<   2015年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

ハグ屋さんのかおりんと、進化する徳ちゃんを見習って
ハグの練習を続行中。
おかげさまで、だいぶ慣れてきました(笑)

みんな違って、みんないい!
を、リアル体感で体得中。
体があるって、おもしろい♪*゚

これをやってみてよかったことは、
ただでさえ神経過敏なのだから、
強いて無理する必要もないか、と
思えるようになったこと!

神経過敏な自分を許容できるようになったこと。

「嫌い」という感情が自分に負荷をかけるので
抵抗がなくなれば別にいいか、みたいな(笑)

会う人会う人が先生で
ほんとにありがたいっす。

「いろんなところで楽しむ音・2」について
スタッフのヨガ教師ぷりちゃんが、ブログに書いてくれました。
またうれしくなってしまい、
めっちゃしつこいけど、シェア♪*゚
ほかの人のコメントにもあったけど
ぷりちゃん、まじで世界一バナナが似合う女だね。
http://ameblo.jp/prthvii-yoga/entry-12007905655.html

ところで、
いろんなところで楽しむ音~当日
さんざん迷い、
よろよろしながら現地に到着すると、
この写真がピアノの後ろに貼ってありました↓
c0195362_11490817.jpg

わたしの大好きな「るろうに剣心」の佐藤健と「ワニ」。
持ってきたのは羊の理恵ちゃんで、貼ったのはぷりちゃんだそうで。
(会場には、みんなのうれしいこと特集の絵と写真を貼ろうねということだったんだけど、
これ、めっちゃ浮いてました~(ノ゚ο゚)ノ オオォォォ-)↑もらって帰ってるし( ̄Д ̄)ノ

ありがとうヽ(*´∀`)ノ
しっかし、いきなり力抜けたよー



by terasumonnmoku | 2015-03-31 21:00 | Comments(0)

ひかりのみち。

昨日のFBの投稿は「いろんなところで楽しむ音」
のタグ付け記事が乱舞して、大変なことになっていましたね(笑)

楽しいって、特別なパワーがあるんだな!

このイベントの第一回は、去年の夏だったのですが
その時も、なにかがスパークしてました.+:。(´ω`*)゜.+:。

でもその前後にわたしはドリプラや過労死防止講演会、
テレビに新聞にでまくり、
魂吸い取られまくりの自死問題や遺族のパネル展をやっていて、
人生にそうそうない怒涛の合間に
あの時のみんなとの満面の笑顔があったことを思うと、

すっごく、不思議な感慨に打たれます。

巨大な嵐の中で、風や波にさらわれそうになりながらも
見え隠れする一本の光の道を、
歩いてきたような、そんな感じ。

以前NPO法人森と海の恋人の副代表の畠山さんが、
気仙沼の地元で、船を守ろうと沖に出て
その船が津波に飲まれ沈没する寸前、

「海の上に遥か陸地までつづく一筋の道が
見えたんですよ。」
とおっしゃるのを聞いたことがあります。

畠山さんは海に飛び込み
その光の道を泳ぎつづけて助かったそうなのですが
それにすごく似ている。

わたしの師匠である大津先生や
大切な仲間たちは、
夫が亡くなり、わたしが混迷の中にあるときもずっと、
うまずたゆまずこの光の道を、照らし続けてくれたのだなあ。
ということを改めて感じました。
どんな時も。ともに一緒に笑えるように。

そう思うと今でも、本当に心が温かくなります。
ありがとうの気持ちは、あったかいんだよね。
そんなことを、わたしはつい最近知りました(笑・肉体感覚なかったから)

きっと誰にとっても同じ。
むずかしいことはいらない。
ただ光の道を作り作ればいい。
楽しさをたくさん生み出しながら☆彡

伝わるかな。
もっとうまい言い方があればいいんだけど
いまはまだ、こういうふうにしか伝えられない。

そして、毎日は続くー(GO=!)

はじめての収支報告書も、とりあえず出せるようになりました♪*゚
慣れないことは、やるまでが重い。
ずっと気になったいた事がやっと出来て
すこし気が楽になりました。。
あとは県と、会の報告書をがんばろー!

最近人との関わりがますます深くなり、
油断するとアドレナリンが出っぱなしになりそうです。

ゆっくり呼吸して、静かに休もう!









by terasumonnmoku | 2015-03-30 21:18 | Comments(0)

ひつじの理恵ちゃんと、コミュニティ・カフェうれしや さんの
「ぶつぶつ交換会」に行ってきました!
(彼女がなぜひつじかというと、
羊好きだから!)

実はぶつぶつ交換会ではなく、xChange party and  タルサタイム
というかっこいい名前のイベントだったのですが、
わたしは「ぶつぶつ交換」そのものが大好き☆(いいのか?それで!)

本業がセラピストなので、たまにセッションをするのですが、
深いところに行き過ぎてクライアントのダメージが激しく、
双方ともに大変なことになってしまうことがあり、
最近は値段を上げて、セッション自体あまりやらない方向になりました。
(まあ、必要な人もいるかも知れないので、とりあえず余地を残してあるって感じかな)

その代わり、ぶつぶつ交換で、
そのひとのやりたい方向をくっきりさせるお手伝いをしたり
一緒にプロジェクトや、肩書きや、ブログのネーミングを考えたり
必要に応じ亡くなった方や、ペットの思いを伝えたりしてます。

これがおもしろい!
能力が、お米になったり、エステの施術を受けられたり、
プロに洋服のコーディネートをお願いできちゃったり。
そのうち、ぶつぶつ交換だけで、生きていけるようになるかも。
それって、理想だなあ!
ピンポイントでよければぶつぶつ交換でなんかします・笑。
ごはんでも、洋服でもなんでも♪*゚

というわけで、りえちゃんと喜々としてぶつぶつ交換をし、
(内緒だけどりえちゃんが持ってきてくれた、
手作りの超いかした「タンポポの綿毛」ペンダント
誰にも見つからないうちにわたしがゲットしちゃいました。
ごめんね(´;ω;`)見知らぬ人!)

りえちゃんの作品はこちら↓

c0195362_19181127.jpg

うれしやさんでは、ギター二本のしみる屋外ライブ演奏があったり
フェアトレードのチョコで作ったブラウニーをいただいたり。
そこはまるで下北沢のような空気が流れていて
(りえちゃん・談)
午後の光があったかくて
まるで絵に描いたような完璧な午後で。
c0195362_21533892.jpg
流れている音を見ているところを、りえちゃんが写真に撮ってくれました。怪しい~(笑)


こんな場所があちこちにあったらいいなあ。と思うような場所に
最近よくめぐりあいます。ありがたや。

さて、元気を充電したところで
明日は、泣きながら会計報告を作るぞー!!

うれしやさんで出会った、当事者の方の作った電子署名のサイトです。
父子家庭は、本当に厳しい現状にあります。
署名、拡散して頂ければ嬉しいです。↓
みんなでこどもをだいじにしていきたいな!
https://www.change.org/p/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E6%94%BF%E5%BA%9C-2014%E5%B9%B44%E6%9C%88%E4%BB%A5%E5%89%8D%E3%81%AB%E5%A6%BB%E3%82%92%E4%BA%A1%E3%81%8F%E3%81%97%E9%81%BA%E6%97%8F%E5%B9%B4%E9%87%91%E3%81%AE%E5%AF%BE%E8%B1%A1%E3%81%A8%E3%81%AA%E3%82%89%E3%81%AA%E3%81%84%E7%88%B6%E5%AD%90%E5%AE%B6%E5%BA%AD%E3%81%AE%E7%88%B6%E3%81%A8%E5%AD%90%E3%82%92%E6%95%91%E3%81%84%E3%81%9F%E3%81%84-%E7%89%B9%E4%BE%8B%E6%B3%95%E3%81%AB%E3%81%A6%E6%95%91%E6%B8%88%E3%82%92%E6%B1%82%E3%82%81%E3%81%BE%E3%81%99?recruiter=57180952&utm_source=share_petition&utm_medium=facebook&utm_campaign=autopublish&utm_term=des-lg-share_petition-no_msg&fb_ref=Default





by terasumonnmoku | 2015-03-29 21:00 | Comments(0)

というわけで、第二回ハッピークローバの「いろんなところで楽しむ音」、
無事終わりました!
参加してくださった皆様、ほんとうにありがとうございました!
楽しかった~(#^.^#)

こどもって、どうしてこんなにすばらしいんだろう。
どこをどう切り取っても、きらっきらに光っているのです。
好きなものを連呼しているだけで、盛り上がる(笑)

生きるって、ほんとうはものすごくシンプルなことなのかもしれないね。
c0195362_20420003.jpg

今回も、徳ちゃんの朗読はさいこう♪*゚
そして出会った頃は、子供相手にどうしていいかわからなくなっていた徳ちゃんが
今回はこども軍団の襲撃にもめげず、
自分から果敢に混乱にアタックするようになっていて、びっくり!
進化する徳ちゃんを、見せてもらえるのはしあわせです♪*゚

c0195362_20353315.jpg

障がいのある子もない子も、おとなもこどもも、
みんな一緒に笑っていようね。
わたしたちはみんな同じ、時間という船に乗っているのですから。

それにしても今日は車の運転がダメで
まいりました。
無事たどり着けてホントに良かった~

c0195362_20503093.jpgゆみちゃん、りえちゃん、今日も素敵な写真をいっぱい、ありがとう!
ゆきちゃん、すばらしい時間を作ってくれてほんとにありがとう!



by terasumonnmoku | 2015-03-28 21:00 | イベント | Comments(0)

めっちゃ直前の告知になりますが
明日やります。
ハッピークローバー企画の「いろんなところで楽しむ音」

明日はどんな時間になるのかな。
かなり、わくわく(#^.^#)

前回のこのイベントのもようを、
おともだちのぷりちゃんがブログにアップしてくれました。
こどもたちが、それはそれは輝いているので
大人が元気になってしまいます。
お近くの方はぜひ遊びに来てね!
http://ameblo.jp/prthvii-yoga/entry-12003517774.html


今日もいろいろなことがあり、
わたしはまた、苦手なハグに挑戦しました♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦

結果は5勝1敗(なんの勝負だ?)
ゆらがず、常に自分でいることがいま最大のテーマ。

ちょっとずつですが、すこしずつ進化する毎日を楽しみに進んでいこう。


c0195362_22564348.jpg

by terasumonnmoku | 2015-03-27 23:04 | イベント | Comments(0)

徳ちゃんが「ひゃくねんモンスター」にあった、
ハグ屋さんの話をブログに書いていたので、
しょうがないので(笑・なんでだ?)自分も書くことに。

もとコミュ障なので
(いや、ほんとに)
わたしはスキンシップやハグが超苦手。

(ちなみに、スキンシップもハグも、
相手が「こども」か、「苦しんでいる人」か、「恋愛関係にある人」
にカテゴライズされるときは
全く抵抗がない。)


でも、<普通>が苦手!
普通に大好きな人もダメ。
硬直するし、嫌な汗をかく。

そんなに苦手なハグを、
何故やってもらおうと思ったかというと
そこにMちゃんがいたからだ。

Mちゃんは、わたしと同じくらい
(というのは滅多に見たことがないほど過酷なレベル)
エネルギーに敏感な子で、
そのせいで生きるのが大変だった。
でも久々に会った彼女が、初めて見る穏やかな表情で
笑顔でハグコーナーにいたので、
猛烈に体験したくなったのだ。
(でもMちゃんはかおりんのサポート役で、通常ハグはしない。
無理を言って頼みました~。ありがとうMちゃん\(^^@)/)

彼女にハグされた瞬間に、抱えていたいろいろなものが溶け
ぐるぐると宇宙の中に吸収されていった。
びっくりするほどの速さで。

元来エネルギー過敏なので、
ひどい潔癖性の人が、トイレにも行けず
逆にとんでもなく汚い状態になってしまう。
みたいなことがたまに起こる。
(特に変化中で、エネルギー状態が安定していないとき)
エネルギーは見た目にはよくわからないが、自分にはわかるので
ものすごく辛い。

そんな時のハグは効いた。
それがMちゃんだったから、なおさら効いた。
わたしはたぶん、自分のエネルギーが嫌だったんだと思う。

100回の励ましより、一回のハグ。
とMちゃんがかおりんのために作ったフライヤーには、書いてあった。
ほんとだと思う。

Mちゃんは、ハグ屋さんの、ピュアラブ女神かおりんと出会い
ハグの力で、相当なダメージから復活したのだそう。
というわけで、
かおりんにもハグしてもらうことに( ^ω^ )


勇敢なかおりん。
いろいろなイベントに出店!しているそうなので
また会えるのが本当に楽しみです。

辛くてたまらない時、あなたにもハグが効くかも知れない。
そして、そんな状況でもなお人を抱きしめようとするあなたの愛とやさしさが
別の誰かを救うのかもしれない。

100回の励ましより、一回のハグというのは
ほんとうだというお話でした。
by terasumonnmoku | 2015-03-26 21:08 | Comments(2)

お友達のてっちゃんが出演する!というので
NPO法人アートワークショップすんぷちょの、
「ひゃくねんモンスター」に行ってきました。

すんぷちょは「きゅうす」を意味する宮城の方言。
全ての人にアートを。
をテーマに、障害のあるなし、国籍性別年齢を問うことなく、
アートを通して様々な活動をしています。

ひゃくねんモンスターは、ガルシア・マルケスの
「100年の孤独」に題材を取ったアート作品で、
同じタイトルで別の作品を公演する三年計画の
今年は、最後の年なのだそうです!

すべてを含み、いつも何かがかけている架空の村で
こどもがいるよろこびや、老いてゆくこと
楽しさ。悲しさ。充実と、虚妄が
くるくると回転しながら、行き過ぎます。

おとなもこどもも、障害のある人もない人も、
その空間ではキラキラと輝いていました。

おさるのようにお母さんにしがみついている子供や
男性と組んでダンスを踊るお母さんにやきもちを焼いて
抱っこをせがむ女の子。
どこからどこまでが芝居で
どこからどこなでがほんとうなのか
全然わからない(笑)
どちらでもいいというのが、正解なのかな。

ただ子供をおだやかに「包摂」した
(これぞまさに<包摂>の正しい使い方だと私は思う)
空間をつくるみなさんがほんとうに輝いていて
なんともいえず美しく、あたたかいのです。
大人が子供を矯正する感覚が無い。
見ていてほんとに楽です(涙)
随分練習したんだろうに
こどもが、楽しそうなんだもの。

舞台の中で歌われた「おにぎり食べたい」の歌を
会場外のワークショップで練習したり、
架空の村を模した、さまざまなお店屋さんが
シアターの外に設えてあったり。

見に行く人も一緒に村人になって
ものを買ったり、村人とお話したりしてもらうことができる。

それはまるで、絵本の中に入り込んだような世界でした!
(ただてっちゃんの人形劇を見逃してしまったのは
返す返すも残念でした(´;ω;`))


アートっていいな!
どんどん人工知能やなんやらが発達して
いろいろなものが機械にとって変えられるようになったとき
わたしたちは、こうして
歌ったり踊ったりして生きていけるようになっていたら
さいこうだわ。

c0195362_18134805.jpg
c0195362_18140574.jpg



by terasumonnmoku | 2015-03-25 21:00 | イベント | Comments(0)

先日、2年ぶりくらいにカラオケに行ってきました!

その2年前も、10年ぶり。
そこからまた2年ぶり、ということで
なにをどうすればいいのか、わからない(笑)

歌を歌うのも訓練で
やらないと全然歌えなくなります(ノ゚ο゚)ノ ~

しかもその場所は、国分町のスナック。
いまわたしは、ほとんどお酒を飲まないのですが
めちゃめちゃ飲んでいた時期が有り
飲まなくてもそういう場所には馴染みがあって
居心地がいい。

なぜそんなに熱心にお酒を飲んでいたかというと
「意識」を失うためです。
いらない情報を、好き好んで絶え間なく受け取っていたので
「意識」があるのが辛かった。
師匠の大津先生に出会え、
意識を失い続けなくても生きていけるように訓練していただいたことを
心から感謝しています☆彡

ちゃんとしたみなさまは、理性を外すためにお酒を飲むのでしょうが
自己開示したり、楽しく盛り上がるために、わたしにアルコールはいりません。
折角の機会と思い、盛大に歌を歌ってみました。

必死に記憶を手繰り、歌った歌は
グリーンの「奇跡」と、スマップの「がんばりましょう」ヽ(´Д`;)ノ
ドキドキしながら歌うと
店にいたお客さんたちから、若い人の歌は違うねえ!と
言われました。
いやあ、日本の少子高齢化は深刻です。。。

その席にはみやぎの萩ネットワークの弁護士の先生と
息子さんを自死で亡くされた
全国自死遺族連絡会の田中さんがいらして
二人共めちゃめちゃ歌が上手い!!!!
その他に、深刻な悩みを抱える男性が一人いて
田中さんはその方と一緒に
楽しく飲み、歌を歌い、時が過ぎて行きました。

以前かなりな状況に追い込まれた御夫婦の問題に、
田中さんと一緒に関わらせていただいたことがあるのですが、
(というか、相談を受け、どうすることもできず、わたしが泣きついた・爆!)
その時も、そうでした。

わたしが、問題に入り込みすぎて息も絶え絶えになっていたとき
超ハードスケジュールのさなかの田中さんが
ご夫婦を飲みに誘い、
世を徹して、二人を元気づけてくれたのです。

それはまさに、「悲しみで悲しみを抱きしめる」ような姿でした。
心と心が泣きながら、あたたかく輝いているのです。

人と人が関わるって、なんて美しいんだろう。
暗黒の宇宙の中で
太陽の光が星の命を育むような
そんな光景を見たようでした。
「悲しみは、愛」と田中さんはよく言いますが
ほんとにそうなんだと思う。

ただ普通に生きているだけで、
教えられることがたくさんあります。

で、自分に何ができるんだろう。
それはやっぱり、動きながら考え続けるしかないんだろうな。
ただひとつ言えることは、年を取ること(笑)
成長することって、素晴らしいことなんだと思う。
どんどん世界が深みを増し、
彩りを加え、ひろがってゆく。

毎日いろいろなことがあるので、自分にめげることが多いです。
でも、「自分」が、状況をなんとかしようと思うこと自体が
不遜なのかも、近頃また思うようになりました。

存在の本質にこうべを垂れるには
謙虚さが必要です。
そして謙虚であるには、「無知の知」がなければ
むずかしい。

無知の知を獲得するためには
なんでもいいから、その時点でできること
ベストなことを、やっていくしかない。
かっこよくおさまらず、恥をかいていくしかないのです。

やればやるほど、自分がちっぽけになっていく。
そして、自分が、ちっぽけになればなるほど、
存在として、大きくあることができる。
そういう矛盾を生きていくのが、
人間のおもしろいところなのかもしれません( ^ω^ )
by terasumonnmoku | 2015-03-24 21:00 | Comments(0)

21.ルパン三世  北村龍平監督 2014年 小栗旬・黒木メイサ  133min


昔友達と、「つまらない映画を見て、それがいかにつまらないかを、みんなで話す」
という企画を立て、映画館に見に行ったことがあります。
それは、仲間内の誰も興味のないアイドル映画だったのですが。
意外に面白く、企画倒れに終わってしまいました。

そんなアイドル映画も楽しく見られるわたしが
びっくりするほどつまらないと思ったこの映画。
あまりに驚いたので、この映画がだめだった理由を
自分なりに考えてみました。

1.アニメが好き。そのイメージが強すぎる。
これは大きいでしょう。特に小栗ルパン。個人的にルパンは、宮本官九郎と所ジョージを足して二 で割ったような人にやってほしい。(いるのか?そんなひとが?)
キャストの中では、綾野剛の、五右衛門と、浅野忠信の銭形警部は結構好きでした。でも浅野忠信 は、どうやってあの声を出しているのだろう?疑問だわ。

2.ルパンが不二子にめちゃくちゃイカれている理由が、よくわからない。
騙されてもはめられても、好きでい続けるのはアニメも同じですが
アニメにあった必然性が、映画には存在しない。
あれだけ綺麗な黒木メイサが、あんまり魅力的に撮れておらず、(色気が足りない?)
そのため、ルパンが愚かに見える。
ちなみにこの映画の中で一番色っぽかったのは、マイケル・リー役のジェリー・イエン。
お金のかけ方がはんぱない(ノ゚ο゚)ノ ~

3.監督がダメ。
シーンの切れ目で、なぜこんなカットの仕方を?と思うような場面がいくつかありました。
手作り感満載。これが味なんだろうか???
監督の手腕は、編集に現れると思っているので、シーンの切れ目に疑問を持つと、もう気になっ  て仕方がありません。
  
このルパン3世もそこそこヒットしているようだし、「あずみ」とか、「ゴジラ」とか大きな映画をたくさん撮っている監督のようなので、わたしにはわからない魅力があるのかもしれない。 

逆にその辺を、徹底追及してみたくなりました( ^ω^ )
 
 
by terasumonnmoku | 2015-03-23 21:47 | 映画 | Comments(0)

罪悪感からの開放。

「自分をいかに肯定するか」
が、テーマです。

くり返しやってくるこれ↑。

今置かれた状況が、過去の自分の選択(魂レベルをも含む)
の結果であることは
抗いようのない事実でも、
引き受けるのが辛すぎることは、確かにある。

昨日ある人に
「それでも、しあわせですよね。わたしは珠子さんを羨ましいと思う。
そんなにまで愛する人に出会えて、その人の子供を産んで育てられて。」
といわれた。

その人は今、まさに厳しい状況を生きていて
言われてみれば、確かにその通り、とも思うのだ。
なのに改めて聞くと抵抗があり、
なんとも複雑な気分になってしまった。

しあわせ。
わたしはそれでいいとして、夫はどうだったんだろう?

尋ねると
電光石火で、彼は答えた。

「しあわせだったよ」

わたしを励ましてくれる時
彼の声はいつもあたたかく、確信に満ち、柔らかい光に包まれている。

罪悪感ってだいぶなくなったと思ったけど
やっぱりあったことに、改めて気づく。
けれど、わたしが自分を責めることは
この期に及んでまた、彼を苦しめる事になる。
もう十分苦しんだ彼を、なおさらに。

受け取ったメッセージを抱きしめながら、
ひととして生き、誰かを愛するって
なんてすごいことなんだろう。と思う。

彼はあれほどまでに苦しんで死んでいったのに、
それでもわたしを、愛し、守ろうとする。
なにもできなかったわたしに、しあわせと言う。
わたしに、同じことができるだろうか。
はっきり言って、すごすぎる。

自死遺族として動いているので
たくさんの遺族の人に会う。
たぶん言いたいことがあるのだろう。
失われた家族はいつもわたしの目の前で苦しんでいる人のそばにいて
その人が泣いているときは悲しそうになり、
その人が笑っているときは、安心した顔になる。

自死した人はどうしようもなさの中で亡くなって行き、
亡くなったあとでも、家族を愛し続ける。
わたしが見たなかで
家族を責めているひとは一人もいなかった。


すべてが失われたあと、
最後に残るものは愛しかない。

わたしにとって「自分を肯定する。自分を信じる。」ということは
そのようにして亡くなっていった夫の
愛を信じるということ。

幸せに生きよう。
そして全力で、夫の愛を受け止め続けよう。
一緒にたくさん笑おう。
幸せと言ってくれる彼のために。
by terasumonnmoku | 2015-03-22 21:00 | Comments(0)

生きる意味が見つからないなら、自分で創って育てちゃおう!というブログです。やっていることはさまざまですが、常に生きることに向かっています。

by terasumonnmoku