カテゴリ:仲間( 36 )

苦手な写真を克服する②


Photographer Kasumi Nakanoyaさん
モデルの仲野谷真喜子さんから、

新春写真ショーの折の
撮影写真を送っていただきました(๑'ᴗ'๑)

なかなか秀逸な写真が撮れたので、
アップします(^-^)


①一緒の二人の自然さに比較して
ストップモーション張りに
凝固しているやつ↓



c0195362_13485751.jpg


②かわいい二人と対照的に
顔がひきっつているやつ・笑↓


c0195362_13492058.jpg


今回、苦手にあえて挑戦したことで
意外なほど自己肯定感が増しました。
おかげさまで、今はとってもいい気分。
参加できてほんとうに良かったです!


つらかったけど、楽しかった♪

楽しかったけど、つらかった♪

てなわけで、いまのわたしは
満足感でいっぱい♡

いろいろ考えたけど
撮影に関しては
必然性がないのに笑う
ってのがダメだったみたい。



人が無理に表情を作っているのを
見るのがつらいので
自分が無理するのも
嫌だったみたい。

いつもおもしろがっていられるよう、
コンデションを整えよう~ଘ(੭´ ꒫`)੭


c0195362_13494216.jpg



ラストはかっす~の撮ってくれた
レスリー・キーふうの
ポートレイト。

モノクロにしてもいいかも。
と言われたので
白黒にしてみました。



あまりにわたしが
疲れ切っていたので
ほぼ一発撮りでした・笑。
これ以上は無理だった・とほほ。
かっす~、さすがの才能です  ':・:*:. ☆ .:*:・:'
きらめいています☆彡

新年早々
こんなわたしにお付き合いくださいまして
みなさま、ほんとうに
ありがとうございました♡


地球という、
この広大な遊び場に感謝  ':・:*:. ☆ .:*:・:'


Photographer Kasumi Nakanoyaさん
のHPはこちらです↓素敵な写真がいっぱいだよ♡




by terasumonnmoku | 2017-01-10 18:23 | 仲間 | Comments(0)

新春写真ショー


友人のPhotographer 
Nakanoya Kasumi さんと
パートナーでモデルの 
仲野谷真喜子さんの

「新春写真ショー」
に参加しました!





c0195362_21265426.jpg



モデルの真喜ちゃんに、
ポーズの取り方や、
見せ方をレクチャーしてもらい
みんなで写真を撮り合って

最後に、プロのかっす~に
スタジオ撮影してもらうのです。

さまざまなシチュエーションをあてがわれて
(つきあって1か月のラブラブな彼氏とデート、とか!)なりきるのがなかなかつらく、
無理無理無理!と最初は思ったけど



でもまあ、がんばればできるものです。
なにごとも・笑。


下の写真は、珍しく普通の顔で写るわたし。
1回目より2回目の参加の
ほみあちゃんがとても自然になっていたので
写真写りって、慣れかもしれない。



c0195362_21281123.jpg








まきちゃんの誘導がおもしろく
あっという間に(やや)
その気になっていく・笑。


みんなでやるから、また楽しいんだよね♪

もともとわたしは写真が嫌いで、
その気持ちはだいぶなくなったと
思って居たのに、
こうしてみるとまだ残っていたらしく、
今日はほんとに消耗しました┐(´∀`)

でも、この新春写真ショーのおかげで
ずいぶん消化できた(๑'ᴗ'๑)
写り方を習えるのもいいし、
みんなで褒め合いながら盛り上がるのも
楽しい♡


みんながほんとにかわいくて
しかも、どんどんどんどん
撮っていくうちに美しくなっていくのに
見とれた午後でした。

かっす〜の撮る写真が、またいい!
この短時間に撮ったとは思われない、
すばらしい、仕上がりぶりです☆

出来上がりが楽しみだなぁ〜。




c0195362_22181976.jpg


この写真ショー、
またまたチャンスがあると思うので、
興味のある方はぜひ参加してみてね♪

直近は、イメージコンサルタントひろみんこと
笹原宏美さんとのコラボ企画
ファッションから一新して、ポートレート写真までつながるこちらのイベントもぜひ!

「初めてのわたしに出逢う」↓









会場のマルカフェさんもすてき♪
一番上の写真にある
「ほうれん草とミルクのスムージー」

おはぎ

の味がするんだって・笑!








by terasumonnmoku | 2017-01-08 22:15 | 仲間 | Comments(0)
世の不条理に頭に来た時、
わたしは歴史の本を読む。

この「歴史」は
戦国時代の日本の英雄~
のような近いものではなく

とにかくタイムスケールが長いもの。
できれば、万単位のものが好ましい。

よく読むのが
これ↓(確かビル・ゲイツの
おすすめ本だったような記憶があるが定かではない~)


c0195362_18025656.jpg


700万年前に誕生し
ゆっくりと進化してきた人類は
およそ5万年前、クロマニヨン人の台頭とともに
突如、世界各地に移動を始める。
(この時期に、言語を身に着けたのではないかとも
言われる)

アフリカあたりにちんまりと暮らしていた
人類は、どんどん世界進出をはたし、

一つの大陸に
移動するたびに
あっという間にそこに住む
大型動物を次々に

絶滅

させてきた。
まさに「瞬殺」である。




人間がばかなのは
今に始まったことではなく、
昔からだったんだ。


と考えるのは、
ほんとうに心が和む。

人類はどんどん悪くなっているのではなくて
逆に、こうしたことに
注意を向けられるほどには
賢くなっているのだ!

これは「げっそり感」の
コペルニクス的転回だ。

という話を、
ある女の子にしていた時


「牛が家畜になり
シマウマが家畜にならなかったわけを知ってる?」

と聞いて、(当然知らないだろう)

それは、

シマウマの、
性格が
悪かったからだ!


と、この「銃・病原菌・鉄」の受け売りの
豆知識を披露したところ


彼女は目をキラキラさせて


「それって
自分次第って、ことですよね」


と、答え~ଘ(੭´ ꒫`)੭

その反応に、
ちょっと胸を打たれた♡

確かにひとは、
誰かに強制されるのではなく

何らかのメリットがあって
それを得るために
自らの意思で、奴隷
または家畜になる。

と常々わたしは思っているのだけど

c0195362_18032026.jpg


(これは16世紀のフランスの本。そういうことが
書いてあるらしいけどこっちはまだ読んでない・笑)

まさかシマウマの性格の話から
いきなり
そこに行くとは思わなかった。

(シマウマはいったん人にかみついたら
絶対に離さない。
という不快な習性があり
虎よりも噛みつき率も高い。
そのほかにも絶対に投げ縄にかからない。
とかいろいろな悪い点がある)

わたしたちはいきなり

同志よ!
あの旗のもとに進め!

的な得も言われぬ気持になり、

「さあ!シマウマで行こう!」


という謎のエール交換をして
元気に別れたのでした。



by terasumonnmoku | 2016-12-27 17:58 | 仲間 | Comments(0)
珠子塾でも
セッションでもやっていることは同じで

「仕事が楽しい~」

「わたしはこれが好き」

というのが

相手の方に見つかった瞬間が、好き。

大好き♡

ぴかっと魂に光がともり
顔が明るくなり
一気にワクワクムードが漂う。

あまりにわたしがよろこぶので
(たぶん)

塾やセッションが終わった後も
みんな
うれしいこと.


なにかに感動するたび
報告がある(๑'ᴗ'๑)


ありがたや  ':・:*:. ☆ .:*:・:'

今日もそんな

メッセージをいただきました。

「仕事が終わった後で
楽しかった♬ってお客さんに
言ってたんですよ」

ご本人の瞳も、きっと
きらきらだったんだろうなあ  ':・:*:. ☆ .:*:・:'


うれしいなぁ~
しあわせだなあ~( *˘ᵌ˘)♪



ちゃんと目を開ければ


世界は

愛と夢と、冒険に満ちている。

なんちゃって

冬至の翌日の今日は
新年の新しい一日

だそうです☆

今日もあたらしいような
ずっと前から知っていたような
不思議な出会いがあって

古い関係性が
急激に魅力を失なっていく。

これから一緒にいたい人
のイメージが鮮明になり


劇的に何かが
入れ替わっている(ノ゚ο゚)ノ ~




来年はいったい
どんな年になるんだろう?

みんなにも、
わたしにも

きっと最高な一年になるに違いありませんが

まずとりあえず、

きっちり、今年を終わらせよう(๑•̀ㅂ•́)و✧

写真はいつもVIP待遇で
甘やかしてもらっている
シャーレ大町のおいしいごはん♡

いつも大感謝なのです。

年内は来週火曜(27)までの営業です!


c0195362_19475867.jpg


by terasumonnmoku | 2016-12-22 19:38 | 仲間 | Comments(0)

厚労省からの
人事異動通知が届きました。


c0195362_17363037.jpg



しかも学校担当だそうです。



果たして勤まるんだろうか??



みなさま、今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます.



最近とみに力を入れすぎることが多く

一生懸命??脱力する練習をしています。


というわけで、ひさびさに

イヤーコー二ングのえりちゃんのサロンに

遊びに行ってきました!


c0195362_17384513.jpg




三か月ぶりです(๑'ᴗ'๑)


おへそと耳の三か所に

コーンというものを入れて

焼いていくのですが


燃えまくりました。


おへその時はほとんど爆睡で

全く記憶がないのですが

耳は、ちょうど大切に保持していた


「痛み」の作る汚れがばちばちと燃えて

気分が良かった。


話として聞く

自死遺族の悲しみや痛みは

亡くなった人が戻ってくれば

たちどころに消えるんだろうな

と思うのですが


そういうわけにもいかないし、


どうすることもできないのに、


あまりにもその痛みが大きいので、

つい、どうにかしたくなってしまう。


皮肉なことに、人為的に心を傾けると

対象に執着して

ふたりで痛みを増幅してしまうのです。


人生あきらめが肝心で

あきらめたときに光が立ち上がり

ほんとうのちからになることができるんだけど、


自分にも覚えがある感覚であるからこそ、

つい共鳴しちゃうんだよね。


えりちゃんとよもやま話をいっぱいして、

女子高生のように大騒ぎしながら

自撮り写真を撮って

こちこちのツーショットが撮れました・笑。



c0195362_17430879.jpg



表情が硬かろうが

しわが目立とうが

昔見えていた顔の曇りが取れたので

写真を撮られるのに

抵抗がなくなりましたが

えりちゃんはほんとはもっと

美人です( ̄ー ̄)


年末のデトックスに

イヤーコー二ングはいかがですか?

幽体の汚れが

めっちゃすっきりします。


予約サイトはこちら↓



by terasumonnmoku | 2016-12-19 17:28 | 仲間 | Comments(0)
お友達の高橋啓子さんと、
佐藤美佐子さんの

「お灸とマインドフルネス瞑想」の会に
参加しました!

このコラボが始まったときから
興味津々だったのです(๑'ᴗ'๑)


ようやくタイミングがあって
参加してみたところ、

もう、


むちゃくちゃ面白かった!!!!

まずお灸をして
それからおもむろに、
マインドフルネス瞑想を行います。

啓子ちゃんのつぼの話が
たまらなくおもしろい!

聞いていてわくわくします٩(ˊᗜˋ*)و✧*。

c0195362_19571891.jpg




今回のテーマは「自律神経」のつぼ。
だったのですが、

同じ自律神経のつぼでも
アプローチの仕方がいろいろあるのです。
胃腸系からくるもの。
心臓系からくるもの。

いろんな原因が複合的に重なって


「自律神経の乱れ」

という大きな症状を引き起こしていく。



わたしたちはよく、自分の感覚を無視して
ついがんばってしまったり
無理を重ねたりということをするけど、

からだはちゃんと、
無理は無理だよと感知していて
各部署の情報を乱すことで
それを教えてくれている。

なんてよくできているのだろう(ノ゚ο゚)ノ ~

と、自分のものいわぬからだに、
感動してしまいました。

そのつぼに、そっとお灸をのせていく感じがいい。
煙を見ているのもいいし、
あったかいのもうれしい。

あっという間に体が
あたたまる感覚も楽しい♡


c0195362_19574456.jpg


そして、この肉体的な「感覚」に特化し
そこに焦点を合わせることで

「今ここ」

という実感を
を最大限に感知していこう
とする試みの一つが

美佐子さんの「マインドフルネス瞑想」です。

c0195362_19590139.jpg
うつ病の治療にも
使われているという
この瞑想のベースが
かねてより、大ファンだった
ティク・ナット・ハン師の思想と聞いただけで
大興奮・笑。

わたしがティク・ナット・ハン師の思想に
傾倒していたのは
もう15年くらい前ですが
ティク・ナット・ハン師も
進化していたのだと
びっくりしてしまいました。
(当時読んだ本は「微笑みを生きる」
というのですが、あまりにもよかったので
ほかの本を読んでいない)


美佐子さんの誘導に合わせて
肉体の感覚を言葉にして
伝えるという事をしてみて


自分が思っている以上に
肉体上で常に豊かに
いろんなことを感じている
ということを知り、
ひそかな衝撃を受けました。

考えてみれば
「感じる」って
からだですることなのに
どうしていままで
気付かなかったんだろう。

なんとなく
身体とは別のところで
感じているような気がしていた。


瞑想の後は、体の感覚が変わっているのも
おもしろかったです。
ツボの痛みがなくなって
お灸の熱の感じ方が
鋭くなっていました。


いろんな形で多面的に
「わたし」に近づいていく
貴重なひととき。

新年に向けて
身体とのかかわりが
変わってきそうな予感がしました。


啓子ちゃん、美佐子さん、
本日はほんとうにありがとうございました!


この講座、2月にも開催されるそうなので
気になった方は
ぜひ参加してみてね。
申込はこちらです↓





by terasumonnmoku | 2016-12-18 19:50 | 仲間 | Comments(0)
作品展も来週に控え
準備も大詰め。
本日は終日家作業。

描きためた絵を額装したり、金具を探したり。
少し前までかなりてんぱり、悲壮感に満ち満ちていたのですが、
ぎりぎりになると悟りが開かれる体質なので
もう大丈夫。
ほぼあきらめの境地です・笑。


絵に関してはものすごいコンプレックスを持つ
わたしに個展が開けるのだから
みんなだって、なんでもできるはず!
どうなっても、
めっちゃ楽しいに違いない♬

そんな合間に、先日NHKで放送された
「バリコレ」を見ました。

登場するのはパラリンピックで活躍した
義足のランナーや、はるな愛さん、寝たきり芸人の方など
見える障がい、見えない障がいを持ったモデルさんたち。

そこに友人のダンサー想真(そうしん)君が出ると
本人から連絡をもらったのです。

バリコレを見ていて
足がなかったり、様々なハンデのあるみんなが
きれいな格好で、堂々として
大勢の人に応援されている姿を見て
すっかり盛り上がってしまった。

普通じゃないとだめなんて、
誰が決めたんだ!
おれのかっこよさは
おれが決めるぜ。

みたいな、鼻の穴が広がる感じ・笑。


特に想真くんがかっこよく、
きらきら輝いていて、
感動のあまり泣く(´;ω;`)

c0195362_19515366.jpg

想真くんのチームのデザイナーは
かねてより絶賛応援中の鶴田能史さん。

宇宙をモチーフにしたデザインがおもしろい~
でも身内馬鹿なので
何度も想真くんのところばかり繰り返し見てしまいました。
最高だー!!!!

見てびっくりしたのですが
想真くんは、性同一性障害も、持っていたらしい。
さぞ生きづらかっただろうなあ。
戦争の起きている土地で
その土地の子どもたちと、純度100パーセントの笑顔で遊ぶ想真くん。
地球に笑顔を増やす活動を
ひそかに進めています。
彼はきっと、同じ障がいを持つ人、のみならずみんなの
光になっていくに違いない。

c0195362_19540382.jpg

いやあ、やる気出るわあ٩(ˊᗜˋ*)و✧*。

想真君のブログはこちら

デザイナー鶴田さんの作品はこちら

by terasumonnmoku | 2016-10-15 19:47 | 仲間 | Comments(0)
そうそう。昨日のケシャブ君ですが、
Kちゃんとご主人のサンちゃんが始めた
ネパールの里親支援プログラムの支援で留学が決まったのでした(๑'ᴗ'๑)

すてきな里親に恵まれたのです!

ネパールの郡部の子どもたちは教育もなく過酷な状況に置かれ
カトマンズの街の中にはそんな田舎から出てきた、
保護者のいない子供たちが、唯一の救いであるシンナーで
ぐったりしている姿が見られます。
女の子は幼いうちに売りに出されたり、幼児婚がまかり通っている。

その全体を改善することはできませんが
具体的になにかしようとしているひとがいる。
というのはやっぱりすごい!

そして、昨日の労働組合の総会ですが
いたずらに個々の事例の犯人を捜して糾弾するのではなく、
自分たち自身で動き、
問題を解決していこうという姿勢に、励まされたのだと思う。

有名ブロガーのちきりんさんの
<人生を無駄にするための10の方法>にあった

10.社会や政治や会社など「自分以外の誰かが問題を解決すべきである」、と一生懸命に主張する

をわたしも随分してきましたが、
そういうのは、ほとほと疲れる。


重要なのは問題そのものではなく
その先に何を実現したいか。

今起きてくる事実は変えられない。
けれども、実現したい未来に向かって、
自分のいる立ち位置や、視点や行動を
変えることは可能です。
例えば、上記のネパールの問題にしても
ケシャブ君の幸福をともに願い
ほかの子の里親になることもできるし、
ただ悲惨さにげっそりすることもできる。

過労死の問題に関しても
いちいち打ちひしがれることもできるし、
最前線でリアルに変えていこうとする、
その取り組みを、応援することもできる。

だからどんな現実も
選ぶことができる。という結論になりました(๑'ᴗ'๑)
真理の世界で言うと
そうやって、原因を作り直すのだ。

昨日の日記は激しく動きすぎたこともあって、結論が飛んだので
とりあえず今日は追記です・笑。

ところでこの10個の法則。
今年は8個くらいクリアできたので
来年は全クリを目指すぞ~٩(ˊᗜˋ*)و✧*。*。

写真はダウン症の書家
金澤翔子さんの作品です(^-^)

c0195362_17464817.jpg


人生を無駄にするための10の法則





by terasumonnmoku | 2016-10-10 18:23 | 仲間 | Comments(0)
希望の会遺族女子部で、パンケーキの会を開催しました♬
(参加者2名・笑)

会の例会で最近お顔が見られなかったので
気になって(そして自分がパンケーキを食べたかったので!)お誘いしてみたのです。
お元気そうで、ほんとうによかった(´;ω;`)

c0195362_23355284.jpg

亡くなったご主人の勤務先との大きなトラブルをこなしながら
たったひとりで小学生の元気な子供たちを育てている方なので、
日々回していくだけで大変でしょう。
それなのに、

「希望の会に対しては
参加するだけでなにもできないけど、

身近に何人か重い病気の人がいて
わたしはその人の病気を治すことはできないけど
そばにいることはできるから、
いまいろいろ試しているんです。

それが寄り添うっていうことなのかな。と思って」

という言葉を聞いて、泣きました(´;ω;`)


これからもいろいろなことがあると思うけど、
彼女はきっとだいじょうぶ。
わたしたちはとてもハードな状況を経験してきていていますが、
予後がいい人と、精神的に病んでしまう人の差が
ここにあります。
人を思いやる気持ちがあるかどうか。
特に全くの他人を。

あまりにショックなことがあると
誰しも自分が世界で一番不幸な人になってしまう。
なろうと思えば、どこまでも落ちていけます。

でも不思議と自分自身がピンチの時に
人を思いやれるようになったひと。
あるいは、まだあまりにも傷が生々しすぎて
人を思いやることができないと苦しんでしまうような人は、
心を病むことはない。

たぶん、人に配慮することで自分自身と自分の問題の間に
距離が生まれるんだと思う。
自分のことだけで頭がいっぱいの間は
救いは訪れない。

もしあなたが何かにとても苦しんでいるとしたら
誰かに見返りなく優しくしてみる事をお勧めします。
ほかの誰でもない。自分のために。

見返りを求めないというところがポイント。
世界は思いのほかやさしいのだと
きっとその時、あなたは気づくことでしょう。
本当は他人なんて、一人もいないから。

すべてはひとつ。と巷でよく言われることを
わたしたちはそういうふうに、
実感していくのです~ଘ(੭´ ꒫`)੭

by terasumonnmoku | 2016-10-07 23:02 | 仲間 | Comments(0)
今日は、自宅イベント tamma's cafe 第二弾として、
希望の会女性メンバーで、「お花の会」を開催しました。

お花の会
といっても、先生が一人、生徒が一人。
見学が一人の三人チーム。
名前を付けるのは自由なのだ・笑。

何度も挫折しては憧れていたアレンジメント。
Tちゃんが語るお華の世界観に魅せられ
熱烈アピールの末ついに、習うことに!

オアシス(水を含んだスポンジのようなもの)を葉で隠すんだよ。
という基礎的なことを習いながら

できた作品はこちら↓

c0195362_13032781.jpeg



見よう見まねでやっているときは、
いいのか悪いのか見当がつかず
ついには投げやりになって、


ああ。やっぱりだめだった。

と、悶々とした気持ちだけが残るのですが、

お二人に褒められ、大変調子よくできてしまいました♬
(誘った後でわかったことですが、見学の方も実は華道歴20年の大ベテラン(ノ゚ο゚)ノ ~)
初めての経験♡


Tちゃんいわく、お花を生けるにあたって大事なのは、
花の「削ぎ方」なのだそうです。
一つの枝にいくつも咲いている花を
いかにそいでいくか。
たくさんついているからと言って、考えなしにあれもこれも使ってしまうと
かっこよくならない。

確か格言にもありました。

得るは捨つるにあり。

さすがは華道。
「道」とついているだけのことはあります。

苦難の道を歩きながら、
わたし自身、何度思ったことでしょう。

人生、前向きな諦めが肝心だわ。と、笑。

Tちゃんはみんなで話しながら残ったお花で手際よく、
あっという間に、素敵な和花を作ってくれました(ノ゚ο゚)ノ 
花器はペットボトルを切ったものだそうで、それにもびっくり!


c0195362_13035058.jpeg


何を削ぎ、何を残していくか。

自分に向き合うように花を生ける。
美しい日本の文化に、ちょっとだけ触れられたような1日でした♡



by terasumonnmoku | 2016-09-20 10:27 | 仲間 | Comments(0)

真理セラピスト・らくがきすと・即興ピアニスト+社会活動家(過労自死遺族/東北希望の会代表)幼少時より、生と様々な死から多くのことを学んできました。11年のセラピスト経験があり、仕事ではいのちのすばらしさについての、エナジーーワーク的なセッションやワークをしています。頭を現実的に使いながらメルヘンな世界を実現させていきたい。社会問題、スピリチュアルな仕事や宇宙のこと、日常について書いています。


by terasumonnmoku