<   2017年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

201710.29 祈り

内なる神がわたしに言った

目覚めよ

そしてゆけ

内なる光を

差し出すのだ


宇宙の

この七つの海

七つの層へ

光を届けよ






各層を満たした光線があふれ

光の子どもたちを生むまで


    



c0195362_18582108.jpeg







流れては

循環する音楽

静かに共鳴が起こり

複数の倍音が

広がってゆく

波紋のように

渦を巻き

スプラッシュを放ちながら

眺めよ

そして臨め

宇宙の際で

その音を浴びよ

対極にあるものとモノが結び合い

愛と愛が呼び合う

1つ

ひとつに戻りゆく

わたしたちが

もともとそうであったように









c0195362_18585816.jpeg






物語は進み

龍と

一角獣が咆哮する


三角錐が

上下合わさって回転を始める。

うねりがメロディを創りだす

異なった次元の音楽を

引き込んで

空に届けよ








c0195362_18593295.jpeg







愛は充ち

そこに

道が広がる

天空に伸びた光の梯子が

現前に現れる

ここに愛の光がある

ここに夢の世界がある

ここにいのちがあり

ここに神がいる

宇宙の音が変わる瞬間に

耳を澄ませ

気配を絶ち

身体から流れる音楽を調整せよ


c0195362_18595602.jpeg

あなたのなかから

光の神が

上手に顕現するように

全ての層に

光が満ちてあるように

層のすべてが

宇宙の各段階につながって

循環を始めるように


c0195362_19010716.jpeg



ハートの内にまします神が

あなたを通して光輝きますように。



by terasumonnmoku | 2017-10-31 18:44 | | Comments(0)
あぐり寺みつばちクラブの

芋掘り

でした\(^o^)/

c0195362_20270253.jpeg

土の上に立っているだけで
気持ちがいい♪

c0195362_20281296.jpeg


今年最後の、甘いいちじくを


c0195362_20294444.jpeg


木からもいで
わしわしと食べ

c0195362_20292060.jpeg


さつまいもを収穫♡

c0195362_20302486.jpeg


c0195362_20312283.jpeg


作業の後は野菜たちをきれいに洗って

c0195362_20322500.jpeg



あぐり寺で仕込みをしていてくれた
ヒツジ食堂へ♪

c0195362_20335081.jpeg


ヒツジのりえちゃんのお料理は
おしゃれで、恐ろしくうまい😋

c0195362_20344865.jpeg

すばらしいヒツジ食堂の他には
今年は、もう終わったと思われたいちじくが
まだ食べられたことに狂喜乱舞する
ファッションコンサルタントが

めっちゃ可愛いかった♡


c0195362_20353411.jpeg



あぐり寺の無冥さん&みつばちクラブのみんな!今日も楽しい時間をありがとう😊

気持ちの良い秋の日を
満喫しました♪

来月は11月12日に
芋の収穫祭があるんだけど、
わたしはそれには行けなさそうなので、
しばし、畑とお別れ。

行ける人はぜひ、
今年最後の収穫祭に
参加してね(^_−)−☆

負け惜しみだけど、
あぐり寺移転後は
海を堪能するぞい(^_^)!

by terasumonnmoku | 2017-10-30 20:25 | Comments(0)
「争わない生き方〜人生にも魂にも善悪はない」(PHP出版)などの著書があり、



13年間不食を続け、
ホメオパシーなどの代替医療の博士号を持つ弁護士、秋山先生の、チャリティ講演会に、参加した(^_^)


c0195362_20490799.jpeg


いつもお世話になっている
社団法人アースアイデンティティプロジェクトの河原代表の、例によって突然の発案で、なんと!一週間前に決まったこの講演会。

蓋を開けてみると満員の盛会。
笑い声の絶えない
すばらしい講演会だった・笑

恐らく不食、が影響しているのだろう。
秋山先生の身体から放たれる波動は
ノイズが少なく、心地よく、うっとり(^_^)


お会いするなり
ライヤーの音楽をプレゼントして
いただいたことにも、感動♡

c0195362_20492680.jpeg

著書の推薦文を書くことを頼まれたという話の関連で、弁護士兼医学博士の秋山先生が、
ご自分よりずっと若い
高卒の堀大輔さんを尊敬しているところ。
*堀大輔さん。
できるひとは超短眠、の著書あり



たくさん語った後で
わたしのようなものの言うことは
信じちゃいけませんからね。

ご自身の内なる神の言うことだけを
ちゃんと聞いてあげてくださいよ。

と大真面目におっしゃるところ。
に吹き出しつつ、感銘を受ける。


不食に近づくための8つのライフスタイルというのがあって、それは以下なのだそうだ。

瞑想


祈り


食事を軽くする


運動する


聖なる音楽マントラ


人に親切にする


自然の中で過ごす


マインドマスタリー(自分の感情を自分で制御する)怒ってもいいが、とらわれない。




c0195362_21082480.jpeg


がんばったり、緊張したりすると
おなかが減る。

わたしたちは、食事においても
物質ではなくエネルギー、
波動であり情報を摂取して生きている。

ただそれを摂取するために
形の方も一緒に取り入れてしまうので
いろいろと面倒なことになっている。

と言うお話は説得力があって
少食もいいような、気がしてくる!


軽やかなのがいい。
軽やかで薄っぺらなのが!

と、秋山先生がおっしゃる時の、
ライトボディ的なきらきらした感じが好き♪
(あ、エネルギーを見てるんです・笑)

今回秋山先生の講演会に参加して
来年の自分のテーマを、

<リラックス>に決めた。


今までがあまりに深刻で重かったので
来年はリラックスしつつ
軽やかな感じを目指していこう。

小食になれるかどうかは別として、
その方がなにをやっても
結局はパフォーマンスが上がるはずだ。


宇宙と調和し、
それぞれが自分に課した、
あらゆるリミッターを
外していく時代が始まっている^_^

秋山先生、河原代表、
徳ちゃんとサリーハウスのみんな!
あらえびすのスタッフの方々はじめ、
今回参加してくださった皆様、ほんとうにありがとうございました!


c0195362_22062683.jpeg


未来へ。

c0195362_08235590.jpeg

by terasumonnmoku | 2017-10-29 21:22 | Comments(0)
1800年代のはじめ、北斎の絵は、
シーボルトを通じてヨーロッパに渡った。

1826年にはすでに、オランダ人の注文を受け、絵を描いていたらしい。

当時の北斎は、日本では、
民衆を描く卑しい風俗絵師だった。
貴族階級に幅をきかせ、
隆盛を誇った狩野派とは異なり、
大勢の弟子をもちながら、
貧困の中で亡くなっている。

c0195362_15330757.jpeg

その境遇が、幸いしたのかもしれない。


文筆家 永井荷風は「欧人の観たる葛飾北斎」という文章のなかで

北斎がことに、西洋人を魅了した理由について以下のように語っている。

>一は北斎の捉えた画材の範囲が彼等の眼からは、殆ど不思議に思われた程
広大無辺であつた事と、
一は北斎の極端なる写実の画風が
自ら古今を通ずる日本画の境域を
超越する処があつた事に
帰着せしめやうと思ふのである。ー


リアリティがあるから、
伝わった。という点は否めない。


キッチュな民族絵画ではなく
アートとして認識されるためには
その作品が
国境を超えた普遍性を獲得していることが
必要だからだ。

その驚くほどの写実性は、もし北斎が狩野派とともに日本画壇の真ん中にいて、正当な評価を受けていたら、育たなかった可能性が高い。


c0195362_18443944.jpeg


おそらくキューレターさんがよいのだろう。
今回のこの展覧会は
コンセプトがめちゃめちゃおもしろかった!

北斎漫画の力士や布袋さんが、
ドガやロートレックにおいては
美しい踊り子たちに
形を変えるところ。

アール・ヌーヴォーで有名な
ガレのキノコ型のライトの模様に
北斎のトンボの図柄が
まんま大量に使われているところ。

下手をしたら、モリスの壁紙とか
あの辺の美術運動も
北斎から来ているんじゃないか。

印象派以前の西洋の絵画は
ギリシャ美術に由来することもあり、
シンメトリーで
決まりきった構図、きれいな形をしている。

間違っても人物があくびをしたり、
風景の真ん中に木があるようなものは
存在しなかった。

そういう、予定調和が飽きられ、新たな可能性が追求されはじめていた西洋アートの世界で、北斎がどれほどセンセーショナルに受け止められたか。

想像するだけで胸が高鳴る。

モネのジヴェルニーの家に飾られた北斎の絵から、「蓮」の連作が生まれる。
なんて考えただけで、倒れそう。

見たことのない、モネの芍薬の絵や、
北斎の富士山の絵にそっくりな
セザンヌが北斎並に描き続けた
サント・ヴィクトワール山の連作とか

1つの作品が、他の才能に呼応して、
別の偉大な作品を生み連鎖していく様子を
垣間見ているだけで
幸せな気持ちになる。

そしてそれぞれの作品を並べたとき、
オリジナル版の北斎の版画の
驚くほど伸びやかな描線が、
また引き立つのだ。

北斎は北斎であるだけですばらしい。
びっくりするような構図の風景画に
しびれているだけでも満足なのに、

そこからまた世界が
どんどん広がっていくなんて、
感動すぎる♡

いいものはいのちをもっている。
命は、増殖するのだ!


興奮のあまり、滅多に買わない図録を買って
じっくり探求してしまった!


北斎の人物の楽しそうなこと。
北斎の風景の
視点の持ち方のおもしろいこと。

ドローンもない時代に
よくこんなことが考えられたな!


生きているような波に、世界のみんなも心踊ったからこそ、沸き立つ波が巻きついたガラス器や、陶器を作ろうとしたのだろう。

それって、美しいかどうか?
問われると疑問だけど、
ついよく考えずに作ってしまう衝動とか、
そこから伝わる熱が、
なんとも言えず味わい深い。

すばらしい展覧会です♪
チャンスがあればぜひ見てね♡

北斎とジャポニズム展
国立せにて、1月28日まで!
詳細は以下



by terasumonnmoku | 2017-10-28 21:55 | アート | Comments(0)
大切な人を
大切にする。

大切な人のために
時間を使う。

シンプルで
とても重要なことなのに
案外、忘れがちだ。

わたしたちは日常に追われ、

大事なこと、ではなく、
どうでもいいことを
必死で頑張っちゃってたりする。


今日は久々に
母とデート。

母に付き合って
まるっと1日過ごすって
よく考えたら、数年ぶり!

c0195362_17491297.jpeg


新宿の花園神社。
ひかりに見惚れる(^_^)

散歩しながらふたりで
ランチをしたり、

c0195362_17503238.jpeg

お茶を飲んだり

c0195362_18294709.jpeg

ぐったりしたり♪


母の足どりが怪しいので
腕を組んで仲良く歩く。

なんてことない時間も
娘が一緒だと
楽しいみたい(^_^)

人を育てる時に一番大事なことは、
そのひとと一緒に
なにかすることだよ。

と、天才的に人を育てるのが
上手かった夫が教えてくれたけど、

それって育てる、だけじゃなく
すべての人間関係に
言えることかもしれない。

大事な人のために
時間を使うこと。
ともにいい時間を過ごすこと。

日々の慌ただしさの中に
忘れないように。

大事なことを
きちんと
大事にすることが
できますように☆

夜ご飯は合作で
わたしはちゃんちゃん焼きを製作!

c0195362_19162382.jpeg

見た目も豪華?で簡単で
材料も安いちゃんちゃん焼き♪
大好評♡



c0195362_17572240.jpeg



ひかりの美しい秋が
深まっていきます(^_^)


by terasumonnmoku | 2017-10-27 19:41 | Comments(0)
昨日の夜は仕事の後、
坂爪圭吾さんの芋煮会で出会った
Reikoさんのおうちへ

c0195362_22294619.jpeg


あいぼん、りぼーん♡の
あいぼんと、
お友達のひとみちゃん♪


Reikoさんのパートナーの
ももちゃんの作ってくれた
お好み焼きを
みんなでわしわしたべる(^_^)

c0195362_22323666.jpeg

ごちそうさまです\(^o^)/

ひとみちゃんは初対面だけど
あらえびすとつながりがあって
実はネパール仲間だったReikoさんのこともびっくりで、この世界は本当に狭い・笑





c0195362_22330509.jpeg


その翌日の今日は朝から
過労死等防止対策推進協議会の会議。
主な議題は
つい先ごろに出た、
過労死防止白書について。

参加するのは厚労省、 文科省、人事院、組合や当事者など、さまざまな立場の各界の代表30名ほど。

傍聴がマスコミを含め5.60人。
総勢100人近くの規模に
さすがに緊張する。

しかも、周りは伝説のひとばかり。
わたしは一番下っ端で、
でも、なにかは言わなくてはいけないので(という指示がある!)毎回、分厚い資料を必死で読み、言うべきことを一生懸命考える。。。


むーん。

いつか慣れるんだろうか?



c0195362_22360176.jpeg

でも、働くことで命を落としてしまったり、
自分の為に、権利を主張することのできないみなさんの代わりとして貰った委員の枠の1人なので、未熟だろうとなんだろうと、
今の時点での、
自分なりのベストを尽くす。
心臓をばくばくさせながら!

そんな充実の今日もなんとか終わり
ほっと一息(^_^)

まあ少なくとも
生きてるって感じはするよ♡

あなたの今日も
味わい深いものでありますように☆



c0195362_22381563.jpeg






by terasumonnmoku | 2017-10-26 22:01 | Comments(0)

瑠璃色の涙




c0195362_22580207.jpeg





生きることに絶望したOLの、

ヘンテコな冒険!


著者ウタマロさんは、女性らしい。

わたしは死んだことはないが、

死んだひとには結構会っている。

死後の世界ってこんな感じ。

この世界と、あまり変わらない。


だから死にたい人は死なないで、

今の課題をここで、

ちゃんとクリアした方がいい。

身体がある方が、学ぶには便利だし、早いし、苦しいのも早く終わらせる(クリア)ことができる。


文中に出てくる、未来の自分には、

わたしも励まされたことがある。

それも、バスの中で!

あまりにわたしが落ち込みきって

いたから、

見るに見かねたのだ・笑。


明るい楽しげな自分が現れて、


もうちょっとだから。

がんばりなよ。


と言ったのだ!


わたしがいまの先生や、

仲間たちに出会ったのは

それから間も無くのことだった♪



いいよね(^_^)

そういうのって。


きっとあなたにも、

いけてる未来の自分がいる!

どこかで、あなたが成長するのを

今か今かと、待っている。


スピリチュアルだけど、

入りやすい。

どうしても目先の困難にとらわれてしまいがちな人に、お勧めします♪


#瑠璃色の涙 #プレジデント社 #泉ウタマロさん#読書中毒


by terasumonnmoku | 2017-10-25 21:09 | 読書 | Comments(0)
目に見えない存在と
話をしていることがある。

無意識に。


友達と伊勢神宮に行った時も
そうだった。


いい香りのする花があり
みんなでなんだろう?
という話をしていたら
繋がってしまった。


c0195362_16024096.jpeg


「橘」だよ。


と、ほんのりあたたかい色に光る
神さまのお使いさんは言い

にっこり笑った。


もちろん正解。






c0195362_21173991.jpeg

先日は、道を歩きながら
自分が普通に、亡くなった夫と
話していることに気がついた。


えっ?


我にかえり仰天する。


それがまた、

息子とうもろこしに
辛ラーメンを送ったんだけど、
とうもろこしが
わたしたちに似て辛いの好きで
身体にあんまり良くないよね
みたいな、

しょうもない話(;_;)

本当に夫と話しているのか、
想像力が異常に逞しいのかが、
よくわからない。

死んだ人って普通うちみたいに

家にひとが来ると喜んだり、
「そろそろ花瓶の水変えたら
いんじゃない?」とか、
言わないんじゃないだろうか。

考えていたら
虚しくなった。

それで、

もしあなたが本物なら
証拠を見せてよ。
そしたら信じるから。


と、感じ悪く言い放ち、

シンポジウムのチラシを持って、
最近知り合った保護司さん
兼司法書士の先生に会いに行った。


c0195362_16033763.jpeg


先生と陰惨でディープな話で盛り上がり
帰りしにひとりで
お気に入りのカフェに入る。

と、あれ?
聞き覚えのある曲が流れている。

昔、2人でよく聞いた
思い出のラブソング。
ホイットニー・ヒューストンと
誰かのデュエット。


そんな時代の曲が、
たまたま入ったカフェで

この、
タイミングでかかる確率は、
どのくらいだろう?

証拠を見せてくれたのかな?


だけど、もし、そうなら、
どうしてわたしはいつも
どうでもいいことばかり
夫と話しているのだろう。

憑依状態で亡くなった人の声を降ろす
恐山のイタコとはえらい違いだ。


c0195362_21224635.jpeg


つながるときって
わたしが危険な時か
エゴが動いていない時に限られる。
だから、
意図的な会話は難しい。


さんまを火にかけたまま、
ゴミを捨てに行こうとして、
いきなり怒られる。
みたいな時に
わが夫は顕現する。

ばばーん!


c0195362_21282081.jpeg


でもやっぱり、この関わり方は
あまりにもドメスティックで

みんなとだいぶ
違うような気がするなあ。。。。






by terasumonnmoku | 2017-10-24 21:00 | Comments(0)
衆院選が終わった。
みなさんは選挙に行っただろうか?


c0195362_23515176.jpeg


わたしはもちろん、自分の権利を使い倒してきた(๑'ᴗ'๑)
もちろん、たった一人分だけど・笑!


選挙特番が楽しくなるしね。

とはいえ、やることもあったので
ずっと荻上チキさん(シノドス編集者、評論家)がパーソナリティを務める
TBCラジオの選挙特番を聞いていた。

ラジオって面白くて

前原氏は虚空を見つめて呆然としていました
と、レポーターの人がいう・笑
そりゃそうだろう。

c0195362_23524917.jpeg

でも個人的には、行きがかり上応援していた
立憲民主党が大躍進したので
結構盛り上がっている。

どちらかというと今回は
自民圧勝というより、
立憲民主党以外の野党が
大敗したとみるべき。



意外と勝ってない自民。
c0195362_00205598.jpeg

立憲民主党のSNSの使い方は
もう、最高で

例の

東京大作戦。

とか、ハッシュタグをつけて拡散するとか、
聴衆が枝野さんに殺到しているイメージづくりとか

ほんとおもしろかった。

対称的に、安倍総理の演説に
日の丸を大量にはためかせた
統制のとれた
静かな群衆というのはほんと怖かった。

多少は動員された桜もいるんだろうけど
あれは作戦の失敗ではないだろうか。



c0195362_23544749.jpeg

でも、若い世代が自民党を応援しているのは
なんでかわからない。
わたしのまわりの若者たちでも
皇居を掃除したり、
侍魂に燃えたりする、
特に男子が増えているので
そういう流れかもしれない。

しかし思う。

ほんとうの日本人の魂って
そういうものじゃないだろう。

ヘイトスピーチをしている場合ではない。


わたしたちは元来もっと、
誇り高い人たちだったはず。


c0195362_23595260.jpeg

名著「武士道」を英語で世界に出した
新渡戸稲造は
世界平和を祈る人だった。

国際連盟事務次長として、
世界のために尽力し、
あえなく当時議長だったアメリカのウィルキンソン大統領に否決されたが
1920年、第一次世界大戦終のまもない時期に
人種的差別撤廃提案をして、
過半数の支持を集めた
とんでもない実績を持っている。

(てか、アメリカって、
いつの時代も強引なのね)

1933年、日本が国際連盟を脱退。
ふたたび戦争に向かいはじめた年に
病に倒れ、永眠。
彼の寿命がもっと長ければ
日本の、そして世界の歴史は
変わっていたといわれる。


理想を持ち続ける必要がある。
たとえそれが
はるか遠く思えても。

当時ひねりつぶされた人種差別撤廃案は
1929年生まれのキング牧師の
登場を待って、今では少なくとも
それがよくないこと、として
コンセンサスを得ている。


歴史は動いているのだ。


c0195362_23532342.jpeg



by terasumonnmoku | 2017-10-23 23:16 | Comments(0)
今月初め、福島田村市の蓮笑庵で

緑と花と、アートが奏でる
美しさのハーモニーが
絶大な癒しのパワーを持つ。

ということを思い知らされ


家に緑を飾るのが好きになった。


c0195362_22184747.jpeg

わたしたちのお花の先生
ともちゃんが、とっても親しみやすく
お花と遊ぶ方法を教えてくれるから
なおさらである。

花を飾ることにコンプレックスがあったけど、
どんなふうに飾っても
ともちゃんはほめてくれる。
そのうえで、

こうしてもいいね。
ああしたらもっとよくなるね。

c0195362_21422069.jpeg

と、最初の意図を汲んで
どんどんすてきにしてくれる♡

まるで最初から
わたしたち自身に
ものすごい才能があったように・笑

今日はそんなともちゃんのお花の会
<花楽>を、わが tama's cafe で開催した(๑'ᴗ'๑)

まずはおいしい持ち寄りごはん。


c0195362_22094328.jpeg


肝心の花は

ドウダンツツジ、石化柳、百合、紺菊。

ドウダンツツジの色づいた葉が
何とも言えず美しい。


c0195362_21522556.jpeg


みんなでじゃんけんで、花材を選ぶ。

たまたま勝負に勝って、
見事な葉っぱがわたしのもとへやってきた!


c0195362_21440262.jpeg

完成品はこちら。
下の白い台は
ここに来た人がいくらでも泣けるように
ヨーガ講師ぷりが持ってきてくれた
ティッシュの箱。に
まゆみちゃんがタオルをかけてくれたもの・笑

かすかに傾いている!

みんなの作品がこちら!
なんだかみんなとってもすてき♡


c0195362_22080028.jpeg


満足して花の間でお茶・笑

c0195362_21530044.jpeg


みんなほんとに、ありがとう♡

c0195362_21533557.jpeg

みなさんも、台風気をつけて!
あたたかい夜でありますように☆

by terasumonnmoku | 2017-10-22 22:24 | tama's cafe | Comments(0)

真理セラピスト・らくがきすと・即興ピアニスト+社会活動家(過労自死遺族/東北希望の会代表)幼少時より、生と様々な死から多くのことを学んできました。11年のセラピスト経験があり、仕事ではいのちのすばらしさについての、エナジーーワーク的なセッションやワークをしています。頭を現実的に使いながらメルヘンな世界を実現させていきたい。社会問題、スピリチュアルな仕事や宇宙のこと、日常について書いています。


by terasumonnmoku