福島県相馬市における
はじめての過労死防止シンポジウムを
東北希望の会の主催で
開催しました。

c0195362_20423020.jpg


希望の会メンバー、
遠くは栃木から参加される
心強いなかまたちと、


東日本大震災の大きな被害から
昨年開通したばかりの常磐線にのって
とことことでかけます。

c0195362_20441331.jpg

沿線沿いにも、見事な桜が!
相馬駅は仙台から小一時間です。

c0195362_20425294.jpg



福島の遺族作田さんの
20代の息子さんを亡くされた訴えに涙し、

会社との話し合いの経緯を
担当の弁護士さんから伺い

過労死、過労自死はなぜ起こるか
についての
土井先生の講演を聞いてゆきます。

福島民報の記者さんの取材も入り、
もと国務大臣の森まさこ氏や
福島労働局監督課長の方のご挨拶もいただき

はじめてのシンポジウムとは
思えないほどの
充実の内容でした。

会場は満員。

この晴れた日曜の午後に
61名にも上る参加者の方に
恵まれました。


c0195362_20433979.jpg


みなさま。本日は
ほんとうにほんとうに
ありがとうございました。

これをきっかに福島でも
過労死に対する理解が広まり
働く問題で亡くなる方が
ひとりでも少なくなることを


希望の会一同
心より願っております。









c0195362_20442950.jpg






by terasumonnmoku | 2017-04-16 20:40 | 過労死 | Comments(2)

本名・前川珠子 らくがきすと・即興ピアニスト・セラピスト&震災復興途上の過労自死で夫を亡くしたひとりの遺族として、さまざまな活動をしています。東北希望の会代表、全国過労死防止センター幹事。高校生の息子<とうもろこし>と二人暮らし。なお、このブログは完全にプライベートな立場からの発信であり、東北希望の会のオフィシャルな活動とは基本的に関係ありません。

by terasumonnmoku