ところで、今回の労災の件では、たまたまネットで知り合った方に紹介していただいた弁護士さんに、お世話になっているのですが、

この弁護士さんは気持ちが和むような、とてものんびりした話し方をなさるのです。

のんびりしているのに、こちらが少しでも頭の悪いことを言うと、すかさず突っ込まれるのです。

すごいなあ。頭いいんだろうなあ~。

夫の関係で、理系でかしこい人にはたくさんあったことがあるのですが
文系で切れ味鋭いという感じのひとは(世の中にはたくさんいらっしゃるのでしょうが、わたし的には)珍しい。

むむん。

目の付け所も面白くて、

たとえば夫の抱えていたうちの一件のトラブルに関する、厚さ4センチほどのA4ファイル(その中身はほとんどが図と数式)を、もちろん内容は全然わからないので中にあるメールだけチェックして、説明したら

弁護士さんは中をまったく読もうとはせず

そのメールが発信された日付のみぺらぺらとめくって、必要な情報がないか確認し

「内容がわからないものは、読まないんです。」
とさらっというのです。

更に感想が面白くて

「こういうひとたちは、図と数式で会話するんですかねえ。」

というので、

後で妹(研究者)に確認したところ、

そうだ。と言っていました。

「わたしは違うけど、図と数式で冗談が言えるらしいよ」

おお( ̄⊆ ̄#)

研究者って、まさに宇宙人みたいではありませんかw( ̄o ̄)w。  


このひとと、かつてお世話になった父の友人の検事さんが、法廷で争っているところを想像すると、大変良い感じです。

きっと一瞬も気を抜けない、エキサイティングでスリリングな、いたく気持ちのいいやり取りになるんだろうなあ~。
(何を想像しているんだか)

いや、これが夫のことでなければすごくおもしろいのに。

わたしはかつて、検事さんと、刑事さんと、犯人と、被害者(保険会社にいたころ、会社のお金を300万だまし取られた被害者に、会社代表としてなったことがある。)に会った(?)ことがあるので、

これで裁判官に会えば、頭の中で法廷ができます。

だからなんだということはないんですけど(爆!>)

この弁護士さんと面談していると
いじめ自殺、とか壮絶な内容の電話がばんばん入ってくるので

メンタル面できついのではと思い

大変ですねえ。と素直に感想を言ったら

「ぼくは好きですから、いいんですよ。奥さん(わたしのこと)のほうが大変なんです。動くのは奥さんですから。」とおっしゃってました。

確かに。

わたしも好きですけど、家族の場合はしんどいです。
情緒的抵抗が大きくて、ぬかるみを歩いているようだよ。

でもどうだろう。
実際にそのことについて何か手段を持っていれば
悲惨なことにもメンタルダメージを受けずに向かってゆける、ということなんだろうか。

裁判で勝てばOKとは全然思わないけど

なぜか突然、アルマゲドン的な感想を持ってしまいました。
(意味が伝わらなかったらごめんなさい・・・・・・(T_T))

いや。

そういえばわたしが目指しているのは
ゲドン、ではなく愛だった( ̄ー ̄)ノ

くわばらくわばら。
# by terasumonnmoku | 2012-05-30 08:29 | Comments(0)

宇宙真理哲学講師、らくがきすと、即興ピアニストぷらす社会活動家(過労自死遺族当事者)働くことから世界を変えるをモットーに、さまざまな活動をしています。合言葉はREBORN.大事なのは、生きることだ!


by terasumonnmoku