<   2017年 02月 ( 27 )   > この月の画像一覧

一番長かった保険会社勤務では
窓口を6年担当。その間、
2万人近い人を接客した。

移動当初は
接客するたび、高い確率で苦情になった。

保険の手続きは、扱う内容がハード。

癌になりました。

契約者が、または被保険者が
死亡保険金受取人が、死にました。

破産した。

離再婚したから保険の受取人を
古い奥さんから新しい奥さんに変える。

状況が変わるたびに
権利関係が移動し
お金が動く。

その状況の「変化」に
快適さを感じている人はゼロではないが
まずいない。

だから、言葉の使い方一つに、
神経を使う。

最初はとにかく相手を怒らせないように、
異常なほど丁寧に
同情心たっぷりに話した。

でも、それは逆に

「ばかにしてるのか!」

と別の苦情を呼ぶ(ノ゚ο゚)ノ ~


c0195362_20130982.jpg


で、反省した結果
編み出したのが、

「深刻」ではなく
「真剣」に対応する。

という方法。


辞書で見てみるとわかるが
一見似ているこの言葉、
実は全然違っている。

●真剣・・本物の刀剣。一生懸命に物事をするさま。本気であるさま。

●深刻
[名・形動]
事態が容易ならないところまできていること。また、そのさま。「住宅問題が―になる」
容易ならない事態と受けとめて、深く思いわずらうこと。また、そのさま。「―に考え込む」「―な表情」
考え・表現などが深いところにまで達していて重々しいこと。また、そのさま。
  • 「悲壮な熱情と―な思想とは」〈藤村破戒
無慈悲で厳しいこと。むごいこと。また、そのさま。過酷。


読んでわかるように「深刻」には、
カタチのない「情緒」に関する情報が
たっぷり含まれている。





ひとは、実際に起こったことより
それについて自分や周りがどう思うか。

という(実体のない)

「情緒」

に、圧倒される。

打ちのめされ、通常の反応ができなくなる。

当たり前だ。


誰にでも受け入れがたいことは起こりうるし
そういう時はどんなひとも、
いささかおかしくなる。

けれど、窓口の人には
(に限らず「他者」には)
この「情緒」はいらないのだ。

だからといって、知っている人が
理不尽な目に合い、
そのことになすすべもない。
というのは衝撃だろう。

あなたがいい人であればあるほど
胸が痛むはずだ。

しかし、たじろいではいけない。

どんなに無慈悲でも
その人はその現実を
生きていかなければいけないのだ。


圧倒されそうな現実を前に
力になるのは

自分を信じてくれる人の存在だけ。

あなたが由々しき事態に陥ったことを
わたしは正面から受け止めます。
という姿勢は不可欠で

それさえできれば
支援は成立したも同然。


c0195362_20151906.jpg





大事なのは結局、
自他に対する

「信頼」



事態が深刻であればあるほど
クールな「真剣」さが必要だけど、

それさえあれば、
どんなに深刻な事態の中にでも

「笑い」

が見つけられたりする(*´艸`*)

と、今日は一段と偉そうに語ってみた・笑。

c0195362_20124148.jpg

ちなみにこれ、真理の言葉で言うと
「現象」と「本質」の話で説明できる。
一緒に学んでる人は
ちょっと考えてみてね♬

必要があれば次回の珠子塾で解説します。



by terasumonnmoku | 2017-02-28 20:25 | Comments(0)

ブチかます!

息子とうもろこしの、
大学の二次試験が
終わりました(^-^)

今日は、
おじいちゃんおばあちゃんと4人で
お祝いの「くるくる寿司祭り」・笑。

あとは結果を待つのみです!

c0195362_20490675.jpg



センターまでは

「勉強!」


そこから先は

「ブチかます!」

と書かれた
とうもろこしの携帯の待ち受けも
本日づけで切り替え。

本番は、頭の使いすぎで

「ジュッ」

と言う音がしたそうで

「今日は限界を超えたかもしれない」


焼け焦げるほどの集中力って、
どんなだろう?

結果はどうでも、思い切り力を尽くせて、
ほんとうに良かった!

そんな受験の出がけに、
彼が今年の前半に受けた

東北学院大D判定の
模試の結果が、
ぼろっと出て来ました。

c0195362_20492467.jpg

結局学院大は受けなかったのですが
それからのがんばりは眼を見張るほどで、

あんなにきついことがあったのに、
よくまあ、ここまで
たどりついたね^_^

全国の受験生の
まだ勝負の続くみんなも、

精いっぱい、
自分の力が出せますように。


そしてもれなく、
悔いなく、
みんなが次のステージに
進めますように☆

誰でもない。
どんな状況のあなたも
自分で自分の道を、開いていくのだし、

あなたにはそのための
じゅうぶんな力が
あるのです(╹◡╹)

まじで。

c0195362_23023748.jpg

母の最新作。
酉年の根付をもらいました!
金太郎飴みたいに、
粘土で作ってあります(╹◡╹)

by terasumonnmoku | 2017-02-26 20:35 | 家族 | Comments(0)
今日は、

なんと!

わたしの1人での

はじめての

伝授

でした〜!!!!

一等最初の段階の
ヒーラー伝授です。
光の12光線につながり、
本質の自分自身に目覚めやすくなります。

大げさな表現をすると
とにかく疲れるので、
エネルギー的なことは極力
普通に書こうとしているのですが

それでもやはり
伝授はおもしろく、
感動します♡

c0195362_18242417.jpg

チャクラに順番にエネルギーを
入れていくたびに
受けているともちゃんの
からだがちょとずつ大きく
はっきりしてくる感覚があって、

ほんとうにきれいな
「いのちの輝き」が
立ち上がりました。

うっとり。

ひとって、光の花束みたい。
と、伝授のたびに思う。

ヒーラー誕生を祝って
ヒーリングの練習をしてみると、
透明な美しい光が
指先からあふれていました。

伝授を受けても
ヒーリングってやらない人も多い。

プロとして、やるやらないは別として、
ヒーリングの考え方や方法そのものが、
大津流のしあわせを生きる真理の
よい実践演習だったりします。

そもそも、ひとは光そのもの、愛そのもの。
病も苦しみも本来は存在せず、

ただ自分の本質をみとめ
あらわすだけで
誰もが幸せを生きることができる

という「現象」を
ここに表すための練習。

人の輝きを呼び起こすために、
自分自身がまず輝いてあることが必要ですが、
それって言うのは簡単だけど
実際やるにはコツの習得と練習がいる。


言葉をいくら尽くしても
納得しきれない部分を
体感を磨くことで
身につけることができる。

とっても優れものの技術なので
ぜひぜひ、生活の中で
使ってみてね(^-^)

c0195362_18251057.jpg

というわけで、
ともちゃん。
おめでとうございます。

今日はほんとにありがとう😊
一緒にエナジーを受けるのが
とっても楽しみです♡

c0195362_18261821.jpg



終わった後で、
激ウマのカルボナーラを一緒に食べました!

おいしい食べ物も愛だし、真理だよね・笑

by terasumonnmoku | 2017-02-25 18:03 | スピリチュアル | Comments(0)

4.幸せなひとりぼっち

スウェーデンで国民の
5人に一人が見たという、
史上三位の記録的大ヒット映画。

最愛の妻に先立たれ
天涯孤独となって
世の中とうまくいかず、
妻の後を追おうとするたびに失敗する

「死ぬのが下手」
な不機嫌じいさんと、

ペルシャから来た移民の隣人との
ハートウォーミングな交流の物語。

(迫りくる1人暮らしに向けて、
心の準備中です)


頑固で偏屈。
そしてごりごりの「保守」のじいさんが
自分自身は変化することなく、
「ゲイ」を「ゲイ」のまま、
「ペルシャの移民」を「移民」のまま、
「尊重」し続ける姿に
大きな感銘を受けた。

特に運転が苦手で落ち込む移民の隣人を

「たった一人でペルシャから来て、
甲斐性なしのだんなと結婚し
二回も出産した。運転ぐらい
なんでもなくできるはずだ」
と励ますシーンに、涙する。

爺さんは保守だけど、差別主義者ではない。
人としての品格の問題かもしれない。

オーヴェは、世界に対して、
自分とは別の文化や価値観に対して
心を閉ざしているわけではない。

ごりごりの「保守」だって
「移民」や「LGBT」と同じような
カテゴライズの一ジャンルに過ぎず、

あえて互いを変える必要はない。
違うなら
違うままであゆみよればいい。

それって、世界のあたらしい「希望」
だったりもする。

4.幸せなひとりぼっち
ハンネス・ホルム監督・脚本 
ロルフ・ラスゴード
2015年スウェーデン 116MIN 
仙台フォーラム


c0195362_22582972.jpg

by terasumonnmoku | 2017-02-24 22:55 | 映画 | Comments(0)
月に一度の珠子塾でした(๑'ᴗ'๑)

忙しい日々の中
お時間を取って
参加してくださった皆様に
感謝の気持ちでいっぱいです!

c0195362_20465444.jpg

今日も楽しかったね♪

今日は参加してくれたみさきちゃんの
お誕生日♬
みんなでろうそくをともして
HAPPYBIRTHDAYを歌いました!
(だれか写真くださ~い・笑)

もらった!
かわいい〜😍

c0195362_22340247.jpg

みさきちゃん!
この世界に生まれてきてくれて
ありがとう!
あなたに逢えて
わたしたちはとってもうれしいよ♡

そして、つづいてはひろみんこと笹原宏美さんの
NHK「ひるはぴ」ファッションコーナー出演卒業記念
のお祝いをしました。

なにかを一緒に祝えるって、
さいこうだ!

珠子塾は3,4月と満員御礼で
次回は5月の募集になります。

感謝感激雨あられです。
また近くなったら、お知らせしますので
どうぞよろしくお願いします!

本日のテーマは
「自分を大切にする」ということでした。
宿題は終わりましたが、

「自分を大切にする事」


どうか忘れないでね。

自分をどのように扱うかで、
わたしたちの生きる世界は全く変わってしまうのです。

c0195362_20471412.jpg

以下みなさんからいただいた感想=====

・今日は念願の念願の珠子塾。参加できてうれしいです!!常に抱えているモヤモヤが「自立」につながって気持ちがスッとなりました。求めていたものがここにあったという感じです。皆さんのお話の中からも学びがたくさんあり、思いつかない考え方や、自分との向き合い方、とても勉強になりました。また来月も宜しくお願い致します!

・今日は本当に珠子塾に参加出来て!心から心から感謝します。ありがとうございました。最後の感想でもお伝えしましたが、今日ここに来たことで、スーッと背中を押して頂けました。自分が今、想っていること、やっている事が間違いないんだと、勇気をもらいました。すごくすごく嬉しい気持ちでいっぱいです。”人に関わることで自分を知る”ここ一年間、沢山の人に出逢ってきたおかげで、自分を知る事ができて、今日をむかえられたと思います。今日の学びを称してNEW自立旅に行きたいと思います♡ありがとうございました。

・2回目の珠子塾でしたが、前回同様来てよかったと思いました。同じテーマ「自分を大切にする」で人それぞれの想いや課題があり、話すことによりほかの方が教えてくれる共有することができる、自分のことはあんがい解らないもので教えていただくことにより気づきが起り認めることができる。このような機会はほんとうに有り難い。ありがとうございました。

・私は自分の感情にまだまだフタをしていました。だいぶ学んだはずと思っていたのに、まだまだでした(笑)自分が大切にしたいこと。大事にしていることが”ない”のは守りたい人がいないからだと思っていました。みんなは守りたい人がいていいなあ。って思っていました。そんな自分を責めていました。このことをわかって、なにかがフッきれました♡結局自分が自分のことをどう思っているかでした。うまくいえないけど、ここにきづいてよかったです。ありがとうございました!

・珠ちゃん今日もありがとうございました。人とかかわる。人に話しかける。人に大事な自分の気持ちを話す。とっても大事です。その先の自分に会える楽しみができました。一人では先に進まない。もやもやが大事なメッセージ。きょうもすっきり、はっきり、自分のやることがわかりました。やります♡

・自分自身はひとりではわからなくて、誰かとのかかわりを通して出会える。うまくいかないことがあっても、人とかかわり、あきらめなければいろんなことがどんどんわかってくる。本当に思ってることを言うだけではなすだけで変わる。ありがとうございます。

・自分にとって大事なものを知る事。そしてモヤモヤな気持ちに気づき、なぜモヤモヤしているのか、そのメッセージをキャッチしていこうと思いました。「立派じゃない自分をあきらめる」このこと、しっかりやっていこうと思います。とても学びの大きな時間になりました。

・本気で参加してよかったです。徳子さんのプログレス講座中から「珠ちゃんはね」「珠ちゃんが・・」とお話を聞いていたので、やっとお会いできたと思いました。自分の開放をもっと進めていきたいです。来月もまた参加します。*わかった気になって話を聞いてはいかんな・・って思いました。素直に。正直に。次回も楽しみです。

・自分を大切にすること=自立。自分にとって一番大切なことは何か。これがちゃんとわかってなければ、自分が心から望んでいる思いに従って生きれませんね。今回珠子塾に参加することで気づかされました。感謝です♡”嬉しい、楽しい、ありがとう”これをすべての基準にして、私自身を現していきます!

・最後の無冥さんがおっしゃった、思いを喋ると喋っただけで何か変わったりする・というお話が胸に響きました。本当に言ってもしょうがないことだし、前もって胸に秘めるのが癖になっていたかもしれないなあと思って、発散もしくは消化できるような行為を取り入れていこうと思いました。人を通さないと自分が分からない。ということも、ほんとうにそうだなあと最近も実感したので、そういう機会も増やしていこうと改めて思いました。あと、自立も、もっと深めていきたいです。最後のサプライズでまだ何か秘めているんだなと気付かされました。どうもありがとうございました。

・自分を大切にする=自立という所が、とても響きました。珠ちゃんの話を聞きながら、私はまだ完全に自立したとは言えないと思ったので、愛と喜びと感謝を忘れずに日々学びを深めていこうと思いました。それと、誰かとのかかわりの中でしか、自分は見えてこない・・・・今日それを実感したので、これからは言葉にして伝えてみるという事を続けてみようと思います。宿題は終わりましたが、これからも自分を大切にするという事を意識していこうと思います。


おまけ。さっきご飯を作りながら
みさきちゃんのだじゃれを思い返して
思い出し笑いしてしまいました・笑。

みんなほんと、すてきすぎる♡


c0195362_20473305.jpg


by terasumonnmoku | 2017-02-23 20:46 | あぐり寺地蔵庵 | Comments(0)
本気セッションの
感想をいただきました(^-^)
本気セッションは、大体、
感動なのだけど、
今回もすごかった。

なぜなら、りえちゃんの過去の
時間軸に刻まれた感動ポイント、

患者さんの感謝の量が、
溢れるようだったから。

誰かの心を深く揺り動かした瞬間は、
永遠に魂にチカラを与え続ける。

たとえ表面のひとが忘れてしまっても。

そういうものを作り出すのが、
「ほんとうの仕事」
だと思うんだよねƪ(˘⌣˘)ʃ

りえちゃん、ありがとう\(^o^)/
来てくれて、ほんとうにうれしかつた。

以下本文です♪〜

仕事のこと、自分でやりたいこと
方向性がちゃんとあるのに
やりたいことが多くなってきて
時間を作るために大切なことを
見失ってました。

時間を得るために
一番大切にしている想いを忘れてた(><)

珠子さんが
「りえちゃんしか出来ないことがあるでしょ」
って言ってくれたとき
大切にしていた想いが浮き上がりました。

「りえちゃんは凄いんだよ!認めてあげなくちゃ」
その言葉に涙が溢れました。

認めてあげたことなかったかも。。。

いつも何か足りなくて
勉強しなくちゃって思ってた。
役に立たなくちゃって思ってた。

言ってもらえて
自分を認めてないから
外に目がいっていたのかも
しれないなぁと気づきました。

セッションを終えて3週間が過ぎ
今とてもスッキリしています。


誰でも出来ることは趣味として、
自分が自信を持って出来ることは
込めて深く
これからも学んでいきたいと思います☆


セッション中に患者さんが言ってくれたことが
次々と思い出されて
それもまた涙でした。

何年も前のことが
昨日ことのように思い出されて
びっくり。

いつも患者さんに
助けてもらってるなぁって
しみじみ思いました。

そのことも忘れずに。

そしてまずは
自分を認めて愛してあげようと
思いました☆


本当にありがとうございました💓(o^O^o)



c0195362_23022483.jpg

by terasumonnmoku | 2017-02-22 22:51 | スピリチュアル | Comments(0)
徳ちゃんがよく訪ねている和菓子のお店

「まめいち」

さんにお邪魔しました。



今月2月のお菓子は
「うぐいす餅」と
バレンタインデーにちなんだ

チョコレート仕様の

「Don Philipo Fransico」

今から400年前、伊達政宗の命令で
通商条約締結のためにローマへ派遣された
慶長使節の代表、
支倉常長をイメージしたお菓子です。

c0195362_20181807.jpg


まめいちの職人ようこさんは
石巻市に停泊中のサンファンバウティスタ号と
サンファン館を見学し、

支倉常長のイメージを膨らませて
このお菓子を作ったのだそうです。

90日の航海の後、どんな気持ちで
支倉常長はローマにたどり着いたのか。

7年かけて難しい交渉に挑み
諦めることなく
使命を果たそうとした常長とは
どんなひとだったのか。

ようこさんが彼の
情熱を感じながら作ったお菓子が
写真のハート型の和菓子です。





割ると中から情熱を示す赤いこしあんが!!



お菓子を彩る十字架が
あまりにもまっすぐで

「きっといつも、まっすぐな気持ちで
このお菓子を作っていらっしゃるんですね」

と、一緒にいた友人のかなちゃんが言うと、


「わたしもいつもまっすぐな気持ちでいるわけではないのです。
しかし、お菓子を作るときだけはおっしゃる通り、


いつも、まっすぐな気持ちで
向かっていきたい


というふうに
考えております」

お菓子のおいしさもさることながら
作り手のようこさんの、
まっすぐきらきらな目にやられました(ノ゚ο゚)ノ ~

わたしもサンファン館に行ったことはあるのですが
常長の情熱とか人となりについて
考えたことはなかったなあ。

歴史って、こんなふうに豊かな実りを
わたしたちの日常に
もたらしてくれるものでもありうるのね。と

お菓子をいただきながら、
感服いたしました。


c0195362_20294103.jpg

あ、ちなみに「うぐいす餅」の名付け親は
豊臣秀吉なのだそうです。


秀吉を感じながら
楽しんでくださいね。
と言われ、うれしさ倍増で
この繊細な味の
お餅をいただきました。

秀吉フィルターを通すと
上に掛けられたきなこが
金粉のようだった・笑。


世界を豊かにする仕事に接すると、
幸せな気持ちになりますね♡


願わくばわたしも
わたしたちも、
常にその境地に
あらんことを~ଘ(੭´ ꒫`)੭







by terasumonnmoku | 2017-02-21 20:16 | Comments(0)
1.コンビニ人間 村田沙耶香
(1.5の感想)

2.ホーキング宇宙と人間を語る スティーヴン・ホーキング(エクスナレッジ)
(2.3.4の感想)

3.若者よ。マルクスを読もう 内田樹・石川康宏(角川ソフィア文庫)

4.マルクス その可能性の中心 柄谷行人(講談社学術文庫)

5.心の壁の壊し方 永松茂久

6.エッセンシャル思考 グレッグ・マキューン(かんき出版)

かさこ塾かさこさんの絶賛おすすめ本。「最小の時間で成果を最大にする」ためには、どんどんNOを言い、やることを絞っていく必要があるという事が書いてある。そしてNOを言うために、自分にとって「重要なのはなにか」を知らなければいけない。

7.「また会いたい」と思われる人の38のルール 吉原珠央(幻冬舎)

基本的な対人関係のマナーが書かれている本。コーチ、セラピスト、ヒーラーなどを目指し、かつ社会的な対人関係のキャリアを十分に積んでいない人にお勧め。何をしたら人に対して失礼に当たるか、当たり前の礼儀やマナーを徹底することがどれほど人を心地よくさせるか、という事が丁寧に書かれている。勉強熱心なのに、意外とこのスキルを持っていない人が多い。学習さえすれば誰でも身につけられ、自分も人も快適にすることができるHOW TO。ぜひ身につけておきたい。

8.見てる、知ってる、考えてる  中島芭旺(サンマーク出版)


9.エチカ(上)スピノザ(岩波文庫)

先日師匠の大津先生に「感情は(魂への)ナビゲーターの役割をするんだよ」という事を教わったのだけど、ほぼそれと同じようなことが延々と書いてあった。この本を読んで本当に驚いたのは、わたしたちは感情を、からだの快・不快という感覚で感じている。ということ。それはほぼ、生存本能に依拠するということ。考えてみれば当たり前のことだろうに、目からウロコ。なんで今まで気づかなかったのだろう。詳しくは下巻のほうの感想でまた書こうと思うけれども、この「エチカ」によってわたしのなかの「からだ」の概念は、大幅に変化した。


c0195362_21082908.jpg


スピノザとかマルクスは、世界の見方が変わる、衝撃的な本。本来読書ってそういうものだ。歴史に翻弄される人間で終わるか、歴史を動かそうとする人間として生きるかが、問われるくらいの力を持ったもの。難しい本を読むコツは、多少わからなくても気にせず、がんがん読み進めるにつきる。全然わからなくても、気絶しながら読んでも、読んでいるうちに何かが見えてくる。こういうのを読んでいると原語じゃないとだめだとか、難しい解釈を垂れる人が必ずいるけど、わたしたちはただの一般人で、学者ではないので、そんなことは気にしなくても全然かまわない。一度しかない人生。誰かの言ったことじゃなく、自分の目で社会を見、自分の価値観で判断し、自分の行動を選んでいきたい。それで何も変わらなくても、なにかをしようとしたことは、きっとどこかに残るはずで、古典は、そう思った人たちが後世のわたしたちに残してくれた遺言でもあるのだ。

c0195362_21073501.jpg


by terasumonnmoku | 2017-02-20 21:04 | 読書 | Comments(0)

腎臓をもんでみた。

腎臓をもむって、
どういうこと?

という好奇心に負けて、
読んでしまいました。

c0195362_20423298.jpg

結論から言うと、
腎臓はもめません。

当たり前だ。
奥にあるから触れない。

で、これは腎臓関連の
つぼのマッサージのやり方と、
その効果を書いた本でした。

でもこのネーミング、
もめなくても惚れ惚れします。

この名前だけで
ずいぶん売れたんじゃないかしら。

ネーミングってだいじですね。
手に取るか取らないか。
読むか読まないか。


全部がそこで決まってしまう。

なにをやるのでも
いい名前を考える事が
とっても重要です☆


そんな本日、
絵の打ち合わせでこちらにお邪魔しました(^-^)

以前パンケーキの会を開いていた
お気に入りの
カフェ・パンプルムゥス♪

黄色いゴムのアヒルにそっくりな、
可愛い女の子とデートです❤️

c0195362_20461124.jpg

パンケーキも半分こ。

パンプルムゥスって、
グレープフルーツと言う意味らしい。
「鹿」だと信じていて
初パンプルムゥスの女の子に間違いを指摘され

衝撃を受けました。

たら〜(−_−;)

そんな今日も、
ここのパンケーキは
おいしかった・笑。




c0195362_20512979.jpg

そうそう!
久方ぶりにあった彼女に、
「雰囲気がまた変わりましたね」
と言われました!

オーラが精妙になり
わたしには珍しく
ピンクの光が出ていたそうです・笑。

今日のうれしかったノートに
書いておこう♡(ないけど)



by terasumonnmoku | 2017-02-19 21:02 | Comments(0)

恋の終わりと嫌がらせ。

今日は月に一度の
希望の会(過労死遺族とサポーターの会)
の例会の日(๑'ᴗ'๑)

c0195362_19214232.jpg

ずっと会を手伝ってくれている
盛岡から来てくれたかなちゃんと
お昼を食べながら


5年前夫が亡くなった直後の
大変だった時期の話になりました。

そのころ、
かなちゃんはしょっちゅう
うちに泊まりにきていて

多いときは毎月一週間くらい
一緒に暮らしていたのです。

きっとわたしたち親子を心配してくれて
のことだっだのでしょうが、、

当時かなちゃんは
悲しい恋の終わりを迎えていて、

労災申請とか
大学との交渉といった
ハードな用事を足して
わたしが家に帰るたびに

はらはらと

涙をこぼしていました。


とうもろこしはまだ13歳。
お父さんのことでついた傷の痛みと、
直接わたしに当たれない腹いせに


そんなかなちゃんの分のおやつを
無断で食べてしまったり、

家庭教師の大志くんに
あげちゃったり。

という姑息な
嫌がらせを
やりまくっていた。
(でも不思議と、邪魔だとか
帰れとは言わないのです!)

かなちゃんは
外出先から戻ったわたしに
悲しげにそういうことがあった話をして、

とうもろこしくんもつらいから
きっとあたしに八つ当たりしているんだね、
それで気持ちが落ち着くといいね。

といって
軽くため息をつき、

夜になると、また恋の終わりを思い出しては
はらはらと涙する。


トライアングルな日常。

その時は必死過ぎて
そんなものかと思っていたけど
改めて時間をおいて
冷静に眺めていると

そういうすべてが
時間がたった今となっては、


ものすごく、

おかしいね。

と言って、

今日はふたりで
涙を流して大笑いしました・笑、



それぞれがそれぞれにつらくて
みんな別々に悼んでいて
ちょうどよかった。

まるでよくできた喜劇のようです☆


いやあ。人生だに。

c0195362_19340003.jpg





なんて感慨にふけった
今日の希望の会では
4月にやる福島の過労死防止シンポジウムのことや
今年の11月の新しいテーマが
着々と決まりました。

一番人数が多いのが遺族で
話題も深刻なはずなのに、
なぜかこちらもみんなで大笑い・笑。

いつも思うけど希望の会は
みんながフラット。
決めたわけでもないのに
ひとを否定するひとも
裁く人もいない。

出欠も取らず来たい人が来て
話したい人が話す。

深刻なこともくだらないことも
一緒にあって、
すごく居心地の良い空間になってきたかも
しれません(๑'ᴗ'๑)

たくさんのみなさんのおかげで
こういう空間ができていることを
ほんとうに有り難く思っています!

写真は皆さんにいただいた
差し入れの数々と
会場のファミリーサポートルーム。


春がいっぱいやってきました*\(^o^)/




by terasumonnmoku | 2017-02-18 19:20 | 仲間 | Comments(0)

真理セラピスト・らくがきすと・即興ピアニスト+社会活動家(過労自死遺族/東北希望の会代表)幼少時より、生と様々な死から多くのことを学んできました。11年のセラピスト経験があり、仕事ではいのちのすばらしさについての、エナジーーワーク的なセッションやワークをしています。頭を現実的に使いながらメルヘンな世界を実現させていきたい。社会問題、スピリチュアルな仕事や宇宙のこと、日常について書いています。


by terasumonnmoku