読書 24.紛争の心理学

24.紛争の心理学 アーノルド・ミンデル
講談社現代新書


アーノルド・ミンデルは1940年生まれの臨床心理学者。
プロセス指向心理学の創始者。
マサチューセッツ工科大で
理論物理学修士課程修了ののちに、
臨床心理学で博士号取得。

誰か特定の人や、その集団を、
悪の根源として糾弾するのに
ほとほと疲れてしまった。

すべての関係性は
相対的なもので、
ナチスが選挙によって選ばれたように、
すべては私たちのあり方の
反映と考えている。

誰もが抑圧者であり、
別の場面では犠牲者でもあって、
交互にそれを繰り返しているに
過ぎない。

葛藤から逃げず、
次なる調和がどんな道を
指し示しているのかを見る。

という古代の儀式のような、
著者のワールドワークのあり方は、
ひとや社会の可能性を開いていく上で、
とても重要になってくるだろう。


言い方はめんどくさいけど、

>ビジネスの成功のバロメーターは
ドルではなく、
より大きな社会的身体における
器官としての活力にあることを力説したい。

という表現の仕方が、おもしろかった。

特に、器官としての活力、
というところ。

以前ドゥールズの、
アンチオイディプスを読んでいた時、
そこにしきりにでてくる、
器官なき身体って何だろう?

と思ったことがあったのだが、
こういうふうに使うんですね・笑。

ラストの

>晴れの日や雨の日を楽しむのだ。
その時自然が残りの仕事をする。

という言葉に、
すべてが集約されていた(^_^)
同じ著者の「ディープデモクラシー」も、
絶賛おすすめです!

c0195362_20043028.jpg

by terasumonnmoku | 2017-05-18 20:00 | 読書 | Comments(0)

生きる意味が見つからないなら、自分で創って育てちゃおう!というブログです。やっていることはさまざまですが、常に生きることに向かっています。

by terasumonnmoku