<   2014年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

なぜか突然凄まじく忙しくなり
ほぼ一日中、誰かと話をしていたり、メールをやり取りしていたり、締め切りに追われて作業していたり、
何かのセッティングをしていたりする。

恐ろしくバリエーションに富んだ人間関係の中で最近思うのは
ひとは、ひとが全然見えていない。
ということw( ̄o ̄)w

ひとというのは、わたしにとっては魂に対する心の開き方や
光や色の具合はちがっても、基本的にはどのひとも
掛け替えのない美しさ、輝きを持った存在だ、という点では同じである。
(心と魂の違いについて興味のある方は、徳ちゃんのブログのこちらの記事を参照ください! http://ameblo.jp/golden-universe/entry-11880038933.html

それぞれちゃんと個性があって、そのときの照明の具合によって
同じひとがすばらしく見えたり、すばらしくなく見えたりするだけ。
なのでわたしは自分のことを別に変だとは思わないし(笑)
たまに誰に会っても、なんとなく同じ人とずっと一緒にいるような錯覚に陥るのだが
ほかのひとには、どうやらそうではないらしい。

*でも居心地の良さには違いがある。誰でも心が魂に開いていて、ネガティブな想念が創ったコンプレックスや汚れが少ない人のほうが好きだからだ。元気になるし、一緒にいて楽だから。それは汚れが少ないぶん、光が内側から素直にあふれているというだけで、その人が格別ほかの人に比べて優れているわけではない。-ちなみに魂にも経験値による違いというのがあり、それはそれでまた別の話になる。

*あと、オーラと言うのは、わたし的には、肉体を創るために魂から照射される光が心を通して広がったものであり、かつ、ー細かい接続の仕方はいまいちよくわからないがーもっと高次の段階の光と、魂を介してメビウスの輪のようにリンクするように見える。あくまでもそのひとの心を通して展開する性質があるらしく、汚れがある部分は暗くよどんで見える。汚れ自体が重要なわけではないし、成長する過程で味わったり出したりすることが必要な段階もあるので、それ自体はどうでもいいような気がする。

*が、健康的には、全然どうでもよくない。よどんだ部分が整理しきれなくてたまり続けていくと、現実において病が発生する。でもほとんどの場合は、学びが進んだり、たくさん笑ったり、ポジティブに考えたり、泣いたり、運動することによってきれいになってゆく。

*怒りについては、怒るのが悪いとは言わないし、怒りの感情を抑圧するとぞれはそれで病気になってしまったりするのだが、出したものは必ず自分に返ってくるので、人や自分を傷つける形でこの感情を表出するのは勧められない。
経験によると、怒りは悲哀の抑圧された表れで、悲哀は愛の抑圧された表れなんだと思う。
幾段階にも自分を偽って、わたしたちは自分の現在を生きている。
喪失と変化は、痛みを伴うという前提を強固にもち、わたしたちはそこでさまざまな体験をすることを選んでいる。
ここを完全に飛び越えた境地を「悟り」という。
今の段階で思うに、悟ったとしても個として人の形態を持つ以上
怒りや悲しみの感情が消滅するわけではないだろう。
ただ、そこに振り回されたり、支配されることがなくなり、
それさえも豊かに味わうことが、できるようになるような気がする。


話題は戻るが、一般的にはその人のすばらしさも、すばらしくなさも
一回思い込みによる前提ができてしまうと
その前提のもとに色眼鏡で見続ける。という習性が人間にはあるらしく
照明の具合が変わって、変なところ、自分に許容しがたい部分があぶり出しにされると
一転して「そんな人だとは思わなかった!」ということが、起きるらしい。

それは別にその人のせいではなく
その人の個性が、その時置かれたシチュエーションに沿って、異なった現れ方をするだけなのに
「すばらしい」という受け手側が自分でつくった前提が崩れると、
裏切られたような感じがするらしい。

なんだか、みんなが人が恐い。という理由が
初めて分かった気がする。

ちなみにひとのエネルギーの動きは
かなり粗雑なかたちだが、しいて言えばこんな風に見える。↓


http://www.huffingtonpost.jp/miraischop/gif_b_5538912.html

実物はカラーだし、一つ一つの粒子も小さいし、運動性も高く複雑かつ調和が取れていて、美しい。
(病気なんかで症状が出ている物は、美しいとはとても言えないが、それでも規則性はある。一個一個の粒子の大きさや形も、その波長の特性によって異なっている。波動の高いもののほうが振動も細かく、粒子が小さく、繊細な形をしていて、優美。)


存在そのものも、無限の要素、沢山の波動の集合体からできているけれども

たとえば、その人の真実がこもった言葉(語られる内容は苦しみの体験とかでも)には
ほんとうにうっとりするような、感動的な質感や運動性や、光の陰影が込められている。
わたしにとって「真実のことば」は、具体的な物質以上にうれしい、とてつもないプレゼントだ。

それは放たれた瞬間にハートに届き
ひとを愛で満たし、勇気を与える(涙)

この説明が通じるかどうかわからないけど
http://www.barks.jp/news/?id=1000104767

の波長の波を構成する、成分の部分が、見えているんだと思う。
一々全部把握していると人間として機能できなくなるので
いつもまじまじと観察しているわけではない。
だから自分がどんなふうに見えるかと、わたしに聞かないでね。
消耗するので(見ることにではなく、その人に伝わる形で翻訳することに疲れる)、こういうことを答えるときは、
自衛のためにプロとして、相当高額な謝礼をもらっています(笑)





by terasumonnmoku | 2014-06-29 11:14 | スピリチュアル | Comments(0)

過労死防止法成立!

先週の2014年6月20日、参院本会議において過労死防止法案が全会一致で採択され、過労死防止法が成立しました!

正式には過労死等防止対策推進法といいます。
すごい!

お昼に行われた記者会見の場にも、採択された本会議場にもいたのですが
あまりに近くにいると、意外とリアリティがありません。
あとで、NHKニュースの映像を見て
はじめて実感が少しずつ湧いてきました(笑)

法律ができたからって、この法律には強制力もないし現状がどうなるものでもない。というひともいますが
残業代0法案と言うものが出てくるこの時期に、過労死防止法ができた意義は大きいと思う。
それに法律と言うものは、(相当変なたとえですが)外出するために用意した「靴」のようなもので
使わないと意味ないし、中身を入れていくのはこれから。

でも靴がないと、外に出るのは難しい。
そういう意味で、ほんとうによかったです(^○^) 

永田町に常駐し、ローラー作戦でひたすら政治家の皆さんに働きかけを続けた先輩方と
支えてくださった(弁護士さん大学の先生など、さまざまな専門家の)実行委員会のみなさまを
心から尊敬します。協力してくださった政治家の皆さん、それぞれに苦しみの中にありながら署名を集めた遺族の皆様や、
一つ一つの署名に協力してくださったみなさま、ほんとうにありがとうございました!

それをうけて(というか、前から決まっていたのですが・笑)
東北希望の会でも、過労死防止法制定緊急企画講演会「過労死の起きるメカニズム」
を開催しました。

なぜ過労死が起こるのか。というテーマで社労士の先生、顧問弁護士の土井先生からわかりやすくお話していただき
いろんな立場での意見交換会があって、
懇親会も盛り上がり、ほんとうに良い時間を過ごさせていただくことができました。

いらしてくださったみなさま。応援してくださったみなさま、こちらにつきましても本当にありがとうございました!

過労死という現象は、はたらくことの大きな問題の、すごく極端な例なのだと思います。
それは、ひとりひとりのはたらくことの周りの環境が、よりよくなってゆくことでしか
なくなることはない。

この講演会にはいろいろな立場のみなさんにお越しいただいて
日々深刻な相談を受けている労働組合の方もいらしてくださったのですが
その方のおっしゃった「働くことの問題は、もう労働問題じゃないよ。生きることの問題だ」
という言葉が、しみじみとひびきました。

だからひとりでも多くの方と、この問題を共有し、
みなさまとあたたかなつながりを持つことで、よりよい明日を一緒に創って行けたらいいなあ。と思います。

これからも、微力ながら息子ともども頑張ってまいります。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします m(__)m!



by terasumonnmoku | 2014-06-26 10:25 | 過労死 | Comments(0)

腰椎の中の悲しみ。

先日、けいこちゃんのオステオパシー(整体の一種)を受けているときに
胸の左側のチャクラがじゃっかん開き
そこに光が入ってきた。

わたしの体はなぜか左側に力が入らないようにできていて
かねて不思議に思っていたのだが、
チャクラの動作性(というのか??)に問題があったことが
原因らしい。

いろんな風にからだが変わっていて
本当に変な感じw( ̄o ̄)w

ドリプラが終わったあと、啓子ちゃんの施術をうけ、TREをやっていたら
今までぐぐっとそり腰だった腰椎の湾曲が、内に入り、少し真っ直ぐになった。

啓子ちゃんの施術を受けて腰椎が動いているとき
最初にTREを受けた時にでてきたような、理由のない悲しみが出て
静かに消えて行った。

年を取ると脊柱狭窄症のような状態になる人が多いのは
一度に受けきれないストレスを、人体が腰で受け止める仕組みになっているからなのかもしれない。

TREはぶるぶる運動で腰(大腰筋)にたまったストレスを解放する手法だが
どうもその溜まったストレスを出す段階にも
学びが関係しているような気がする。

ある程度認知が進んで、初めて歪みが顕在化し、
外に出すことが可能になる。みたいな!

喜ばしいことなのだが
しかし一応変形しながらも調和がとれていた状態が変わるのは
あんまり気持ちの良いものではない。
偏ったまま使っていた筋肉は
たぶん急には動かないのだろう。

それにわたしの場合はダイレクトに
自分が変わると世界の見え方も変わるので
大変困る。
今まで問題だと思っていたことが
全く問題ではなくなったりするのだw( ̄o ̄)w。
ほんとにびっくり!

というわけで、台風の目の中にいるような日々が続いています。


by terasumonnmoku | 2014-06-18 21:27 | Comments(0)

あれから一年。

徳ちゃんが緊急入院して、ちょうど一年たちました。
いま、元気に活動中の彼女を見るたびに
ありがたく、うれしく、涙が出そうです。

いろいろなことが、あったなあ。。。。
2013年の6月は、わたしが過労死防止基本法の制定を目指す院内集会やロビー活動に初参加し、
夫のことがはじめて全国紙に掲載され
その余波が、いろいろな形でまわりに押し寄せていたすごい時期で
はからずも及川徳子さんとわたしは、同じ時期に人生の荒波に漕ぎ出していたのです。

同じタイミングで希望の会で、遺族の方から会の方向性についてつきあげられたりもしていて、
(こういうのに経験がものをいうのかどうかわからないのですが
遺族になりたてで代表になるというのも、立場的に微妙だったり)
それは、わたし自身の立ち位置が定まっていないことによる
当然の結果だったのだけど
一気に来るのはきつかった。

及川徳子さんが緊急入院した翌日
矢も盾もたまらず、病院に押しかけていった時も

前日は友達の綿々たる恋の悩みを聞き、
当日の朝もなぜか電話で別の友人の喧嘩の仲裁をしながらで
来るときにはどっとくる(笑)
やりすぎだろう!
もしかしてわたしはそういうのが好きなのかもしれないけど
ここまで過激なのはこりごりです(爆)

一年たって、徳ちゃんは元気になり
息子とうもろこしは次々にやりたいことをみつけ、
わたし自身の状況は加速している気がするけど、
少なくともそこに含まれている、荒々しい攻撃的な要素は
ずいぶん少なくなりました。

それは世の中が変わったのではなく、
自分が落ち着いたせいだと思う。

怒りと言うのは、すごいパワーがあるんだなあ(T_T)
気をつけよう。

と書いたところで
もしかして「怒り」自体に強烈な共鳴現象を創り出す力がある、のではなく
ただわたしが、自分の思いの使い方の、方向性を間違っただけかも。。と気づいて
がーん~。反省 <(; ̄ ・ ̄)=3

ああ。ちゃんとしよう。
いい原因を作って、いい結果を受け取ろう。

いま、常に変わらず楽しそうな徳ちゃんの番組を聞きながら、そんなことを思います。

BE HAPPY !


















by terasumonnmoku | 2014-06-17 14:55 | Comments(0)

寂滅を楽しみと為す。

自分と戦う。と言う意味がよくわからなかった。
最近になって、それは自分の中の「思い込み」を捨てる作業をいうのかな。
と思うようになった。

問題が起こるたび、自分の中で葛藤が起こるたび
その根っこには「思い込み」が隠れていることに気付く。

どうしようもない必然性から過労死や、自死問題に突き進んでいるが
現実にそれに関する活動に関わるたびに、身体にダメージを負う。
自分の「思い」が痛みを創り出している。
過労死や自死を、許容できないと感じている。
なぜそう思うのか。
なぜそれが痛いのか。
たぶん、嫌だから。
過労死や自死と言う現象そのものを、ゆるせないと思っているからだ。

おそらくそれは、わたしが許容するとか、しないとかの問題ではないのだ。
自分が過労死する。しない。とか
自分が自死する。しない。は、自分で選択できること。

でも、誰かが過労死するとかしないとか、
自死する、しない。ということに、わたしの選択の余地はない。
(引き返した人がいる。ということは、本人に選択の余地があるということだろう)

なくしたい。と切実に願うけど
見えないところで死に向かうひとを、止めることはできない。

できないことに苦しむのは無意味だ。
誰のためにもならない。
残業代0法案といわれるものが通れば、
大勢の人がまた苦しむだろう。
過労死しても、労災の対処にさえならない。
考えただけで落ち込んだが、わたしが落ち込んだからって世に益するものはない。

集団的自衛権の行使容認されれば、いずれ徴兵制になるだろう。とか
TPPが締結されれば日本の農業は壊滅的な打撃をうける。とか
暗いことをいくら考えても状況の改善の役には立たない。

それはちょうど息子とうもろこしの苦しみを、
どうすることもできなかったことと同じ。

自死した夫は「OBEY」と呼ばれるアメリカのストリートで生まれた作品群が好きだった。
(OBEYは「従え」とか「服従」を意味する言葉で、
アメリカのグラフィティ・ストリートデザイナーshepard Faireyの活動名)
銃口から花が咲いているような、そういう絵が並ぶ画集を買って
一時研究室にも飾っていた。
猛烈に戦っていたんだと思う。
最初は研究にかける情熱や喜びそのものが第一義だったはずなのに、
責任感や、余りにも厳しい状況の中で
いつのまにかその戦いは、彼を評価しない大学に評価されるためのものにすり変わり、
彼は組織の価値観に取り込まれ、組織の価値観のもとに自己否定しながら死んでいった。

夫亡き後、わたしはもう誰の言うことにも従わない。
どんなに状況が困難に見えても、
未来が暗く思えても、押しつぶされない。
とうもろこしを産むときに決意したように、
ばかみたいであろうと、人間にはすばらしい可能性があり
生きることには掛け替えのない価値があり、未来は明るいと信じ続ける。
もう一度。改めて。更に深く。

もしかしたら、わたしは自分が死ぬのが恐かっただけなのかもしれない。
人の苦しみが自分に与える影響を恐れ
自分が死んでしまう気がしたのかも。
ほんとにそうなのかもしれないな。

突然気が向いて、3年くらい前に日本ヨーガ学会会長の田原先生にいただいた
「雪山童子」仏教物語第一集礒永秀雄著という本のプリントを読んだ。
(ヨガの先生でもないのに、田原先生とわたしはなぜかメル友で、アドレスの交換をしたときにこのプリントをくださった。雪山童子は先生のメールを送るときの署名なのだ。夫のことを報告した時、先生は拳を握りしめて「自殺じゃない。自決なんだ。」と強い口調でおっしゃった。うまく説明できないけど、すごくうれしかった。 )

「雪山童子」は、道を求めて雪山に分け入った童子が羅刹(実は帝釈天)と出会い
命と引き換えに真理「偈文」をもらう話だ。
その偈が

諸行無常 是生滅法  生滅滅巳  寂滅為楽 (涅槃経第十三)

諸行は無常なり これ生滅の法 生滅を滅しお(巳)わって 寂滅を楽しみと為す

(生滅を滅しおわって、生と死の世界を二つながら抱え、二つながら超えて
生にも死にも煩わされず、生と死を自在に使い切っていける絶対的な境地に入ることこそ
真実の楽しみであり、誠の悟りである)

満月の前の日に
死ぬことを恐れるから、生きることができない。
と言う「生」の逆説的な仕組みについて
しみじみと考える。

生死を超えたところに存在の本質はあり
尽きることない永遠の喜びがある。






by terasumonnmoku | 2014-06-12 11:09 | Comments(0)
すばらしいものと、すばらしくないものが
ごちゃごちゃにあふれだしているような昨今。

これが過渡期というやつなのかな。
一人一人の事情や、
エネルギー状態には、だいぶたじろがなくなってきたものの
まだ「労働規制緩和」とか「集団的自衛権」とか「自死」
とか国同士の領土をめぐる争いとか、貧しい福祉制度や貧困問題など
話が大きくなると、激烈な感情を抱いてしまうのが情けない。

変なことを変だというほかに、それらに関し自分自身に今できることはなく、
怒ることには意味はない。
新たな調和を創り出すため、そこにコミットすることは大切だけど、
激しすぎる感情はブレーキにしかならない。
わかってはいるものの、だからといって、この振り上げたこぶしを、どうしたらいいんだろう。

というわけで、「銃・病原菌・鉄」というビル・ゲイツ推奨の
なぜ一部の地域だけが文明の利器を獲得し、世界を支配するに至ったかという本を読んでいます。

地球上のありとあらゆる地域で、人類進出後わずか数百年の間に、
大量の大型動物が絶滅していることや、
ニューギニアの、文明化したマオリ族が、もともとは同じ祖先をもつ
原始的で平和なモリオリ族を、いかに殺戮し、支配しー食べてしまったか。
そしてそれに類することが世界中で起きている。というような文章を読むにつけ
人間は(自分も含めて)わたしが思っているより、はるかに野蛮なんだ。と思ってしまった。
綺麗なことを言っていても、肉食べるし。
日頃享受している文化的生活も
誰かの犠牲のもとになりたっているわけで。
原発とか。

げっそり。

結局、いつものように一人の人間と宇宙はホログラムの様な関係で、
部分が全体であり全体が部分であるので
とりあえず自分自身を、より調和のとれた方向に持っていくしかないという結論に。
これ、わかりやすく端的に言うと「自分を愛する」ということになるのかな。
凹んだところも凸なところにも
等分にハートの内側に居場所を与える。
必要ならハグする。
それだって、自分にとっては必要なものであるから存在する。
存在するのが悪いのではなく
否定するから、そのものが飛び出して見える。
目に見える世界は、自分自身の投影にすぎないので
そうすると、他者や現象を責めることはなくなる。


わたしは人のエネルギー状態に異常に敏感だけど
おもしろいことに、自分と共鳴するエネルギー的混濁(要はわたしにあるもの)にしか
ほとんど目が行っていないことに、最近気が付いた。(極端な場合は除く)

だからあなたの波動状態は、いまいちだと、人に指摘することの愚かさを
最近しみじみと感じている。(でもずいぶんやった・泣)

そんな風に悶々としながら移動中たまたま寄った古本屋で、
キム・ミランさんの書いた「もっと自分を愛してごらん」と言う本を買った。

このなかの言葉はどれも素晴らしいけど
今日はこれがぴったりかな。

When I loved myself enough
I could allow my heart to best(手がきなのでUが入っているように見える!) 
wide open
and take in the pain of the world.

河野真理子さんの訳はこちら。

自分を深く愛してみたら
心を思い切り広く 開け放てるようになった
そして この世界を覆う苦しみ悲しみも
受け入れられるようになった

「受け入れる」にtakeが使ってあるのがいい。
accept より、積極的な気がする。







by terasumonnmoku | 2014-06-06 19:42 | Comments(0)
今日は徳ちゃんひろみん、羊の理恵ちゃんとパンダの由美ちゃんや
緑のお兄さん(笑・ドリプラ組です)と一緒に、
友達のくみちゃんが代表を務めるお話の会「がじゅまるの樹」
15周年記念公演に行ってきました!

町の郊外にある古い民家を使った農風カフェ・杜の遊庭(あしびな、と読みます)を舞台に
谷川俊太郎さんや、宮澤賢治さんの世界が展開します。
お店の中はたくさんの、がじゅまるーあしびなファンでぎっしり!

くみちゃんは、鬼婆になっては、大迫力で小坊主をおいかけまわし
髭の叔父さんになっては庭を駆け回る大活躍。
その様子と、静かな音楽や、とぼけたうさ耳さんのナレーションの、
半分呆れ、半分おもしろがった語りの距離感がたまらない。

わたしたちの世界は、豊かだなあ~と思ってしまった。
日頃殺伐とした情報に囲まれることが多いので
風の匂いとか、雲の影とか、手ですくった水にあたる光とか
子どもの頃いつもそばにあった光り輝く世界を
すっかり忘れていたことに気付きました。泣きそうだった(T_T)

見終わった後に食べた、オーガニックな素材を使ったお弁当が
またすばらしかったのです。
鬼婆が変身した「豆」や、
お話に出てきた夕焼けのように赤いソース、
腹を抱えて大笑いした後の「クスクス」などなど。
まるで今体験した物語の続きを
そのまま形にしたよう。
どれだけたっぷり愛情込めて作られたのか。
ご飯も、おかずもうれしそうに、全力でぴかぴか輝いているのです(^○^) 

その時間や空間のすべてに「愛」があり
うっとり~

勢い余って店主のまりさんと、店で販売中の「レバノン製ねり白ごま」
について熱く語り合ってしまいました(笑)
レバノンには、なんと何種類もの「生ねり白ごま」があるそうで
死ぬ前に一度行ってみたいなあ~と思ってしまった。

大げさではなく、わたしには死ぬ前に行きたい場所がたくさんあります!
行きたい場所だけじゃなく、できるかどうかには全くかかわりなく
常にやりたいことのストックを大量に持っていて
実現可能になったものからサクサクと実行しています。

だって今すぐでなくてよければ、
どんな大層な希望だって持てるはず!

そういうリストを作っておくと、実現可能性がかなり高まるようです。
行動できないと嘆いている人は、ぜひ試してみてね!
一番古いものだと30年後に気が付いたら実現していた、なんてこともあります。
わたしの先生は、想像できることは、全部可能なんだよ。と言いますが
ほんとかも(^○^) 

そうはいっても順調に年を重ねた結果、不可能なことは増えました。
たとえば、オリンピックに出る。とか(思ったことないけど・笑)
でも宇宙旅行はまだ未確定かな。
これから老衰で死ぬまでには普通の人も
普通の感覚で行けるようになっちゃうかもしれない。って結構すごいかも\(^o^)/




by terasumonnmoku | 2014-06-01 23:20 | Comments(0)

宇宙真理哲学講師、らくがきすと、即興ピアニストぷらす社会活動家(過労自死遺族当事者)働くことから世界を変えるをモットーに、さまざまな活動をしています。合言葉はREBORN.大事なのは、生きることだ!


by terasumonnmoku
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30