「ほっ」と。キャンペーン

1.コンビニ人間 村田沙耶香
(1.5の感想)

2.ホーキング宇宙と人間を語る スティーヴン・ホーキング(エクスナレッジ)
(2.3.4の感想)

3.若者よ。マルクスを読もう 内田樹・石川康宏(角川ソフィア文庫)

4.マルクス その可能性の中心 柄谷行人(講談社学術文庫)

5.心の壁の壊し方 永松茂久

6.エッセンシャル思考 グレッグ・マキューン(かんき出版)

かさこ塾かさこさんの絶賛おすすめ本。「最小の時間で成果を最大にする」ためには、どんどんNOを言い、やることを絞っていく必要があるという事が書いてある。そしてNOを言うために、自分にとって「重要なのはなにか」を知らなければいけない。

7.「また会いたい」と思われる人の38のルール 吉原珠央(幻冬舎)

基本的な対人関係のマナーが書かれている本。コーチ、セラピスト、ヒーラーなどを目指し、かつ社会的な対人関係のキャリアを十分に積んでいない人にお勧め。何をしたら人に対して失礼に当たるか、当たり前の礼儀やマナーを徹底することがどれほど人を心地よくさせるか、という事が丁寧に書かれている。勉強熱心なのに、意外とこのスキルを持っていない人が多い。学習さえすれば誰でも身につけられ、自分も人も快適にすることができるHOW TO。ぜひ身につけておきたい。

8.見てる、知ってる、考えてる  中島芭旺(サンマーク出版)


9.エチカ(上)スピノザ(岩波文庫)

先日師匠の大津先生に「感情は(魂への)ナビゲーターの役割をするんだよ」という事を教わったのだけど、ほぼそれと同じようなことが延々と書いてあった。この本を読んで本当に驚いたのは、わたしたちは感情を、からだの快・不快という感覚で感じている。ということ。それはほぼ、生存本能に依拠するということ。考えてみれば当たり前のことだろうに、目からウロコ。なんで今まで気づかなかったのだろう。詳しくは下巻のほうの感想でまた書こうと思うけれども、この「エチカ」によってわたしのなかの「からだ」の概念は、大幅に変化した。


c0195362_21082908.jpg


スピノザとかマルクスは、世界の見方が変わる、衝撃的な本。本来読書ってそういうものだ。歴史に翻弄される人間で終わるか、歴史を動かそうとする人間として生きるかが、問われるくらいの力を持ったもの。難しい本を読むコツは、多少わからなくても気にせず、がんがん読み進めるにつきる。全然わからなくても、気絶しながら読んでも、読んでいるうちに何かが見えてくる。こういうのを読んでいると原語じゃないとだめだとか、難しい解釈を垂れる人が必ずいるけど、わたしたちはただの一般人で、学者ではないので、そんなことは気にしなくても全然かまわない。一度しかない人生。誰かの言ったことじゃなく、自分の目で社会を見、自分の価値観で判断し、自分の行動を選んでいきたい。それで何も変わらなくても、なにかをしようとしたことは、きっとどこかに残るはずで、古典は、そう思った人たちが後世のわたしたちに残してくれた遺言でもあるのだ。

c0195362_21073501.jpg


by terasumonnmoku | 2017-02-20 21:04 | 読書 | Comments(0)

腎臓をもんでみた。

腎臓をもむって、
どういうこと?

という好奇心に負けて、
読んでしまいました。

c0195362_20423298.jpg

結論から言うと、
腎臓はもめません。

当たり前だ。
奥にあるから触れない。

で、これは腎臓関連の
つぼのマッサージのやり方と、
その効果を書いた本でした。

でもこのネーミング、
もめなくても惚れ惚れします。

この名前だけで
ずいぶん売れたんじゃないかしら。

ネーミングってだいじですね。
手に取るか取らないか。
読むか読まないか。


全部がそこで決まってしまう。

なにをやるのでも
いい名前を考える事が
とっても重要です☆


そんな本日、
絵の打ち合わせでこちらにお邪魔しました(^-^)

以前パンケーキの会を開いていた
お気に入りの
カフェ・パンプルムゥス♪

黄色いゴムのアヒルにそっくりな、
可愛い女の子とデートです❤️

c0195362_20461124.jpg

パンケーキも半分こ。

パンプルムゥスって、
グレープフルーツと言う意味らしい。
「鹿」だと信じていて
初パンプルムゥスの女の子に間違いを指摘され

衝撃を受けました。

たら〜(−_−;)

そんな今日も、
ここのパンケーキは
おいしかった・笑。




c0195362_20512979.jpg

そうそう!
久方ぶりにあった彼女に、
「雰囲気がまた変わりましたね」
と言われました!

オーラが精妙になり
わたしには珍しく
ピンクの光が出ていたそうです・笑。

今日のうれしかったノートに
書いておこう♡(ないけど)



by terasumonnmoku | 2017-02-19 21:02 | Comments(0)

恋の終わりと嫌がらせ。

今日は月に一度の
希望の会(過労死遺族とサポーターの会)
の例会の日(๑'ᴗ'๑)

c0195362_19214232.jpg

ずっと会を手伝ってくれている
盛岡から来てくれたかなちゃんと
お昼を食べながら


5年前夫が亡くなった直後の
大変だった時期の話になりました。

そのころ、
かなちゃんはしょっちゅう
うちに泊まりにきていて

多いときは毎月一週間くらい
一緒に暮らしていたのです。

きっとわたしたち親子を心配してくれて
のことだっだのでしょうが、、

当時かなちゃんは
悲しい恋の終わりを迎えていて、

労災申請とか
大学との交渉といった
ハードな用事を足して
わたしが家に帰るたびに

はらはらと

涙をこぼしていました。


とうもろこしはまだ13歳。
お父さんのことでついた傷の痛みと、
直接わたしに当たれない腹いせに


そんなかなちゃんの分のおやつを
無断で食べてしまったり、

家庭教師の大志くんに
あげちゃったり。

という姑息な
嫌がらせを
やりまくっていた。
(でも不思議と、邪魔だとか
帰れとは言わないのです!)

かなちゃんは
外出先から戻ったわたしに
悲しげにそういうことがあった話をして、

とうもろこしくんもつらいから
きっとあたしに八つ当たりしているんだね、
それで気持ちが落ち着くといいね。

といって
軽くため息をつき、

夜になると、また恋の終わりを思い出しては
はらはらと涙する。


トライアングルな日常。

その時は必死過ぎて
そんなものかと思っていたけど
改めて時間をおいて
冷静に眺めていると

そういうすべてが
時間がたった今となっては、


ものすごく、

おかしいね。

と言って、

今日はふたりで
涙を流して大笑いしました・笑、



それぞれがそれぞれにつらくて
みんな別々に悼んでいて
ちょうどよかった。

まるでよくできた喜劇のようです☆


いやあ。人生だに。

c0195362_19340003.jpg





なんて感慨にふけった
今日の希望の会では
4月にやる福島の過労死防止シンポジウムのことや
今年の11月の新しいテーマが
着々と決まりました。

一番人数が多いのが遺族で
話題も深刻なはずなのに、
なぜかこちらもみんなで大笑い・笑。

いつも思うけど希望の会は
みんながフラット。
決めたわけでもないのに
ひとを否定するひとも
裁く人もいない。

出欠も取らず来たい人が来て
話したい人が話す。

深刻なこともくだらないことも
一緒にあって、
すごく居心地の良い空間になってきたかも
しれません(๑'ᴗ'๑)

たくさんのみなさんのおかげで
こういう空間ができていることを
ほんとうに有り難く思っています!

写真は皆さんにいただいた
差し入れの数々と
会場のファミリーサポートルーム。


春がいっぱいやってきました*\(^o^)/




by terasumonnmoku | 2017-02-18 19:20 | 仲間 | Comments(0)

今日は息子とうもろこし
高校最後の授業&お弁当でした。



c0195362_19563812.jpg

幼稚園以来のお弁当生活。
食べてくれた人も、作り続けた人も
がんばりました!!!!!!

お弁当作りの終わりが
しんみりしてしまいそうだったので、

昨年夏あたりから
ラストデイに備え

お弁当作り卒業のための
心の準備を
積み重ねてきました・笑。


おかげさまで
今日は逆にすっきり。

やり切った感満載☆

とにかく何かが変わったり
終わっていくときは、意識的に


前のめり

で行くに限るね(^_-)-☆

親にしてもらえてよかったし、

自分が
親にしてもらってきたことを
しみじみ有り難いと思った。

だってほら、
この

「お弁当卒業キャンペーン」


何日分かの写真を集めただけで

すごいことに・笑。

人間って
ものすごい量の手間と、
炭水化物からできているのね・笑。

どんなひとりも
あなどれないよ!

c0195362_19565543.jpg

そんなわけで、高校最後のお弁当。
最終日のメニューは

本人リクエストの、

じゃーん!

「焼うどん」

でした~


c0195362_19571488.jpg



夫と子どものおかげで
もう何度


ムリムリ絶対ムリ

を突破してきたことだろう( ̄ー ̄)

10代の頃、「あなたは将来
毎朝6時に起きて子供のお弁当を
作っているよ」

と予言されても
絶対信じなかった・笑。


わたしを成長させてくれた
大事な家族に超感謝。

次はこちらも残り少ない
母業を、せっせとがんばります(๑•̀ㅂ•́)و✧


一通り終わったらきっと

「よくあんなに早起きして
毎日もりもりご飯食べさせてたな。

もう絶対ムリ」

とか、思うんだろうな・笑。




by terasumonnmoku | 2017-02-17 19:39 | 家族 | Comments(0)

師匠 大津先生のセミナーでした(^-^)

スマホを構えると、
かっこよく撮ってね
と所望されたものの、

光りすぎて、人物がよくわからない・笑。


c0195362_19084614.jpg

今日のエナジー(誘導瞑想)も
また素晴らしく、

回転する薄ピンクの輪郭線を持った光のキューブが、いくつもいくつも重なって、多次元な身体を構成していたり、

クストーという新しいエネルギーが、
松果体からたましいに射し込んで、魂を開いていったり、

そこが創造の源で、ひたすら感謝だったり、
あまりの神々しさに、額ずきたいのに、
それが自分自身なので額ずくことも
できなかったり、

と、いろいろなことがあったのですが

そういうのって
きっと意味不明なんだろうな・笑。

「わたしたちの本質は
すべての存在を愛し
すべての存在に感謝している」

と、今日のお話の中にありましたが
まさに
そんな感じのエナジーでした。

宇宙には必然しか存在しない。

望む必然を作り、認め、
自分により良い結果を与えながら

わたしは自分の選んだ道を
歩いていくぞ☆

と鼻息荒く、改めて決意しました!

(必要以上に力が入ってますが
鼻息が普通になる日も近い(*´艸`*))


c0195362_21041660.jpg

セミナー後のお茶の時間に
「今日は久々に笑った~」
と、ふたりのともだちに
いわれました。

よかったね  ':・:*:. ☆ .:*:・:'


みんなで過ごす時間は
ただただ楽しくて、
あっという間に過ぎて行きます~🏃

いつも元気だけど、
笑っていると
さらに元気が出るんだよね♪

次回は3月15日の午後。
メディアテークで
お話はどなたでも参加できます!
よかったらご一緒にいかがですか?


by terasumonnmoku | 2017-02-16 18:58 | スピリチュアル | Comments(0)

13.ダーリンは71歳

漫画ですが、あまりにおもしろかったのでシェア!



13.ダーリンは71歳  西原理恵子(小学館)2017.2月


c0195362_23050794.jpg

めちゃくちゃ下品で露悪的。

でも、ほろっと甘く、「人生」を感じる。

以前からツイッターで高須クリニックの
高須院長をフォローしていて

謎の暴走老人ぶりを
堪能していたのだけど、

これを読んですっかりファンになってしまいました!
(暴走老人系ではほかにも、
黒柳徹子さんのインスタをいつも楽しみにしています♪)



アル中で散々自分たち親子を苦しめた
西原さんのもと夫の余命が
わずかだと知った時

夫のためでなく、西原さん自身のために
離婚した彼を再び受け入れ、
人として死なせてあげなさい。

と、当時は西原さんの一ファンだった
高須医院長が彼女に勧めた話。

そして、

元夫と和解し、アル中患者ではなく
彼を家族の一員として亡くなるまで看取り


何年もたった後でなお、


アル中の夫にマックスに苦しめられた記憶が
フラッシュバックすると同時に

どうしてあの時
彼を殺せなかったんだろう
という気持ちがこみ上げ、

激しく苦しむ西原さんに対する


高須院長のフォローがもう最高で、ぐっとくる。


これは惚れるだろう。

ひとは矛盾する生き物で、
頭でわかっていても
どうしようもない時がある。

終わった問題に対しても。



c0195362_23060036.jpg

それにしても今日は、


<宮城県自死遺族支援連絡会>
(県や藍の会、いのちの電話などが参加の
自死遺族支援のためのネットワーク)
の会議で、

ちょうど、重度のアル中の人が

発作のように飲みまくり
垂れ流し状態で家の中で暴れ、
家族にも手が付けられなくなっている時に


受け入れてくれる場所がない。

なぜなら、病院に連れていくと、
「酒を抜いてからこい」
と追い返されるから。

とにかく家族がもたないので


本人がマックスの時に
見てもらえる場所が必要だ

という話をみんなでしていたところだったので

臨場感が半端なかった。


この漫画はほんとに赤裸々だけど
救われる人が
たくさんいるに違いない。

ほんと。しょうがないことって
あるからね。

どんな感情があったとしても
困難な状況の中で
西原さんは元ご主人を見送り
家族を守った。
大事なのはそこだけなんだと思う。


二人のなれそめはこちら



by terasumonnmoku | 2017-02-15 23:03 | 読書 | Comments(0)

Happy Valentine's Day!

今日はバレンタインデー。

毎年愛をこめて
いろいろなところにチョコを
送り出していますが、

今年の息子とうもろこしへの
母チョコは、
これ↓

c0195362_20292438.jpg

義理チョコならぬ
義理だいふく。
(凍ってます)

今年は本命?もらえたんだろうか。
聞きたい。
しかし聞けない。
ドキドキドキドキ。

どう見ても宇宙人だろう!
という突っ込みどころ満載の
わが父にも忘れずに
ちゃんと送りました。

今年はハート型の
チョコレートケーキ。
(地元を大事に!と、ことしは「喜久水庵」シリーズ)

幼稚園生並みの
メッセージカードつきです。


c0195362_20294249.jpg


甥っ子一家にも愛をこめて、
こっちはフェアトレード・チョコ。

そういえば、
他のひとも家族でこういうことを
しあうのだろうか?

ひょっとすると、
ほかのおうちは、
もっとおしゃれかも( ≖_≖ )

さて、学校から帰ってきたとうもろこしに
本日の戦果を聞くと
「義理チョコいっこ」

とのことだったので、
今日のばんごはんは、
彼の大好きな
<みそラーメン>
になりました(๑'ᴗ'๑)

c0195362_20300561.jpg
健康を考え、週一に
セーブしているラーメン。

ま、たまには
いいこともないと( *˘ᵌ˘)♪

そうそう。
このチョコレイト。
昨今は友チョコってのもあるし
男の子が女の子に
あげてもいいらしい。

気になる人と
仲良くなれる、ちょうどいい
きっかけかもしれないね。



好きな人がいなければ
お父さんでもお母さんでもいいし
チロルチョコでもいい( ̄ー ̄)

聖 Valentine も微笑んでいる。
あなたの大切な人に
ちこっとプレゼントしてみてはいかが?

一度きりの人生を
楽しもうね!

by terasumonnmoku | 2017-02-14 20:28 | 家族 | Comments(0)

銀粘土細工の作品展。

純銀粘土細工の作品展に行ってきました。


作家のさわこちゃんに会ったのは
震災直後。

石巻で震災にあい、
好きを仕事にする。と決めて
本格的に彼女が
作家活動をはじめた直後でした。

誰かのフィードで
「銀粘土細工教室」の告知を見つけて
習いに行ったのがきっかけです(๑'ᴗ'๑)

まだ20代のさわこちゃんはその時、
確か魚屋さんのような法被を粋に着こなして
先生をやっていたのだった・笑。

肝心の粘土細工は全然うまくいかなくて
わたしの銀粘土細工作家への道は
絶たれたのですが、

その場でさわ子ちゃんが嵌めていた
「くじら」のリングが気に入って

しばらくたっても忘れられず
オーダーで作ってもらってからの
お付き合いが続いています٩(ˊᗜˋ*)و✧*。

c0195362_21093464.jpg


レディガガ。とまでは行きませんが、
若くて才能のある作家さんを見ると、
応援したくなります。
一緒にあの震災を
切り抜けてきたと思うと特に!

今日は会場が住宅街で
自力でたどり着ける自信がなかったので
ファッションコンサルタントのひろみんに
のせてきたもらったのですが、

ひろみんも作品の面白さに
目を輝かせていたのでした!
この出会いで
さわちゃんの可能性が
ぐぐっとひろがっていったらいいな♪

それにしても
光る才能を見つけ出す
自分の手腕に
いつもながら感心するわ・笑。

春を感じながら
「ふくふく庵」でおそばを食べました。

c0195362_21100886.jpg


次回また夏に、作品展をやるそうなので
みかけたら
作品を、ぜひチェックしてみてね。
男子にも人気で、
オーダーも受けてくれるそうです💛


FBさわ工房はこちら

by terasumonnmoku | 2017-02-13 21:08 | アート | Comments(0)

映画「プラネタリ―」上映会&ダイアログに参加しました。

c0195362_22290530.jpg



もと宇宙飛行士、詩人、哲学者、経済学者、環境活動家、僧侶、先住民族など30人のインタビューを切り取って編集された、詩のような映画です。




極めて感度の高いエンパスとして
わたしはもともと、地球自体を、
一つの生命、もう一人の自分自身
のように感じていたのですが、

この映画を見て、
これからはなかまが
いっぱい
増えていくのだと思いました。


c0195362_22294134.jpg

人類は否応なく
地球というシステムの一部。

自分たちが生き残るために
ここに生命のための
豊かな環境を作るしかない。

「わたしたちは生命の進化の過程の一部。
それが一千億の銀河の中で開かれている」

c0195362_22284804.jpg


カギになるのが「瞑想」です。

瞑想によってわたしたちは
「自己」を拡大し
地球や、宇宙とのつながりを取り戻し、
分離や、分断、激しい消費活動
絶え間ない物質への欲望を満足させることで
満たされてゆくという幻想を、打ち破っていく。


見終わったあとで、

・日常生活の中で私が地球のために出来ることは・・

などなど、細かい設問に分けて
映画に受けた感覚を
日常のことばに落としていきます。

この感覚を
日々の暮らしに生かせるように。

みんなで同じものをシェアすることの豊かさを
味わいました。

映画の中でもしきりに語られていた

「つながる」


ということ。


「つながるーとは与える事であり、
与え合う事でもある。

震災を経験したものとして
そのつながりのちからを
他の地域の人に
伝えていけると思いました」

という感想を話してくれた人がいました。

わたしたちには
震災を経験したからこそ
できることがある。


c0195362_22333508.jpg

それにしても宇宙から見る地球の
うつくしかったこと。


この美に
自分を捧げて生きていく。

と、最後に語ったジョアンナ・メイシ―の
言葉が
まるで自分の魂の奥から
響いてくるようだった。

深く、美しい時間を有難う。

3.プラネタリ― 
2015年・アメリカ製作 80MIN
Guy Reid, Steve Watts Kennedy Directors(監督)
Brian Swimme(宇宙論学者)Charles Eisenstein(経済学者)
Joanna Macy(環境哲学者)チベット僧、探検家、人類学者などなど。



by terasumonnmoku | 2017-02-12 22:07 | 映画 | Comments(0)

春は来たかい?

天使のひでたろうさん主催
もとSAWA'S CAFE仲間が集う

「春は来たかい?」

に行って来ました(^◇^)

c0195362_21492017.jpg

再会を喜び、有志の繰り広げる

c0195362_12531389.jpg


「変顔」でさんざん笑った後は、

c0195362_22215497.jpg

優雅に、アフタヌーン・ティーセットをいただきながら、好きな絵本や、物語を読んで行きます・笑。


c0195362_22064662.jpg

ゆっきの服と、英太郎さんのマフラー?は
ゆっきが織った「さをり」織の作品。
服を手織りで作るってすごくないですか?
しかもその話をするだけでほんとに、楽しそう💛

c0195362_22045499.jpg

今日は仲間のかずぴよんのお誕生日だったので、みんなで、
ハッピーバースデーを歌いました!

c0195362_22051371.jpg

お誕生日だったり、
大笑いしたり、
誰かが元気がないのを
みんなで気にしたり、

震災で失った
みんなの「夢のかけら」を探しに
ニュージーランドに行く
とみくんの報告を聞いたり、

みんなのいろいろがつまった空間が
輝いている(^-^)

場所を提供してくれるお店ルフランの
おいしいお菓子や
人数ごとにしつらえを変えてくれる配慮が暖かく、賑やかな時間が、あっという間に過ぎて行きました。

どんなひととでも
仲間になれる。

ただ、方向性が一緒ってとこは
外せない。


自分とひととの
違いを
だいじにすること。


深刻なことも
笑いに変えて

それぞれの現実の中で、
具体的な行動を積み重ねながら

自分とぜんたいのよりよい
明日を夢見ること。



また会おうね。
大切なみんな。
今日もほんとに、ありがとう😊

とみくんと、あさみちゃんが
夢のかけらを探しに行く物語はこちら
あさみちゃんのブログを見てね。

じぶんの物語








by terasumonnmoku | 2017-02-11 21:52 | SAWA'S CAFE | Comments(0)

本名・前川珠子 らくがきすと・即興ピアニスト・セラピスト&震災復興途上の過労自死で夫を亡くしたひとりの遺族として、さまざまな活動をしています。東北希望の会代表、全国過労死防止センター幹事。高校生の息子<とうもろこし>と二人暮らし。なお、このブログは完全にプライベートな立場からの発信であり、東北希望の会のオフィシャルな活動とは基本的に関係ありません。

by terasumonnmoku