<   2016年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

先日、「珠子塾」と学生さん向けの過労死の講演が重なった日がありました。
それぞれ実り多い時間を過ごし
ブログ的にもさっくり書いてあるのですが、

実は

本人的には

おおさわぎ!

同じ日に、自分の結婚式と葬式を一緒に上げるような気分で

とてもできないんじゃないか


という
もやもやが前日に  炸裂

自分のよこしまな想念にやられ、
疲労困憊で本番に臨む・笑。

ネガティブな思いは
生命力を根こそぎ奪い去ります。
本番にはやたら強いので
できることは疑わないし、
いつもちゃんと結果を出すのに、

あたらしいことに挑戦するたびにそんなことをするなんて
無駄すぎるし、自分に対する信頼が足りなすぎる。

ばかだなあ~・涙。

ただでさえ忙しいんだから
こういう「遊び」は減らしていかないと
いのちがいくつあっても足りないよ。
というわけで超絶反省中。

あぐり寺の畑に行ったときはまだ生命力が復活していなくて
ゆっきがヒーリングしてくれました(ありがとね(´;ω;`))

結果的には珠子塾はとっても楽しくて
みんなのきらきらが、時間をおいてほかの人の輝きを立ち上がらせていく様子がうれしく
できてほんとうによかった!

講演のほうも、聞いてくれていた女の子が

「わたしもまちがったことは、ちゃんと間違っていると言える人になりたいです」
と言ってくれて、感動。

自分、結構がんばったかも・笑。

間違ったことを間違っているというって
愚痴をこぼすのとは違う。
そのことについて権限を持っている人にまず会いに行かなくちゃいけないし、
作戦を立て、そのひと(または組織)が受け取れるように加工しなくちゃいけない。
本気で伝えようと思うなら、相手の立場によりそい、愛を込めていく必要がある。
それには自分の内側の葛藤をクリアしないといけなくて
かくいうわたしも旅の途上です。

今回のダブルヘッダーも、そんな自分の中の分離感に向き合うチャレンジであって
二つのことは別じゃない。
本当は両方とも同じ、愛の実践なんだよ。
ということを教えてくれたに違いない。


だからほんとうに、できてよかった!

協力してくれたみんなに感謝です♡

みんなにとっても、同じ。
どうしてこんなことが?
と思うことほど、貴重で重要なことを教えてくれる。
祝福は笑顔でやってくるとは限らない☆
あきらめず、「それが何を教えてくれているのか」
耳を澄ませ
目を見開いて、受け取ってあげてね。
宇宙はいろんな方法で、愛を伝えてくれているのだから。

そんな今日は一日家作業。

自分の描いた絵に、胸を締め付けられる・笑。
服の模様にもいいかも。


c0195362_19381344.jpeg


by terasumonnmoku | 2016-09-30 19:37 | Comments(0)

今日は久々のみつばちクラブ活動日。
雨の中、畑作業にいそしんできました(๑'ᴗ'๑)

c0195362_21464329.jpeg

茄子が見事に育ったよ♪

c0195362_21470626.jpeg

みんなで芋ほり。

c0195362_21472610.jpeg

サツマイモの蔓をより分けていたら
あまりの長さに嬉しくなり
ふざけ合うひとたちと、笑うモデル。その横で黙々と作業するひと。

c0195362_21474450.jpeg


無冥さんにいちじくをもいでもらって、みんなで食べました♬

c0195362_21480299.jpeg

そのあとは、徳ちゃんのちょっと早めのサプライズ・バースデイ・パーティ!
(全然知らなかった!!!!!!)
ケーキはゆっきとぷりの力作です♡
徳ちゃん、お誕生日おめでとう*\(^o^)/*
ゆっきとぷりの熱唱を聞いた後で

c0195362_21483948.jpeg

みんなで張り切ってHAPPY BIRTHDAY を歌いました♡

c0195362_21490052.jpeg

みんなみんな、ありがとう٩(ˊᗜˋ*)و✧*。
今日も楽しい一日が暮れていきます。


土に触れていると元気になる!
人間も自然の存在なんだね。

あぐり寺地蔵庵についてはこちら
無冥さんについてはこちら



by terasumonnmoku | 2016-09-29 21:38 | あぐり寺地蔵庵 | Comments(0)

昨日は充実の一日。
夜は仙台市若林区の復興支援サークルReRootsのミーティングに参加。
約50名の大学生のみなさんの前で、過労死についての講演をさせていただきました。


c0195362_19465391.jpeg


過労死問題はハードで
伝え方にいつも悩みます。

わざわざ公の場で、個人的な痛みの話を聞いてもらうからには
労働問題を自身の問題と受け止めて貰った上に
さらに、聞いてくれた人のやる気が盛り上がるような効果を得たい。
みんなで手をたづさえて、あたらしい世界をつくっていくために(๑'ᴗ'๑)
毎回、試行錯誤の連続です。

実際の感想はあとでファイル化したものをもらえることになっているのですが、
やっぱり会場からは「怖くなった」という声が聞こえてきました(とほほ(´;ω;`))

なのでわたしの野望が達成できたとは、まったく思いませんが
今回は、対象が学生さんだっただけに前向きな効果を強く意識した結果、
話しながら、足りないピースに気づくことができました。

やってみるって本当に大事。
やりたいことを実現するためには
本番を重ねるしかありません。

想像できるのだから、不可能ではないはずだ。

講演の後、グループ討議の時間があり
ご厚意で混ぜていただきました。

真摯な討論に胸が熱くなります。

自分にとって本当に大事なものはなに?
人を大切にするって、どういうこと?
これからみんなはどんなふうに働き、どんなふうに生きていきたい?


激動の時代。
前例のない世界の中で
どうかしあわせに生き、望む未来をつかみ取ってと切に祈ります。
みんなにはそのための、
十分な力があるのだから!

写真はReroots代表の広瀬さん。
活動を進める模様がめっちゃ勉強になりました。


貴重な機会をいただきましたことに
深く感謝しておりますm(_ _)m
このたびは、ほんとうにありがとうございました!!!!


c0195362_19260672.jpeg


ReRoots関連記事

くるまぁと(ReRootsのプロジェクトのひとつ)について、河北夕刊に書いた記事はこちら









by terasumonnmoku | 2016-09-28 19:24 | 過労死 | Comments(0)

輝きをシェアする時間♡

今日はあぐり寺での<珠子塾>。
おかげさまで盛況のうちに終了しました(๑'ᴗ'๑)

場を作ってくださった無冥さん、ゆっき、
ほんとうにありがとうございますm(_ _)m

真理メインでイベントをやるのは数年ぶり。
楽しかった(´;ω;`)

わたしが一方的に話すのではなく
みんなの学びや素敵さをシェアしたいと強く思っていたので
やりたいことがはじめてできて、ほんとうにうれしい。
ありとあらゆることに感謝の時間でした。

みなさんから感想をいただいたので、シェアします。
ほんとうにありがとうございました ':・:*:. ☆



~~~~~~~~~~~~~~

・解決したかったことがすべて解決しました。
一緒に参加した皆さんの言葉からたくさんの気づきや学びを頂けて
とっても幸せな場でした。

・とってもわかりやすい真理のお話で、自分の中にしっかりと根付いた感じです。
今日からハッピーな私で生きていきたいと思います。心も体も楽になりました。またよろしくお願いします。

・みんな素晴らしい!自分も素晴らしい!いろいろあっても大丈夫。
そんなことを感じることができた時間になりました。いっぱい笑いました。今日お会いした皆様に感謝。

・自分一人では気づけなかった事が、皆さんと時間を共有することで理解が深まりました。
どうも有難うございました。

・真理を忘れていた自分に気付くことができました。勇気を出してはじめの一歩を出して生きていきたいと思います。

・本日は楽しい時間をありがとうございます。久しぶりにこのような時間の中に自分を置くことができ、うれしいです。
皆さんの話が聞けた事も私の宝です。今までと、これからの間にいる不思議な時間でした。
素晴らしい皆さんと、素晴らしい時間を過ごせたのは、私がすばらしいからですね( ・ᴗ・)

・とても勉強になりました。ただ話を聞くだけでなく、みんなの宇宙をみんなでシェアして学べる本当にあったかくてステキな時間でした。
また参加したいです♡珠ちゃん、ありがとう♡♡

・今日はいっぱいのかんどうをありがとうございます、みんなの悩み、気になることを聞きながら、心のモヤモヤが晴れてきました。
どれだけ行動できてなかったか、自分の立ち位置が違ってたことなど、たくさんの気づきをいただきました。
最後の朗読では、涙!!今日は来てよかった。

・もう言い訳できないと思いました。自分の素晴らしさを認め信頼する事。そして宇宙にゆだねていこうと思います。

・どうありたいか本当は決めてあることにも気づきました。無邪気に子供らしくHAPPYに毎日を過ごしていきます。

・今日はとても楽しい時間をありがとうございました。
真理について学んでいないことが多かったので、一つ一つ感じながらこれから学んでいきたいと思います。

・珠ちゃんの真理の話、本当にわかりやすく、ピンポイントで響き、すばらしいです。この空気(場)もすばらしい。参加できてよかった。ありがとうございました。
なんだか全てが楽しみになりました。

・世界は皆自分も含めて美しいのですね。ありがとうございます。

c0195362_17222186.jpeg


by terasumonnmoku | 2016-09-27 17:30 | イベント | Comments(0)

働くひとの悩みを共有する
ワーカフェに参加しました(^_^)

今日は学生さんも3名参加し、みんなでブラック企業や過労死についてのDVDを見て
熱く語り合います。

働くって、働いたことがなければイメージすることが難しい。
当然その問題も、臨場感が持てないでしょう。

教育現場では労働法の使い方も、労基署の仕組みも教えない。
だからみんな、丸腰で社会に出て行くことになる。

会社では、会社の常識が絶対で、
疑問を持つことがありません。
だからものすごくへんなことをしていても、それが変と気づかない。
多くは自己責任で片づけられてしまいます。

いたずらに危機感を持つ必要はないけど、おかしいものはおかしいと思える心構えが大事です。

というような話をみんなでして、盛り上がりました。ここでもポイントは、

自分を含めたみんなのために、自分に何ができるか。

ということ。

どこで何をやっていても、この命題に必ず突き当たります(^_^)
自分だけのためならできないことも、他の人の役に立つなら動いていける。
それってとっても幸せで、美しいことではないでしょうか。

今日は過労死防止シンポジウムの打ち合わせもできて、充実の1日でした♪

c0195362_19043870.jpeg

ワーカフェについてはこちら

職場の問題を相談するとき、真っ先に思い浮かぶのが労基署ですが
労基署は一人当たりが扱う件数が多く、担当者やそのケースよって対応がかなり異なります。
また、実際に調査に入り、勧告が出ても
現実的な効力がない場合が多い。
(わたしが聞いた中にも、残業が多いと相談に行く→労基署の調査が入る→残業代がカットされ、その分がサービス残業に充てられるようになる。などの例があります)

法律や制度は、わたしたちが主体性をもって「使う」もの。
あくまで「手段」であり、「仕組みがある」にすぎません。
仕組みを利用するためには下準備が必要になります。
そういう意味でも、まずは相談。
その後に自分がどうしたいかによって、弁護士さんだったり、
POSSE(仙台に支部がありますhttp://www.npoposse.jp/)だったり、労働組合だったりという選択肢を選んでいく形になります。

それぞれ特色がありますが
選ぶのは自分。
すでに亡くなっている、重い鬱を発症しているような場合は、希望の会が向いていますが、
最初の中間的な相談場所として、ワーカフェはおすすめです(๑'ᴗ'๑)

就活生もしくは、これから就職するお子さんをお持ちの方へ
*就活に絶対役立つ無料冊子≪ブラック企業対策プロジェクト)

*出社がつらいと思ったとき読む本ほか(同上)
http://bktp.org/downloads-category






by terasumonnmoku | 2016-09-26 18:48 | 労働問題 | Comments(0)

希望の会の例会の日でした。

今日も新しい参加者の方がいらっしゃいました。
最近仕事で鬱になってしまった方や、そのご家族の方の参加が増えています。

一度かなりのところまで追い込まれてしまうと
すぐに社会に戻るのはなかなか困難です。
10年選手も珍しくはありません。

ご家族だけだと、本当に大変です。

希望の会は労働問題を中心に様々な立場の方が集まって
それぞれの視点で意見が交わされているところが特徴です。

人生はそれぞれのもの。
どんな大きな問題も、どんなにつらくても
その人個人で解決していくしかない。
それは息の長い、自分との付き合いです。

社会的支援につなぐことのほかに希望の会が目指しているのは
それぞれが生きること。
苦しい人も、苦しくない人も
ありのままにともにあること。
誰も否定せず、被害者にも支援者にもならず
尊厳を持った一人の個人として互いに認め合うこと。

少しずつやりたいことがかなってきている例会ですが、
最近、藍の会にお借りしている部屋が狭くなってきたのだけが難点。
いろいろ考えて行かないといけないかもしれません。

これは今日顧問弁護士の土井先生からいただいた
シンポジウムの時の参考資料です。
「会社との関係を改めて検討したほうがいい人の11の特徴」


c0195362_22593014.jpeg

実際に仕事が原因で鬱を発症した人、
亡くなってしまった人などから先生が集めた資料だそうです。


今年も11月26日(土)に
わたしたちは「過労死防止対策推進シンポジウム」を開催しますが、
当日はこのほかに

具体的にどのような状況になってきたときに、危機が迫っているのか。
生還者はどうやってピンチを抜け出してきたか。

職場の問題が大きくなり始める各段階で
はたで支える人間にはどのような介入が可能か。

についての、討論が行われ、資料配布をする予定です。
関心のあるかたのご来場をお待ちしています!
(用意が整い次第、近日中に告知します)
















by terasumonnmoku | 2016-09-25 20:38 | 希望の会 | Comments(0)

東京研修の後は、ひさしぶりの実家ご飯でした♡
スンドゥブチゲと韓国料理特集。

両親と昔話をする時間が、愛しい。

c0195362_22111858.jpeg

父に

「珠子の顔が見られて
元気が出たよ♪」
と言われ

わたしも

「お父さんの顔が見られて元気が出たよ♪」

とラブラブに返し


「元気が出たもの同士でよかったね♬」

と、軽口をたたきあいます・笑。

働きながら小さな子を育てる妹を心配する母に

「大丈夫って思っていれば
大丈夫な気持ちが伝わるよ。
お母さんの娘なんだから、だいじょうぶ!」
と伝え

小さいころ自分がしてもらったことに、
いっぱいありがとうを言いました(๑'ᴗ'๑)

我が母は変なところが不器用で、
優しい気持ちを言葉にすることができません。

子どもたちのために環境を整え
心を砕き
一生懸命愛を注いでくれたのに
すばらしさは言語化されず、向けられるのは否定的な言葉ばかり。
やってもらっていることと
掛けられる言葉が正反対であったために、
わたしは、自分がどういう状況にいるのかを
理解することができませんでした。

子どもにとって親の愛情は当然で
当然であるものは見えません。

見えないものは、受け取ることもできない。
思春期の頃のわたしはとても孤独でした。
他者への異常に高い共感能力に振り回され、情緒不安定の極みの中で
自分の苦しみを伝えるすべもなく、
四六時中手首を切っていた。軽くだけどね。いや、ほんとに。

両親は介入することなく、
そんなわたしを黙って見守り続けてくれました。
自分を傷つける娘を見続けるのは、どれだけつらかったことだろう。
それなのにわたしは、ふたりの「信頼」を「無関心」と思っていたのです。

その「信頼」は、夫の自死に際しても
変わることはありませんでした。
母はわたしを抱きしめ
父は

「これから珠子は、きっとしあわせになる」
と何度も言ってくれた。

今では大嫌いだった子供のころの境遇が
あふれるほどの愛や心遣いに満たされていたとしか思えず、
世界が180度変わったよう。


若かりし頃は親を恨み、
「毒親の本」を読みまくっていたわたしですが

いま、家族が大好き。
家族が大好きな自分も好きです。


c0195362_22303035.jpeg

家族より、仕事で学ぶという人も中にはいますが
多くの人の場合家族の学びはとても大事で
避けることはできない。

なぜって、わたしたちはお互いに約束し
大切なものを見つけるために
こんなにも近しい関係に、生まれてきたのですから。

もしあなたが家族との問題に悩んでいるとしたら
発見を待っている宝物がそこに眠っているということ。

わたしが見つけたものは
愛は言葉ではなく、ひとの行いにあるのだということ。
行いは、見えないところでなされ
自分が成長しないと
その存在を知ることもできないということ。

見えない愛に
わたしたちはいつも支えられているということ。

この先両親との未来が
どんなふうに展開していくのか想像もつきませんが
会える瞬間瞬間に感謝して
大事に大事に、過ごしていきたいと思っています(๑'ᴗ'๑)








by terasumonnmoku | 2016-09-24 21:00 | 家族 | Comments(0)

真理を学ぶ仲間たちと
東京での4時間の研修に参加しました。
中身の濃い、時間です。

今日はエナジー(誘導めい想)もあって、
ぐわ〜んと脳が刺激され、頭の周りのフィールドが広がりました。
視界が一気にクリアになります☆

わたしたちはどれだけさまざまなものを区切り、小さな、制限された世界で生きていることだろう。
なにか大きなものを感じるたびに、逆にちっぽけな自分に気づいていく。



c0195362_21452209.jpeg

そうそう、今回のエナジーでは
「満たされている」という感覚がまるで変りました。
「満たされている」というと、
洗面器にいっぱいになった水。
みたいなイメージがあったのですが、

わたし自身が渦となり(というより渦の母体かな。古代仏教経典に使われたパーリ語風に言うと「渦を持つもの」)、
そこに迫りくる精妙な波動の波を
ありとあらゆる次元、ありとあらゆる方向から感じている。
それでいて静かである。
みたいな感じになったのです。

ひかりは波であり
それによって満たされているということは
まあよく考えれば、静かな波動の波をいっぱい感じている。
ということになるのだけど、
体感したのは初めて。
大変驚きました・笑。

御霊であるも何も
最初からどこも切り離されていない。
人間が地球から土地を借りて住んでいるように
ただ自分にある程度自由にできる部分があるだけの話。

c0195362_21453780.jpeg

さてさて、今日得たものをどう料理して、どんなふうにアウトプットしていこう。

それが確かにできると信じ、
また一歩づつ歩いていく。



by terasumonnmoku | 2016-09-23 21:34 | スピリチュアル | Comments(0)

tama's cafe 第三弾

ひでたろうさん主催 「絵本を楽しむ時間」を開催しました(๑'ᴗ'๑)

参加者7名中2名が体調不良、という波乱の幕開け!
その中で、ひでたろうさんの駄洒落は、
切れ味鋭く復活の兆しを見せ、

みんなで絵本の世界に突っ込みを入れながら
大笑いの時間が過ぎてゆきました♡

ひでたろうさんご紹介の、
恐竜デパートに行って
ティラノサウルスを買ってくるお話。

c0195362_22272701.jpeg

お日様パンが焼けて
みんながおいしさにフルフルと喜んでいたら
冬の太陽が香ばしさにひかれ
春を連れてやってきた話「おひさまパン」

c0195362_22273979.jpeg

同じ物語を繰り返し聞くことで、
そのたびに印象が深くなっていくのが絵本の魅力。
読み聞かせも、読む人ごとに違う良さがあります。優劣を競いあいがちな社会の中で、誰が一番!ではないところが、すばらしい(ノ゚ο゚)ノ ~

今日の一番は
駄洒落王ひでたろうさんの
日本の昔話です。
これは読み聞かせではなく「語り」。
何も見ず、空でお話しを聞かせてくれる。
どんどん世界に引き込まれます。

中に登場する貧乏神が何ともお茶目で、しょうがなさ満載!涙を流して笑ってしまった!

素敵な一日の終わりに
はじめてtama's cafeに参加してくれた花火師のYちゃんが、力作の花火
「はなぢブー」と「まぐろ三昧」の写真を見せてくれました。

これが「はなぢ」で

c0195362_22281685.jpeg

こっちが「まぐろ三昧」です・笑。

c0195362_22283195.jpeg

シュールすぎるこのコンセプト。
誰が考えたんだろう??

花火を紹介するYちゃんの様子が
まるで愛しい我が子を語るよう。
みんなすっかりしあわせな気持ちになってしまいました♡
Yちゃんは花火が大好きで、いつもかわいい、かわいい、言いながら花火玉を作って行くのだそうです。
美しい花火の裏に、そんな思いがあることを知れて良かった!
だから花火って、あんなにひとをわくわくさせてくれるのかもしれませんね(^_^)

人の数だけ魅力があります。
そのひとだけの、唯一無二の輝きが。
そこに触れるたびに、ありがたい気持ちになる。

いろんな場所で、いろんなふうに、たくさんの魅力にであっていきたいなあ!



c0195362_22285457.jpeg



by terasumonnmoku | 2016-09-22 21:05 | SAWA'S CAFE | Comments(0)

わたしたちは師匠大津先生から「真理」を学んでいます。

「真理」とは、宇宙の法則であり、
わたしたち一人ひとりに宿る「いのち」そのものであり、
「愛」であり、「智慧」であり、「神」ですらあるもの。


言葉にするとバラバラですが
大きな宇宙のエネルギーのダイナミズムを
様々な局面から区別しているだけ。
視野を広げると
同じものです。

象を見たことがない人が
パーツごとに象を見る感じに似ています。

しわしわな足。
ひらひらした耳。
つぶらな瞳。

全体は「象」!


人間は古来からこの「真理」である「いのち」の秘密を
なんとかして捉えようと努力してきました。

大津先生の「真理」の教えにおいても
3という数字はたびたび登場しますが、
この3の数を使って神を定義した一番有名なものは
キリスト教の三位一体論です。

父と子と精霊の三つの力が融合することによって神性を生み出す
初期キリスト教の三位一体論は
後にドイツ哲学に引き継がれ

ヘーゲルの精神現象学を経由して
マルクスの「資本論」として結実し、
現在でもわたしたちの社会に直接影響を与えています。

ただマルクスは経済原理は解明しましたが
それを生み出す人間の内面の考察は行いませんでした。
「共産党宣言」を読むと
あたかも労働者と、資本家の階級を入れ替えるだけで、ユートピアが実現するように書かれています。

実際のところ、資本家も労働者も
人間としては等価。
共産主義についてどれほど学習した労働者であっても、
上の階級に行けば簡単に腐敗してしまう。

社会主義を標榜したソビエトでも中国でも、同じことが起きています。

苦しみや不調和は、人間の意識の中にあるのであって、その人の置かれた階級にあるのではない。

資本主義社会が終焉を迎え、新しい時代が始まりつつある今。
真にユートピアを創造しようとするならば
一人一人の人間が
自らの神性に目覚め、互いを思いあい、自然に調和する状況を
つくっていくしかありません。

そういう意味で、真理の自己探求は、
これからの社会を変えていくために
誰にとっても必要不可欠なものと、わたしは考えています。

大津先生の「真理」自体は
大変シンプルで誰にでも理解可能です。
でもシンプルなだけに使いにくい。
特に真理においては

「理解する」ということ=「それができること」
であるために
具体的な効果を実感するのに、時間がかかる場合が多い。

ただちゃんと学び、実践できるようになると
おもしろいように、自分や周りの環境が変化していきます。

経済問題にも、人間関係にもオールマイティに!

などなど。ちょっと面倒臭めに真理を語ってみましたが、
もしご興味のある方がいらっしゃいましたら
9月27日あぐり寺で行う<珠子塾>に参加してみてくださいね!

使い方にコツがある、
真理の実践編です。
みなさんの身近な課題を持ち寄って
真理の面からひも解いて、みんなで考えていけたらと思っています!

お申し込みはこちらまで↓


c0195362_22013014.jpeg











by terasumonnmoku | 2016-09-21 20:27 | スピリチュアル | Comments(0)

生きる意味が見つからないなら、自分で創って育てちゃおう!というブログです。やっていることはさまざまですが、常に生きることに向かっています。

by terasumonnmoku