<   2017年 07月 ( 27 )   > この月の画像一覧

逃亡作法 東山彰良 宝島文庫2003




第一回 このミステリーがすごい!大賞&読者賞 ダブル受賞作品。




近未来の東京の監獄を脱出した囚人たちが、脱獄してまた監獄に舞い戻るまでの、クライム・ストーリー。


乾いた筆致と、アジアの中の多国籍な犯罪者の関係性にリアリティがあり、前のめりで読む。台北で生まれ、中国に留学し、入国管理局の通訳として、実際に密入国者などに関わったという、著者の経歴がモノを言っているのだろう。




しかもこれ、作品を読む前に著者の、仙台文学館の小説作法講座でご本人猛烈におもしろいキャラに接したあとで、しかも場所はズブリャノックで読んでいたので、更にシュールでスリリング。魅力倍増に感じた・笑


IMG_2911.JPG








好みはあると思うが、ハマる人にはたまらない。特にタランティーノの映画などが好きな人には絶賛おすすめ!


by terasumonnmoku | 2017-07-31 04:17 | Comments(0)
ここ、ズブリャノックでは
毎晩夜8時から9時半まで

ディスコ または
プール&サウナ タイムがあります。
(日没は10時)


これはディスコタイムのもよう(^_^)

掛かっている音楽はベラルーシ人やロシア人のロシア語のポップスやロックです。
みんなどこかしら「カチューシャ」っぽく
哀愁を帯びています。

IOWA 、NAVIBANDなど、バンドの名前をいくつか教えてもらいました♡

c0195362_18453849.jpg

とにかくここは、日本人は誰でも
ただ歩くだけで人気者。

特に子どもたちが
うっとりするほど無邪気でかわいい(;_;)
こんなふうにどこにでも
笑顔とハグがある世界にいるって
まるで夢のようです。

c0195362_18473276.jpg


この時も子どもたちの写真を撮っていたら、
サーシャという女の子が
ハーイと言いながらお菓子をくれました♪

c0195362_18502290.jpg

この写真は、
絶賛国際交流中のように見えますが
(そして実際楽しいんだけれども)


c0195362_18412385.jpg

実は、日本から来た高校生のみんなが
羽目を外し過ぎないように
それとなく見張っているところ(とほほ)

子どもさえ作らなければ
そして、子どもにさえ迷惑かけなければ

恋愛だろうが不倫だろうが
みんなどんどんすればいいのに
と、個人的には思うタイプなのに、
立場上そうもいかず、

大変不本意です。

c0195362_18401418.jpg



大人って、面倒だよね〜



by terasumonnmoku | 2017-07-30 19:35 | | Comments(0)

アースアイデンティティ・プロジェクトと、5つの高校の先生と高校生たち、計60名からなる、二週間のプログラム。なんと!副団長として参加させていただいている、日本ベラルーシ友好派遣団2017。



ベラルーシ、ナラチ湖国立公園近郊の保養地、ズブリャノックでの生活も8日めになりました!


とにかく、ベラルーシ側のみなさんの、ホスピタリティがすごい。


チェルノブイリを体験したズブリャノックが、311後の福島の子どもたちを思いやり、招待してくれるようになって、はや6年。


仙台とミンスクが姉妹都市であるところからその範囲を宮城にまで拡張し、今回のご縁へと続いています。



c0195362_23570086.jpg




この、巨大な「青年自然の家」で、わたしたちは朝8時から、夜11時まで、60人の高校生を2個のグループに分けた、ほぼ30人のひととともに活動しています。




最近はじまった朝の朝礼で、いい子いい子体操の練習。その後ズブリャノックの子どもたちと、まるでエアロビのような運動をし、


c0195362_00001555.jpg




更に毎日繰り返される、

今回必須の健康プログラムを受けていきます。



うちわけは

酸素カクテル(泡泡のりんごジュースとハーブティ)、ジャグジー、ハードロックを聴きながらアロマの香りを嗅ぐ。塩ケイク~塩のミストを浴びる、機械の全身マッサージ、などなど。




残りの時間は施設内でのスポーツ、文化体験、ディスコタイム、湖でのレジャーなど。

ベラルーシの、大量の子どもたちとも随時触れ合いながら、さまざまなイベントが延々と続きます。








マジで忙しい。






でも高校生のみんなは、そんな激務の合間を縫って、イケメンや美女たちと写真を撮ったり、ロシア語講座を開いてもらったり、本当に楽しそう・笑



ディスコのチークタイムで金髪美女からキスされちゃう子も出現!青春です♡「ベラルーシに残りたい」という男子の声もあり・笑




高校生でこれを体験したら、人生変わるだろうなあ。。。。



c0195362_00015221.jpg





夜は毎晩のキャンプファイヤー。1日の印象的な出来事について、みんなで語り合い、明日の幸せを祈って肩を組み、歌を歌う。




全日程が終わった後に、先生達とミーティング。終わるのは毎晩11時をすっかり回ったころ。




わたしは過労死防止対策委員の、公務員の担当です。なので、みなさんには一刻も早く寝て欲しい。いろいろ大変なことがあり、けれども決める事も多いのです。ああ。ほんとうに不本意だー。




と、永遠に続きそうなこんな日々も残すところあと3日。どんなにいろんなことがあっても、きっと後になると「いい思い出だったな」って思うのでしょう。2度とできないことだし(^_^)しっかりと、毎日を味わっていきたいと思います。




ミンスク移動も、超楽しみだわん♪


c0195362_23344794.jpg



最初と最後の写真は、ナラチ湖の夕暮れ(ただし時間は夜10時)と昼間。うっとりするほど風景が綺麗です^_^



by terasumonnmoku | 2017-07-29 02:31 | Comments(0)

ベラルーシ情報

ベラルーシについて

人口約1000万
うち首都ミンスク在住が200万


ソビエト崩壊後独立。
公用語はロシア語+ベラルーシ語

ベラルーシ語を話す人は
近年増えてきている。

独立後もロシアと緊密な関係を保つ。
大統領による独裁制。
経済政策の失敗により
数年前にハイパーインフレを経験。

わたしたちが滞在中のズフリャノッカは
チェルノブイリから10キロほどのところにあ?が、放射能汚染の影響が驚くほど少ない。

それは良い水に恵まれた場所だからではないか。と東出さん。

今日は、ナサレの村というところで
農家見学をしました(^_^)

そこで鍋に張った水を振動させて音を出して
楽しむという
楽器の体験をしました!

しかし、ここは田舎過ぎて
ネット環境が驚くほど悪いので、
突然、更新が途絶えるかもしれません。
写真も行かないし。

それもいいかも!






by terasumonnmoku | 2017-07-25 03:46 | Comments(0)

ミンスク

ズフリャノッカ1日目(^_^)

歓迎のセレモニーのあと


c0195362_20585645.jpg



60人の高校生と健康センターというところで、
ひたすら保養しています!

酸素カクテルを飲んだり、


c0195362_20592304.jpg
アロマの香りを嗅いだり、

c0195362_20595272.jpg

ヨウ素を身体に注入したり、

ジャグジーに入ったり




塩の部屋で
音楽を聴いたり!




あとは広い空の下で、
運動。
c0195362_21014506.jpg


夜は10時でもまだ明るくて
あまりにも健康的でな毎日。


どういう気持ちになって
いいかわからない・笑

いつも高校生と一緒に動いているし、
ここにいるほかの滞在客も
スタッフもみんな若者で、
周りの風景が、めちゃめちゃ若い。

毎日おもしろいように
みんなの英語力が上がっていくのに
目をみはる!






by terasumonnmoku | 2017-07-23 23:12 | | Comments(0)
トランジットで、
初の中近東デビューしました(^_^)

アラブ首長国連邦。
アブダビ空港です。



60人が朝まで6時間を
ここで、潰すことに!

c0195362_03115704.jpg




アブダビ空港は大きくて、
栄えています。
店も開いているし、人も行き来しています。

暇なので、たまたま行き合った先生たちと
アイスを食べ、
(なにしろみんな同じ青いTシャツなので、仲間がすぐわかる)

女の子たちといろんな話をし、
それでも飽きて、

放浪するうちに
寝る場所発見!

c0195362_03150282.jpg

この壁の向こうは
カプセルホテル。
1時間1000円で3時間爆睡。

友好派遣団の東出夫妻は
1時間のマッサージ&
中近東風ターバンと白い帽子を
購入されたそう。


c0195362_19482400.jpg


残りは
FLAT WHITE COFFEEを飲んだり

ラズベリースムージーをゲットしたり





朦朧とするうちに
なんとかまた飛行機が出発。


丸2日かけて
ようやくベラルーシはミンスクに
到着しました!










by terasumonnmoku | 2017-07-22 11:38 | Comments(0)

行ってきます!!!!

成田空港です(^_^)

山盛りの


高校生たちと


とりあえずアブダビへ
行ってきます!


c0195362_17331372.jpg

日本ベラルーシ友好訪問団の旗を持ってます。


by terasumonnmoku | 2017-07-21 17:28 | Comments(0)

出発は明日。

朝四時半に
指令の電話がかかって来て
予定がかわり

↑自由すぎる父が大活躍していたので
たまたま起きていた。

買い物のあと

ここで
チケットを受け取ったり

c0195362_18583724.jpg

大使館に行ったりして

c0195362_18585594.jpg

カタコトの英語で
任務完了。


疲れてプリンアラモード食べる。

c0195362_19014895.jpg

そういえば
明日出発なんですけど
いろいろと綱渡り。


すでに
旅ははじまっています・笑

c0195362_19030030.jpg

それはさておき一番最初の写真は
田町駅前なのですが、

17時12分に仕事帰りの人で
いっぱいでした。

ひさびさに健全な
「仕事帰りモード」
の人々の行列を見て
心の底からホッとしました。



なにごともスペクトラムで
極端な例ばかりに注目するのも不調和だということを
忘れないようにしよう。


by terasumonnmoku | 2017-07-20 18:55 | Comments(0)
今日はここ。

日経新聞社本社ビルにお邪魔しました。

c0195362_14305255.jpg

取材です。
(されるほう)


毎日いろんなことがあるし、
いろんな所に来るなあ。

c0195362_14293769.jpg


今回も、川人先生と森岡先生の文章で
一通りおさらいして、

無駄に気合いを入れ


c0195362_14302522.jpg





いちいち考え込んでしまう
頭の中身を整理して、

すっきりした気持ちで臨む、


など、

自分なりの
ベストを尽くしました。

きっと、みんなの未来にとっ
て有益なすてきな記事に
仕上げてもらえることでしょう。

掲載は来週以降だそうです。

終わった後は、

こんな時決まって
一生懸命励ましてくれるひとの
お墓まいりをして

c0195362_15562683.jpg

帰ってまいりました(^_^)

c0195362_15564774.jpg



さて、頭を切り替えて
次の準備に取り掛かかろう♪

by terasumonnmoku | 2017-07-19 21:00 | Comments(0)

ぼっち生活三ヶ月

わたしの記念すべき「ぼっち生活」。


4ヶ月目に突入しました。


おかげさまで「空の巣症候群」に陥ることもなく、極めていい感じに推移しています。仕事も順調。

社会活動もぼちぼちで、プライベートは超リア充!


c0195362_20273645.jpg


成功の秘訣は、以前師匠の大津先生に教えていただいた、朝一番の68秒のアファメーションを欠かさず続けていること。


ポジティブなアファメーションを、

毎朝68秒続けることで、

前向きなエネルギーに加速がついて

1日が有意義に過ごせるようになる。


短い時間なのに本当に効果があります。



c0195362_20281123.jpg



何かが上手くいかないとか、

人生を変えたいと思う人は

ぜひ試してみてね。

だんだん人生が楽しくなってくるから。



欲を言えば、

もっと時間の使い方が上手くなりたい。

やりたいことがたくさんあるのに、

ついだらだらしてしまう癖を直したい。


特にまずいのがSNSとのつきあいかた。

やばい。これは今後の課題。


しかしこれではいけないと

PDCAサイクルという本を読み、

生活に効率化を持ち込もうとした途端、

何もかも嫌になってしまったので、


わたしの人生と効率は

相入れないものがあるのかもしれません・涙


最近変わったこと。

テレビを見なくなりました。

ニュースもネットでチェックしてます。

精神衛生上これはとってもいいみたい。


c0195362_20340251.jpg


ただ寂しいのか暇なのか、

とうもろこしが巣立って5キロ太りました。

これは戻したい。


危機感を持ったことと、

8月末にとうもろこしたちと富士山に登る予定があるので、

5年ぶりにジムに加入しました。


これから身体を鍛えつつ、

絞っていこうと思っています⭐️


10代の息子に遊んでもらうのも大変だよ!


人生の変わり目に68秒のアファメーション。

超おすすめです!

ぜひ試してみてね❤️


by terasumonnmoku | 2017-07-18 20:20 | 家族 | Comments(0)

宇宙真理哲学講師、らくがきすと、即興ピアニストぷらす社会活動家(過労自死遺族当事者)働くことから世界を変えるをモットーに、さまざまな活動をしています。合言葉はREBORN.大事なのは、生きることだ!


by terasumonnmoku
カレンダー