こんにちは!毎日暑いですねー。
みなさま、いかがお過ごしですか?

追試を落としたにもかかわらず、とうもろこしがギター三昧で、
つられて家出君までもが、あまりに勉強をしないので
わたしはぶちきれて、久々に激怒してしまいました。
家出君は後がないんだよ!
あなたがちゃんと勉強しなくてどうするの!

ご飯も作らず怒っていたら、とかく空腹に弱いとうもろこしは耐えきれず
これまたひさびさに、うるせえ!と言って家を飛び出してしまった。

ふたり暮らしの狭いマンションの一室で
家出君と、わたしと、なぜかその時うちのお風呂に入りに来ていた
希望の会の関わりの10代の姉妹と、お母さんの5人が残された。
それでも女子高生のお姉さんにとって、我が家は居心地のいい場所だったらしく
夏期講習の間中、ここにお風呂に入りに来るのが、本当に楽しみだった♪と
にっこり笑い、BFが哲学好きで、これから書く予定の哲学書のタイトルを
思いついてはメールで送ってくる、と教えてくれた。
その名も「価値の創造」!
高校生、最高(T_T)

わたしが感心していると、彼女は楽しそうに家出君に
「もし家に帰りにくいんだったら、あたしが一緒について行ってあげるよー☆」
などと言っている。
それはますます、まずいんじゃないのかw( ̄o ̄)w
(その後とうもろこしは、ツタヤで立ち読みをして、一時間ほどで帰り、バクバクご飯を食べて
家出君とふたり仲良く、洗い物をしていました。それから、じゃっかんは一緒に勉強するように!)

7月31日にやってきた家出君。
ほんとうに帰りたくない様で、家のカギはなくすし、携帯も持っていない。
自宅の電話番号もわからない。と言う。
さすがに一週間。連絡もせず、未成年を黙って預かるのはまずい。誘拐犯に間違えられるかも。
関わりを持つにしても、一度は親のところに返さないと。
というわけで、アポを取り、日ごろお世話になっている国分町駆け込み寺に、ふたりで相談に行くことに。

ひととおり話をして、今後の打ち合わせをして
家出君もすっかり安心した顔になりました。
全ては明日。いろいろうまく行きますように。
高校を無事に出るまで、彼が生き抜いていけますように。

そんな中でも毎日は続いていて、先日亡くなったえなちゃんのお葬式に
友人がわたしの描いた絵を持って行ってくれました。
↓この絵を見て、お母さんが「えなだ」と言ってくださったのだそう(T_T)
絵が描けて、よかった(T_T)
えなちゃん。本当にこんな感じだったのです。

あなたの魂が、しあわせでありますように。
いつも輝きに、満たされてありますように。

今ここで生きるすべてのみなさま。
亡くなられたすべてのみなさまの魂に、祈ります。
c0195362_16061829.jpg



by terasumonnmoku | 2014-08-08 16:22 | 駆け込み寺その他 | Comments(0)

僕はダメ人間。

毎日暑いですね。
昨日わたしの住んでいる地方ではものすごいスコールと雷が鳴り
大変な騒ぎでした。
皆さんご無事でしたか?

すぐそばの避雷針に雷が落ちたという話を、とうもろこしからも
いま、うちに来ている家出少年からも聞いたけど
ニュースでは特に被害は出ていないようなので
それでも、人類は進歩しているのかもしれないと、いきなり頭が飛びました(笑)

ドリプラ世界大会初合宿の刺激がようやく収まってきて
ようやく、その場でいただいたメンターカードを読む余裕ができてきました。
みんなすごいな。
すばらしい活動だー。
がんばろー(と小さくガッツポーズ)

地球全体が激動していて、戦争も起きていて
個人の生活も大きく変動しているようで
わたしにも大変あわただしい毎日が続いています。
きっとみなさんも、そうなんだろうな。

しばらく前から、闘病中の友人が
一昨日亡くなりました。
わたしが彼女と会ったのは、ほんの数回なのに
夫のお葬式にも来てくれて、一緒に心を痛めてくれた。
ある時点で、体の寿命は尽きてしまったけど
心は最期まで死ななかった。
最期まで、その短い生涯を、死へ向かってではなく、生へ、生きることに向かって
全うして逝きました。
かっこよかった。
いつかまた会おうね。えなちゃん。

その同じ日に、以前家に来ていた家出少年が再登場しました。
高校の単位をすべて落とし、家から追い出されたそうで
今回はまっすぐうちに来てくれたらしく、
前ほど悲惨な感じではなかったので、詳しく話を聞いたら
やはり家に居場所のない状態のようだった。
だからここは腹を決めて、とうもろこしとふたり、できる限り彼に関わっていくことにしました。

大したことはできないけど、一緒に生きて行こうと思う。
なので突然子どもが増えてることがあるかもしれないけど、
何かの折にはわたしたち親子ともども、どうかよろしくお願いします m(__)m

彼が家に泊まりに来た翌朝、徳ちゃんが絶賛していた加地等さんというミュージシャンの
「僕はダメ人間」という曲を三人で聞きました。
僕はダメ人間。国民年金払ってない~
というどうしようもない人の話で
それなのに、ボブ・ディランのようにさわやかで
なんか、ダメでもいんじゃない?と思わせてくれる曲なのです。
それまで、のめりこむようにゲームに埋まり、ほとんど話もしなかった少年が
ゲームから手を離して聞き入っていた。

それは、とても不思議な時間でした。
にしても、このCDはものすごくえぐい中身で
確かに聞く人を選びます。
「誰にでもは勧められないけど、もんもくちゃんなら、気に入ると思う」って教えてくれた徳ちゃん、
どういう意味か知りたい(笑)

さて、わたしはこれから、残業代ゼロ法案に反対しに行こうと思います。
みなさまも、よい一日を!(^○^) 



by terasumonnmoku | 2014-08-02 14:05 | Comments(0)

美しいこども。

とうもろこしを見ていると、「なんて美しい子どもなんだろう!」と思う。(親ばかです。もちろん・笑)
彼のことを、本気で心配していた時は、この美しさがまったく見えなかった。

塾や、学校に行けなくなりそうだとか、
成績が急降下して、将来が滅茶滅茶になるんじゃないか。

なんていう、今考えるとどうでもいい、来てもいない未来の不安で頭がいっぱいで
苦悩の中で必死に生きようとする彼を
まるで見ていなかった。

自分が十二分に辛いのに、母がそれじゃあ、きつかったろう(T_T)

今も成績は超低空飛行だけど
勉強しようとはしているし、プレッシャーも感じている。
ひとにつながり、人間関係を自分で創ろうとしているし、
やりたいことを見つけ、そのなかからできることを少しずつ少しずつ、
自分の力で実現しようとしている。
自分の頭で考え、悩んで、動いて、なにかを摑んでゆく過程こそ、まさに「生きるということ」だ。
そのようにしてとうもろこしが一つ、何かをつかむたびに、輝きを増してゆく様子を、
途轍もなく美しいと思う。

彼が、まだ子どもらしさを保っているうちに(それも、あと僅かなのでしょうが)
そこに気づけて、ほんとうによかった。

とうもろこしに限らず、こどもはみんな、すごい。
みんな自分のお父さん、お母さんが大好きで
お父さんとお母さんが不幸だと、自分のせいだと思う。

以前、2日間の放浪の果てに、真っ暗なオーラを背負ってうちにたどりついた家出少年は
最後の夜、手作りの革の財布を出して、わたしに見せてくれた。
「これ、おとうさんが作ったんだ。
教室に習いに行ってできた初めてのやつだから、自分で持っていたかったんだろうけど、
ぼくにくれた。」
家でどんなことがあったんだろう。きっとひどい思いをしたんだろうに、
うちに来てもずっと黙っていた彼は、わたしにはじめてそんな話をすると、少し元気になって家に帰って行った。

喧嘩する両親を心配して、そっと玄関に折鶴を置いて学校に行く女の子や
お母さんが不安定になったことが心配で、夜泣きしてしまう小学生。
苦しい状況の中で必死に生きている子どもたちを見ていると、その心の美しさに、泣きそうになる。

親だって完全ではない。
今生きている大人の中で
しあわせいっぱい!といつも思っている人がどのくらいいるだろう?
ほとんどの大人が、ごくたまぁに「幸せ」を、ちらっと垣間見るだけなんじゃないだろうか。

親が不幸なのは子どものせいではないのに、
なぜか子どもは自分を責める。
だから、「自分が悪い子だから」「自分が嫌い」と思う子が増えてしまうのも当然だ。

全ての大人も、かつては誰かの頼りない、小さな子どもだった。
もしあなたが、「自分が嫌い」だと思うなら、
そばに幸せなモデルがいなかったからに違いない。

だからといって自分の状況を今さら親のせいにしても、環境のせいにしても
なにも変わらないし、はじまらない。
何かを変えたければ
わたしたちは、一から「しあわせ」を始める必要がある。
自分を好きになったり、大切にしたり、しあわせを感じる
練習が。

あなたもわたしも、とうもろこしや、すべての子どもたちと同じように
はじまりは「美しい子ども」だった。
複雑怪奇なこの世界で、熱心に周りに振り回されているうちに
心を亡くしてしまったような気がするだけで、
美しい子どもは、いまもわたしたちの中で、ちゃんと生きている。

ただ、気づいて、一緒に生きて、くれるのを待っている。




 








by terasumonnmoku | 2014-07-19 21:47 | Comments(0)

生きる意味が見つからないなら、自分で創って育てちゃおう!というブログです。やっていることはさまざまですが、常に生きることに向かっています。

by terasumonnmoku