<   2016年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

2007年に起きた東北大薬学部過労自死事件の、裁判の傍聴応援に行ってきました。
はじめての証人喚問(尋問というんでしょうか?)。

c0195362_21481298.jpeg
息詰まるような迫力があります。

被災者のかつての先輩や後輩が
原告側、被告側の証人となり、
事件を巡って証言をします。

原告側の証人はもう大学も卒業し
現在はまったく関係のない環境にいらっしゃる方でしたが

被告側の証人は二人とも
現在も大学で働く先生です。

その喚問のほとんどは、事件直後の労災手続きの際に
労基署でつくられた調書と、今回の裁判のために改めて作った
「陳述書」の違いを確認することに費やされました。

よく遺族からの話で、事件の当初は責任を認めていたのに
いざ裁判になると全く違った証言をされた。

という話をそこらじゅうで聞くのですが、目の前でそれを見たのは初めてでした。

かつては断言していたことを
相手も定かではないひとからの伝聞にしたり、事実がなかったことになったり
記憶がなかったり。
事件発生から9年たっているということもあるのでしょうが
ほんとうに苦しそう。

「前川さんの時のように、最初からちゃんと説明してくれていれば、我々も裁判することなんてなかったんですよ。
ほんとうに先生方にはご迷惑おかけしました」
と、原告のお父様がおっしゃっていました。
「自分たちが雇っている人にあんなことをさせるなんて、
そんな人の尊厳を踏みにじるようなことはさせちゃいけない」

ほんとうにそう思います。
あれはつらすぎる。
でも裁判って、そういうものなのでしょう。
みんな生活がある。

裁判の終わりに、勢い余って被告側の皆さんに
あいさつに行ってしまいました。
名と所属を名乗り
「昨年は総長の里見先生にもごあいさつさせていただきました。
過労死をなくす活動をしています。今後ともどうぞよろしくお願いします」

言うだけのことは言いましたが
原告側の支援者が、被告側にあいさつに行くのは
すごくイレギュラーなことだったらしく
相手方の弁護士さんの目つきの鋭さに
足ががくがく震えだし、あいさつに行った瞬間に後悔しました・笑。

馬鹿かもしれない。

でもわたしは本気で、もう誰にも死んでほしくないのです。
被告側のみなさんにも。

死んでほしくないというより、生きてほしい。
胸を張って、自分自身の人生を。
こんなことは悲しすぎるし、もったいなさすぎます。

誰もがみんな、家族にとってはかけがえのない大切な命なのです。

裁判の傍聴に、24歳で亡くなった被災者のお友達の方がたくさん見えていました。
それがとてもうれしかった。

原告側のみなさんに混ぜていただいて
(お父様にごちそうまでしていただいて!)
一緒にお昼ご飯を食べました。
写真はそのメニューです。
裁判所の地下に食堂があるなんて知らなかった!
意外とおいしくてびっくり。

c0195362_21484114.jpeg

それにしても裁判は大変です。
でも覚悟を決めたので、ちゃんと最後まで見届けようと思います。
傍聴している間中、夫と亡くなった息子さんがそばにいてくれている気がしました。
二人とも、穏やかな結末を願っているはず。
まず、生きている人間ががんばらないとね(๑'ᴗ'๑)


























by terasumonnmoku | 2016-05-31 21:47 | 労働問題 | Comments(0)

今日は希望の会の遺族仲間と
おいしいものを、たらふく食べに行きました!

山のように食べて
大盛り上がり。

そして明日は、別の遺族の方の裁判の応援。

一つ決めたことがある。
やりたくてやっていることだから
もう言い訳はしない。

逃げない。
そしてどんな時も
自分であることを忘れない。

もう自分を失わない。
わたしはわたしが、しあわせであること
輝いてあることを
自分に許す。
大勢の人と一緒に、今を思いきり生きていくことを
望む未来を一緒に創りだしていくことを
自分に許す。

どれほど孤独だったことだろう。
どれほど不安だったことだろう。
わたしの歩いてきた道には
マニュアルもお手本もひとつもなかった。


世界一しあわせな自死遺族にわたしはなる。

なぜって、過去のわたしが今のわたしを待っているから。

そんな今日、自死遺族支援のためのシンポジウムのパネリストをやってほしいとの依頼があった。
普通に家族が亡くなったことを悲しむ、
世界一しあわせな自死遺族・当事者として
受けてみようと思っている。

わたしはひとから差別や偏見を受けたことがなく、
そういう話はできないと断ったので、それでも相手方が良ければ。

ただし、自分を自分で裁き、夫を救えなかったことで罪悪感に苦しみ
自分を自分で差別したことはある。
それは「世間」でも、「社会」でもなく
「自分」がしたことだ。

わたしはそういう「自分」の「エゴ」から
自分を解放する。
そんなことをしても、夫は喜ばない。
ただの、自己満足だ。

本質の自分を素直に認めて現すこと。
ちっぽけな自分のエゴを笑うこと。

経験は無駄じゃない。
わたしの終わらせたところからはじめて、
もっと先に行く人が必ず現れるはずだから。

今を生きている<過去のわたし>は
この人生でわたしの歩いてきた道をワープして

その先に、きっともっと素晴らしい世界を創っていくに違いない。
たくさんの夢を、光を、希望を手に歩いていくのだ。

誰の経験も
すべて、未来の誰かの力になる。
今あなたが感じている苦しみが
ほかの誰かを救っていく。

そんなふうに響き合いながら
わたしたちは生きていく。

失った大事な家族に、また会いにいく日まで。

てなわけで、写真はホテル・メトロポリタン レストラン・セレニティのランチです。
めちゃうまでした~
混み合うので、出かける際は予約したほうがよいようです(๑'ᴗ'๑)








c0195362_22381841.jpeg











by terasumonnmoku | 2016-05-30 22:37 | Comments(0)

23.君はどこにでも行ける    堀江貴文

「2015年の日本の経済成長率アジア24か国中23位。
一人当たりGDP
世界27位。アメリカの四分の一。中国の半分。

日本は安くなった。」

というショッキングな出だしで始まるこの本。
それは歴然とした事実だけど、
必ずしも悪いことではない。


斜陽の国には斜陽なりの発展の仕方がある。

いまはまだ、はるかな昔に終わったバブリーな時代の名残の
便利な社会をブラックな働き方で無理やり支えているけど、
それもそれほど長い時間は持たないだろう。

現実に運輸、教育、医療ではすでに崩壊が始まっていて
社会の在り方が目に見えて変わっていくのも時間の問題に思う。

格差は日本に限らず、世界中どこでもひろがっている。
ストレスのはけ口を求めてナショナリズムに傾いていく人が増えるのも、
どこにでも見られる現象だ。

一番読んでいて気持ちがよかったのは、
「国境というバーチャルなものは、情報によって駆逐される」
「グローバリズムの到来は、国ごとの不安や、民族の情緒的問題を解消していく」
という部分。
例としてタイのタクシン派と反タクシン派の対立の激化の例が挙げられていた。
(これも、格差の広がりに対する反発が原因)

確かに、2014年バンコクで戒厳令が敷かれていた時
かの地に滞在していた友人を心配してSNSをチェックしていたら、
混乱の真っただ中にいるはずなのに、
彼はいつも通りのんきに酒浸りの生活を続けていて、
全く影響がなさそうなようすに拍子抜けした。
街中の一部しか騒ぎになっておらず
ほとんどいつも通りの日常だったらしい。

混乱が激しくなると
経済に大きな影響が出る。
だからどうしても適度なところにとどめようとする力が働くのかも。

この時代にどう生きたらいいかということについて
堀江さんは「好きなことを好きなだけやる」ことで
突き抜けたところに仕事を創りだしていくこと。
自分だけの価値を自分に着けていくことが大事と語っていて
まさに時代は変わったなあ。と思う。

それにしても世界は広い。
日頃考えていることがだんだん、
<ちっちゃ~>という気がしてきた・笑。
もっともっと、自分の好きなことに傾注する時間を増やしていこう。


わくわくのあまり、あっという間に読了。

別に行こうと思えば、わたしたちはどこにでも行けるし
やろうと思いさえすれば、何でもできる。
それを押し留める障害なんて、
自分の、頭の中にしかないのだから。

ポケットに財布とパスポートだけ突っ込んで
すぐにでもどこかに飛んでいきたくなる本でした٩(ˊᗜˋ*)و✧*。


c0195362_21441610.jpeg





by terasumonnmoku | 2016-05-29 21:43 | 読書 | Comments(0)

というわけでイベントのお知らせです。~

★いろんなところで楽しむ音

障がいのあるお子さんとそのご家族をサポートするハッピークローバーのおもしろ企画。

笑顔お届け人として及川徳子さんの朗読に合わせて、今回もピアノを弾きます。
身体を動かしながら入っていく、物語の世界♬

徳ちゃんのきらきらの声をお楽しみください。



障がいのあるお子さんやご家族だけでなく

個性を持ったすてきな子どもたちと一緒に遊びたい!

と思ってくださるみなさま、どなたでもご参加いただけます。
お時間のあるかたはぜひ、遊びにいらしてください~☆


日時:6月18日の土曜日、午後1時開場、1時半開演

場所:利府町公民館2階創作室にて。

会費:一家族千縁。


詳しい内容はこちら

https://www.facebook.com/events/1041757532576890/


写真は例によって本文とは全く関係ありませんが

大好きな、Krispy Kreme Doughnuts

信じられない甘さがなつかしい。

東北上陸が待たれます。

c0195362_17005277.jpeg



by terasumonnmoku | 2016-05-28 20:34 | イベント | Comments(0)

過労死防止学会

5月21日関西大学千里山キャンパスで行われた、過労死防止学会 第二回大会に、参加しました。

過労死防止学会は、2014年に成立した過労死防止法によって、
国の責任で過労死の総合的な調査研究が行われることになったのを受けて、
民間でも過労死(過労自殺および過労疾病を含む)に関する調査研究を行い、
その成果を過労死の効果的な防止のための対策と取り組みに生かすことを目的に設立。

労働法や経済学の研究者、医師、弁護士、報道関係者、遺族、この問題に関心を持つ個人
などによって構成されています。

今回は初の国際シンポジウム。ということで
日中韓の過重労働の専門家が
それぞれの国の労働問題の問題点などについて報告。

韓国がひどいのは想像できましたが、
サービス残業の概念がなく、
週35時間の労働時間規制が、
法律できっちり守られているフランスでも
労働密度の高まりとともに働く人のストレスが高まっている。
などの報告に目を丸くして聞き入りまいた。

時間が短ければよい
というわけではないらしい。

ちょうど今日、フランスで解雇規制を緩める法律に反対する
大規模ストライキのニュースが流れていました。
フランスは、職域で連携した組合があって、ストがうまいらしい。
過労死もたぶんないのでしょうが、
それでも自死率は高く、世界第5位なのだそうです。

c0195362_18551577.jpg
(国際シンポジウムの模様↑)



わたしは翌日の4つの分科会の一つ
「教員の過重労働と公務災害」というテーマの会に参加。

・前川事件とその背景、
・東北大学および宮城における教員の過重労働の実態。
・支援学校の問題について

今回は特に熊本地震を受けて、震災と、復興予算の流入がもたらす仕事量の増大が
どのように職場に深刻な負荷をかけていくかについての、
報告をさせていただきました。

同じ分科会では、支援学級の養護教諭の過労自死事件、国の過労死等防止対策推進協議会委員である中野さんから
過労死等防止推進法にどのように中身を詰めていくか。
そして公務災害認定に係る問題点についてのお話があり、大変聞きごたえのある内容でした。

小中高校教師の過労死過労自死の公務災害認定数は年10件程度なのに
在職中の死亡は毎年150人から200人に上るそうです。
ぜんぶではないにせよ、その中の相当数が過労死なのではないかと想像され
せめて残された遺族のために、普通の労災以上に込み入った手続きが簡略化され、
公務災害として認定される件数が増えていくことを願いました。

ほかの分科会では、「軽井沢スキーバスツアーバス転落事故について」の、自交総連大阪地連の方の発表や、
東京新聞記者の方による「ワタミ過労死事件と和解の社会的意義」についての報告などがあり、
自分の報告との兼ね合いで、聞きに行けなかったのが残念でした。

過労死防止学会としては、今後厚労省から予算をとり、
大学で過労死や労働法についての講義をする計画があるそうです。
若い世代の過労死を防ぐための教育の必要性を
労働問題当事者の方からも訴えられ、自分も感じていたので
とてもうれしかった。今度そのように説明しよう。

2日目の終わりには、厚労省の労働組合の方の発表があり
労基署の相談員がほとんど非正規雇用であること。
毎年島根県一つ分くらいの公務員が減らされていること。
給料もどんどん下がっていること。

過労死を防ぐ立場の厚労省が、特に国会期間中は不夜城となり、
それは、国会で何を答弁するかについて決まるタイミングが、
前日ギリギリであり、それから国会議員が質問を考え
その後職員が大臣の回答に必要な資料をそろえるなど
仕組み自体が過重労働を強いる体制になっている。
一部分だけでなく、全部を見直す必要がある。

などのお話を聞いて、いろいろな立場の方からの意見を伺うことが
大切なことと改めて感じました。

遺族はとかく視野が狭くなりがちで、そうすると誰より自分が苦しい。
それで悲しみが減るわけではありませんが
こういう大きな背景を知っていくことが、力になります。

問題を感情的にとらえるのではなく
機能不全に陥っているシステムをどう再構築していくか。ということについて
様々な視点から冷静に検討を行い、関係各所に向けて提言していくこと。

それが過労死の防止と、その先にある
健全で生産性の高い職場環境を作ることにつながっていく。
そのようにして亡くなっていった大切な家族とともに
日本の未来を新しく創っていくようなことができたら、これに勝る喜びはありません。


森岡先生、
参加されたみなさま、ほんとうにありがとうございました。


過労死防止学会についてはこちら

代表幹事・森岡先生の最近のベストセラー

c0195362_19391885.jpg
こちらには夫のことも、取り上げていただいています。



c0195362_19394926.jpg



by terasumonnmoku | 2016-05-27 21:39 | 労働問題 | Comments(0)

絵本の優しい世界♡

SAWA’S CAFE 英太郎さんの「絵本を楽しむ会」に参加しました(๑'ᴗ'๑)

サンタクロースのように、いつもみんなにお土産をくれる英太郎さん。
読むお話もユーモラス。
結論が何もないフランスのナンセンスな小話や、
巨大なおならをする、酒田の有能な奥さんの昔話。
英太郎さんが書いた、桜の精になった奥様の物語を聞きました。

わたしは自作の「ゆに と ばあす の物語」、
ハッピークローバーのゆっきはのろまなペンギンの子どもが
亡くなったお母さんペンギンに励まされるお話し、「僕は小さくて白い」

そして月曜食堂のアネちゃんが、ぐりとぐらを読み、
最後に巨大な、かすてらが物語そのままに登場。
盛大なファンファーレとなりました٩(ˊᗜˋ*)و✧*。

ほっぺたがおちるほどおいしい、かすてら!
こどものころ、この絵本を読むたびに
どんなのかな?こんな味かな?
と想像したそのままの味!!!!

c0195362_22125964.jpeg

朗読って、上手下手はあるけど
その人の人間性がそのままでるような気がします。
英太郎さんの読むお話は
英太郎さんでなくてはそうまでおもしろくは聞けないだろう。
という、何とも言えない諧謔味に満ちた味わいがあるし

ゆっきが、読むペンギンのお母さんは
重度障がいのゆうとを愛情いっぱいにいつくしんでいる
その心情がそのまま子供ペンギンを気遣うお母さんの声色に表れていて
感動もの。

そしてアネちゃんの「ぐりとぐら」。
「このよで いちばん すきなのは おりょうりすること たべること」
という言葉がそのままアネちゃんを現すようで
聞いていて、どんどん楽しくなってくるのです。

それぞれに好きな本を読んでもらうことで、
その人自身の魅力がしみじみ伝わってくる。
なにごとも一緒に楽しむって、すごくすてきなことですね♡
絵本の世界がぐっと広がり、深まって感じられました。

写真はアネちゃんの作ってくれた
フライパンのかすてら!

ひでちゃん、さわさん、そしてみなさん!
今日は本当に
ありがとうございました*\(^o^)/*

あ、ゆにとばあすについては
アネちゃんから、

<珠子さんの自作の物語『ユニとバース』は、
深遠な世界を描いているのに、でもわかりやすくて、素敵なお話。

聞いていてアニメーションが浮かんでくるよう……。

大好きなポール・ギャリコの『雪のひとひら』を思い出しました。>


という素敵な感想をいただきました。

うれしかったです٩(ˊᗜˋ*)و✧*。

雪のひとひら、見てみようかな!


by terasumonnmoku | 2016-05-26 21:59 | SAWA'S CAFE | Comments(0)

みつばちクラブの活動日。



c0195362_18264610.jpeg

いつものなかま、+きみちゃんと、
初参加のイヤーコー二ングのえりちゃん&
えりちゃんのお客様、かずよちゃんという6人体制です。

みんなで、なす、パプリカ、ピーマンを植えました♡



人数が多かったので、二手に分かれて活動開始。
わたしは苗の買い物組。
茄子の種類がものすごくたくさんあって、驚きます。
知らないことが、ほんとうに多いなあ!


これは間引きしたカブ。
かわいいカブを、土をほろって畑でわしわし食べました☆
何とも言えず、いい味です。
間引きしたカブさえも
自分たちがかかわったと思うと、たまらなく愛おしい。


c0195362_18262444.jpeg
葉っぱの種類で野菜を見わける。
なんて全然できなかったのに、
畑で遊んでいるだけで、自然にわかるようになるのが不思議。
愛情を持つには、手をかけるに限る。
そんな当たり前のことに、気づかされます。

土と、水と太陽でできた野菜。
ぎっしりと中身の詰まった味がします。

スカスカの野菜を食べていると
人間もスカスカになっていくんじゃないだろうか。
雨にあたったり、太陽の光を浴びた時間が
こんな小さな苗に詰まっている。
きっとこれを、ひとは「いのち」というのだろうな。

息子とうもろこしに
間引きしたおいしいカブで、お味噌汁を作ってあげよう♡
思うだけで、心が躍る・笑。
そんな些細なことが、どうしてこんなにうれしいのか
よくわからないほど~ଘ(੭´ ꒫`)੭


c0195362_18272644.jpeg

またいつものように記念写真を撮り
大騒ぎしながらごはんをたべて、
泣いたり笑ったり。
まるで、大きな家族のような時間を過ごしました٩(ˊᗜˋ*)و✧*。
今日はスペシャルにもかずよちゃんに、ハンドマッサージの施術までしてもらって
しあわせいっぱい!

無冥さん、参加してくださったみなさま。
今日もありがとうございました。



次回のみつばちクラブは6月8日。
参加希望の方は、FBのみつばちクラブのページに書き込んでくださいね~♬





by terasumonnmoku | 2016-05-25 21:03 | あぐり寺地蔵庵 | Comments(0)

先日、東京からなんと車を運転して、
ヒーリングを受けに来てくださったブライさま(男性)から
施術の感想をいただきました(๑'ᴗ'๑)

「はらからヒーラーの前川珠子さんの活動する仙台まで
ヒーリングを受けに行って来ました。
~中略~
えっ!珠さんのヒーリング?
スゲーって感じ!体調がかなり改善しました。
それ以上は内緒!」

中略の部分には、仙台までの詳細な旅の記録が書かれていて、
お元気そうな感じがとってもうれしかったのです٩(ˊᗜˋ*)و✧*。

それですっかり喜んで、感想をアップする許可をお願いしたところ、
追加で以下のようなコメントをいただきました!

「帰宅後に瞑想したら、
今まで前側のチャクラからしかエネルギーが出ていなかったのが、
後ろからも出ているのがハッキリとわかりました。

と、同時に、今で何となく具合が悪い未病状態だったのが改善され、
体か軽くなり、全てが、いい方向に向かうようなそんな心持ちに変化しました。

パートナーも機会があったら是非やってみたいと言ってます。
ありがとうございました」

ヒーリングはよいとして
交通事故後の療養中のお体で長時間の運転。
どうだったかなあと思っておりましたので
安心いたしました。

ブライさま、ありがとうございます!!!!

にしても「はらからヒーラー」って形容されたのは初めてで
びっくり・笑。
お会いできて、ほんとうにうれしかったです。
どうかご家族みなさまお元気で、
しあわせな毎日でありますように。

写真はオキーフの絵のような夕暮れ。
今日という奇跡の一日に
感謝を込めて☆

c0195362_18161910.jpeg



☆ヒーリングは対面のみ。

ヒーリング30分+お話一時間~計一時間半で20000円です。


☆エクスペアリ・ヒーリングについてはこちら

http://artandlove.exblog.jp/25575156/





by terasumonnmoku | 2016-05-24 21:00 | スピリチュアル | Comments(0)

徳ちゃんのフリーダンスに行ってきました。
ロックな徳ちゃんの編集した曲に合わせて
自由に踊りまくる(๑'ᴗ'๑)

まじめな顔をして
まじめなことを言っていた時間が長かったので
ここぞとばかりに動きまくります♡

身体が動くと
心が解放される。
ほほーと叫びながら走るだけで
すっきり・笑。

先日読んだ本に

「体の動きを支配することで、
人は容易に洗脳できる。

明治政府で最初の日本陸軍を作った将校は、
細かい動作や動きを徹底的に管理することで
ただの農村の若者から、
機械のように動く、
優秀な兵隊を作り上げることに成功した」

という記述があって
なるほどと感心しました。

「体育座り」もそのころの名残だそうで
身体の自由をいかに制限するか。
ということが大事だったらしい。

<好きに動いて>と言われて、動ける人が少ないのは
こうした教育のたまものかもしれません。
身体の使い方は、その人の考え方の基礎になるものなので
これって、案外深刻な問題です。


身体と心の関係は
とても深い。
両方とも自分なので
当たり前ですが。

頭のほうは正しく「学ぶ」ことで開放していくことができますが、
身体は「遊ぶ」ことを必要としている。

夢中になって「遊ぶ」ことで
わたしたちは自分の囚われを抜けていきます。

いい子ども、いい親、いい会社員、いい妻、いい夫でなくて全然かまわない。
そのずっと奥のほうに
ほんとうのあなたがいます。

身体と心の両方で没頭し、夢中になること。
それがほんとうのわたしが待つ「今この瞬間」という光輝く場所に
還るために必要な切符です。

自分で自分を限定する檻から脱走した瞬間
ばったりと、まるで青天の霹靂のように
わたしたちは

「本来のわたし」

に出逢う。

それは懐かしく
忘れていたことが逆に受け入れがたいような、
ふしぎな気持ちになることでしょう。

徳ちゃんのフリーダンスについてはこちら

c0195362_21432505.jpeg





















by terasumonnmoku | 2016-05-23 21:55 | Comments(0)

2日間の日程を終えて、無事地元に戻ってきました(^_^)

最近よく大阪に来ます。
どうやら自分は、大阪が好きなようだと今回気づきました(^_^)

新宿・歌舞伎町とゴールデン街が好きで、
インドやタイやネパールのアジアの喧騒が好きで、
大阪が好きという並びは、


大阪の人に失礼かもしれないけど、
そこにいるだけで元気が出てくるのはいかんともしがたい(@ ̄ρ ̄@)

住めばやっぱりいろいろあるのかもしれませんが、
東北も関東も、わたしにはお行儀が良すぎるのかもしれません・笑

c0195362_20190415.jpeg

写真は学会会場の関西大学にいた、楠の木の大木。
「在る」というのはどういうことか。について、教えてくれているようです。

この金木犀の看板も楽しい。

c0195362_20201694.jpeg



木がきちんと扱われている場所は、気が安定していて、居心地が良い。
守られている感じがします。

自然を尊重して上手に共存するって、人間には、とても大事。

今日は満月。
5月の満月は新しいスタートで、特に大きな力があるらしい。

わたしたちも、自らの「うちなる自然」を大切に、新しい世界に向かって行きましょう。

「自然」だからこそ、
雨の日も、雪の日も、
さわやかな5月晴れもある。

自分の感情を裁かず、どんな天気の日も、
同じように慈しんであげたいな(^_^)

興味のある方がいらっしゃるかどうかわかりませんが、
過労死防止学会のルポは、いずれ日を改めてアップします。
もう今日は頭が動きません〜・笑。
こちらは大阪で見た満月。
何とも言えず、いいひかりです。

c0195362_20204659.jpeg









by terasumonnmoku | 2016-05-22 20:03 | Comments(0)

生きる意味が見つからないなら、自分で創って育てちゃおう!というブログです。やっていることはさまざまですが、常に生きることに向かっています。

by terasumonnmoku