サイキックパワー

以前サイキックエネルギーと、愛のエネルギーを使い分けられるようになった!

とそこらじゅうで自慢していたのがあだになり、

なぜか突然、それも徳ちゃんに、デモンストレーションをしなければならない羽目に陥りました。

サイキックパワーは、わたしが過去生でヨギだったときにやっていた伝授をやろうとする過程で出るのですが
女優のように、気持ち作りから入らなければならないのです。

穏やかで幸せな気持ちだと出なくて、攻撃的でエゴイスティックな気分を作る必要がある。

そうすると、目がつり目になるといわれましたが、ほんとだと思う。大津先生に学んで、エネルギーが変わる以前は、今より全然つり上っていたと思う015.gif

具体的な方法は

①つり目になる。

②伝授をする相手の、一番から五番までのチャクラを制御する。
  (やり方は秘密)

③第七チャクラから一気にエネルギーを入れる。

④第三の目を活性化させる。

というもの。

するとどうなるかというと、

頭が締め付けられるような感じがして、くらくら、ぎらぎらした光が、第三の目にあふれる。

ような感じになる。らしい。

ただ、徳ちゃんの場合はオーラがでかいだけあって、チャクラの制御に手間取りました。

(オーラの大きさはチャクラの活性度合いにより決定され、
チャクラの活性度は本人の学びの進捗具合によって決まるので、
当然学びが進んだ人のほうがチャクラは大きく開いている。バランスはそれぞれ違いますが)

普通の人のチャクラはほとんど動いていないし、伝授を受けていても他の人ならさほどでもないので、一瞬でできる。
が、しかし今回チャクラのコントロールに手こずったせいで、出力を相当上げる必要があり、

そのせいで!あろうことか、

自分のやっていた伝授の一部始終を思い出してしまった031.gif

第三の目を活性化させた後、さらにエネルギーを入れ続け、頭頂から第一チャクラまでパワーを貫通させて、一気にクンダリーを上げる。

という鬼のように恐ろしい伝授だったのです。

なんてことをやっていたんだろう020.gif

そんなものを本気でやったら、ひとが壊れてしまう。
(当時はヨガの修業をたっぷりと積んだ人だけが対象だったので、みんながみんな壊れたわけではないでしょうが、でも全員無事だったわけでもないと思う。)

チャクラは本来、そのひとがどれだけ自他をゆるし、

そのひとのいる正にその位置で、どれだけ愛をあらすことができるか。

という、

いわば魂の学びが進むことによって、

1~7までがお互いに調和をとりながら、

自然に開いてゆくものです。

局部的に無理やりあけるものじゃない。

不幸な人には不幸ななりの、病気の人には病気の人なりの、絶妙なチャクラバランスというものがある。

そこを無理やりサイキックな力で開いてしまうと、精神のほうが持たない。

というわけで、そんなことを得意げにやっていた過去生の(まあ今もそうでしたが・泣)自分に、超げっそりしてしまいました。

更にげっそりすることに、たぶん今でも、愛のスピリチュアルなエネルギーとかいって、サイキックなパワーをさく裂させている人がいっぱいいるんだろうなあ。ということです。

やれやれ。

わたしのやった伝授途中まで。を受けて、徳ちゃんは、(いつもやっているヒーリングとは違い)ほかで経験したサイキックな感じとほんとにそっくりだった。と言っていました。

そりゃそうでしょう。

そのものだもの。

問題は、通常ひとはそんなにいろんな種類の波動を、意識的に使い分けられるものでもないし、
そもそも、エネルギーを出している本人が、自分のエネルギーの質に、気付いていない場合がほとんどだということです。

一種類しか知らなければ比較の対象がないからわからない。


巷にあるほとんどのスピリチュアルなエネルギーは、4次元とか5次元の、なんだかわからない微弱な影程度のものなので、ほとんど影響を気にすることはないと思うけど、

こういう仙人系のエネルギーは(自分で出しておいてなんですが)ほんとに怖い。

わかりやすいから、何か特別なものを感じた気がするだろうし。
(ところで、伝授ではなく、単にサイキックがかった波動を醸し出しているときは、どちらかというと気分が高揚して、自分的にいけてる感じが―個人的には、というかひとのもーします。覚醒してるチックな。つまり、本人はいい気分なわけで、これは勘違いするはず。)

ああ。みなさんどうかどうか気を付けてね007.gif


前述のエネルギーですが、入った瞬間に辞めたにもかかわらず、徳ちゃんは頭が痛くなり、自分のヒーリングで取っていました。

こんなことを喜んでやっていた自分がすっかり嫌になってしまった。

これはもう、ぎらぎらして得意になっている人以外にはやらないことにしよ014.gif
# by terasumonnmoku | 2012-09-14 22:51 | スピリチュアル | Comments(0)

宇宙真理哲学講師、らくがきすと、即興ピアニストぷらす社会活動家(過労自死遺族当事者)働くことから世界を変えるをモットーに、さまざまな活動をしています。合言葉はREBORN.大事なのは、生きることだ!


by terasumonnmoku