真理の学びでは

「感じる」

ってことをものすごく大切にしている。

「感じる」

ことができないと
成長は難しい。

頭で理解したことで
人が変わる事ってないんだよね。

では何を「感じる」のか?

ほんとうの自分

と言ったりする。

宇宙

と言ったりもする。

しあわせ

って言ったりもする。

すべて同じものだけど
言葉によって波動が違うから
現わしている局面も違う。

なんというか、
象の耳としっぽの違い。
それはすごく巨大な概念だから
一つの言葉ではとても表しきれない。

だけど、共通するのはよろこびだったり
ぬくもりだったり、元気づけられたり
という、ポジティブなものが
誰の内側にもあるんだという事。

ハートがあたたかくなる。
文字通り。
自分が好きになり
人が好きになる感覚。

どこまでも自由な気持ち。
皆の中で、調和してね。

c0195362_20290587.jpeg



わたしはエンパスなので
自戒とともにすごく残念に思うのは

エンパスの人たちが感じているものの
99,9パーセントは
いらない情報なんだよね。

それは自分を幸福にしない。


宇宙は溢れるような愛に満ちているのに
エンパスの大概は不快な
感覚に溺れることで

肝心の愛を受け入れ
満たされることができなくなってしまう。

右を向きながら
左を認識することはできないでしょう?

じゃあどうするかというと
素晴らしい自分を認め続けるってことをする。
心が頭をコントロールできるように
まず心が動く回路を
創っていく。

なかまはたいせつ。
ネガティブが好きな人といて
じぶんだけ未来を夢見たり
愛を味わったりするのは難しい。

たまにでいい。
おなじ世界を見ていける人たちと
つながれるといいね。

c0195362_20300366.jpeg

で、その「感じる」こと、
ぬくもりを感じるために
伝授というのをする。
魂の切ってしまったコードをつなぎ
宇宙との回路を開く。

最初のヒーラー伝授くらいだと
まだそんなによくわからない。
その上のセラピスト伝授でも
ひとによっては全然だったりする。

だけど、エナジーワークなんかで感じる練習をしたり
真理を学んだり再伝授したり、
魂が成長するようなこと
心が嬉しくなるようなことをしているうちに

どんどん、ハートの中の宇宙を
感じることができるようになってくる。

しあわせって
めったにないと思っていたのに

理由がなくても
しあわせでいられるようになる。
世界がきれいにみえてくる。

皆がやさしく微笑んでくれるようになる。

感じることを
別の言い方で「魂が開く」ともいうけど
魂が開いた人が嫌いな人はいない。

だってみんな、ほんらいは「愛」だから。

愛に還ろう。

あなたも。

c0195362_20304883.jpeg


明日の珠子塾は満席ですが
3月はまだ空きがあります。
言語化の回。興味のあるかたは是非

あ、あと、2月11日に東京でも珠子塾やります。こちらもぜひ♡








# by terasumonnmoku | 2018-01-16 20:31 | スピリチュアル | Comments(0)

真理セラピスト・らくがきすと・即興ピアニスト+社会活動家(過労自死遺族/東北希望の会代表)幼少時より、生と様々な死から多くのことを学んできました。11年のセラピスト経験があり、仕事ではいのちのすばらしさについての、エナジーーワーク的なセッションやワークをしています。頭を現実的に使いながらメルヘンな世界を実現させていきたい。社会問題、スピリチュアルな仕事や宇宙のこと、日常について書いています。


by terasumonnmoku