<   2016年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧

建築家の先生とのアートの企画の打ち合わせが楽しかったので
ちょっと遊んでみました♪゜
アートは人を自由にする。
限りない可能性を持った世界だと思います♪


それはとっても素敵な企画で
いい企画って、なんで今まで誰も思いつかなかったんだろう!
ってところがある(๑'ᴗ'๑)
考えただけでわくわくします。

今日の話題は美術、建築、音楽、倫理学 &ビジネスと
ちょっぴりスピリチュアル・笑。
時代は分離から統合に向かっている。

土台にあるのは常に真理。
一般的に言うと「哲学」です( *˘ᵌ˘)♪

宇宙の意思に従って物事が展開し始めると、次々に、奇妙な「偶然の一致」が起こり始める。
そんな風にして、天使はいつも合図を送っています。

逆に言うといくら頑張ってもうまくいかないことは、方向性が違っているよ。
というお知らせだったり。

宇宙は案外シンプルです。

わたしたちはうちも外もひとつで
魂の望む方向に、ただ進むしかない。
頭の働きを抑えて
静かに呼吸して
心の望む場所に行き
喜びの生まれる人に会い
それをすることで、自分もひともうれしくなるようなことをする。

頭が切れそうなほど忙しくて苦しい時、
自分が何をしたらいいのかわからないとき
一番有効なのは
ひとにやさしくすること。
無条件に、誰かの為に動くこと。

なにか小さなプレゼントを贈る。
ちょっとした心遣いをする。
その人が自分自身であるかのように。
なんの見返りを求めずに。

大概の場合
自分がやろうとした以上のものが帰ってきてしまうので、返って恐縮します・笑。
そしてそこでなにかが解放される。
たぶん、「自分」をがんじがらめにしている「自分」から
他者に視点を移すことで、
自分が、解き放たれるということが起こるのだと思う。

アートにもそれと同じ作用があって
絵が触媒となり、
作品の中に埋め込まれた普遍化された「自己」に対峙することによって
自分自身との深い対話のようなものが行われる。
だから同じ作品が
見た時期によってまったく違って見える。

たくさんの「存在」と関わりながら
わたしたちは毎日変化している。
変化することを、本当の意味で「生きる」というのだと思います( *˘ᵌ˘)♪

c0195362_20243034.jpeg






by terasumonnmoku | 2016-02-29 20:33 | Comments(0)

11.ルーズヴェルト・ゲーム

「下町ロケット」と同じ作者の作品。
展開も下町ロケットと似た感じだけど
ぎりぎりが楽しい。そして敗れても何かは引き継がれる。
というテーマが秀逸でした。
ルーズヴェルト・ゲームとは、スコア8対7の接戦の野球の試合のことで
野球はこのスコアが一番面白いらしい。
確かに興奮するけれども、個人的にはそろそろもっと平和な世界に
生きていこうと思います・笑。

12.下町ロケット

あまりにもおもしろくて、読み出したら止まらなくなりました。
そして滂沱の涙を流しながら読み終わり
その後何度も読み返しました。
銀行の立ち居振る舞いにあまりにリアリティがあると思ったら
著者が銀行出身だったんですね。
こういう物語が書きたくなる気持ちが
身につまされるほどよく分かるなあ!
あまりにも有名ですが、誰が読んでも面白い本。

13.神さまとのおしゃべり

この本の中で一番おもしろかったのは
嫌いな人=価値観の違う人
だという部分。

わたしは(そして友人の徳ちゃんも)自分と価値観の違う人が基本的に好きで
違えばちがうほど、その違いを知りたくなる。
だから「嫌いな人」というのが、そもそも周りにいたことがないんだけど
世の中的には、それはとても珍しいことらしい。

ただ、自分に関しては、自分と違う価値観を人が持っていることは受け入れるけど
それと、その<価値観そのもの>を自分が受け入れるかどうかはまったく異なった問題です。
すてきだなあ!と思えば受け入れ、視野が広がってとても勉強になるし
価値観そのものに魅力を感じなければ、興味を失う。

もしかしたら、いきなり「嫌う」という感情を持つ人は
人の異なった価値観を感じるたびに
それを「押し付けられている」ように無意識に感じてしまうのかも
ということを考えました。

14.聞き方の極意

営業の HOW TO本。著者のビリーさんは、この方法で劇的な効果を出し
その後もカリスマ・コンサルタントとして
講演活動に飛び回っています。
コンサルタントとしての業績もすばらしく
彼の指導を受けた人は着々と成果を出しているらしい。
放って置かれるとひとは結構孤独なものなので
確かに営業の人がここまで自分に関心を持ってもらえたら
そりゃなんだって、買いたくなってしまうに違いない。
という内容です。

そこはすばらしいのですが、ただ読んでいて著者は、自分のことが、あんまり好きじゃないのかな。
という印象を持ちました。
「すべてが一つ」ということが腑に落ちていなくて
対象(顧客)が自分自身と分離してると、
世俗的成功がイコール自分への本当の評価につながる。
ということになりにくい。

お金を稼ぐだけでなく、もっと大きなもの。
自分を含めた世界の平和みたいなものに思いを馳せられるようになると、
人生が劇的に幸せになるのに、もったいないなあ!と思いました。
余計なお世話です〜(*ΦωΦ*)

営業でなるべく短期間に成果を上げたい人には、絶賛おすすめ(๑'ᴗ'๑)

15.幸せの心得

ビジョン心理学とは、心理学にスピリチュアルを統合した考え方です。
スピリチュアルなので学問的にはかなり怪しいです。
でも効果はあると思います。
この学問を開いたチャック・スペザーノ博士の「傷つくならそれは愛ではない」という本を
ものすごく昔読んだことがありますが
これはかなりおもしろかった。
たまたま出会った人に、この冊子をもらったので、読んでみました。
チャック・スペザーノ博士が、こんなふうに日本で頑張っていたとは
びっくり。
c0195362_21084053.jpeg


by terasumonnmoku | 2016-02-28 22:04 | 読書 | Comments(0)

はじめてのビラまき。

今日は朝四時に起きて、
とうもろこしの朝ごはんを作って
日本労働評議会宮城県支部のみなさまと
できたてほやほやの組合活動の応援に参加させていただきました(๑'ᴗ'๑)

いかにも組合っぽい、ビラまき活動です。

わたしの属している東北希望の会は過労死遺族の会で
ただの一般人としての立ち位置を大切にしています。
過労死を防ぐ上では、国家とか、行政とか、企業とか、ほかの組合とか、
ごくあたりまえのみなさんの連携が必要で
過労死等防止推進法を制定する折には
自民党をはじめとした超党派の議員さんたちに大変お世話になりました。
そういう意味でもバランス感覚がとても大事だと思っています。

でも、全国の過労死家族の会の後ろにくっついて政治活動をしたり、
シンポジウムの宣伝でいろんな企業や団体の組合を回ったり、
個人的にも夫の所属していた大学の総長や、そういう問題を解決するはずのハラスメント委員会に直接お願いに行っても
みんな困っているばかりで効果が出ない。

今日もだれかの大切な家族が、過労死した。という知らせを聞くたびに
焦る気持ちばかりが募ります。
実際のところわたしたち遺族の問題は、労災申請や裁判を除けば、家族の死の時点で終わっているのです。
その死をどう受け入れていくかは、それぞれが人生をかけて
向き合っていかなければならない深刻な問題で
誰にも、どうすることもできない。

わたしたちが取り組んでいる過労死防止活動についても、
過労死がある。つぎはあなたかもしれない。だからみんなで考えよう。
というところまでは言えても、その先は手も足も出ません。

考えた結果、やはり働く人の問題は、働く人ひとりひとりが自分で解決していくしかない。
という結論になりました。
だとしたら、組合という法律で保護された仕組みを使わない限り
働いている側(個人)は極めて無力です。

でも、組合活動のことも知らず、ビラまき一つやったことがない状態で
組合は大事だ。といっても説得力がない。

というわけで、特にお願いし、参加させていただいたのでした(๑'ᴗ'๑)


今回組合を立ち上げた方が最初の相談にいらした時、
わたしはたまたま、その場にいあわせ、お話を聞かせていただいたのです。

当初は会社の状況もひどく
身体からも力が抜けていく感じで、
どうかメンタルが無事でありますように。
と祈るような気持ちでいたことを、よく覚えています。

それが、労評の皆さんの多大なるサポートを受けて組合を結成し、
実際の活動が始まり。
穏やかな問題提起のビラが

(過労死遺族の世界の相手方会社に対する呪詛は大変なものなので、それに比べれば)

従業員の方々の不満を集約し始めた今日、ひさびさにお会いしたとき、

その方のまなざしが、別人のように輝き
全身からは覇気が満ち溢れ、
役員の方の出社を追いかけて、ダッシュでビラを渡す姿を見て、
泣きそうになってしまいました。

かっこよかった(´;ω;`)
ものすごく、かっこよかった(´;ω;`)

会社に押しつぶされ、ダメージを受けて精神疾患で休職中の方に
命があってよかった、と喜ぶ
希望の会での現状からみると、
それはまるで、夢のような世界でした。

もちろんこれからも、いろいろなことがあるでしょう。
それでもどんなことがあったとしても、誰かを恨んで死んでしまうより、
自分を責め、メンタルを病んで10年20年失ってしまうより、できることをしたほうが絶対いいと思う。
そしてそうしようと思えば
労評のように実際に力になってくれる組織が
全国にはたくさん生まれはじめているのです。

ひとはそれぞれ大切なものが違うので
自分を生きる方向性を、組合活動に限定する必要はありません。
わたしは日頃自分が素敵だと思う独立事業主や、事業主志望の方を応援していますが
そういうふうに生きることも、最高だと思う。

あぐり寺の無冥さんのように
お金にならなくても、好きなこと(人助け)に夢中になって暮らすのも、ほんとうにかっこいいと思う。

みんな、いったい、なににがまんしているんだろう。
わたしたちには、みんなそれぞれに、もっとすごい力がある。
努力の方向性さえ間違えなければ
どんなふうにでも、生きていくことができるはずです。

もっと自分を、そしてひとを大事にしていきたい。
自分もひとも消費せず、
だめなことはだめと、感情的にではなく正当に言うことから
すべてははじまるのかもしれません。

今日お邪魔した日本労働評議会のHPはこちらです!
http://www.rouhyo.org/

本日も本当に、ありがとうございました(๑'ᴗ'๑)


c0195362_21515252.jpeg

写真は、信じられないほど美しい今朝の朝やけの空。

それにしても、行動する分野が違うと、一緒にいる人も
話す言葉も、食べるものも(今日はすきやで朝ごはん定食を食べました!)
ぜんぶが変わってくるのが新鮮。


by terasumonnmoku | 2016-02-27 21:50 | 労働問題 | Comments(0)

このシリーズ、どこまでつづくのでしょう?(笑)

というわけで、今日もまた、おもしろいえりちゃんのイヤーコーニング IN あぐり寺に行ってきました!

本日のクライアントは
無冥さん、ひみつのKちゃん、そしてわたしの三人。

はや五回目のイヤーコーニングは
もはや、キャンプファイヤーのように燃え上がることもなく
静かに衣擦れの音をさせながら
粛々と燃え尽きていくのでした。

気持ちよかった~♪゜・*:.。. .。.:*・♪

今回はなんと!ほとんど爆睡していたので
あまり記憶がないのです・笑。

でも、耳からハートにつながる感じは、以前にもあったのですが
今回は、ハートとお腹(たぶん太陽神経叢)のチャクラがつながった感覚があり
その瞬間たいへん幸せな感覚に包まれました。

今のわたしを見ていてそう思う方はあまりいないと思うのですが
もともとはかなりヒステリックな性格で
常に感情を司る太陽神経叢が暴走状態だったので(よってエネルギーを大量に消耗していた)
その辺のリンクは弱かったかもしれない。

何かあるたびにごはんが食べられなくなる。
という軟弱さが関係あるのかないのかわからないけど、以前はイヤーコーニングを受けるたびに
(だけでなく極めて日常的に)お腹がぐるぐるとうるさく鳴っていたのです。
それが今回は、とっても静かでした(金龍で鳴ってたけど・笑)(ノ゚ο゚)ノ オオォォォ-

イヤーコーニングって、エネルギーに敏感な人には
とってもいいかもしれない。
エネルギーに敏感だということは
普通の人より感情的に現象に振り回されやすいということ。
それは本人にとっても、大変な負担です。
ハートのチャクラとのリンクが強くなれば
物理的に情緒が安定するような気がします(๑'ᴗ'๑)

イヤーコーニングのおかげで
三人とも目をキラキラさせながら
今日ももりもり、ご飯を食べました。
おいしかった~!!!!

c0195362_20135726.jpeg

えりちゃん、無冥さん、ひみつのKちゃん!ほんとうにありがとうございます。

えりちゃんのイヤーコーニング IN あぐり寺。
3月は4日と26日に開催されます。
よかったらぜひ、体験してみてね(๑'ᴗ'๑)

お申し込みはこちら
https://www.facebook.com/events/1508930839416865/

https://ssl.form-mailer.jp/fms/3226d5d5380373

えりちゃんのイヤーコーニングの説明はこちら
http://kukurihime8.jimdo.com/

写真は、あぐり寺の帰りに、無冥さんの車の中からみた夕日。

最近の夕日は、ばかやろう、が似合わなくて
まるで、朝日のように崇高ですଘ(੭´ ꒫`)੭

c0195362_20141736.jpeg



by terasumonnmoku | 2016-02-26 20:12 | あぐり寺地蔵庵 | Comments(0)

おもしろい、からだ。

満月が終わりましたね(๑'ᴗ'๑)
みなさま、ご無事ですか?

テレビのニュースをとうもろこしと二人で見ながら、
こうして一日平穏で過ごせるって、奇跡だよね。
と、感謝しました。

なにもないって、当たり前ではありません。
大切な人の笑顔が
今日も目の前にあること。
もうそれだけで、ふくふくしちゃう( *˘ᵌ˘)♪

ところでわたしの満月は、
みなさまより1週間以上早く(ということは全然満月じゃない・笑)
注文いただいた絵を描き終わった翌日に出ました。

朝起きたら、
コークスクリューのように体が歪み、
暗い気持ち&超重症の肩こり状態に(ノ゚ο゚)ノ ~

からだに蓄積された「恐怖」のエネルギーが出口を求めて溜まっているのに
いつもお願いしているオステオパシーのしんじ先生(仲良しの啓子ちゃんの兄弟子です。
啓子ちゃんは細胞を元気にし、エネルギーの通りをよくするスペシャリストですが、
しんじ先生は骨の歪みの専門家!)
の予約が取れず、
仕方がないので、TRE(トラウマ開放エクササイズ)で急場をしのぎ
気持ちはすぐクリアしましたが、からだはやっぱりヘン。
というわけで、先日ようやく、しんじ先生に診ていただいたところ
「背骨全体から頭頂部まで、大きな力でしぼられたように、ねじれています」とのこと!

びっくり(ノ゚ο゚)ノ ~

いつもは、誰がどう考えてもそれはハードでしょ。
な、ストレスのあとで骨が歪むのですが
今回に限り、絵を描いた以外の理由を思いつかない・笑。

わたしの絵は「伝授並みのエネルギーがある」と、
以前徳ちゃんに言ってもらったことがあるのですが、
実際手にした人に対する影響の仕方も伝授にとても似ていて
受け取った直後はオーラがとても大きくなり
高揚感に満ち溢れ
時とともにご本人のもともとのエネルギーに吸収されていき
あとはご自身の行動と学びによって、使える範囲が定まってくる。

というふうに推移する。

それはそれですごいことなのですが、絵を描いてエネルギーを下ろす側(わたし)も
一緒に伝授を受けたような状態になるらしく
怒涛の浄化が起きてしまうものらしい。
(徳ちゃんの時もそうだったのでしょうが、12月はあまりにいろいろありすぎて
よくわからなかった!)

しんじ先生によると、オステオパシーを継続して受けていると
だんだん背骨が健康な状態になるとともに
過去に受けた衝撃が、時間をさかのぼって浮かび上がってくるのだそうです。

(今回出てきたのは、たぶん、高校の頃の原チャリの事故の後遺症)

どんなにひどく歪んでも
もともとのエネルギーの通りがいいので
(それは今気をつけているからではなく、過去世でヨガの行者だったから。
体は引き継がれないのに、気の軌道であるイダとピンガラは引き継がれるらしい。ありがとう、過去のわたし)
きちんとした治療を受けさえすれば
あっという間に歪みはとれる。
そして一度出してしまえば、もう元には戻らない。

からだって、ほんとうにおもしろいですね!
生き方と密接に関係している。

骨のスペシャリスト、しんじ先生の治療院はこちら(๑'ᴗ'๑)
http://ktc-sendai.com/

文中のトラウマ開放エクササイズはこちら
http://www.tre-japan.com/tre%E3%81%A8%E3%81%AF/

c0195362_22332281.jpeg





by terasumonnmoku | 2016-02-25 22:21 | Comments(0)

お地蔵さまのプレゼント

友人のゆっきに、手作りのお地蔵さまをいただきました*\(^o^)/*

ご主人と、ご主人のつながりのあったすべてのみなさんに、思いが届くようにと、
あぐり寺の無冥さんのご指導のもと、時間をかけて掘ってくれたのだそうです(T ^ T)


c0195362_21392074.jpeg


写真の中の陶器の高杉クリニック風地蔵?とてるてる坊主は、
仏壇に一人じゃ寂しいかなと思って、自分で作ったわたしと息子(のつもり)だったのですが、
先日、そう言えば、本人のお地蔵さまがないなぁ!と思ったばかり。


これで無事、三人家族になりました。



うれしい(T ^ T)


ゆっき、ほんとうにほんとうに、ありがとう。

あぐり寺では、お地蔵さま作りのワークショップも、これから行われるようになるそうです。


お地蔵さまを掘って差し上げることは
亡くなった方への供養にもなるのだそうで
そういう意味でもすごいことだと思います。

あんまりうれしかったので
今度は自分もどなたかに、プレゼントしてみたくなりました!
一人じゃ無理だけど、無冥さんが教えてくださるので
きっとだいじょうぶ!




c0195362_21395164.jpeg

今日ゆっきと遊びに行った、いつもお世話になっている「おおまちシャーレ」のランチ。
ひさびさに代表のあづささんにも会えました(๑'ᴗ'๑)


仙台おおまちシャーレでは、今、精神障がいの方のための就労移行支援施設(カフェ・シャーレとは別の建物)
で働く、厨房担当及び事務などの方の募集をしています。
パートは時給800円。
http://brainuniques.com/schaleoomachi.html

ご興味のある方はぜひ、問い合わせしてみてくださいね(๑'ᴗ'๑)


by terasumonnmoku | 2016-02-24 21:38 | 仲間 | Comments(0)

Don’t think, feel 

月に一度の、師匠大津先生のセミナーの日でした(๑'ᴗ'๑)

お話と誘導瞑想。
延参加人数50人ちょっとくらい。

真理を学ぶ仲間が増えて
とってもうれしいです♪゜・*:.。. .。.:*・♪

今日のお話のテーマは「愛」

わたしたちの生命の本質は「愛」
そういう話を、みんなで浴びるように聞いていきます。

言葉としては、巷にあるスピリチュアル本に書かれているものと同じ部分もあるけど、
先生の本気さが違うので
素直に心に入ってくる。

しみるように。

定期的にお話を聞いていることで
自分を保ちやすくなり、周りで起こる現象に振り回されにくくなっていきます。
現象と、自分を切り離せるようになる。

起きていることは、すべて自分が過去につくってしまった囚われの結果なので
よいことも、快適ではないことも
そこから学んでいくしかありません。

そして、今自分がどういう状態にいて
なにに振り回されていたとしても
愛そのものである自分の本質は片時も変わることなく
つねに太陽の様に輝いている。

それは自分もそうだし、今目の前にいる人もそうだし
自分にとって、とても引っかかる、どうしてもうまくいかない誰かも
同じようにそう。

それは「信じる」とか、「そう思う」とかではなく、
ブルース・リー的に言うと


Don’t think, feel 

(考えるな。感じろ!)
の世界なのだと
今日は先生に教わりました(๑'ᴗ'๑)

いいかもしれない・笑。

自分の純度を高めていくと
どんどんそういう世界になっていく。
どんな方向から行っても
きっと同じなのでしょう。

すべてはひとつなのに、わたしたちはたくさんの<かたち>に分かれている。
それが苦しかった時期が長かったのですが、
分離してるのも
結構いいかも( *˘ᵌ˘)♪

と、今日思いましたଘ(੭´ ꒫`)੭

先生のセミナーは、やっぱりさいこう。
よろしければ次回は是非ご一緒にいかがですか?

次回は3月23日14時15分受付開始
参加費5000円
場所はメディアテーク7階会議室です。

c0195362_19552779.jpeg






by terasumonnmoku | 2016-02-23 19:54 | スピリチュアル | Comments(0)

満月=消えた怒り。

今日は満月。

朝から、東北大学に行ってきました。
不正を告発した研究者の方が
コンプライアンス委員会に呼び出されたため
そのお見送りです。

その方の精神状態が不安定だったため、欠席を勧めたのですが、
そうするとご自身が不利になりそうなのでがんばります。
ということだったので、せめて。

ここまできたら、信じて、祈るしかありません。
きっと、だいじょうぶ。
良い方向に行くはず。

c0195362_21262608.jpeg

満月のせいか、ほかで会った周りのみなさんにも、さまざまなことが起きていて
ものごとが、ある種のピークを迎えているようです。
今日はそんな話をたくさん聞きました。

まさにみんなで、あたらしい時代を


生きてる

って、感じがしますね(๑'ᴗ'๑)

どんなに大変でも、わたしたちはちゃんと生きています。
今の課題をクリアして
どんどん手放し、どんどん自由になって
進んでいきましょう。

未来が何も見えないように見えても
かならずはじまりは準備されている。
どれだけ、こだわりを捨てられるかが勝負です。

その後、徳ちゃんのフリーダンスに参加しました。

いつもわたしが、内に秘めた「怒り」をひっぱりだして発散することにしていた曲を聴いて、
さあ!と「怒り」を取り出そうとしたとき、
肝心のその感情がわたしのなかから


きれいに無くなっている

ことに、気づきました。

最近なにかに怒る時の、自分のエネルギーが、妙に軽いことには気づいていたのですが
なくなっていたとは驚きです。
軽くは怒れるので
ポジティブなエネルギーとしては残っているんだろうな。

ちなみにわたしだけでなく、どんな人もだいたいは、消化できない怒りのエネルギーを
(怒りだけではありませんが)、それぞれのオーラの中に格納しています。

でも意図的に引っ張り出して、ダンスに使うとかはしないみたいというか
もしかしたら、それ、普通は訓練しないとできないのかも。
と、今ふと思いました。

だから地雷を踏まれない限り
それがあることにも気づかないんだろうし
地雷がなくなることもなかなか無い。

心が歌っているとき、
肉体も一緒に音楽を奏でます。
そんなとき、わたしはとても自由な気持ちになります。
どこにでも飛んでいけそうな気がする。
怒りもダンスの形で出すのは楽しかった、
でも、ないほうが、行動するとき楽ですね・笑。

今日は夜、クローズアップ現代で
ひさびさに労働問題が扱われ、感動しました。

c0195362_21265979.jpeg

「労働の担い手を、人として尊重しない社会に、未来はないと思います。」

クローズアップ現代、久々の労働問題。<追い詰められる労働者、予算削減の果てに>


NHKなのに、すごいです(^_^)



NHKの良心と言われた国谷キャスターが3月いっぱいで降板されるので
それとのバランス調整なんだろうか??

労働問題まんなかにダンスの一日でした~(๑'ᴗ'๑)





by terasumonnmoku | 2016-02-22 21:25 | Comments(0)

日本労働評議会宮城県本部の会議に参加させていただきました(๑'ᴗ'๑)

過労死防止活動で組合のトップの方に会うことはあっても
実際の活動を見せていただくのは初めて。

そういう意味で
大変勉強になりました。

はたらくひとが、力では圧倒的に不利になる
雇用者側と対等な立場で交渉するために
労働組合、という法律で守られた仕組みがあります。

これは女工哀史のような奴隷状態の雇用関係の頃から
先人のみなさんが勝ち取ってくれた財産なのですが、
現在の日本では、ほとんど骨抜きになっています。

これではいけないと、最近はひとりでも加入できる形の
新型労組という組織が増えていて
こちらの労評もおそらくそのひとつ。
比較的若い世代の加入者が多いというところも
魅力の一つです。

個人の利益を求め、そこで終わりにするのではなく
社会全体の利益をもとめてゆく。

実際に社会で働く人たちが
はたらくことに誇りを持てるようになる。
というところに、意識を統一するところを目指す。
という部分にも共感が持てました。

起こってしまったことにはもう対処するしかなく
過労死の場合、労災申請か裁判しかありません。
でもそれで職場が良くなる可能性は限りなく低い。

そこにいくまえに、出来ることがたくさんあって、
組合活動はそのひとつです。

組合に限らず、徹底的に話し合うことが可能ならそれもいい。

個人としてほかにやりたいことがあるなら、
会社を辞め、独立事業主として生きていく選択をしてもいい。
どんな人の人生も、一回きりなのですから
後悔のないようにすることが大切です。

目の前の出来事に最善の方法で対処しつつ
大きな視野で物事を見つめることができれば
行動もきっと変わってゆくはず。

そんなことを考えました(๑'ᴗ'๑)

労評のみなさま、本日はほんとうにありがとうございました!

c0195362_21402955.jpeg






by terasumonnmoku | 2016-02-21 21:39 | 労働問題 | Comments(0)

今日は納品でした(๑'ᴗ'๑)

注文いただいてから4年!
完成までにかかった時間としては
いままでで最長です(ノ゚ο゚)ノ オオォォォ-

二枚組。
というところも、今までとは違っています。

もともとライトグリーンがベースのエネルギーの方で
向かって左手の感じの絵はすぐに描けていたのですが
なんともピンと来ない。

生き物のように、波動が立ち上がる感じが必要なのに
なかなか着火剤が手に入らない感じのまま、4年。

次の段階に向かう絵を描いているので
その進捗はご本人様の魂の成長にかかっています。
いくら透視能力があっても
ないものは描けない。

発芽を待つ時間が続きました。
そして、「今なら描けるかも!」というタイミングでの今。

ようやくハートの内側から
いままでなかった、「発展する秩序の中の自由とよろこび」のエネルギーが立ち上がり
ついにそれを捕まえることができました(´;ω;`)

でも、そのエネルギーはまだ生まれたばかりで
発芽を描いただけでは反応が薄いのです。
その前の段階、ライトグリーンのきらめきの中に
自由とよろこびが光を放ち始めたところが必要だったようで
結果、二枚組での販売となりました。

現在のところライトグリーンの絵のほうが反応が強いですが
やがて右側にバトンタッチしていくもよう。

ご本人様に伺ったところ、やはりかなりな混迷が続いていたようで、
ご自身でもタイミング的に今だと思いました。とのことで、
ばっちりだったようです( *˘ᵌ˘)♪
一緒に次を見つけていたのかもしれませんね。


あなたの魂の扉を開けるKey Art。
波動共鳴装置としての絵です。

不思議なことに、注文を受けて書いた絵は
写真ではほとんどパワーが伝わらない・笑。
そして、完全オーダーメイドなので
ご本人様以外の方には
本当の意味での効力は持ちません。

というわけで、ご注文はいつでも、どなたからでも受付しておりますが
実際に出来上がるまでの時間のお約束はできないのです。
また、魂の成長・発展進化を加速させるという意味で
大津先生、またはその系列のどなたかのもとでの真理の学習を
同時に受けられることをおすすめしております。

価格帯は現在のところ2~10万くらいです。

どうぞよろしくお願いします!

こちらは、及川徳子さんのブログ
絵の感想が書いていただきました(๑'ᴗ'๑)
http://ameblo.jp/golden-universe/entry-12109909390.html


c0195362_20434848.jpeg

背景を消そうとして挫折しました・笑。
こっちもゆっくり成長を目指します。





by terasumonnmoku | 2016-02-20 20:43 | アート | Comments(0)

生きる意味が見つからないなら、自分で創って育てちゃおう!というブログです。やっていることはさまざまですが、常に生きることに向かっています。

by terasumonnmoku