<   2015年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

今日はハローウィン(๑'ᴗ'๑)

アメリカに住んでいたとき
一番盛り上がり
一番楽しかったこのお祭り。

小さな子供の仮装が本来では?という意見もあるようですが
わたしたちの住んでいた街(サンタバーバラ)では
盛り上がるのは圧倒的におとなの方で
とうもろこしをはじめとした子どもたちは
トリックオアトリート(お菓子か、いたずらか!と脅してお菓子をもらって歩く)はまだしも、
パレードなんかは大変迷惑そうでした・笑。

アメリカ人の仮装は、トイレットペーパーを巻きつけたり
白衣を血まみれにしたりと
割と素朴だったけど

日本人がやると、マニアックでテクニカル。
国民性の違いを感じます〜(*ΦωΦ*)

「日本にはバカになれるときってあんまりないから、こういうのいいよね」
って、とうもろこしが言っていたけど
ほんとにそう。

こういうのが好きな人、ちょっとでも興味がある人は絶対やったほうがいい。

顔を黄色くして変な格好をして外に居ても
わたしは、基本いつもと変わりませんが・笑、
着ぐるみセラピーを提唱している
ドリプラ仲間のお姉さまによると、
外見を劇的に変えるとで
ひとによってはとっても自由になれちゃったりするらしい。

お酒飲まないと話せない。
というのに、近いのかも。

どんなことで自分が解放されるかわからない。
女装で解放される人も
そういう感じなのかな?

それは意味が違うような気もするけど
みんなで変なことをするのはとっても楽しいので
チャンスがあるひとは、ぜひ、挑戦してみてね♪゜・*:.。. .。.:*・♪

自分が思いっきりやったことがあると
温かい目でハローウィンを楽しむみんなを
見守ることができます・笑。


ノリのいい仲間がいなければ、
英会話教室とか、スポーツジムとか
案外手近なところで調達できます。

国際交流会館のイベントなんかも、いい。
暗いので、ひとりでも目立たないし
酔っ払えば、ただ叫んでるだけで
何語かをしゃべっている気分になれます。

クリスマス用の彼女見つけるより
簡単かも( *˘ᵌ˘)♪
今年間に合わなかった人は、来年ぜひ。


c0195362_16433916.jpg
スーパーで見かけたジャック・オー・ランタン。ビニテっていうところにぐっときました(๑'ᴗ'๑)





by terasumonnmoku | 2015-10-31 18:24 | Comments(0)

今日は4時起きして、とうもろこしにごはんをつくり
三年ぶりに宮城野倫理法人会の<モーニングセミナー>
に行ってきました。

法人の経営者が「倫理」という、
心の使い方を学ぶ全国組織の会で
朝の勉強会や
早朝からの街の清掃活動など
様々な取り組みをしています。

過労死防止シンポジウムの宣伝をさせてね。と
友人の千鶴ちゃんにお願いして実現しました(๑'ᴗ'๑)
経営者の方が多いこの会で
わたしは三年前、「過労死防止法」の署名活動を
させていただいたことがあるのです。
(これってよく考えたらすごいことで、感謝なのです)

講師は なおコンサルティング代表
三年ぶりの再会の
なおちゃん!テーマはモバイル時代の集客術で、
まさにシンポジウム集客苦戦中の、わたしにぴったり(T ^ T)
実に楽しいお話でした(T ^ T)


c0195362_21571318.jpg
セミナー後シンポジウムの宣伝をしていたら、
ある会社の社長さんにまたもや、
「おれが過労死しそうだ」
と言われました。
(冗談ではなく、これ、ほんとうによくあります。社長自らこうだったら社員はもっとつらいよ・怒)

せっかくなので、
「ほんとに死にますから。ちゃんと考えてください。
人は生ものなんです。」
と、目をまじまじ覗き込んでお話しました。

前はこういうこと、したくてもできなかったんだけど
どこかで、悟りが開けちゃったようで

「自分が過労死しそう」という人に会うたび
「ほんとに死にますから」
と、ぐいぐい行けるようになりました。

これをやるとだいたいの方が、絶句されます。
ちなみに、こういうことは<無邪気に>言うのがコツ。

なぜかというと少しでも邪気が入ると
言葉がその方の胸に突き刺さり
やってる自分が同時に苦しくなる。のと
人を脅して、ものごとがいい方向に行くことはないからです。

わたしはみなさまに、ご家族や周りの方々と
人生を楽しみ、心豊かに生きて欲しいのであって
ひとを恐喝したいのではありません。
それに、無邪気に言っても、充分怖いです。


でも、時短しても経営は大丈夫って言えたら、もっといいな。

わたしがコンサルティングまでする必要はないと思うのですが、(大変そうだし)
ただそこにつなぐだけで、
ぐっとみんなが楽になり、効果があがりそうです。

同時に、その辺のアウトラインをざっくり教えて貰えそうな人も
思いついたので、
いつも心の中に持っている
長期計画の<やりたいことリスト>のなかに、さっそく書き入れました(๑'ᴗ'๑)

難しい時代だからこそ、つながりを大事に、働く人も、事業を経営される方も、
みんなで命を大切にしていきたいと、切に祈ります。

そこから、新しいなにかがはじまるのだと
わたしは本気で信じているのです(๑•̀ㅂ•́)و✧

その後は、前もって労務管理課の方に話をつけていた
東北大学片平キャンパスへ。


c0195362_21553687.jpg

過労死防止シンポジウムのチラシを大学に置いていただけることになったので
そのお願いに上がりました。
(ちなみにこれにも段階があって、先に総長との面談の約束ができていたのを
盾に取りました。微妙な問題が絡む場合、トップから行かないと下の人は困ります。
ほんとうは一気にやりたかったんだけど、面談は面談で約束を取り付けるだけで結構無理やりでした・笑)

担当の方が、シンポジウムや東北希望の会のHPも見てくださったそうで
うれしくなってしまった。


エクステンション・センター、北門会館、本部入り口の三ヶ所に設置されるそうです。

見てね(誰に言っているんだ・笑)!







by terasumonnmoku | 2015-10-30 21:53 | Comments(0)

梨とみかん。

月に一度の<月待講>の日でした。

これは、社団法人スーパーネスンスアカデミックの、被災地女性自立支援事業の一環で
「コミュニティの醸成」

を目的としたもの。

毎月一度サリーちゃんを中心に女性たちが集まり、みんなで近況を語り合い、
モチベーションの高め方、

意識の使い方を学びます。




人が多く関わると、

いろいろなことがありますが
そのひとつひとつに意味がある。
ということをシェアする時間。

回を重ねるごとに深さと意義が増してくるようで、本当に楽しい!

徳ちゃんが座長(?)で、わたしがサブなのですが、
みごとな進行ぶりが、実に勉強になります☆



今日も楽しく終わったあとで、

みんなでもりもりご飯を食べました~♪゜・*:.。. .。.:*・♪


c0195362_20385806.jpg
でもこれ、持ち寄りパーティなのですが
わたしはいつも、持ち寄るのを忘れます。

結果ご馳走になってばかりいるのが流石に心苦しく
今日はイオンでみかんを買っていきました(๑'ᴗ'๑)

そしてネット入りのみかんを、得意げに振り回しながら到着したら
さりーちゃんの家には、すでに果物籠いっぱいの山盛りみかんが!

ああ~ (꒦ິ⌑꒦ີ)
こどもが三人もいれば、そりゃそうだよなあ。

でも、自分的には間違いなく一歩前進だし、
これでいいのだ。

ところで、先日空の作品展メンバーの陽子ちゃんに、梨をいただきました。


紙袋を開けて、びっくり!!!


c0195362_20394788.jpg


新高という、高知県の梨だそうです。...
高知には、こんなに大きな梨があるんですねえ(;゜0゜)


「珠ちゃんはいつも人にハッピーをプレゼントする人なので、
私が珠ちゃんにハッピーをプレゼントする側も嬉しいものです♪」


という、
なんともうれしいメッセージつき☆

こちらこそ、いつもHAPPYをありがとう〜*\(^o^)/*













by terasumonnmoku | 2015-10-29 20:35 | Comments(0)

先日わたしと同じような感覚の人の書いたブログを読んだ。

人のいろいろな感情に暴露され続けると
自分がぐちゃぐちゃになる。
とか、生きていくことが拷問だったりとか
その感覚が痛いほどよく分かる。

彼女はいまひとりでインドにいるみたい。
同じような悩みを持つ人は
おんなじようなことをするんだな・笑。


●「人からもし覗かれても、恥ずかしくない誇れる心が持てるか
自分で自分を誇れる生き方ができるか」
http://kanadoko.strikingly.com/blog/a8eb793d45b

世の中にスピリチュアルを標榜する人は多いけど
わたしと同じくらいの感度の人にあったのは
このブログの人以外には、もうひとりしかいない。

でも、苦しくて自分を呪い続けた日々を抜けて
気がついたのは、
自分が人を見ている分
わたしは、人に内面を見られることにも、全く抵抗がない。
ということ。

人にどう思われるかを気にする、という前提がない

ひとがわたしをどう思っているかも
その理由もわかるから、というのもあるが、
そもそも、人の自分に対する感情に
あんまり関心がない。

(だからといって、かわいそうに思われたり
遺族枠で眺められることが快適なわけでもない。
それは自分に分離感が残っているからで
そこは自分で感情を整理していくしかない)

逆に自分の心の中も
自分に分っている範囲では
見られても全然気にしない。
というか、そのほうが言葉を使うより
ずっと楽なので、早くそんな時代が来ればいいと思う。

このブログの彼女は
わたしの同じ年の頃よりずっとしっかりしているし
いろんなことがわかっている。
だから近い将来、みごとにそこを抜けるに違いない。
そうしたら、たぶん「無敵」だと思う。

人目を気にしないということは
自由、ということだから。

というわけでこのブログ、きれいごとばかりが
書かれているように思われると思うが
それは筋金入りの、決意に満ちた「きれいごと」であって

実際のところ、わたしほどペシミスティック(厭世主義的)に
世の中(の現実)を見ているひとはいないし
その世界に耐えられる人も、そうはいないと思う。

しかし、起きていることは
すべて「過去」なのだ。

重要なのは過去ではなく、
いま自分が何を思い、どんな未来を創るかということ。


わたしは夫に<生きること>を教えてもらったけど
彼がわたしにくれたものの本当の価値がわかったのは
彼を失ったあとだった。

だからわたしは彼が教えてくれた「生きること」
しかも幸せな未来に向かって、今を喜びながら生き続けることを
絶対にやめない。

筋金入りの「きれいごとを」、力いっぱい生きていく。








































by terasumonnmoku | 2015-10-28 21:50 | Comments(0)

ちゃぶ台のあさみちゃんのおうちに
みんなで遊びに行きました(๑'ᴗ'๑)

事前にテーマと素材のリクエストを出して
ごはんを創ってもらいます。
それぞれが出したテーマは

「生と死」「喜び、楽しさ」「つながり」

わたしのリクエスト素材は「根菜」で
徳ちゃんが「きびと麻の実」でした♪゜・*:.。. .。.:*・♪

そのごはんはこれ!
c0195362_20480930.jpg

手前のパン粉のついたピースが「ビックバンコロッケ」。生と死からのイメージ。
ビックバンが起こると宇宙から星が飛び出し、食べることで一旦形は失われても、最後にはもとのビックな宇宙、大きな循環に帰ってゆく。



c0195362_20482865.jpg
中に入っている紫色のキューブも芋!
そして奥にあるのはホワイトソースと紫色の蕪。
素材の色がどうしようもなく、きれい。



ご飯を食べると、わたしには作った人の思いがそのまま入ってくる。

笑いながら作った料理は笑いながら作った味が、怒りながら創られた料理からはチクチクした味がする。
それがそのまま体に入って細胞を作ってゆくので、ご飯を作る人の責任は重大。
さほど料理に興味がなくても、かわいいとうもろこしのために(笑)
作るときはできるだけ丁寧に心を込めて作る。


あさみちゃんのごはんは
素材の使い方も、調理の仕方もビジュアルも、ぜんぶがアート。
テーマに沿って感じた思いが、いろんなかたちになって
お皿の中に表現されている。

アートが人を自由にするように、あさみちゃんのごはんもわたしたちを遥かなところに解き放つ。
見て美しく、楽しく、からだによく、そのうえ、おいしくてしあわせになる。


食べるアートって最高!

あさみちゃんが見た夢や喜びが、見るだけじゃなく、食べることで、細胞ごと共有できる。

前回麻美ちゃんに会った時、
ついつい、
「あさみちゃんのごはんは、不思議な乗物に乗っているみたい。
食べている人を、どこに連れて行くのかよくわからない。」

ようなことを、言ってしまった。
なぜかというと、麻美ちゃんの作る食べ物が
ほかの人とは全く違っていたから。
(まずいとか、だめだとかいうのではなく、料理を作る目的そのものが人と違う感じ。
でもその目的が、今までは見たことのないもので、かつ、まだかたちとして受け取れず、もどかしい感じ)


でも今回のメニューには
麻美ちゃんがわたしたちを連れて行きたい場所が、見事に表現されていて
ほんとうにすごい。

喜びの場所。
うれしくて、たのしくて、
いのちがうまれ、常にそこにある、光あふれる場所へ。

人の才能や魅力は、無限なのだと思う。
どのひとにも、そのひとだけにしかない、なんとも言いようのない輝きがある。
生きるって素晴らしい。
なんてことを、満月のごはんに思いました(๑'ᴗ'๑)










by terasumonnmoku | 2015-10-27 21:43 | Comments(0)

*ハードな内容にも関わらず反響が大きかったので、FBから転載しました。

どんなひとでも、そのひとがそうであるには必ず理由があり
止めたいと思っていても止まらないのが
依存症です。
家族もそうですが、ご本人が一番つらいのだと思います。


ただ、病気だからしょうがないというのもまた違っていて
知る限りでは現在のところ医学的に効果的な治療法はなく、
治すのも治るのも本人にしかできません。


本人と家族の立ち上がる力をいかに引き出し
サポートするかというのが、本来の支援のあり方なのだと思います。





c0195362_23142875.jpg


以下本文


「怒りの人生相談」
http://officerico.co.jp/blog/?p=3051



過重労働やパワハラの結果、
こういう問題に発展したケースに、あったことがあります。




誰でも混乱した状況にあると、当たり前のことが受け取りにくくなります。
間近にいる家族もともにダメージを受け、
必死に、問題に対処しようとするために、
感情が絡まって、さらにことが複雑になります。



実際このようなケースに携わってみて、本人や家族と専門家を繋ぐ
「通訳」のような存在の必要性を痛感しましました。

そういうひとが、たくさん増えてくるとうれしい。




必要な場所に一緒に行く。
連絡があった時に冷静に返事をし、ただそばにいる。

それを続けることしかできませんが、
中間の人が増えるだけで、かなりのひとが
救われてゆくように思います。





ただ、実際関わってみて、一つの家族の問題だけでも
数年~十数年以上の時間がかかることを思うと、
一番いいのは症状が現れる前、
まだ本人がおかしいなと思っている段階で
気づくこと。



おかしいと感じることには、
必ず理由がある。




そのときに、たとえば環境を変える。
生き方や、行動や、考え方を変える、
違和感を持つご自身を責めるのではなく、まず人に話してみる。
など対策を練り、




健康の問題に置き換えると、
体質そのものを改善していくようなことができれば、
決してこのような大きな問題に発展することはなく
逆に<新しい可能性の扉>が開けたりします。



どうか、小さな違和感を大事にしてくださいね(๑'ᴗ'๑)




だってあなたは、世界でたった一人の、
かけがえのない大切な存在なのですから!


by terasumonnmoku | 2015-10-26 23:06 | Comments(0)

今日は、「空の作品展」の撤収作業でした(๑'ᴗ'๑)

c0195362_23523453.jpg

最後の最後まで遠いところまで見に来てくださって
ほんとうにありがとうございました。
今年も作品展ができて、よかったなあ。
壁一面に空の写真がかかっているのを見るのは
ほんとうに良い気持ちです♪゜・*:.。. .。.:*・♪

それぞれの見た、それぞれの空が
柔らかくその下にいる人を
包んでくれる感じがたまりません☆彡

いつも思うのですが
みんなの空は、それぞれに違う良さがあって
わたしはそこがとても好きです。

ひとにも、それぞれにちがう、良さがある。
いろんな人に会いますが、すばらしいひとなのに
いろんな角度で深く見つめなければ、
全然そのよさがわからないタイプの人も結構いて
最近はそういうわかりにくい魅力を持つ人に、
どうしようもなく惹かれます(๑'ᴗ'๑)

わたしにしか見えない、面白い魅力に
これからいっぱいであっていこう!

撤収作業を終え、あっさりと解散し、帰り道、無事にヤマダ電機をみつけて
壊れたラジオの代わりも購入しました。
選挙にも行って
とうもろこしと会津っぽで
ラーメン・ギョーザ・チャーハンをもりもりと食べ
元気いっぱいで帰ってきてから、ラジオを聞きました。

c0195362_23525920.jpg

人生二回目のラジオ出演。
(一度目は、なぜかカトマンズのラジオ局)
電波に乗った自分の聞くと、
おしりがもぞもぞします。
内容的には自己採点では、65点くらいかな。
ようやく最近、自分の言いたことのイメージが見えてきたのだけど
そこがまだうまくつながらない。

言いたいことがちゃんと伝えられないなら
媒体を利用させてもらっている意味がない。
てなわけで、もうちょっと精度を上げていこうと反省しました。

いまはまだまだだけど、
やり方は、そのうち分かるに違いない( ̄ー ̄)

急に寒くなりましたね☆
どうぞお体に気をつけて。暖かくお過ごしください!





by terasumonnmoku | 2015-10-25 23:51 | Comments(0)

行動できる自分になる。

今年の6月に学んでいた、
市民ライター講座の「課外活動キックオフミーティング」に参加してきました。
そのとき、河北新報夕刊に乗った新聞の記事はこちら
くるまぁと の担当でした。
http://artandlove.exblog.jp/24306912/


c0195362_21343721.jpg

わたしはいろんなことに手を出していて
人から見ると、きっと訳が分からないと思うのですが、
実はみごとな(と自分で言う・笑)整合性があり、
全部目的がつながっています。
これで驚くほど無駄がありません。
そういう意味で、行動力だけは自信があります。

そのコツはなにかというと、ぴぴっときた。ことを
何も考えず淡々とやるだけ。

考えない、というのがポイントで
左脳を通さないと、ものごとがとてもスムーズにいきます。
まるで原始人のようですね・笑。

一見実現不可能そうなことほど
これは有効です。
思いついて、すぐ実現するのが無理ならそのまま放置します。
できるできないは考えず、ただアンテナだけ立てておくのです。
そうすると、脳が勝手に実現可能な方法を
ベストなタイミングで教えてくれます。
とっても便利。

たぶん、ほとんどの方は
なにかしたくなった時、素直な思いにそのまま従うのではなく、
その理由や、手順や、困難さなどに思いをはせる。
要は左脳を使ってしまい
結果身動きができなくなるようなことが、多いんじゃないかな。

手順を考えることは必要ですが、理由や困難さについては
やりながらゆっくり考えればいい。

どんなひとも、自分で思うよりはるかに複雑で
実は深い部分で、いろいろなことがわかっています。

だから、なんでかわからないけど、やりたくなったことを、
人の迷惑にならない範囲でやっているうちに
だんだん、理由が見えてくるのです。
それは当初の自分が、想像もできなかったほど壮大な<理由>だったりします。
わけもわからずやっているうちに、目的と効果が見えてきて
いつの間にか今の自分が、深い自分の見たビジョンに追い付いてくる。
ということが起る。

ただ、それを人に説明したり、人が使えるように再現したりするには
左脳の力がいることを痛感します。
その辺は、訓練あるのみですね☻

あと、自己抑制が効きすぎて
なにがしたいか、わからないんです。
というような場合は、
自分が居心地よくいられる場所を、まず探してください。
そしてちょっとずつ
なんでもいいから、やってみることを、おすすめします。
人からもらうことを期待するのではなく、何かするたびに起こる自分の心の動きを
見つめる練習から初めてみてね☆-(ゝω・)v
本当の自分が、そこで待っています。



市民ライター講座で記事の書き方を学び
「自分で取材し、サポートを受けながら、とりあえず新聞掲載可能なレベルまでもっていく」
という訓練と困難さをクリアしたことが自信になり
時を経て、先日初めて自分で文章を書いて新聞社に売り込む
ということが、可能になりました。
実際に、掲載されるかどうかについては
自分でどうこうできるものではありませんが、
やらなければ、載ることはあり得ない。
そこまでできたことに、とても満足しています( ・ᴗ・)

半泣きになって、直し続けた文章は無駄ではなかったし、
そこで培った人間関係は
これから大いにものをいうに違いない(断定・笑)!







by terasumonnmoku | 2015-10-24 21:33 | Comments(0)

今朝、とうもろこしが、新曲のメタルのインストゥルメンタル部分を聞かせてくれました(๑'ᴗ'๑)
めちゃくちゃテクニカルな、拍子がばんばん変わっていくやつで
ほんとうもおもしろい!

曲を聴いたり、カバーするだけで
どんどんそのエッセンスを吸収し、曲が作れちゃうって、どういうことなんだろう?

早く完成しないかな!
出来上がりが本当に楽しみ♪゜・*:.。. .。.:*・♪

そんな今日、夫の所属していた東北大学から連絡があり
総長さんと、副学長さん(元工学部長)に
シンポジウムと過労死防止の件で面談していただけることになりました。

ほんとうにうれしいです。
なにがどうということではなく、素直に嬉しい。


その後お世話になっているSAWA's CAFE で
11月3日に予定しているわたしのイベント
「だから夢を見よう。ディープでポップなわたしたちの未来のつくり方」
https://www.facebook.com/events/1509605899353254/
の前に提供される、あさみちゃんの<IMAGINE>ごはんの打ち合わせをしました。


あさみちゃんは、わたしの講演の「きぼう」のイメージで
ランチを作ってくれるのだそうなのです!!!!!
IMAGINEごはんについてはこちら!
https://www.facebook.com/events/815614411884726/

日本全国ちゃぶ台を担いでどこにでも行き
麻むすびというおむすびをにぎってひととひとをつなぐ。
というあさみちゃんのごはん。

最近は、ほとんどアートな世界に突入していて
見ていてとっても楽しいのです。
ああ。それはわたしたちをどこまで連れて行ってくれるんだろう~
楽しみでたまりません( *˘ᵌ˘)♪

宇宙の法則的に言うと、
とうもろこしの作曲も
大学からのお返事も、
あさみちゃんのIMAGINEごはんも
あなたの周りで今日起きた素敵なことも
シンクロ二シティで結ばれていて

一見ばらばらで、まったく関係なさそうに見えるけど
実ははつながっている。

良い方向へ。調和に満ちた方へ
ある面でものごとが進んでいることの
なにかの生起として、トピックス的に起こっていること。

わたしたちはひとつ(๑'ᴗ'๑)

魂だけがひとつなのではなく、
この世界を構成するすべてが
わたしやあなたを、表現するものの一部。
関係ないものなどどこにもない。

すべてのあらわれに、祝福と感謝を☆

写真はあさみちゃんのIMAGINEごはん(の例です)。
画像お借りしました\( 'ω')/





c0195362_21092344.jpg






by terasumonnmoku | 2015-10-23 20:08 | Comments(0)

こんばんは!きのう河北新報社の編集委員の方に、
だめもとで持っていった原稿が褒められ
大変気をよくしている、てらすもんもくです・笑。

こうして毎日ブログを更新しているのは
カメライターのかさこさんに言われたからではありますが、
単に、考えることと、書くことが好きだからです(๑'ᴗ'๑)

毎日書いているうちに
書くスピードが信じられないくらい早くなりました。

というわけで今日は終日原稿書きと事務作業。
人に会うのも好きですが
ひとりでいるのも好きです( *˘ᵌ˘)♪

わたしは基本的に自分のやりたいことしかやっていませんが
いくらやりたいことでも、やりすぎると楽しくなくなってしまう。
夢中になるとついやりすぎ
ご飯を食べるのも忘れて走り続けるので
とっても危険。

そうすると、最大の喜びである、今しかできない貴重なお母さん業も
楽しくなくなっちゃうので
本末転倒です。

寸暇を惜しんで、とうもろこしの存在を喜びたい!
お弁当とかも、喜んで作りたい。

やりすぎを的確に把握するには
「楽しい」感覚があるかないかっていうのが、重要な指針かも。

どんなに困難なことがあっても、例え心を病んでしまっても、好きなことがあれば生きていける。

好きなことをしよう!

もしも好きなことをがわからなければ、手当たり次第になんでもやってみよう☆
「楽しい」という感覚をたいせつにしながら(๑•̀ㅂ•́)و✧


またしても全然関係ありませんが
きのう気づいたら
食卓の上が、ぜんぶ「もやし」でした・笑。

もやしが大量に乗った鮭のちゃんちゃん焼きと、
もやしと大根とトマトのサラダと
もやしと卵のお味噌汁~

もやしって偉大です。
あんなに安いのに、おいしいんだもの!

びっくりするあまり、写真を撮り忘れたので
今日はきのう見かけた
街の美しい風景を載せて終わります。
この光の感じ、音楽が聞こえてきそう~

c0195362_18212936.jpg









by terasumonnmoku | 2015-10-22 18:19 | Comments(0)

生きる意味が見つからないなら、自分で創って育てちゃおう!というブログです。やっていることはさまざまですが、常に生きることに向かっています。

by terasumonnmoku