タグ:西原理恵子 ( 1 ) タグの人気記事

13.ダーリンは71歳

漫画ですが、あまりにおもしろかったのでシェア!



13.ダーリンは71歳  西原理恵子(小学館)2017.2月


c0195362_23050794.jpg

めちゃくちゃ下品で露悪的。

でも、ほろっと甘く、「人生」を感じる。

以前からツイッターで高須クリニックの
高須院長をフォローしていて

謎の暴走老人ぶりを
堪能していたのだけど、

これを読んですっかりファンになってしまいました!
(暴走老人系ではほかにも、
黒柳徹子さんのインスタをいつも楽しみにしています♪)



アル中で散々自分たち親子を苦しめた
西原さんのもと夫の余命が
わずかだと知った時

夫のためでなく、西原さん自身のために
離婚した彼を再び受け入れ、
人として死なせてあげなさい。

と、当時は西原さんの一ファンだった
高須医院長が彼女に勧めた話。

そして、

元夫と和解し、アル中患者ではなく
彼を家族の一員として亡くなるまで看取り


何年もたった後でなお、


アル中の夫にマックスに苦しめられた記憶が
フラッシュバックすると同時に

どうしてあの時
彼を殺せなかったんだろう
という気持ちがこみ上げ、

激しく苦しむ西原さんに対する


高須院長のフォローがもう最高で、ぐっとくる。


これは惚れるだろう。

ひとは矛盾する生き物で、
頭でわかっていても
どうしようもない時がある。

終わった問題に対しても。



c0195362_23060036.jpg

それにしても今日は、


<宮城県自死遺族支援連絡会>
(県や藍の会、いのちの電話などが参加の
自死遺族支援のためのネットワーク)
の会議で、

ちょうど、重度のアル中の人が

発作のように飲みまくり
垂れ流し状態で家の中で暴れ、
家族にも手が付けられなくなっている時に


受け入れてくれる場所がない。

なぜなら、病院に連れていくと、
「酒を抜いてからこい」
と追い返されるから。

とにかく家族がもたないので


本人がマックスの時に
見てもらえる場所が必要だ

という話をみんなでしていたところだったので

臨場感が半端なかった。


この漫画はほんとに赤裸々だけど
救われる人が
たくさんいるに違いない。

ほんと。しょうがないことって
あるからね。

どんな感情があったとしても
困難な状況の中で
西原さんは元ご主人を見送り
家族を守った。
大事なのはそこだけなんだと思う。


二人のなれそめはこちら



by terasumonnmoku | 2017-02-15 23:03 | 読書 | Comments(0)

生きる意味が見つからないなら、自分で創って育てちゃおう!というブログです。やっていることはさまざまですが、常に生きることに向かっています。

by terasumonnmoku