おかげさまで、東北希望の会の例会が今月も無事終わりました。


今日は新しい過労自死遺族が
二組参加されました。
亡くなられたのは
いずれも20代の男性です。


わたしたちの社会は、
いったい何をやっているんだろう。


亡くなる前に、できることがあるはず。


来月4月16日は福島県相馬市での
初めての

<過労死防止シンポジウム>

を開催します。


たくさんの方々の
ご参加をお待ちしております。

c0195362_00300130.jpg


by terasumonnmoku | 2017-03-25 23:20 | 労働問題 | Comments(0)

恋の終わりと嫌がらせ。

今日は月に一度の
希望の会(過労死遺族とサポーターの会)
の例会の日(๑'ᴗ'๑)

c0195362_19214232.jpg

ずっと会を手伝ってくれている
盛岡から来てくれたかなちゃんと
お昼を食べながら


5年前夫が亡くなった直後の
大変だった時期の話になりました。

そのころ、
かなちゃんはしょっちゅう
うちに泊まりにきていて

多いときは毎月一週間くらい
一緒に暮らしていたのです。

きっとわたしたち親子を心配してくれて
のことだっだのでしょうが、、

当時かなちゃんは
悲しい恋の終わりを迎えていて、

労災申請とか
大学との交渉といった
ハードな用事を足して
わたしが家に帰るたびに

はらはらと

涙をこぼしていました。


とうもろこしはまだ13歳。
お父さんのことでついた傷の痛みと、
直接わたしに当たれない腹いせに


そんなかなちゃんの分のおやつを
無断で食べてしまったり、

家庭教師の大志くんに
あげちゃったり。

という姑息な
嫌がらせを
やりまくっていた。
(でも不思議と、邪魔だとか
帰れとは言わないのです!)

かなちゃんは
外出先から戻ったわたしに
悲しげにそういうことがあった話をして、

とうもろこしくんもつらいから
きっとあたしに八つ当たりしているんだね、
それで気持ちが落ち着くといいね。

といって
軽くため息をつき、

夜になると、また恋の終わりを思い出しては
はらはらと涙する。


トライアングルな日常。

その時は必死過ぎて
そんなものかと思っていたけど
改めて時間をおいて
冷静に眺めていると

そういうすべてが
時間がたった今となっては、


ものすごく、

おかしいね。

と言って、

今日はふたりで
涙を流して大笑いしました・笑、



それぞれがそれぞれにつらくて
みんな別々に悼んでいて
ちょうどよかった。

まるでよくできた喜劇のようです☆


いやあ。人生だに。

c0195362_19340003.jpg





なんて感慨にふけった
今日の希望の会では
4月にやる福島の過労死防止シンポジウムのことや
今年の11月の新しいテーマが
着々と決まりました。

一番人数が多いのが遺族で
話題も深刻なはずなのに、
なぜかこちらもみんなで大笑い・笑。

いつも思うけど希望の会は
みんながフラット。
決めたわけでもないのに
ひとを否定するひとも
裁く人もいない。

出欠も取らず来たい人が来て
話したい人が話す。

深刻なこともくだらないことも
一緒にあって、
すごく居心地の良い空間になってきたかも
しれません(๑'ᴗ'๑)

たくさんのみなさんのおかげで
こういう空間ができていることを
ほんとうに有り難く思っています!

写真は皆さんにいただいた
差し入れの数々と
会場のファミリーサポートルーム。


春がいっぱいやってきました*\(^o^)/




by terasumonnmoku | 2017-02-18 19:20 | 仲間 | Comments(0)

おかげさまで

過労死等防止推進シンポジウム in みやぎ

本日無事、終了しました!


c0195362_20201810.jpg



今回のテーマは
「過労死防止成功事例に学ぶ」

実際に死の直前まで行きながら
何とか生還された
三名のケースをもとに、考えて行く。

ということで、三人の勇気ある、
労働問題当事者の方に
声の出演をお願いしました。
ご自身の体験を語るのは
ほんとうに、大変だったことでしょう。

でもこの問題の本当の当事者は、
亡くなった被災者
(つまりわたしの場合は夫)であり、
生きている場合は、
いま、社会で働く皆さんご自身です。

誰か一人が
過労死の悲惨さを訴えるのではなく、

皆に共通する大切な問題として、
過重労働や
その結果として起こる
メンタル障害が何を引き起こし
それがどのように死につながっていくのか。

どういう段階があり、
段階ごとに、どのような介入が
可能なのかを

「みんな」

で考えられたこと。

それがとてもうれしかった(´;ω;`)

今回の企画を、希望の会が立てた。
と会場では申し上げましたが、

ご自身の研究に基づき
ほとんどすべての企画を立て、
パネルディスカッションでも、
あたたかな仕切りで
みんなの力を引き出してくださったのは

ひとえに希望の会の顧問弁護士、
土井先生のお力です。

ただことの悲惨さを訴えるという
過労死防止活動の在り方に疑問を持ち

「みんなの希望になるようなことがしたい」

というわたしのざっくりとした要望を
見事に形にしてくださった先生に
心から感謝しています(´;ω;`)

c0195362_20210984.jpg



声の出演をしてくれた三人はもちろん!
基調講演の臨床心理士
小林先生、三道先生の
お話も素晴らしかったし、
自身の組合活動を語り、
皆に明るい展望を抱かせてくれた、
ワーカフェの代表佐々井さん
の存在も大きかった!

そして最後は、歌手のあんべ光俊さんが
全体をまとめ、
希望の余韻を残してくださいました。

c0195362_20212534.jpg




前回同様100名を超えて
参加してくださった
会場のみなさまの反応もとても暖かく

ディープな問題を扱いながら
未来につながる、
良い時間を過ごせたのでは
ないかと思いました。

こうした機会が持てたこと。
そして全国にたくさんいる遺族のひとりとして
そこに関われたことを、
有り難く思っています。

みなさま、本日はほんとうに、
ありがとうございました!!!!!!

最後に、応援に駆けつけてくれた
わたしの大事な仲間たちにも、
心からの感謝を☆彡

c0195362_20214278.jpg

みんなみんな、ほんとうにありがとう!!!!!!!

友人の徳ちゃんが、このシンポジウムについて、書いてくれたブログを読んでまた感動してしまったのでシェア!ぜひ読んでね。概要がわかりやすいです(^-^)



by terasumonnmoku | 2016-11-26 21:16 | 過労死 | Comments(0)

今日はFMたいはく
「鈴木はるみのソーシャルで行こう!」
で、わたしが11月26日の過労死防止シンポジウムの
告知をさせていただいた回の放送日でした。

稚拙な語りですが
たくさんの方に声が届くことを願っています。
放送終了後も、FBをされている方は
以下のサイトで番組を聞くことができます。

それにしてもコミュニティラジオをネットで聞けるなんて
すごい時代が来ましたね。
メディアはどんどん変化している。
時代もどんどん変わってきています。

でもどんなに時代が変わっても
人にとってほんとうに大切なのは

くう・ねるところ・住むところがあること。
安心して家族でご飯を食べたり、
気心の知れた仲間と笑ったり

あなたが大事。
と言葉や行動で伝えたり、
といった、
ものすごくシンプルなことなのではないのかな。

そういった小さな幸せを
心の底から大事にしていきたい。

今日のような大きな地震があると特に!

そんなわけで本日は
東北希望の会 遺族女子部で
スムージーを堪能しに行きました!

いまはやり?のスムージー。
見た目ほど甘くなく
上品な味。
写真写りがいいところも外せません・笑。

この写真をFBにアップしたら羨望のコメントを
3つもいただきました(๑'ᴗ'๑)
顧問弁護士の土井先生も
スムージー飲みに行きたかったのかな????

c0195362_21254334.jpg

*過労死防止シンポジウム宮城会場
11月26日 エルパーク仙台スタジオホール 午後2時~4時半。入場無料
以下のサイト、宮城会場からお申し込みください!




by terasumonnmoku | 2016-11-22 21:24 | 過労死 | Comments(0)

わたしは前川珠子と申します。

2012年、当時大学准教授であった夫を

過労自死で亡くしました。

享年48歳。あとには13歳の息子とわたしの2人が残されました。



夫は仙台にある大学の工学部の工学部10年任期の准教授でした。

任期が終わるまであと四年を残し、

イレギュラーな形で、准教授だけの研究室を独立して構えておりました。

任期の終わりを4年後に控え、研究室の存続のための勝負をかけたところで、東日本大震災に被災しました。

膨大な日常業務をこなしながら、

ほぼ一人で、被災した研究室を立て直しました。



亡くなった2012年1月は、過酷な仕事が実り、仮設の研究室が整い、ようやく研究再開のめどが立った時期でした。

突然の解雇予告を受け、過労の局地にあった彼の精神はその直後に壊れました。

一週間後彼は爆発するように自ら命を絶ちました。



仕事が多すぎるんだよ。

回せないんだ。

亡くなる前に言っていた言葉が

今も耳をよぎります。

あの時、どうしてすぐ仕事を辞めてと

言えなかったんだろう。



仕事が命のひとでした。

彼からその愛する仕事が奪われた状態を

わたしはどうしても想像することができなかった。


それでも、死ぬほどつらいとわかっていたら

どんなことでもしたでしょう。


どんな状態でもいい。

わたしは彼に生きていてほしかったのです。


それはいま、ここにいらっしゃるすべての遺族のみなさんも

同じ気持ちではないかと思います。



今更、なにをどうしたところで

わたしたちの大切な家族が帰ってくることはありません。

でも、わたしは思いたい。

わたしたちの家族は、無駄死にではなかったと。

彼らはその生命をかけて

働くことの意味を、日本で生きる、すべてのひとに問うているのだと。

その問いに答えるのは残されたわたしたちの、そして

生きるためにはたらく、すべてのみなさんの責任です。




想像してみてください。

ある日あなたに電話がかかってきて

昨日まで元気だった

あなたの親御さんが、伴侶が、兄弟が、子どもが

突然命を絶った、と知らされるところを。


それがわたしたち遺族に起ったことです。

わたしたちの家族が間に合わなかったように

もしかしたらあなたの大事な人が、

ある日突然死んでしまうかもしれない。

次はあなた自身かもしれない。



いのちのはかなさと尊さ、そのかけがえのなさを

わたしたちは遺族は、嫌というほど思い知りました。

それはどんな犠牲を払っても、大切にする価値があります。




わたしたちは大きな歴史の一部にすぎず、

個々に起きる不幸を止めることはできない。



それでも、過労死はいつか必ずなくすことができる。

とわたしは信じています。




わたしは夫を失いましたが

その死は労働災害として認められました。

働くことで人が命を落とすのは、理不尽なことです。

しかし、現在のように過労死が

そのすべてではないとしても、

労災として救済の対象になることは

自然に得られた制度でも、権利でもありませんでした。




高度成長期の終わりと同時に頻発するようになった過労死を問題視し、

未来のわたしたちのために失われた命の重さを

訴えてくださった遺族の先輩方、

過労死弁護団の弁護士さんをはじめとした沢山の方々のお力で

わたしはいま、過労死遺族として、ここに立っています。




大きな力を持たない一人ひとりの人々が、

共通の思いのもとに集まり、ほぼ四半世紀の歳月をかけて

過労死という概念が育ち、法律がつくられました。

このシンポジウムはその流れの途上にある。

わたしたちはいまここで、新しい歴史を創っているのです。



誰もが健康でしあわせに働くことのできる未来を、

次の世代に残していきましょう。みんなで。




c0195362_20474531.jpg



*ご要望をいただいたので全文アップします。

過労死問題はわたしたち遺族の、というより

今現在生きて働いている、すべてのみなさまの問題です。


いのちはいずれ失われ、現在という時間は二度と返ってこない。

たとえようもなく、かけがえのないもの


過労死を防止するためには、企業側の努力はもとより

まず、おひとりひとりがご自身の生活と人生を、

大切にする意識を持つことが重要です。

そのような意識のもとに起こされた小さな行動が積み重なって

次の世代の、子どもたちの未来に続いていく。

どうかわたしたちの切なる祈りが、みなさまに届きますように。




by terasumonnmoku | 2016-11-11 21:01 | 過労死 | Comments(0)

FM たいはく 鈴木はるみさんの「ソーシャルで行こう!」にて、
<過労死等防止対策推進シンポジウムin みやぎ>の告知をさせていただきました!


c0195362_17072747.jpg


放送は11月22日夜8時。78.9。
サイマルラジオで、このURから聞けるそうです↓


コミュニティラジオなのに
音が鮮明で感動☆彡
文明はどんどん進化するなあ!


それにしても、2人ともテーマ柄どんな顔で告知していいかわからず、
なんとも微妙な表情です。ラジオでよかった・笑。


そして本日は、働く者の命と健康を守る宮城県センター事務局長の芳賀さんと
希望の会副代表の石森さんにご同行いただいて
労連系の労働組合にシンポジウムのフライヤーを配って歩きました。

c0195362_19291633.jpg

みなさんにご協力いただき
本当に心強いです。
感謝!!!!!

シンポジウムに参加していただけたら
もちろんとってもうれしいのですが
それだけでなく、
フライヤーやポスターがたくさんの方の目に留まって
過労死で亡くなる方が一人でも減ることを願っています。

本題とは
全然関係ありませんが
こちらは、昨日お邪魔したFM たいはく のトイレのドア。


c0195362_19294403.jpg


「センチメンタル」って

誰がどんな意図でこれを貼り付けたのか
とっても気になる(´;ω;`)



*過労死等防止対策推進シンポジウムお申し込みはこちら


希望の会が企画しているのは「みやぎ会場」のみですが、
全国いろいろなところで開催しています。
お近くの会場にお越しください。

なお、みやぎ会場今回は過労死からの生還例です。
現在休職中、または鬱で退社された方なども
ほかの方の例を知ることで
客観的に状況が見られるのではないかと思います。
少しでも楽になりますように。

カウンセラー、傾聴ボランティア等心のケアに
携わっている方にもぜひ!




by terasumonnmoku | 2016-11-08 19:27 | 過労死 | Comments(0)

過労死等防止対策推進シンポジウム
in みやぎ  2016

お申込みサイトができました。




サイト内の<宮城会場>からお入りください。

過重労働が続くと、
会社を辞める。休む。などの正常な判断が
できなくなっていきます。

今年の宮城会場では、過労死寸前で生還された三人の方のケースをもとに
過労死を防ぐため
どの段階で、どのような介入が可能かについて
臨床心理士の先生方と、一緒に考えて行きます。


11月26日午後1時半開場2時開演
エルパークスタジオホール
入場無料です。

いのちはかけがえのない、尊いもの。
このシンポジウムをきっかけに、
大切な命を、社会全体で大切にしていく機運が
広がっていくことを祈っています。

一人でも多くの方のご参加を、お待ちしています。

なお、昨日(11月5日)の河北新報夕刊で
シンポジウムのご紹介をいただきました。
ほんとうにありがとうございました!

c0195362_17553743.jpg


東北大学の里見総長に過労死防止の件で面談が叶ったのは
くしくも昨年の今日11月6日でした。

今年はお伺いしませんが、
この問題に真摯に向き合い、
過労死防止のための活動を
応援してくださっていることを
信じています。

関連リンク






















by terasumonnmoku | 2016-11-06 17:52 | 過労死 | Comments(0)


河北新報本社へ営業活動。
さすがに二年目なので
最初の年より慣れてきました。

過労死防止シンポジウムについて
11月5日のコラムの欄と
直前の県内版で
取り上げてくださるそうです。
感謝☆


c0195362_20374824.jpg




毎年この時期になると
厚生労働省から
大量のフライヤーが届くのですが
そのたびに、うちにくる宅急便のお兄さんが

「厚生労働省」

と、厳かな声で呟きます。

家ではジャージのような恰好をしているので
ますます怪しいに違いありません。
これは世を忍ぶ仮の姿で
実はスパイかなんかだと
思ってくれていたらいいな・笑。

c0195362_20381082.jpg

そんな今夜はセリ鍋。
仙台名物の鍋を
初めて作ってみました。
せり、おいしい~(๑'ᴗ'๑)

それにしてもいろんな話が来るなあ。

みなさん。
自分のもやもやを
誰かの、
あるいは何かのせいにしてはいけません。

不幸や苦しみ、そして困難は
あなたの人生における<問い>のようなもの。
重要なのは大変なこと、そのものではなく、

そこからあたらしい人生の糧となるような
どんな<答え>を導き出すか。

生きるということは
たぶんその連続なのです。
転んだら、絶対にただで起きてはいけないよ(๑'ᴗ'๑)










by terasumonnmoku | 2016-11-02 20:35 | Comments(0)

希望の会の例会の日でした。

今日も新しい参加者の方がいらっしゃいました。
最近仕事で鬱になってしまった方や、そのご家族の方の参加が増えています。

一度かなりのところまで追い込まれてしまうと
すぐに社会に戻るのはなかなか困難です。
10年選手も珍しくはありません。

ご家族だけだと、本当に大変です。

希望の会は労働問題を中心に様々な立場の方が集まって
それぞれの視点で意見が交わされているところが特徴です。

人生はそれぞれのもの。
どんな大きな問題も、どんなにつらくても
その人個人で解決していくしかない。
それは息の長い、自分との付き合いです。

社会的支援につなぐことのほかに希望の会が目指しているのは
それぞれが生きること。
苦しい人も、苦しくない人も
ありのままにともにあること。
誰も否定せず、被害者にも支援者にもならず
尊厳を持った一人の個人として互いに認め合うこと。

少しずつやりたいことがかなってきている例会ですが、
最近、藍の会にお借りしている部屋が狭くなってきたのだけが難点。
いろいろ考えて行かないといけないかもしれません。

これは今日顧問弁護士の土井先生からいただいた
シンポジウムの時の参考資料です。
「会社との関係を改めて検討したほうがいい人の11の特徴」


c0195362_22593014.jpeg

実際に仕事が原因で鬱を発症した人、
亡くなってしまった人などから先生が集めた資料だそうです。


今年も11月26日(土)に
わたしたちは「過労死防止対策推進シンポジウム」を開催しますが、
当日はこのほかに

具体的にどのような状況になってきたときに、危機が迫っているのか。
生還者はどうやってピンチを抜け出してきたか。

職場の問題が大きくなり始める各段階で
はたで支える人間にはどのような介入が可能か。

についての、討論が行われ、資料配布をする予定です。
関心のあるかたのご来場をお待ちしています!
(用意が整い次第、近日中に告知します)
















by terasumonnmoku | 2016-09-25 20:38 | 希望の会 | Comments(0)

おかげさまで無事、過労死防止プレシンポジウムが終了しました(^_^)

研究者(臨床心理士)の先生方、弁護士の土井先生、希望の会の遺族、当事者、当事者家族、一般支援者、ワーカフエの働くみんな、学生さんからなる、さまざまな立場で熱い討論が交わされ、ようやくシンポジウムの形が見えてきたところです。

みんなで作り上げていく過程が楽しい。


わたしは過労死は、それにたいする適切な理解と配慮さえあれば、必ず防ぐことができると思っています。

悲しい話をただ話して終わるのではなく、みんなが具体的に次の行動に移れるような、

ハードなテーマを扱いながらも、なぜか根拠のない希望が、聞きに来てくださったみなさまの心に残るような内容になることを願っています。

協力してくださったみなさまも、そっと見えないところで応援してくださっているみなさまも、本日はほんとうにありがとうございました(^_^)

今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます!!!


c0195362_18463661.jpeg


by terasumonnmoku | 2016-09-10 18:38 | 希望の会 | Comments(0)

本名・前川珠子 らくがきすと・即興ピアニスト・セラピスト&震災復興途上の過労自死で夫を亡くしたひとりの遺族として、さまざまな活動をしています。東北希望の会代表、全国過労死防止センター幹事。高校生の息子<とうもろこし>と二人暮らし。なお、このブログは完全にプライベートな立場からの発信であり、東北希望の会のオフィシャルな活動とは基本的に関係ありません。

by terasumonnmoku