もう苦行はいらない。

高校、大学の発表が終わりましたね。

それぞれにいろいろあった
わたしのまわりのこどもたちも
無事行き先が決まりそうで、
ほんとうにうれしいです(泣)

こどもって、すごいなあ!
周りの大人さえ判断を誤らなければ
どんなことがあっても、すべてを糧にしてそこから前に進んでいける。

その生命力にほれぼれします(๑'ᴗ'๑)

いろいろあったぶん、
みんなはきっと、すてきな大人になる。
先日会った福祉関係のNPOで働く若者も
数年間、引きこもりだったのだそうです。

だからなのか、ダメージを負った人に対する対応がやわらかくて、
見ていてとても暖かな気持ちになりました。

「お仕事大変ですね」とその彼にいうと
目をきらん☆とさせて、
「それが仕事ですから!」
とさわやかで
ぐっときてしまった・笑。

ところで、ひとの体験と、現時点でのエネルギー状態には、
直接的な相関関係がない。
ということに最近気づきました。

ハードな体験が、穢かったり重いエネルギーを作るのではなく
それをどう解釈するか、どのくらい消化するかで
見え方も、その後の状況も全部変わってくる。


もちろん、ショックなことがあった直後は
誰でもオーラがテレビ画面の<砂嵐>のようになってしまいますが
ここで言っているのは、そこから時間がたったのちのことです。

ディープな体験を昇華していくことには
それなりの意味があり、
そのひとの魂に大変な深みを与えてくれるようです。

ただ、ハードさが重要なわけではありません。

学びというのは、本来は

「自分やひとの本質がいかにすばらしいか」
を認めていく作業です。

それは苦しい修行によって勝ち取るものではなくて、
絶え間なく自分自身を、日常的に使う言葉や
行いによって、新たな光へと変容進化させてゆく過程です。

反省して、悔い改めるのは重要ですが、
そこに引きずられる必要はない。

それに、新しい自分を見つけるために、いちいち大変な状況を設定していては
身が持ちません。

ハードな学びはもうこりごり!と思う方、
もう苦しい「修行」はやめると決めた方には
わたしの師匠のセミナーを絶賛お勧めします。

怖かったりつらかったりするときは、
そこに耐えてきた過去の自分に、ありがとうを言ってみませんか?

どんなことがあったととしても
そこを生きてきた自分は精いっぱいやってきたのです。
かなりな無理もしたはずです。
もうじゅうぶんです。

感謝して過去を手放し、
喜びで生活をいっぱいにして、
さまざまな豊かさを自分に体験させてあげましょう。
虹色のトンネルを抜けて、どこまでも(๑'ᴗ'๑)

c0195362_20022971.jpeg

※大津和壽先生の今月の仙台公開セミナー

3月23日(水)メディアテーク7階会議室で開催です。

最近ほぼ満席なので、参加ご希望でまだお申込みでない方はご連絡下さい。


3月23日(水)


メディアテーク7階会議室


14:30~ お話し(どなたでも参加可)
 (受け付けは14:15~)


参加費 どちらも5000円



今後の予定

4/26(火) 5/18(水) 



























by terasumonnmoku | 2016-03-18 20:01 | スピリチュアル | Comments(0)

Don’t think, feel 

月に一度の、師匠大津先生のセミナーの日でした(๑'ᴗ'๑)

お話と誘導瞑想。
延参加人数50人ちょっとくらい。

真理を学ぶ仲間が増えて
とってもうれしいです♪゜・*:.。. .。.:*・♪

今日のお話のテーマは「愛」

わたしたちの生命の本質は「愛」
そういう話を、みんなで浴びるように聞いていきます。

言葉としては、巷にあるスピリチュアル本に書かれているものと同じ部分もあるけど、
先生の本気さが違うので
素直に心に入ってくる。

しみるように。

定期的にお話を聞いていることで
自分を保ちやすくなり、周りで起こる現象に振り回されにくくなっていきます。
現象と、自分を切り離せるようになる。

起きていることは、すべて自分が過去につくってしまった囚われの結果なので
よいことも、快適ではないことも
そこから学んでいくしかありません。

そして、今自分がどういう状態にいて
なにに振り回されていたとしても
愛そのものである自分の本質は片時も変わることなく
つねに太陽の様に輝いている。

それは自分もそうだし、今目の前にいる人もそうだし
自分にとって、とても引っかかる、どうしてもうまくいかない誰かも
同じようにそう。

それは「信じる」とか、「そう思う」とかではなく、
ブルース・リー的に言うと


Don’t think, feel 

(考えるな。感じろ!)
の世界なのだと
今日は先生に教わりました(๑'ᴗ'๑)

いいかもしれない・笑。

自分の純度を高めていくと
どんどんそういう世界になっていく。
どんな方向から行っても
きっと同じなのでしょう。

すべてはひとつなのに、わたしたちはたくさんの<かたち>に分かれている。
それが苦しかった時期が長かったのですが、
分離してるのも
結構いいかも( *˘ᵌ˘)♪

と、今日思いましたଘ(੭´ ꒫`)੭

先生のセミナーは、やっぱりさいこう。
よろしければ次回は是非ご一緒にいかがですか?

次回は3月23日14時15分受付開始
参加費5000円
場所はメディアテーク7階会議室です。

c0195362_19552779.jpeg






by terasumonnmoku | 2016-02-23 19:54 | スピリチュアル | Comments(0)

いのちの輝き

東京での研修を終えて、帰る途中です(^_^)

いつも学んでいる、真理の大特集。
師匠の大津先生に、「多次元」言う概念をどう伝えるかと言う質問をしたところ、
言葉にした途端にそれぞれの先入観に固定されてしまう現状で、それを伝えるのはなかなか難しい。

エナジーワークで実感してもらうのが、一番いいんだよね。
という結論に〜(*ΦωΦ*)

それは明らかに実感のある違いというか感覚なのだけど
普段の生活とは全く異なった体験であるため
言語化しにくいのです。


実際は言葉も多次元的に用いられていて、
同じ「いのち」や「宇宙」と言う言葉でも、指し示す範囲が人によってまったく異なっていています。

ほとんどの人間関係のトラブルは、同じ題材に対する言葉の定義や、意味付けの違いからくる。
だからこの辺が、うまく理解できるようになると人生が楽になります。

ところで、多次元であるこの世界のなかで、最も大きな誤解や、
日々の生活における幸福度の違いをもたらすのは、「いのち」と言う言葉です。

わたしにとってそれは、すべてをかたち創る、源となるもの。
あなたからわたしに流れ、やがて宇宙につながってゆく。
例えこの身が滅びても、永遠にあり続ける。

一人一人の中に確かに存在するいのちが、どれほど美しく、
それを認めることが、わたし達自身にどれほどのちからを与えるものなのか。

そういうことを語り、そういう表現をし、過ぎてゆく時間の、
一瞬一瞬の中にきらめいている何億種類もの輝きを、あらゆる人に伝えられる人になりたい。

まずは自分が、
そこで生きてみることですね・笑。
高揚した瞬間だけでなく、常に。

写真は、みつばちクラブ隊員、りんの勇姿。
地球上のいのちは、いろんなあらわれをみせてくれます♪


c0195362_20524527.jpeg







by terasumonnmoku | 2016-02-11 20:29 | スピリチュアル | Comments(0)

宇宙真理哲学講師、らくがきすと、即興ピアニストぷらす社会活動家(過労自死遺族当事者)働くことから世界を変えるをモットーに、さまざまな活動をしています。合言葉はREBORN.大事なのは、生きることだ!


by terasumonnmoku
カレンダー