こよなく愛する。

こよなく愛する。

っていいなあ。

と、思いました。

こよなく。

死語かしら。

辞書で引くと、非常にとか、きわめて、とか書いてあります。

わたしが、こよなく愛しているものって、なんだろう?

地上的なものには興味がなく

家にも、物にも執着がなく

いま持っているもの、全部失ってもきっとすぐに忘れてしまうのに
(家族は別)

最近この、

「こよなく」という言葉に惹かれます。

大事なものについて語る人の言葉は、きらきらしている。

ちょっと

「こよなく」

につながれたい。

執着すると重くなる。
でも、ちゃんと注意して見つめないと
存在しないも同然。

というのは

実にこの世的な仕組みだなあ。

「こよなく」というのは、

ものに生命を与える、ひとつの手段でもあるのでしょう。
(程度の問題はあるにせよ)

出会いが同時に愛の共鳴をもたらすのではなく、

認めること、そして与えること、意志することによって

はじめて交流が起こるって

不思議。

不自由な自由?それとも自由な不自由?

それはそれぞれが、

ものごとの生起する原因を、

どの程度

自覚的につくっていけるかに、

かかっているんだろうなあ。。。。

いっぱいいいことを考えて、どんどんいい原因をつくっていこう。
# by terasumonnmoku | 2009-05-17 00:10 | Comments(0)

本名・前川珠子 らくがきすと・即興ピアニスト・セラピスト&震災復興途上の過労自死で夫を亡くしたひとりの遺族として、さまざまな活動をしています。東北希望の会代表、全国過労死防止センター幹事。高校生の息子<とうもろこし>と二人暮らし。なお、このブログは完全にプライベートな立場からの発信であり、東北希望の会のオフィシャルな活動とは基本的に関係ありません。

by terasumonnmoku