カテゴリ:仲間( 28 )

希望の会遺族女子部で、パンケーキの会を開催しました♬
(参加者2名・笑)

会の例会で最近お顔が見られなかったので
気になって(そして自分がパンケーキを食べたかったので!)お誘いしてみたのです。
お元気そうで、ほんとうによかった(´;ω;`)

c0195362_23355284.jpg

亡くなったご主人の勤務先との大きなトラブルをこなしながら
たったひとりで小学生の元気な子供たちを育てている方なので、
日々回していくだけで大変でしょう。
それなのに、

「希望の会に対しては
参加するだけでなにもできないけど、

身近に何人か重い病気の人がいて
わたしはその人の病気を治すことはできないけど
そばにいることはできるから、
いまいろいろ試しているんです。

それが寄り添うっていうことなのかな。と思って」

という言葉を聞いて、泣きました(´;ω;`)


これからもいろいろなことがあると思うけど、
彼女はきっとだいじょうぶ。
わたしたちはとてもハードな状況を経験してきていていますが、
予後がいい人と、精神的に病んでしまう人の差が
ここにあります。
人を思いやる気持ちがあるかどうか。
特に全くの他人を。

あまりにショックなことがあると
誰しも自分が世界で一番不幸な人になってしまう。
なろうと思えば、どこまでも落ちていけます。

でも不思議と自分自身がピンチの時に
人を思いやれるようになったひと。
あるいは、まだあまりにも傷が生々しすぎて
人を思いやることができないと苦しんでしまうような人は、
心を病むことはない。

たぶん、人に配慮することで自分自身と自分の問題の間に
距離が生まれるんだと思う。
自分のことだけで頭がいっぱいの間は
救いは訪れない。

もしあなたが何かにとても苦しんでいるとしたら
誰かに見返りなく優しくしてみる事をお勧めします。
ほかの誰でもない。自分のために。

見返りを求めないというところがポイント。
世界は思いのほかやさしいのだと
きっとその時、あなたは気づくことでしょう。
本当は他人なんて、一人もいないから。

すべてはひとつ。と巷でよく言われることを
わたしたちはそういうふうに、
実感していくのです~ଘ(੭´ ꒫`)੭

by terasumonnmoku | 2016-10-07 23:02 | 仲間 | Comments(0)

今日は、自宅イベント tamma's cafe 第二弾として、
希望の会女性メンバーで、「お花の会」を開催しました。

お花の会
といっても、先生が一人、生徒が一人。
見学が一人の三人チーム。
名前を付けるのは自由なのだ・笑。

何度も挫折しては憧れていたアレンジメント。
Tちゃんが語るお華の世界観に魅せられ
熱烈アピールの末ついに、習うことに!

オアシス(水を含んだスポンジのようなもの)を葉で隠すんだよ。
という基礎的なことを習いながら

できた作品はこちら↓

c0195362_13032781.jpeg



見よう見まねでやっているときは、
いいのか悪いのか見当がつかず
ついには投げやりになって、


ああ。やっぱりだめだった。

と、悶々とした気持ちだけが残るのですが、

お二人に褒められ、大変調子よくできてしまいました♬
(誘った後でわかったことですが、見学の方も実は華道歴20年の大ベテラン(ノ゚ο゚)ノ ~)
初めての経験♡


Tちゃんいわく、お花を生けるにあたって大事なのは、
花の「削ぎ方」なのだそうです。
一つの枝にいくつも咲いている花を
いかにそいでいくか。
たくさんついているからと言って、考えなしにあれもこれも使ってしまうと
かっこよくならない。

確か格言にもありました。

得るは捨つるにあり。

さすがは華道。
「道」とついているだけのことはあります。

苦難の道を歩きながら、
わたし自身、何度思ったことでしょう。

人生、前向きな諦めが肝心だわ。と、笑。

Tちゃんはみんなで話しながら残ったお花で手際よく、
あっという間に、素敵な和花を作ってくれました(ノ゚ο゚)ノ 
花器はペットボトルを切ったものだそうで、それにもびっくり!


c0195362_13035058.jpeg


何を削ぎ、何を残していくか。

自分に向き合うように花を生ける。
美しい日本の文化に、ちょっとだけ触れられたような1日でした♡



by terasumonnmoku | 2016-09-20 10:27 | 仲間 | Comments(0)

今回の、エナジーめい想朗読会で
個人的にもっとも注目されたこと。それは、

わたしがスカートをはいていたこと・笑!


お子さんを育てている方
介護などをされている方。
身に覚えはありませんか?
パンツをはき続けているうちに
いつのまにかスカートが縁遠くなることを。

わたしも例外ではなく
ほとんど毎日パンツです。
先日、撮っていただいた写真の中の自分が
どうしようもなく「能」に出てくる「翁」のようだったことに衝撃を受け、
これはまずい。
と反省しました。



年齢を重ねると
誰しも性別不詳になっていきます。
100歳になって
おじいさんかおばあさんかわからない。
というならわかりますが
まだそんな年でもないのに残念すぎる。


そんなときに友人の笹原宏美さん(ファッション・コンサルタント)のこの記事
を読み
一念発起したのです。(おおげさ~!)

当日の装いは、ほぼ全部、前述の笹原さんことひろみんのお買い物同行で選んでいただいたものですが、
たまのおしゃれは、気分が変わりますね~ଘ(੭´ ꒫`)੭

c0195362_19272034.jpeg
( ふぉと ばい Nakanoya Kasumi  今回一押しの作品です↑ )

個人的にはエレガントなスタイルより
ジーンズに破れたTシャツのほうが圧倒的に好きなのですが
理想は

「世界の高級ホテルでも、場末のラーメン屋でもしっくりくる大人の女」。

せっかく場数だけは踏んできたのに
普通に暮らしていると、場末のラーメン屋バージョンでしかいられなくなってくる。
気を付けないといけません。

形から入るって大事。
男性も女性も、たまには自分に手をかけて
違う気分を味わってみませんか?

それにしても久々のフレアースカート。
ふるふるして足元が頼りなく、
まるで女装のおじさんになったような気分でした・笑。

c0195362_09010970.jpeg
(この写真はてつろうさんにいただきました!ありがとう!!!)


みなさんもできる範囲で、ぜひご自身を大切に扱ってあげてくださいね(๑'ᴗ'๑)
ひとりひとりがかけがえのない、たいせつな存在なのですから!





by terasumonnmoku | 2016-09-19 09:17 | 仲間 | Comments(0)

女優くみちゃん、徳ちゃん、イメージコンサルタントのひろみん、
という、なんとも豪華なメンバーでランチ。

場所は一番町の瓦カフェ。
おしゃれな空間に炸裂する本音トークに
笑いが絶えません・笑。

c0195362_21030797.jpeg

以前「セックス・アンド・ザ・シティ」という
本音女子トークが売り物のアメリカのテレビドラマを見た時、

「これ。普段わたしが友達とやってるやつだ」

と思った記憶があるのですが
今日もそんな感じ。
(まあ、恋愛ネタはそんなに多くはありませんが!)

おとなになってそんな友達ができるなんて
母親になったばかりの頃は
想像もつかなかった。

いわゆる<ママ友>ができなくて
幼稚園でも小学校でも話が合う人に会えず
人と会うより、本を読んでいるほうがずっといい。
図書館に通うのが唯一の楽しみだったことが
まるで嘘のよう(ノ゚ο゚)ノ ~

人間、変われば変わるものです。

今日の流行語大賞は「後れを取っている」
というもので、自分と人を比較して、自分がいけてないと思っているところを
みんなで告白しあい、

なにかにつけて
「後れを取っている~」とつけたして
大爆笑しました・笑。

わたしも、くみちゃんも、徳ちゃんも、ひろみんも、個性は立っているし、それぞれの分野で積み上げた実績もあり、
みんなそれなりにひとかどの人物だと思うのですが(たぶん)
それぞれに「後れを取ってる」と思うところがあるらしく、そこがほんとうにおかしい。

わたしもみんなにうらやましがられることがあるのですが
それがどんなに褒められても、自分のことは、ちっとも素敵に思えないのです。
わたしだけでなく、
ほかのみんなも同じらしい(ノ゚ο゚)ノ ~
心打ち震えるほど
ほかの人のことは素敵に思えるのに!

人の芝生は青い。と言いますが
どんなひとも劣等感や自信のなさからは抜けきれないところがあるようです。
はたから見ると、
それって冗談にしか見えないけど
本人的には重大問題で
だけど、そんな重大問題を
口々に言いあっているうちに
どうでもよくなってくるのが、楽しすぎる。

そういえば先日、車をスペースの大きい不便なところに止めようとしたとき

「母さんは、自分に自信がないからこっちに停めるよ」

といったところ

「それは車の運転に関してだけでしょ」

と、とうもろこしににべもなく断言され、
ほ~(ノ゚ο゚)ノ ~と、となってしまいました。
我が息子からしても
わたしは<自分に自信がない人>のようには見えないらしい。


自信があろうとなかろうと
やりたいことは何でもやってしまう
自分の性格を、大概、やってしまった後で後悔するのですが、全部やり終わるとそういうことも忘れてしまい、
結局正体不明な
「自信のなさ」だけが残る。

それって、無駄かもしれない~

いやはや、人間って(わたしですが)
おもしろいですね(๑'ᴗ'๑)

でも、そんなの時間の無駄でしかありません。
無駄なことはやめよう<(; ̄ ・ ̄)=3
どのみち、ほかの人にはなれないのですから、
せっせと自分が納得するまで
自分自身をほめてあげよう~ଘ(੭´ ꒫`)੭

だって自分で自分を応援できないのだとしたら
誰が自分を応援するのでしょう?


欠けたところがあっても、へんで
思うように全部ができなくても、
そんなすべてのあなたを
この広い宇宙は必要とし
愛して生み出してくれたのですから!

人がこの世に存在するということは
そういうことなのだと思うのです。

c0195362_21033269.jpeg

写真はいつもがまんして、横目で通り過ぎるチョコクロ。今日ははりきって、ばくばく食べてやりました・笑!



by terasumonnmoku | 2016-06-28 21:02 | 仲間 | Comments(0)

今日の空はめちゃきれいでしたね!

c0195362_20373899.jpeg

まさに、変化のとき(^_^)

7月で閉店が決まったSAWA'S CAFEに続き、大好きな「杜の遊庭」さんがリニューアル。


というわけで、お芝居の打ち上げ?をかねて、女優くみちゃん、えこちゃん、ハッピークローバーのゆっきとランチに出かけました(๑'ᴗ'๑)

c0195362_20361219.jpeg

女優くみちゃんに、かなちゃんから託されたお芝居のご祝儀を渡す。という、ずっと忘れていた重要ミッションを果たして、一安心。

c0195362_21575913.jpeg
それにしても、サンマと信じて食べていたかば焼きが
茄子だったと知ってびっくり!
マクロビだから当たり前なのに、
なんでそう思っていたのか(ノ゚ο゚)ノ ~

おいしいさなえさんの、オーガニック・ランチも食べ納め。
好きな場所がどんどん変わっていくのは寂しいけど、きっとみんな、ここからまたすばらしく、進化していくのでしょう。

変化は必ず、より大きな規模での調和につながっている。
どんなことも、一見ひどく不幸に見えるようなことも

全てを手放して、
軽やかに進んで行こう!

昨日の自分に、次々と別れを告げながら(^L^)

てなわけで、息子とうもろこしと
バッティング・センターに来ています・笑。
よく考えたら、君は試験中じゃないのかい?

c0195362_20380486.jpeg




by terasumonnmoku | 2016-06-17 20:24 | 仲間 | Comments(0)

今日は、みつばちクラブの活動日!

c0195362_21052460.jpeg

もりもりと畝を立て、
種から育てた豆の苗を、みんなで植えていきました(๑'ᴗ'๑)

c0195362_21033939.jpeg


この豆で作る枝豆は、さぞおいしかろう。
植えたそばからその瞬間が、楽しみでなりません・笑!
畑って、やっているときも楽しいのに
収穫して、しかも食べられるってすごい(ノ゚ο゚)ノ ~
二重三重のお得感があります。

それから無冥さんの指示に従って、育った玉ねぎを抜いて乾燥させ、
畑に水を撒いて今日の作業は終わりです。




実際の畑作業より、
あぐり寺でだべっている時間のほうが、5倍くらい長い~

程よい大きさに育ったかぶを抜いてきて
お昼にみんなで食べました。
美味すぎる。

c0195362_21041587.jpeg

今日もくだらない話をいっぱいして
みんなで大笑い。
新しい仲間も増えて、ますます賑わいが増しそうです。

c0195362_21043412.jpeg

次回のみつばちクラブは、6月15日。

また、あぐり寺では
噂の脱力系ヨガ「寺ぷりヨガ」

をはじめ、

おもしろいえりちゃんの<光のイヤーコー二ング>

など、さまざまなイベントが目白押しです。

あぐり寺のFBページはこちら

寺ぷりヨガは、思い切り脱力した講師のぷりちゃんの様子をみなさまにぜひ見ていただきたい!
ぷりちゃんの顔を見るだけで
思わずつられて力が抜けてしまうので、
まじめて、つい肩に力が入ってしまう方に
絶賛おすすめ中です!
(ちなみに一番上の写真で、ばんざいしているひとが、先生のぷりちゃんです)

by terasumonnmoku | 2016-06-08 21:02 | 仲間 | Comments(0)

愚痴をなくす方法。

仙台の市議、佐藤わか子先生の事務所に
友人のゆっきを連れて行ってきました(๑'ᴗ'๑)

普通の学校でもいじめや、不登校や様々な問題が起きていますが、
ゆっきのお子さんの通う支援学校においては、さらに状況はハードです。

その状況についての相談を受けたとき、
確かにそれはひどい話だけれども
いくら嘆いてもどうにもならない。
とにかく、ひとつでもできることを探そうよ!と提案したことがきっかけで、
今日の訪問になりました。

わかちゃん先生には、お世話になっている藍の会の田中さんに紹介いただき、
三年前に希望の会と過労死問題の相談に伺った時からのご縁です。
今日は、恩送りができて、ほんとうにうれしかった。
どちらかというと、先生は福祉分野が専門で
労働問題系ではないので、
支援学校で大活躍中のゆっきがつながったほうが、素敵なものが生まれそうです♬

今日は支援学校で、今起きている問題を解決する方法や、
障がいのある子どもたちを、どう支えていくかについての相談にのっていただきました!

もちろん問題が大きすぎるので
すぐに解決策が見いだせるはずはありません。
でもとりあえず、次に打つ手は決まったので
ほんとうによかった。


身近に覆いかぶさる灰色の塊に、
できることがあるのは、いいものです。
それがどれほど小さなことであっても
自尊心を著しく向上させます。
なにより、実際に動き始めると
愚痴が言えなくなるのが、いいですね・笑。

変えられるのは自分だけ。
愚痴を言うのも楽しいけど
折角の人生だもの。それで終わるのはつまらない。

それにしても、いろいろなことを知れば知るほど、

すべての問題の背景に労働問題があるという実感が、ひしひしと増して行きます。


現状のなかなかにハードなお話を伺って、とにかく、それが実っても実らなくても、

どこかに響いていくことを信じ、できることを一つずつ積み上げていこうと

三人で話し合いました(*^^*)


おりしも今日は、わかちゃん先生のお誕生日。

事務所には次々に、お祝いの人が訪れていました。

ゆっきを口実にひさびさに、「わかちゃん」にお会いできて

うれしかったです( ´艸`)

(わか子先生というと、わかちゃんでいいよ。とおっしゃるところもすてき)


そしてそのあとはキムカツでとんかつを食べながら

支援学校のハードなお母さんの話を聞いて

一緒に悩むゆっきの話に合図づちを打ちながら

「ゆっきがしっかりしないと、そのお母さんがもっと大変になるよ!」

などと偉そうに言いましたが

言いながら、自分も気を付けよう。

と、改めて反省しました。


きっとそんなふうにして、わたしたちはみんなで学習していくんだね・笑。


わかちゃん先生との再会で

自分の中でも一つ完結したものがありました。

うれしくなってとっていただいた写真がこれです。


c0195362_21564449.jpeg



by terasumonnmoku | 2016-03-15 21:55 | 仲間 | Comments(0)

お地蔵さまのプレゼント

友人のゆっきに、手作りのお地蔵さまをいただきました*\(^o^)/*

ご主人と、ご主人のつながりのあったすべてのみなさんに、思いが届くようにと、
あぐり寺の無冥さんのご指導のもと、時間をかけて掘ってくれたのだそうです(T ^ T)


c0195362_21392074.jpeg


写真の中の陶器の高杉クリニック風地蔵?とてるてる坊主は、
仏壇に一人じゃ寂しいかなと思って、自分で作ったわたしと息子(のつもり)だったのですが、
先日、そう言えば、本人のお地蔵さまがないなぁ!と思ったばかり。


これで無事、三人家族になりました。



うれしい(T ^ T)


ゆっき、ほんとうにほんとうに、ありがとう。

あぐり寺では、お地蔵さま作りのワークショップも、これから行われるようになるそうです。


お地蔵さまを掘って差し上げることは
亡くなった方への供養にもなるのだそうで
そういう意味でもすごいことだと思います。

あんまりうれしかったので
今度は自分もどなたかに、プレゼントしてみたくなりました!
一人じゃ無理だけど、無冥さんが教えてくださるので
きっとだいじょうぶ!




c0195362_21395164.jpeg

今日ゆっきと遊びに行った、いつもお世話になっている「おおまちシャーレ」のランチ。
ひさびさに代表のあづささんにも会えました(๑'ᴗ'๑)


仙台おおまちシャーレでは、今、精神障がいの方のための就労移行支援施設(カフェ・シャーレとは別の建物)
で働く、厨房担当及び事務などの方の募集をしています。
パートは時給800円。
http://brainuniques.com/schaleoomachi.html

ご興味のある方はぜひ、問い合わせしてみてくださいね(๑'ᴗ'๑)


by terasumonnmoku | 2016-02-24 21:38 | 仲間 | Comments(0)

生きる意味が見つからないなら、自分で創って育てちゃおう!というブログです。やっていることはさまざまですが、常に生きることに向かっています。

by terasumonnmoku