応援ありがとう!2

先日は、設立総会参加、またさまざまなかたちで応援していただいてほんとうにありがとうございました!

折悪しく荒れた天気の中、70名ものみなさまに集まっていただくことができました。

ほんとうに、うれしかったです。

わたしたち遺族は、悲しみの深さや衝撃の大きさから、
突如さまざまな困難に直面しなければならなくなったために、
憎しみや怒り、慟哭といえるほどの痛みなど、普通の生活を送るみなさまには、なかなか受け入れ難いような感情を持つようになります。

愛情が裏返しになったこの感情を、シェアしてゆくことは難しいかもしれませんが、
誰でも、このような事態に追い込まれた時はこうして嵐のような感情に見舞われるものであり、

時に自分自身を壊してしまうほどの激しさで、事実に対峙することが
自然なのだ。ということをわかっていただければ、わたしはうれしいです。

それほど「生きる」ということは、本来真剣なものなのかもしれません。

そういうことをご理解いただいた上で、
家族で過ごす何の変哲もない日常が、どれほど美しくたいせつなものか、ということを、
改めて考えていけたら、
ほんとうにたいせつなものをみんなでたいせつにしてゆくようなことがしていけたら、
とってもいいな。と思います。

ところで、みんながまたたくさん応援ブログをアップしてくれました(^○^) 
ありがとう~\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/
感謝をこめて、ここに(またべたっと)貼り付けたいと思います♪
(ちなみにわたしは、みんなが書いてくれているほど立派な人間ではありません。間抜けだし。友達加点がものすごく多いということをご了承のうえ、お読みください。)

・ひろみんのブログ
http://ameblo.jp/fashion-healing/entry-11516529313.html

・国分町駆け込み寺スタッフペダル高橋さんのブログ
http://ameblo.jp/kokubunchokakekomidera/entry-11516201292.html

・シュリーヨーガ代表齋藤みちえ先生のブログ
http://ameblo.jp/shriyoga-sendai/entry-11517184151.html

・徳ちゃんの記事

大切な私の友人珠ちゃんこと前川珠子さんが代表を務める「東北希望の会」が昨日設立され、本日河北新報朝刊に掲載されました。
誰もが幸せに、笑顔で生きられる社会でありますように。
只今署名も行っています。声をかけてくださいね!
記事はこちらです。
http://www.kahoku.co.jp/news/2013/04/20130422t73013.htm

・くみちゃんの記事

「東北希望の会」
設立総会に行ってきました。

この会は、過労死、過労自死等について、遺族、当事者の目線での真実を世の中に伝え、人が人を追い込む人間関係から、人と人が助け合い、いたわりあう関係へと転換していくよう、
そして特に遺児に対する支援活動(玩具、学用品、衣類、レクリエーション・楽しみ、笑う機会の提供)
を目的とした会です。
この、笑う機会の提供、というところに、深く深く感動しました。

この会の代表でもあり、大好きなお友達でもある前川 珠子さんのご主人が亡くなったのは、昨年の1月31日の夜でした。
その知らせを受けて私はひろみんを誘って、珠ちゃんと愛息のとうもろこし君を車で東京に送って行きました。
もう最終の新幹線が出てしまっていたので、始発の新幹線で東京に行くと聞き、珠ちゃんととうもろこし君を一晩2人にしておけなかったのと、もしかしたら、ご主人の最期に間に合うんじゃないか、という淡い期待もあったのでした。
ご主人が、珠ちゃんととうもろこし君を待ってるような気がしてならなかった。

真夜中の高速道路を4人で走った、現実なのか夢なのかまるでわからない時間、
どこに向かっているのかも確かではない感覚、
すごく寒いのに妙に熱っぽく震える体、
珠ちゃんの優しく柔らかな声、

珠ちゃんからの会発足の手紙が届いてから、
あの時のことが何度も思い出されていました。

今日、設立総会に行って、
あの道は、今日のこの場所、この時間に繋がっていたんだ

とわかった。

道は無数にあったはず。

今日のあの場所、あの時間じゃない所に辿り着く道もあった。

でも珠ちゃんは、とうもろこし君とご主人のために、
戦いではなく、愛の実現への道へと、
自分でハンドルを握り、
自分でアクセルを踏んで、
混沌とした膨大な数の道の中から、必死で、

光の道を進んで来たのだと思う。

とうもろこし君が、会の中で挨拶した。
微笑みながら、
「みんなに元気をあげられる人になりたい」
と言った。

大丈夫。
私も、そこにいたみんなも、とうもろこしくんのその姿と言葉で、どれだけ元気と勇気をもらったことか!!!!
とうもろこし君は、もうすでに自分がなりたい自分になっている。
弱冠13歳だった中学1年生の少年が、大好きな尊敬するお父さんを自死という形で亡くし、たった1年でここまで成長した。
きっと、人には言えない、わかり得ない思いを抱えてきただろう。
声にならない叫びをあげ続けてきただろう。

珠ちゃんの強く真っ直ぐな、とうもろこし君を幸せに導く決心と、
そこから繋がったたくさんの想い溢れる大人との出逢いが、2人を正しく今日の日に導いた。

今日が一つのゴール。
そして、出発点。

2人はまた大きくハンドルを切り、アクセルを踏んで、

よりみんなが健やかに笑い合える社会へ、

よりみんなが幸せに暮らす世界へ、

真っしぐらに進んでいく。

珠ちゃん、とうもろこし君、
ありがとう。
私泣き虫で、ちゃんと想いを伝えられずに、ごめんね。

とうもろこし君を見習って、
私も微笑んで生きます。
とうもろこし君、すごくかっこ良かったから。
by terasumonnmoku | 2013-04-24 19:07 | Comments(0)

応援ありがとう!

みんなが、設立総会のことをブログに書いてくれました。

そのほかに記事をシェアしてくださった方、引用してくださった方、

ほんとにほんとにありがとうございました(T_T)

心から感謝しています。

(しかしどうやって飛ばせばいいかわからないので、無理やり↓貼り付けてみました。面倒ですみません。)

やっちゃん

http://ameblo.jp/myhappylife-1011/entry-11510651235.html

徳ちゃん


http://ameblo.jp/golden-universe/entry-11512228226.html

くみちゃん(貼り付けられないので引用)

以下本文~~~~~


お友達の珠ちゃんから、お手紙が届きました。
珠ちゃんは、「らくがきすと」という肩書きを持つ、アーティストです。
絵を描いたり、ピアノを弾いたり、「珠セミ」という素敵なセミナーをしたり、文章を書いたり、自由な風のような人。
art and love てらすもんもく日記2
というブログも書いてます。

封筒には、まるで小学生が書いたような宛名の字( ^ω^ )
開けてみると、
「東北希望の会を設立します」
というお手紙と、設立総会のご案内がはいっていました。

珠ちゃんのご主人は、昨年1月31日に、突然亡くなりました。
過労死でした。
珠ちゃんには、中学2年生の息子さんがいます。
珠ちゃんが彼と2人で過ごしたこの1年と2ヶ月、その月日を思うとき、私はいつも自分のあまりの非力と無力に思わず絶望しそうになります。
でも、珠ちゃんはただものではない!!
天性のハッピーを生み出す才能で、決して光を失わず、明るい方へ明るい方へと、その強い意思で自らを導き続けました。

ご主人の労災申請の手続きの過程で、過労死防止基本法を目指す署名活動があることを知り、たった1人で署名を集めはじめ、この2月にはなんと!!
1000名を超えました。
そして、遺族の集いで知り合ったお二人の方と一緒に、
「東北希望の会」を設立することになったのです!!

今日届いた珠ちゃんのお手紙に、こう書いてあります。

「できれば、過労死・過労自死していった故人が、不本意にも最後に残した痛みではなく、彼らが生前わたしたちに注いでくれた愛情こそに目を向けて、そこを大切にして生きていきたい。
そのようにして、わたしたちの胸の内で消えそうになっている希望を、みんなで大きくしていくようなことができたら、無念の中で死んでいった夫も、遺族の皆さんの大切なご家族も、きっと喜んでくれるのではないかと信じています。

ものはわけあえばなくなりますが、希望はわけ合えば分け合うほど大きくなります。
その、はじめは小さな希望を土台に、支えてくださる支援者の方や、対立関係にあることが多い企業側のみなさん
ー総体としての組織ではなく、そのなかにいるひとりひとりの< 人 > とー
再び新たに、つながっていきたい。
そんな祈るような思いを込めて、この会の名称を
希望の会
としました。
ここから生まれる新しいつながりが、いつか社会全体を変えてくれることを、心から願っています。」

珠ちゃんは、私の進むべき道を照らす希望の光。
そして、自慢のお友達、私の誇りです。
どんな時でも、道を切り開き、自分の望む道、自分の望む人生を創り出すことができるということを、彼女の生き方で示してくれる。

署名は、次の1000人に向けて、再スタートを切っています。
署名してくださる方、「東北希望の会」を支援してくださる方、募金をしてくださる方を募集しています!
コメントか、メッセージでお知らせくださいませ。
どうぞよろしくお願いします☆
by terasumonnmoku | 2013-04-17 09:26 | 労災申請関連 | Comments(0)

桜が咲きはじめましたね!

寝坊したとうもろこしを学校に送った帰り、突然しみじみと悲しくなり
誰もいない朝の公園に車を停めて、鼻をかんだり、桜を眺めたりしていたら

ぽんぽんのついた帽子をかぶった、長い髭のおじいさんがやってきて
近くに座って缶酎ハイを一口飲んで

ああ。うめえ!

といいました。

それで落ちているサッカーボールを、昔は「籠球」
(ろうきゅう・どうもバスケットボールと勘違いしていたみたい)といった。とか、

今の子供はどうやって遊ぶんだろう。
まったくかわいそうだねえ。などという話をして

これを飲んだら、わしはお花見に行くんだよ。
と、にっこりしました。

お姉さん、楽しむんだよ~♪

おじいさんもいい一日をー!
と手を振りながら別れ、

お姉さんと言われて、すっかり気分がよくなってしまった(単純・笑)

あのおじいさんは、天使だったかもしれない。

最近とみに、いろんなひとに「強い」と言われますが
別にわたしは強いわけでも何でもなく
ダメージを受けても、単にリングから下りないだけなので

ときどきひどく、凹みます。

特に、夫の死が自分や周りの人たちに残した大きな傷に向き合ったり
社会が、あまりにも不完全であることを目にしたりするたびに
暗澹たる気持ちになりますが
それでもやはり、ひとを愛したいし、信じていたい。

愛したい、から愛する。に気持ちを切り替える
ちょうど節目に来ているような気がするな。

戦いなのか、愛なのか。それが問題だ。

夫も限界を超越したところのある人でしたが、そういうところは私も似ていて
今度のことがあって、もし息子がいなかったら
なにをしでかしたか、見当もつきません。
自爆テロくらいはやっていたと思う。

夫が亡くなったことを知った時の、ゆぷぞむちゃん(わたしの妹)の第一斉が

「大変だ!これであのひと(わたしのこと)を止める人がいなくなる!」
だったのは、まったくひどいと思わない?

と、ある時とうもろこしにこぼしたら
「あ、それ覚えてるよ~」といって、笑ってました。

「でも確かに母さんは、どこにでも一人で行っちゃうし、何でもやっちゃうところがあるから、ほんとに危険なんだよね」

というと

「だいじょうぶ。おれがストッパーになる」
と、胸を張り

学校で猛烈な下痢に襲われた友達に、別の子がストッパーという下痢止めを渡して飲ませたら
またたくまに止まった。という話をしてくれました。
(それから薬を持っていた子は、ササキ―仮名ですーストッパーと呼ばれているらしい)

むむーん。。。。。。

とうもろこしストッパー。

いかにも効きそうだ。

どんなしょーもない親でも、こどもはちゃんと成長するんですねえ。

それはすごく眩しいような気がしますが

若干14歳にしてこんなに育っちゃっているのも、切ないな。
by terasumonnmoku | 2013-04-15 11:18 | Comments(2)

東北希望の会(過労死、過労自死遺族、本人、家族の会)
設立総会のご案内

       




日時)4月21日午後1時30分~
場所)仙台弁護士会館仙台市青葉区一番町2丁目9-18
あおば通駅より青葉通りを直進し、晩翠通り左折してすぐ。徒歩約13分               
                       TEL022-223-1001
内容)過労自死遺族、当事者報告や今後の活動計画などの話し合いをする予定です。


                            
    東北希望の会では、遺族、支援者の皆様のご参加を心よりお待ちしております。
    過労死のない、人が幸せに生きるために働くことのできる社会を
    ともにつくってゆきましょう!

                                   
c0195362_22254157.jpg
                                             
by terasumonnmoku | 2013-04-12 22:23 | 労災申請関連 | Comments(0)

集団浄化週間。

どうも3月末から、あちこちで集団浄化週間に突入したようで、
会う人会う人大変そうです。
皆さんの周りはどうですか?

息子とうもろこし一号とわたしの学びも絶好調。
彼の周りの黒いもやもやに耐え切れず、久々に激突してしまった(T_T)

真面目に悩む彼に、親ぶってつい真面目に向き合ってしまうので
両者二重に暑苦しい事態に!

一日半くらい、母親業をストライキし、
再度じっくり話し合った結果、お互い違う人間で良かった。
という意味不明な結論に達し
平和が戻りました。

最近思うのですが、親は子供の気持ちがわからないくらいで、
ちょうどいいのかもしれない。
本人の力を信じ、わかっていないことをわかっていれば、じゅうぶんかも。

しかし。それはそれでよしとして
そんなふうに人の問題を平気で抱えこんでしまうことが、
相手にとっては大変迷惑だし、自分にとっても実にめんどくさい。
そんな百害あって一利なしなことを、かくも長きにわたって続けているなんて・・・(T_T)
ああ。わたしがクリスタルボールみたいに美しく鳴れる日はいつなんだろー。
いや、その日がもう来ているということに、とりあえずしてみよー。

そんなこんなで、いつもの大津スクールに行くと、先生に
「今まで抱え込んでいた、社会に対する敵意みたいなものがなくなったね」
と言われました。
「それで、いままで目がいかなかった小さい刺激に、振り回されるようになったんじゃない?」

うーん。確かに。

絶叫傷男の夢を見てから心が暇になったらしく、
人のエゴとか、葛藤とか、それ以外のもろもろもそうだけど、
今まで以上によく見えるようになり、今まで以上にくたびれるようになりました。
たくさん寝ないともちません。
そういうことだったのかー。

その日の授業で、自分の本質に答を問う方法を教えてもらい
早速とうもろこしとの問題を尋ねてみました。

回答は
「それが宇宙の叡智であり、豊かさなのだ」

そらあそうでしょう。
そうでしょうが外の人であるわたしにとっては、すっきりしない(泣)

と悶々としているときにhttp://cli-max.net/2123
「そりゃー全ては完璧だろうけどもイヤなことはイヤな件」というタイトルの、
気塾副代表の方のブログを読みました\(^o^)/

ものすごい、ストレート(笑)
行き止まり感も、満々です。
大好き☆彡

結局のところ、しょーもない自分自身を含め、
じたばたしているところが、人間、なんだろうなあ。

まっすぐ目標に向かっていくのではなく
大変なロスを繰り返しながら感情に振り回され、
たやすく目的を見失ったりしてしまうところが
当人にとっては、滑稽なくらい一生懸命で、
がんばってることだったりするんだろうなあ。

全体性という観点から見ると、それこそがより深く、より大きな完全に向かう、
道のりの途中だったりするんだろうなあ~。。。。

そういう意味では、わたしととうもろこしも、宇宙全体をリッチにする
寅さんとおいちゃんの掛け合いみたいなことを、やっているのだったりして。

うーん。いいかもしれない。

しかし、ここで秘かな疑問が。

いったいどっちが寅さんで、どっちがおいちゃん?w( ̄o ̄)w
by terasumonnmoku | 2013-04-04 11:04 | 家族 | Comments(2)

生きる意味が見つからないなら、自分で創って育てちゃおう!というブログです。やっていることはさまざまですが、常に生きることに向かっています。

by terasumonnmoku
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30