エウロパ

だいぶ間が空きましたが、みなさん学びは順調ですか??

夫の関係の調べは地味に進んでいて、いろんなことがわかってきました。

それにとうもろこしの学校でのトラブルが重なって、あまりのストレスに(仕事が切れているのをいいことに)、わたしは10日ほど現実逃避し、激しく遊びまくってしまいましたщ(゜ロ゜щ)オーマイガーッ!!

なにをしていたかというと、

めったやたらに友達と会ったり、梅干クラブの先生に泣きついてこんなのを習いつくってみたり
(下・左上側写真参照)、
ともだちのゆきちゃんと、松島の円通寺に数珠を作りに行ったり(同じく右↓完成品)、
ベリーダンス世界一の先生に突然ベリーを習いに行ったり(いやあ。ものすごい腰の動きでしたw( ̄o ̄)w)
大阪にアンマ&友人に会いに行ったりー。。。。

かつて友人を亡くした時はとてつもない放蕩振りで、わけのわからないことをたくさんした挙句、
40度の熱を出して実家に救急搬送されたものですが
(学生時代の友達に、あのころのもんもくちゃんだったら、今頃きっと死んでるね。といわれました・笑)

母ともなると健全です。

お酒も飲まないし、熱も出さない。

むむん。

それにしてもやけを起こして遊びたくなると、遊んでくれる人がいつも周りにどっさりいてくれるのは、われながらすごいと思うのです。

ありがたいっす(ToT)/~~~

くっすん。

こんなわたしを構ってくれてうれしいよ。 

けれど精力的に逃避していると、なんだかダーリンとつながらない。

自分の感情をちゃんと感じてないと、スピリチュアルな感覚が鈍くなるみたい。

生きてない。ってことなのでしょうね<(`^´)>

感情ってなんだろう。

いまこれが課題です。

逃げるのはやめてちゃんと感情を味わおう、と決めると、胸が痛くなります。

そしてそこにダーリンが現れる。

大丈夫だよと、傷を包もうとしてくれるのです。

ほう。

と思いながら友達のミンジェルちゃんに会いにでかけたら(やっぱり遊んでいる・笑)、
突然エウロパという名前の存在につながってしまいました。

そのひと(?)は大きな壺を持って、日本の上に立っており、
壺を傾けて中の水を、大陸に流している。

水には、さまざまな色の光でできた、岩石のようなものが大量に含まれていて

エウロパがいうには、一つ一つが純粋な「感情」でできているらしく

どうやらそれが、すべてのカギになっているよう。

感情。

感情には、抑圧すればするほど、重く鈍いものになってゆく性質があるようです。

怒りの裏には、絶望やかなしみが。

嫉妬の裏には、無力感が。

更に悲しみの後ろには形に対する愛が、

無力感や絶望の裏には、こうありたいという美しい意志が、隠れている。

重く鈍くなった感情は、かちかちと生命を取り囲む壁になり、ぶつかり合うと夫の死のような悲劇的な事件を起こしたりもするけど

それが起こった背景には

夫を取り巻いていた一見ひどく見える人々のなかにも、

夫自身の中にも、

たぶん、

自らが周りや自分にとって、よりよい存在でありたいという強い願いがあったんだと思う。

それがこんな屈折した、理解しがたい現実を作る材料になってしまうことが
すごく悲しいけど

美しい感情が何物にも損なわれず、純粋なままで味わわれていくようになったら

きっと世界は、素晴らしい場所になる。

でも、うちにある感情を素直に味わおうとすると、怖かったりする。

その感覚のあまりの鮮明さに、自分が壊れてしまいそうで。

これがいわゆる、エゴってやつなのでしょう。

ぐっすん。

誰も責められないよなあ。自分がこうなんだから。

がんばれわたし。と、自らを励ましてみたりして。

ところで、エウロパって木星の衛星なのね。海があるんだって。

↓はてしなく増殖するお花座布団
                         と、数珠の図







c0195362_19273920.jpgc0195362_1928758.jpg
# by terasumonnmoku | 2012-05-29 11:29 | Comments(0)

真理セラピスト・らくがきすと・即興ピアニスト+社会活動家(過労自死遺族/東北希望の会代表)幼少時より、生と様々な死から多くのことを学んできました。11年のセラピスト経験があり、仕事ではいのちのすばらしさについての、エナジーーワーク的なセッションやワークをしています。頭を現実的に使いながらメルヘンな世界を実現させていきたい。社会問題、スピリチュアルな仕事や宇宙のこと、日常について書いています。


by terasumonnmoku