていて、
そちらのほうにも、ぽっちり関わっているのですが、

店主さわさんがあさみちゃんと新しく出してきた企画は
当初の形とは全く違っていて、驚きました(ノ゚ο゚)ノ ~

店自体の経営を安定させることを目指すのではなく
それとは全く異なった、
しかしめちゃめちゃおもしろい、大掛かりなプロジェクトになりそうなのです。
それを聞いて、ものすごく受けてしまいました・笑。

あたらしい!

結構な赤字を抱える店を、なんとか存続させようとしたら、実際道のりは難しいのかもしれない。
けれども、店を舞台にして社会に新しい世界観を広げることを目的にするなら、
もしかしたら、うまくいってしまうのかもしれない。
それは、SAWA'S CAFE の存続そのものより
天の理に、かなっているはずだから。

なによりすごいのは、店主さわさんがわくわくしているところで、
それだけで可能性が何倍も増している(๑•̀ㅂ•́)و✧
(もちろん、収益をあげるやり方は、現実的にきっちり考える必要はありますが)

アインシュタインが言うように、これも同じレベルで考えても、
解決しない問題だったのかもしれませんね。
新しい企画は、たくさんの実りをもたらすに違いない。

みんなで何かを作っていくって、ほんとうにおもしろいです。
勉強になるなあ。
当分、SAWA'S CAFE から目が離せそうもありません( *˘ᵌ˘)♪

写真は、あさみちゃん特製 七草クッキー。
ケーク・サレ的なしょっぱい味の美味しいクッキーです☆

それにしても、あさみちゃんはあさみちゃんで
その場でとってもおもしろい(普通に考えたら灰色で深刻そうな!)、
オーダーメイド・クッキーのオファーを受けていて

その仕上がりもむっちゃ楽しみです・笑!

c0195362_19220544.jpg


by terasumonnmoku | 2016-01-07 21:00 | SAWA'S CAFE | Comments(0)

こんばんは!
まだ大掃除もせず、好きなことばかりしているてらすもんもくです(๑'ᴗ'๑)

今日はいつもお世話になっているSAWA'S CAFEへ
勝手に応援隊活動をしに行ってきました。

SAWA'S CAFE 存続の危機、ということで
ここの持続化プロジェクトのお手伝いをしに来たのです。

そもそもが、行き場のないひとの<おはなしどころ>として作られたこのカフェ。

母体は店主さわさんが一人で設立したNPO法人ですが
特に助成金も受けておらず
そもそも助成金の対象外である、一般的でニッチな人
普通に暮らしながら自分の場所がないと感じる人ーが対象だったため
申請もままならず

さりとて、本来の「おはなしどころ」「繋がりを作る場」としての機能を大切に思うあまり
営利目的に突っ走ることもできずに
人と人との間につながりをつくり
できることからこの世界をよくしていく、可能性を追求して2年。

さわさんはこのカフェに、莫大な額の(公認会計士の仕事をして貯めた)個人資産をつぎ込み
現在に至っています。
その額、小さな家一軒分(ノ゚ο゚)ノ ~

その2年の間に、カフェにはちゃくちゃくとファンがつき
ここで得られたつながりに支えられ、新しい自分を発見する人が増えてきました。
無冥さんも、わたしも、クリスマス会でお世話になったひでたろうさんも
同じSAWA'S CAFE 仲間です。

しかし経営が黒字に展開するまでには至らず
来年の夏頃には、資金が尽きる土壇場です。
そのぎりぎりのいま、突然立ち上がったこのプロジェクトには
全国からたくさんの声援が送られています。

SAWA’S CAFEは、あらゆる立場、あらゆるコンディションのひとが
繋がり合い、そこから力を得て
自分を変えてゆく可能性を秘めた、大変貴重な場所です。

暗いニュースに胸を痛め「誰も孤独にしたくない」と涙ぐんだり、
感傷的な気持ちになる人は大勢いるでしょう。

けれど、そのために、自分の人生をかけ
私財をなげうって実際に行動できてしまう人が
一体どのくらい、この世に存在するだろう。
そう思うと、店主さわさんの愚直なほどのかっこよさに、泣けてくるのです。

宣伝したい。
宣伝して歩きたい。
こんなにすてきなひとがいるんだよと
大きな声で叫びたい。
(言いまくってますが)

先日閉鎖したリバ邸仙台もそういう場所で
とうもろこしともども応援していたのですが
リバ邸の場合、話を聞いた時点でもう事態がかなりのところまで進んでおり
すでに打てる手段がなく
大変悲しい思いをしました。

SAWA’S CAFEの場合はまだ時間的猶予が何ヶ月かあるということと
借財の負担がないということで
まだ可能性を探ることができる。

それはほんとうに、ありがたいことだと思います。
わたしにできることは、とっても少ないのですが
ほんのちょっぴりでも、できることがあることが、うれしい。

後考えられるのは、収益を上げる事業を立ち上げるヒントみたいなものだと思うので
そういう知識のある人につなげていけたらいいなと思っています。

イベントに参加する。イベントを開催する。ランチを食べに行く。
持続化プロジェクトに参加する。寄付をする。
特定のプロジェクト(クラウドファンディング部門など)のお手伝いをする。
などなど、さまざまな支援、さまざまな関わりをもつことが可能です。

もしこれを読んでくださる方で
支援に興味がある方がいらっしゃいましたら。
ぜひ、応援よろしくお願い申し上げます(๑'ᴗ'๑)

HPはこちら↓
http://sawascafe.com/

写真はSAWA'S CAFE のもようと
一緒に SAWA'S CAFE 応援隊員をやっている、友達のゆかぽんです。
今日は、実はゆかぽんはいなかったのですが
余りにもいい笑顔だったのと、ほかにカフェの概要がわかる写真がなかったので
こっそり載せてしまいました(๑'ᴗ'๑)
ゆかぽん!ありがとう!!!!!
ここにくると、みんながこんな笑顔になります(笑・たぶん!)

c0195362_22181055.jpg


by terasumonnmoku | 2015-12-29 22:16 | SAWA'S CAFE | Comments(0)

Sawa’s Cafe 共催の表題のイベントが無事終了しました(๑'ᴗ'๑)
http://sawascafe.com/event/mystory/?instance_id=1111

楽しかった~♪゜・*:.。. .。.:*・♪
てるみーくんのボイス・パーカッションも聴けたし
なによりご来場下さったみなさまが
元気いっぱいで帰ってくださったことが
何よりの励みとなりました。

ただ悲惨な状況をがんばった話を伝えたいのではなく、そういう人生を生きてきたからこそ、
自分を含めた、一人でも多くの方々の人生をも大切に、みんなで喜びあいながら生きていきたい。

それが、次に続く世代のための、
新しい未来、愛に満ちた地球を作ることにつながってゆくのだ。

という、一番伝えたい気持ちを届けることが
今、ようやくできるようになってきた気がします。

やりたいことに、ちょっとだけ手が届いた、ありがたい時間を過ごさせていただいて、
みなさま、ほんとうにありがとうございました。


今回は、お話の前に<IMAGNEごはん>のあさみちゃんが、この講演会をイメージした「希望」ごはんを作ってくれました*\(^o^)/*

c0195362_18352150.jpg

ちゃぶ台の上に展開される
愛に満ちた地球。
希望の虹が心に虹をかけます☆

c0195362_18355049.jpg

胃袋だけではない
ハートまで満たされるような、目にも心にもおいしいごはん!

c0195362_18380778.jpg

(それにしても到着が、ぐっと遅れてしまってほんとうにすみません(T ^ T))

いろいろなことが終わったあとで
あさみちゃんや、さわさんや、残ったみんなと
今一部で話題沸騰の、ヘタ・アートを作って遊びました( *˘ᵌ˘)♪

c0195362_18374755.jpg

バックに飾ってある写真は
空の作品展仲間の写心家 ゆみちゃん撮影の
「ダイヤモンド無冥さん」です!

by terasumonnmoku | 2015-11-03 18:48 | SAWA'S CAFE | Comments(0)

生きる意味が見つからないなら、自分で創って育てちゃおう!というブログです。やっていることはさまざまですが、常に生きることに向かっています。

by terasumonnmoku