タグ:とうもろこし ( 15 ) タグの人気記事

大学生になった、とうもろこし君。

高校までは
真面目を絵に描いたような
太めの野球少年だったのに、
10キロ以上のダイエットに成功。
茶髪に染め

すっかり、

チャラ男

になってしまいました!

c0195362_13302005.jpg

バイトも始め、
華々しい大学生活です。

朝までカラオケ。
友達を家に泊めたり、
泊まりに行ったり。

そんなことをしているうちに

あろうことか
単位を落とし
自分でその授業料を支払うことに!

母としてわたしも
自立し始まった彼と
どう距離を取ればいいのかわからず、
喧嘩したり、文句言ったり・笑

本人いわく

「高校の時とはまた違った
モヤモヤがある」

とのことでしたが、

富士山にのぼって
なんとなく一つ、落ち着いたみたい(^_^)

c0195362_13304540.jpg

9月に入って、彼はお父さんの自死について細かく綴った記事をFacebookにあげ
(友達限定なので一般には見られませんが)
それに100近くいいね。がつき、
50近くのあたたかなコメントが
寄せられているのを見て、
感無量でした。

母としてわたしが目指したことは、


本人が父親の自死を公開しても
ちゃんと受け止めてくれるひと

(わたしはハートはメルヘンですが、頭の中は極めて現実的です)

を彼の周りに増やす。
ということだけだったので、

みなさんの反応が
なんとも言えずありがたく、
投稿を何度も見に行っては
泣いてました。

世の中ほんと、捨てたものじゃないね。


父親の死がつらすぎて
鬼門だった
お墓まいりにも、

決意なしに行けるようになり、

父方のおじいちゃん、おばあちゃんにも
自分で連絡を取っているそうで
成長著しいこの頃です。

*わたし自身は、例のNHKの宇多田ヒカルの特集に出たのが発覚して顰蹙を買い、婚家とは行き来がなくなりました。生き方の問題なので、やむ終えないことと思っています。とうもろこしさえ顔を出していれば、夫も満足なのではないだろうか。むしろとうもろこしが自分で連絡できるようになるまで、こじれることなく、みんなで関係性をがんばれてよかった(^_^)だってとうもろこしにとっては、大切なおじいちゃんおばあちゃんなのですから!

そんなわけで先日は
ひさびさにとうもろこしと、
夜中の3時まで、じっくり話しました。

「母さん、再婚しないの?」
とも聞かれ

再婚してほしいの?

と聞きかえすと
経済的に自立するまで待って。
と言われました・笑



今のところそのつもりないし
まずは君に家族ができるのが先じゃない?
みたいな話をして

一夜明けた翌日はまた
元氣堂で大騒ぎ!

いろんな話ができて、
とても安心しました。
とうもろこし、いろいろ考えてくれて
ありがとうね(^_^)

流れていく時間が
愛おしいです。

未来は君たちのもの。
若者たち、みんなに
楽しい毎日でありますように☆

c0195362_13311590.jpg





ここから先は心して
自分の人生を
丁寧に生きようと
決意する秋^_^









by terasumonnmoku | 2017-09-22 18:24 | 家族 | Comments(0)

一人暮らし1ヶ月。

息子とうもろこしが
一人暮らしをはじめて
ひと月経ちました。

みんなに
「さびしくない?」
と聞かれます。

そりゃあ
さびしいよ。

さびしいけど、それだけじゃなくて、
いろんな感情が入り混じっている。

どちらかというと、

慣れない、
っていうのが一番大きいかな。


この感情の混ざり具合を
音楽のコードで言うと

A♭m7


なんとも
不思議な味わい。



どんな変化もよいものです。
生き物として自然だから。





という前提がわたしの中にある。

じたばたしながら、
もろもろの感情と仲良くしよう♡

そんなじたばたの過程として、

(たまたま用事があり)
このひと月で三回
とうもろこしに会いました。



新しい関係性での、
距離感がお互いにつかめず
泊まりに行って
めっちゃ嫌がられたりΣ( ̄ロ ̄lll)、
まあ、いろいろあったのですが、

そのおかげで、
ギフトエコノミーの
ひろしくんにも会えたし!
腹ペコあおむしツアーにも行けたし、

ほんと、宇宙のやることに
無駄はない・笑

とうもろこしの生活はおかげさまで
極めて順調で
親としては嬉しい限り😊

高校時代の、悶々とした生活が嘘のように
炸裂しています。
手放してはじめて
与えることのできた環境の
価値がわかるそうなので、

きっと、わたしの育て方が
よかったに違いない( ̄ー ̄)


そんなわけで話し合いの結果
夜はひと月ぶりに
わたしの実家で

おじいちゃんおばあちゃんと4人で
おいしい、しゃぶしゃぶと
鯛めしと!鯛の煮付けを食べました♪



この鯛、別の鍋で煮た
ごぼうと人参の短冊がのっています。


台所に立つのも
しんどくなってきているおばあちゃん。
とうもろこしが来てくれて
どれだけうれしかったんだろう☆

おじいちゃんは毎晩、
とうもろこしのごはんを心配してるし

そういうのも、
ありがたいね(^_^)

家族は作るもの。

変化するたびに
あたらしいかかわりを作っていく。

c0195362_16080716.jpg










by terasumonnmoku | 2017-04-30 20:28 | 家族 | Comments(0)
先日うちの受験生と彼の水筒のフタを

どっち向きに立てるか?

という、わりと
しょうもないことで口論になりました🌟


その時の、

「まあ。おれがうるさいこと言うのも
あと2ヶ月だからね」」

(彼はこの春から一人暮らし予定です.
たぶん、きっと)

という言葉にかちんときて

「うるさくても、母さんは
君が一緒にいたほうがいい

ぶつぶつ言ってみた。

言われることが不本意そうなので、

「君を引き止めるつもりはないから、
言われるくらい、がまんしなさい」

と畳みかけると、

「へいへいへい。」

と、アタマを振りながら、

しかしおれも、切れなくなったよな〜
といいながら息子とうもろこしは
自室に引き上げて行きました🌟

c0195362_17232572.jpg


本音と建て前ってありますが、
これはばりばりの本音です。


自分の気持ちで、
ひとをコントロールしてはいけないけど


どんな意見を持つのも、
どんな気持ちなのかを伝えるのも自由。


いやな気持の奥には、守りたかったり、
関わりたかったり、大事だったり
という形を変えた
愛ややさしさが、必ずある。




「本音」って、みんなが思うほど、
深いものでも、深刻なものでも、ない。

現実のどうしようもなさや
相手の意見や選択を

すぐ受け入れたり、
割り切れなくたって、いいじゃない?


だって、

「人間だもの!」

笑!

それに「本音」って
言わなくても持ってるだけで
結局、伝わっちゃうんだよね。

言っちゃって大丈夫だし、
むしろその方が


ずっとすっきりする☆


なんてことを
メンタルトレーナー橘智子さんの
大谷選手のWBC断念に関する
この記事を読んで思いました(^-^)

<本音は最高のメンタルコーチ>

c0195362_17243016.jpg





写真は朝方作った、
可愛い雪だるま。

降りしきる雪に、
なぜか今日は
春の匂いがしました♪







c0195362_17241072.jpg








by terasumonnmoku | 2017-02-08 21:48 | 家族 | Comments(1)
と、いうわけで、
受験シーズン真っただ中の
わが息子とうもろこし。


本番3日前の体育の授業中に
張り切りすぎて足の靭帯を損傷する!
という、盛大な厄落としをした
甲斐あって(笑)

c0195362_20544696.jpg



センター試験
無事終わりました*\(^o^)/*


結果は、まずまず。


欲を言えばきりはないけど
とうもろこしは
持てる力を順調に発揮。
おかげさまで予定通り
志望校を
受験できそうです!

名前も書いてあるか
4回確認したそうなので
たぶんだいじょうぶ(๑'ᴗ'๑)


後輩からは合格鉛筆。
ぷりちゃんからは合格祈願パンツ!
そしてかなちゃんからは
合格お祝い(笑・してないけど)小梅ちゃんなど

c0195362_20550600.jpg

物心ともに愛されている
とうもろこし。

みなさま応援、ほんとうに
ありがとうございますm(_ _)m



何しろうちの場合昨年7月末まで
明日も見えない感じの成績
のひとであったので

ほかのみんなと並んで
受験生をやっているだけで
感動もの ':・:*:. ☆ .:*:・:'

みんなから見れば普通のことが
もう、うれしくってしょうがない٩(ˊᗜˋ*)و✧*。

ほかの受験生のみんなはどうだったかな?
ちゃんと実力発揮できたかな?

それぞれが、それぞれの望む道に
進んでいけるといいね!
センターの結果がどうでも
最終的には
きっと最高の道が開けるはず。

そのセンター試験の初日は大雪で
町中が「どんと祭」でにぎやかでした。


c0195362_20552517.jpg


切るような空気の中の
裸参りはさぞ寒かろう~。


c0195362_20562479.jpg
それにしても
街のいたるところからやってくる
裸参りの行列って
なんとも

「プリミティブ」(ノ゚ο゚)ノ ~




わたしたちの文明は、
実は裏側で、こうした素朴さに
支えられているのかもしれない!

これぞまさに
フランスの社会人類学者
レヴィ・ストロースのいう


「野生の思考」

的なものなのかもしれない!



だっていくらお祭りだからと言って
街中からわらわらと
半裸の人が出てくるのです。


普通に考えたら
ちょっと

びっくり!
でしょう?

c0195362_20565298.jpg



とにもかくにも、


まだまだ受験生の冬は続きますね。

受験生もそうでない方も
ぬくぬくとあったかくして
心豊かな冬を
過ごしましょうね~ଘ(੭´ ꒫`)੭

家があって布団のあるしあわせを
かみしめよう~♡


c0195362_20584073.jpg





by terasumonnmoku | 2017-01-16 20:53 | 家族 | Comments(0)
今日は息子とうもろこしのお誕生日。

いままでの人生で
もっともうれしかった日です♡

3日がかりの難産の末に

我が子と対面した時の喜びは
忘れられない。

よく少女漫画の背景に
花々が咲き乱れている絵があるけど
ほんとあんな感じ・笑。

家族ってすごい。

その人の存在がそこにあったり
なかったりするだけで、

たったひとりの同じ

「わたし」


世界で一番
幸せな

人にも

世界で一番

不幸な

人にもなれる。

そんなにも、大事な存在に出逢えるなんて


人生って、なんてすばらしいんだろう。


これはもう、ありえないくらい
すごいことかもしれない(ノ゚ο゚)ノ ~

そんな日頃の感謝をこめて
ぶきっちょながら
お誕生日ケーキを作りました・笑。


大変なことがあるのがわかっているのに、
あえてわたしたちのもとに
生まれて来てくれて、
ほんとうにありがとう(^-^)

c0195362_21472207.jpg

このケーキ、じつはネームのクオリティが、
笑えるほど低い。見えないけど!

来年は、
たぶんケーキは焼けないと思うので
今年は貴重なチャンスなのだ。

目の前のことを
自分なりに一生懸命やるって
すごく大事。

<生きる意味>とか
<ミッション>みたいな
意識高い系の理想だって
さもない日常から生まれるはずだから。


今日も、可愛い妹や甥っ子や、
両親の愛情いっぱいのバースデイソングが聞けて、心ほんわり☆


そうそう。
話題の「しぶんぎ座流星群」って
こっちでも見えるのかな?

幸福を連れて
流れ落ちてくる
たくさんの流星たちを感じながら、

足元大事に、生きていきましょうね♡











by terasumonnmoku | 2017-01-03 21:11 | 家族 | Comments(0)
子育ては、思春期の前までで
ほぼ勝負がついてしまうのではないか。

と思う昨今。

自分が息子に伝えて特に良かったな
と思っていることを2つ。

1.きみは心の美しい子どもだよ。
と、教えてあげられたこと。

そりゃ生きてれば、
いろいろあるだろうけど、
それはきみが「人間」だからで、
心が汚いせいじやない。と。

これはわたし自身が、思春期の前に、
教えてもらいたかったこと。
性的な問題も出てくる頃なので、
男の子は尚更必要かもしれない。

2.自分がやりたいと思ったことは、
基本なんでもできる。ということ。

*ただし、世界征服など大勢のひとが関わることではなく、
個人の努力で完結することで、
かつ実現のタイミングを限定しなければ
という条件付き(^-^)

「嘘だあ!」

と、最初は驚いていたけど、
ちゃんと伝わったらしく、
おかげさまで、とうもろこしにはやりたいことがいっぱい!


c0195362_15554831.jpg


息子の高校卒業=
わたしのお母さん卒業を目前に、

母業の総括に入っている。



親の最も大切な仕事は、子離れ。

子どもが1人の人間として、
社会と関わりながら
生きていけるようにする。

という目標に向かって、

心楽しく、本人と距離をとっていく。

大学に入るとか、就職するとかは
ただの方法論。
生きていく上で、
装備はいいほうがいいよね。
くらいにしか考えていないけど、

人とつながる力と、

精神的な自立は
ほんとうに重要。

困ったときに誰かに助けてもらうには
本人が
精神的に自立している
必要がある。

わたしがいなくても
生きていけるように。

倒れても、
教訓を掴み取り
どこからでも立ち上がって
また楽しく生きていけるように。

とうもろこしは大丈夫そうだけど、
わたしがいまいち心もとないので
せっせと新しい自分を作っています(^-^)



ばいばい♪
古い自分。

c0195362_15561462.jpg


こんにちは!
新しいわたし。

自由な毎日は
きっとすっごく楽しいよ☆彡


c0195362_16031998.jpg

大好きな、ポール・スミス特集。

ボタンの壁の前で
珍しくご機嫌な自撮り🤳・笑。







by terasumonnmoku | 2016-12-28 17:57 | 家族 | Comments(2)
朝からお弁当作りとあさごはん(๑'ᴗ'๑)
今日のお弁当の中身は「えのきのぶたまき」☆

c0195362_20501187.jpg


*なんでお弁当をたまにアップするのかというと
別に自分の料理がすごいと思っているわけでは全然なくて、

まったく家事をやらないように見えるわたしが、
こういうらしくないことをすると
よろこぶひとがいるから(ノ゚ο゚)ノ ~
一応主婦はちゃんとやっていたはずなのにおかしいな。




それから、昨夜ドトールで勉強中に<カフェモカ>を飲んで
夜眠れなくなった!
とめちゃくちゃ眠そうな息子とうもろこしを
ひさびさに学校まで送っていきました。

とうもろこしはふだんほとんどカフェインを摂らないので
劇的に効くらしい・笑。

くるまの中でも
受験生はストレスマックスで

勉強しても(わからないと)ストレスフルだし、
しなくてもストレスたまるし
逃げ場がないんだよ~

とぼやいていましたが、
はたから見ていると、
毎日がとっても充実してるように見える!
自分のやりたいことに
素直に向き合っている人って

当人はいくらストレスマックスだとしても
はたから見るときれいなんだな・笑。

自分に向き合ってますか?
やりたいことをやらず、妥協してはいませんか?
誰かの都合にばかり合わせてない?

しんどいけど
好きなことをやるのは楽しいよ♪

生きてる感じがする~ଘ(੭´ ꒫`)੭

どんなつまらないことでもいい。
自分に「楽しい」を味合わせてあげよう☆彡

でもほんとは、
自分ができないとかそういう思い込みを捨てて
ブレーキを外せば
もっと生きるのが楽になる。
そういう方向で生きていこう。

だめだと思えたんだから
できるとも思えるはず。

どっちもただの思い込みで
机とか椅子のように、実体としてそこにあるものではないのだから。

c0195362_20505234.jpg

そんな夜は、「過労死防止白書」の勉強会でした。
今年厚労省から出たこの白書。
白書の内容は、まあしょうがないよねえ。って感じですが
この勉強会を開いてくださった
産業医学センター長の広瀬先生の

「死ななければいい。ということじゃないんだってことを
我々はもっと考えなくちゃいけない。

長時間労働で、いのちは落とさなかったとしても
仕事にほとんどの時間を割かれ
そこにその人の生活も、地域活動も、家族との良い関係もないとしたら
それは生きているとは言えないんだということを
言っていきたいと思います」

という言葉に、深く感動してしまった。
あたりまえのことだけど、そのあたりまえを言う人は少ない。

広瀬先生は「過労死」という言葉が生まれる前から
働く人の健康を守ろうと
医師としてこういう運動を続けていて

その過程では
きっといろいろなことを言われてきたのだと思うけど
その仕事に賭ける信念が
「過労死」という言葉が普及し
救済の対象になり始めた今につながっているということを
しみじみと思い、感謝したのでした☆







by terasumonnmoku | 2016-11-16 20:49 | 家族 | Comments(0)
忙しい日々もとりあえず落ち着いて
だいぶ、家がきれいになってきました・笑。


近ごろ息子とうもろこしは
めっきりと大人になり、
母親へのほのかないたわりを
感じるほどで、

本人が受験で大変なのに
こんなことではいけないと
反省中。

学校の保護者会にも行ってみたけど
もう二次試験の時のホテル確保とかが始まっているらしい。
恐るべし。

c0195362_22564225.jpg

そんなわけで、日ごろやらない学校への送迎をしたり
(写真は朝の公園)、

久々に手をかけて?ご飯を作ったり。
(単なる鶏ハムですが、息子分はこの2.5倍)

c0195362_22565839.jpg


以前は東京でバンドをやりたいから大学に行く。
と言っていたのに
最近では、

「有機化学」を勉強したいから
あの大学に行きたいんだよ。

と言い始めたとうもろこし。

なんと勉強の面白さに目覚めたらしい(涙)

その勢いは大変なもので
日ごろ持ったことのない鉛筆を握りしめ
突如勉学にいそしみまくった結果、
なんと、腱鞘炎を発症するまでに(ノ゚ο゚)ノ ~

整体に行ったり、なかよし富くんに針を打ちまくってもらってしのいだりしています(๑'ᴗ'๑)
しっかし男の子って極端だな。
あれだけ見向きもしなかった勉強なのに!
鉛筆を持つ筋肉が、いかに退化していたかがしのばれる。

東京に行くことを決めて
めっきり自立に向けて意識が高まっているらしく、

前述のそこはかとない親への思いやりも
その自立心の芽生えととともに育っている気がします( ´艸`)


やりたいことをやる。
ことの偉大さを

改めて教えてもらった気持ち。

でもそのタイミングは
あくまで本人が決めるんだよね。

とうもろこしも時間はかかったけど


「楽しいと思うことがひとつもなくなってしまった」

という記憶のない抜け殻の状態から、


「とりあえずなんでも、
やりたいことはやってみようと思う」

と、バンドに野球に、富士山登山にと
猛然と遊びまくり、
激烈に忙しい青春時代を経て

舵を振り切って
全力で勉強に向かうって
とっても正しい道のりであったのではないだろうか。

最悪なころは、暗闇の中を歩いているみたいで、
頼るのは息子を「信じる」自分の気持ちだけだった。
本当に心細かったし、何度もめげそうになったけど

結果的に、歩いてきた道は最善だった気がします٩(ˊᗜˋ*)✧*。

だから今悩んでいる子も
きっとだいじょうぶ  ':・:*:. ☆ .:*:・:'
自分のペースで
ゆっくり大人になろうね。
そして親は、ゆっくり大人になる子供たちが
転んだり、失敗するのを
ちゃんと受け止めてあげようね。

すべてが、かけがえのない経験になる。


試験はどうなるかわからないけど
きっととうもろこしにとって
ベストな結果になるに違いない☆彡

あ、めっきりおとなになったとはいえ
でも相変わらず
自分の好きなおかずは
平気でわたしの皿からとっていくし
(ほや、とか、はるさめ、とか!)
世界一臭い靴下は投げてくるし
その辺は相変わらずです~・笑。












by terasumonnmoku | 2016-10-28 22:54 | 家族 | Comments(0)



c0195362_13553872.jpg


おはよう!今日は雨模様だよ(^-^)

と、朝、息子とうもろこしに声を掛けると、

「きらいっ!」

と、元気のいい答えが返ってきた・笑
気持ちいいほどに、きっぱりと。

年中初夏のカルフォルニアに住んでいたことがあり、
毎日変わらない天気にほとほと退屈した経験のあるわたしは、
変化の多い日本の天候が、大好き❤

だから彼の鬱屈にも、
天候にも左右されることがない。
学びはひとそれぞれですね(^。^)

受験を控えた息子は最近とみにナーバスで、
細かなところが気になるらしく、
特にベタベタしたものに極度に反応する。
ベタベタしたものって、まあ、誰でも嫌だろうけど・笑。

本人もそこに気づいたらしく

「おれ、しょっちゅうベタベタしてるって言ってるよね」

と自分で言っていた。

「母さんはいろんなことで頭がいっぱいで、今は手が回らない。
だから自分の不快感は、自分で解消してね」というと、

突如山盛りになった食料庫を、せっせと片付けてはじめた・笑。

「これが賞味期限切れで
これがまだのやつ。
こっちが早く食べたほうがいいのだよ」
と、爽やかに言う。

c0195362_20291136.jpg

なんとすばらしいんだろう(ノ゚ο゚)ノ ~

相手のペースに飲み込まれないということが以前はできなくて、
ひとのイライラや不安や不幸をまるごと吸収し
必死で対処しようとしていた。
言われるままに謝ったり、
言うなりに動いたり、
ヒーリングしたり、エネルギーを送ったり
話を聞こうとしたり。
思いやりというより
大事な人が苦しんでいるところを
自分が見たくなかったんだと思う。

それは、まったくとはいわないけど
本当に守りたい人の
絶体絶命のピンチを救う役には立たなかった。

第三者が不幸を吸収すると、
学びが進まず、共倒れになる。
自分の葛藤を解決するのは
本人の責任で、
例え家族であっても手は出せない。

できるのは、ただ学んでいるその人を
まるごと受け止める事。
そのひとの感情を否定せず、相手を信頼し、
本人がそれを解決するところを見守ること。

ただそれだけで、状況が変わってくる。

それにしても、やっぱりべたべたはまずいなあ。
落ち着いたらちゃんと掃除するね(とほほ(´;ω;`))






by terasumonnmoku | 2016-10-17 20:30 | 家族 | Comments(0)
先日、しばらくぶりに棚の一角を整理していたら
こんな紙が出てきました(ノ゚ο゚)ノ ~


c0195362_18251550.jpeg

一番奥にあるのは、息子とうもろこしがわたしに将棋の駒の動き方を説明してくれた時のメモ。

彼が小学校三年生くらいの時のものです。
うちの斜め向かいに、大学の外国人宿舎が建っていて
とうもろこしはよく、そこの子どもたちと遊んでいました。

中国人の子と、モンゴル人のこと三人で野球をしてガラスを割り
みんなで手土産をもって誤りに行ったことも!

こどもっていいな・笑。

親ばかなので、劇下手な字でもうれしい・笑。

最近の彼は、

>胃が痛い

と言いながら、受験勉強に取り組んでいます。


携帯のゲームアプリも、ツイッターも削除し、トイレにも居間にも洗面所にも、参考書を設置(゚o゚;;
暇さえあれば見る。


なんでそんなに胃に来るのか、と思ったけど、考えてみれば勉強放棄の4年間の後の受験勉強で、

日々彼は「わからない」に直面しているわけで、それはきついにちがいない。
もっと簡単に入れるところもあるのに、あえてチャレンジを選ぶなんて!

男の子って、すごいですね~(ノ゚ο゚)ノ ~



それにしても、ふとみると、先日買い替えたばかりの机の上に

マジックででかでかと「東京へ行くぞ」

と書いてある。(志望校が東京なのです)


以前は持ち物のすべてに「虫」と書かれていたものですが

いまは「勉強」で

携帯の待ち受けまで「勉強」です・笑。


形から入るタイプなのだろうか???


c0195362_18255162.jpeg


写真は先日仕事の時にいただいた、チーズ饅頭。スーパー教師、暗殺教室の殺(コロ)先生にそっくり。
とうもろこしに、コロ先生をプレゼントしてあげたいけどできないので、せっせとおいしいご飯作りに勤しむ日々を過ごしています☆

お弁当作りも、あと何個かで終わる世界。


c0195362_18302683.jpeg


「最近ご飯がおいしい」というので
「心を込めて作ってるからね」
というと、
「今まで心を込めてなかったのか」と憤慨されました・笑。

毎日のことだから、そら、気が載らないこともあるよ✧٩(๑❛ᗨ❛๑)✧


できるときは心を込めて
できないときは心楽しく手を抜いて
子どもとの毎日を楽しみましょう。

かならずそれは、いつか通り過ぎて行ってしまうものだから。

前述のメモは結局捨てられず、元あった場所にそっとしまわれました。
またいつか目にする日まで、黄色くなってもとっておくんだろうな・笑。
わたしたちも何かを超えたみたい。
過去と現在がようやくつながって、時間が新しく流れ始めました。




by terasumonnmoku | 2016-09-15 18:03 | 家族 | Comments(0)

宇宙真理哲学講師、らくがきすと、即興ピアニストぷらす社会活動家(過労自死遺族当事者)働くことから世界を変えるをモットーに、さまざまな活動をしています。合言葉はREBORN.大事なのは、生きることだ!


by terasumonnmoku