「ほっ」と。キャンペーン

タグ:過労死 ( 17 ) タグの人気記事

恋の終わりと嫌がらせ。

今日は月に一度の
希望の会(過労死遺族とサポーターの会)
の例会の日(๑'ᴗ'๑)

c0195362_19214232.jpg

ずっと会を手伝ってくれている
盛岡から来てくれたかなちゃんと
お昼を食べながら


5年前夫が亡くなった直後の
大変だった時期の話になりました。

そのころ、
かなちゃんはしょっちゅう
うちに泊まりにきていて

多いときは毎月一週間くらい
一緒に暮らしていたのです。

きっとわたしたち親子を心配してくれて
のことだっだのでしょうが、、

当時かなちゃんは
悲しい恋の終わりを迎えていて、

労災申請とか
大学との交渉といった
ハードな用事を足して
わたしが家に帰るたびに

はらはらと

涙をこぼしていました。


とうもろこしはまだ13歳。
お父さんのことでついた傷の痛みと、
直接わたしに当たれない腹いせに


そんなかなちゃんの分のおやつを
無断で食べてしまったり、

家庭教師の大志くんに
あげちゃったり。

という姑息な
嫌がらせを
やりまくっていた。
(でも不思議と、邪魔だとか
帰れとは言わないのです!)

かなちゃんは
外出先から戻ったわたしに
悲しげにそういうことがあった話をして、

とうもろこしくんもつらいから
きっとあたしに八つ当たりしているんだね、
それで気持ちが落ち着くといいね。

といって
軽くため息をつき、

夜になると、また恋の終わりを思い出しては
はらはらと涙する。


トライアングルな日常。

その時は必死過ぎて
そんなものかと思っていたけど
改めて時間をおいて
冷静に眺めていると

そういうすべてが
時間がたった今となっては、


ものすごく、

おかしいね。

と言って、

今日はふたりで
涙を流して大笑いしました・笑、



それぞれがそれぞれにつらくて
みんな別々に悼んでいて
ちょうどよかった。

まるでよくできた喜劇のようです☆


いやあ。人生だに。

c0195362_19340003.jpg





なんて感慨にふけった
今日の希望の会では
4月にやる福島の過労死防止シンポジウムのことや
今年の11月の新しいテーマが
着々と決まりました。

一番人数が多いのが遺族で
話題も深刻なはずなのに、
なぜかこちらもみんなで大笑い・笑。

いつも思うけど希望の会は
みんながフラット。
決めたわけでもないのに
ひとを否定するひとも
裁く人もいない。

出欠も取らず来たい人が来て
話したい人が話す。

深刻なこともくだらないことも
一緒にあって、
すごく居心地の良い空間になってきたかも
しれません(๑'ᴗ'๑)

たくさんのみなさんのおかげで
こういう空間ができていることを
ほんとうに有り難く思っています!

写真は皆さんにいただいた
差し入れの数々と
会場のファミリーサポートルーム。


春がいっぱいやってきました*\(^o^)/




by terasumonnmoku | 2017-02-18 19:20 | 仲間 | Comments(0)

厚労省からの
人事異動通知が届きました。


c0195362_17363037.jpg



しかも学校担当だそうです。



果たして勤まるんだろうか??



みなさま、今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます.



最近とみに力を入れすぎることが多く

一生懸命??脱力する練習をしています。


というわけで、ひさびさに

イヤーコー二ングのえりちゃんのサロンに

遊びに行ってきました!


c0195362_17384513.jpg




三か月ぶりです(๑'ᴗ'๑)


おへそと耳の三か所に

コーンというものを入れて

焼いていくのですが


燃えまくりました。


おへその時はほとんど爆睡で

全く記憶がないのですが

耳は、ちょうど大切に保持していた


「痛み」の作る汚れがばちばちと燃えて

気分が良かった。


話として聞く

自死遺族の悲しみや痛みは

亡くなった人が戻ってくれば

たちどころに消えるんだろうな

と思うのですが


そういうわけにもいかないし、


どうすることもできないのに、


あまりにもその痛みが大きいので、

つい、どうにかしたくなってしまう。


皮肉なことに、人為的に心を傾けると

対象に執着して

ふたりで痛みを増幅してしまうのです。


人生あきらめが肝心で

あきらめたときに光が立ち上がり

ほんとうのちからになることができるんだけど、


自分にも覚えがある感覚であるからこそ、

つい共鳴しちゃうんだよね。


えりちゃんとよもやま話をいっぱいして、

女子高生のように大騒ぎしながら

自撮り写真を撮って

こちこちのツーショットが撮れました・笑。



c0195362_17430879.jpg



表情が硬かろうが

しわが目立とうが

昔見えていた顔の曇りが取れたので

写真を撮られるのに

抵抗がなくなりましたが

えりちゃんはほんとはもっと

美人です( ̄ー ̄)


年末のデトックスに

イヤーコー二ングはいかがですか?

幽体の汚れが

めっちゃすっきりします。


予約サイトはこちら↓



by terasumonnmoku | 2016-12-19 17:28 | 仲間 | Comments(0)

今日は仙台放送の収録分の
放送日でした。

今回は、過労死特集。
記者さんが熱心な方で
とてもよくまとまっていました。

メディアの世界も
ひとごとではない、
とおっしゃっていました。

画面の中で語っているのは
わたしですが、内容的には
そういう皆さんの
思いのこもった映像だったと
感じました。

先日弁護士の土井先生と
講師として参加した、
東北大学での

<過労死防止授業>

の、映像が使われていたのもうれしかった。


c0195362_20185851.jpg



これで出ているのが自分でなければ
もっとよかったんだけど(涙・といつも思う)


最近露出が多く
だいぶ消耗しました。

でもとりあえず
わたしの鬼忙しい
2016年過労死防止月間も
ついに終わり。
ふぃ~。

かなりハードに学んだので
しばらくリハビリだなー。こりは。


by terasumonnmoku | 2016-12-06 20:18 | 過労死 | Comments(0)

おかげさまで

過労死等防止推進シンポジウム in みやぎ

本日無事、終了しました!


c0195362_20201810.jpg



今回のテーマは
「過労死防止成功事例に学ぶ」

実際に死の直前まで行きながら
何とか生還された
三名のケースをもとに、考えて行く。

ということで、三人の勇気ある、
労働問題当事者の方に
声の出演をお願いしました。
ご自身の体験を語るのは
ほんとうに、大変だったことでしょう。

でもこの問題の本当の当事者は、
亡くなった被災者
(つまりわたしの場合は夫)であり、
生きている場合は、
いま、社会で働く皆さんご自身です。

誰か一人が
過労死の悲惨さを訴えるのではなく、

皆に共通する大切な問題として、
過重労働や
その結果として起こる
メンタル障害が何を引き起こし
それがどのように死につながっていくのか。

どういう段階があり、
段階ごとに、どのような介入が
可能なのかを

「みんな」

で考えられたこと。

それがとてもうれしかった(´;ω;`)

今回の企画を、希望の会が立てた。
と会場では申し上げましたが、

ご自身の研究に基づき
ほとんどすべての企画を立て、
パネルディスカッションでも、
あたたかな仕切りで
みんなの力を引き出してくださったのは

ひとえに希望の会の顧問弁護士、
土井先生のお力です。

ただことの悲惨さを訴えるという
過労死防止活動の在り方に疑問を持ち

「みんなの希望になるようなことがしたい」

というわたしのざっくりとした要望を
見事に形にしてくださった先生に
心から感謝しています(´;ω;`)

c0195362_20210984.jpg



声の出演をしてくれた三人はもちろん!
基調講演の臨床心理士
小林先生、三道先生の
お話も素晴らしかったし、
自身の組合活動を語り、
皆に明るい展望を抱かせてくれた、
ワーカフェの代表佐々井さん
の存在も大きかった!

そして最後は、歌手のあんべ光俊さんが
全体をまとめ、
希望の余韻を残してくださいました。

c0195362_20212534.jpg




前回同様100名を超えて
参加してくださった
会場のみなさまの反応もとても暖かく

ディープな問題を扱いながら
未来につながる、
良い時間を過ごせたのでは
ないかと思いました。

こうした機会が持てたこと。
そして全国にたくさんいる遺族のひとりとして
そこに関われたことを、
有り難く思っています。

みなさま、本日はほんとうに、
ありがとうございました!!!!!!

最後に、応援に駆けつけてくれた
わたしの大事な仲間たちにも、
心からの感謝を☆彡

c0195362_20214278.jpg

みんなみんな、ほんとうにありがとう!!!!!!!

友人の徳ちゃんが、このシンポジウムについて、書いてくれたブログを読んでまた感動してしまったのでシェア!ぜひ読んでね。概要がわかりやすいです(^-^)



by terasumonnmoku | 2016-11-26 21:16 | 過労死 | Comments(0)

昨日は希望の会の例会でした(๑'ᴗ'๑)

大切ななかまの
一度は公務外とされた案件が
公務災害逆転認定となった(要は労災認定がほぼとれた)ことを喜び合い、

*ちなみにこれは土井先生のお仕事で
公務員の方の労災(公務災害)が認められることは本当に厳しく
数も少ない。
手続きも一般の労災とは異なっている。

ひどいパワハラを受け証拠もたくさんあったのに
労災認定がされなかった仲間の近況を悲しみ合い、

電通のまつりさんの事件を嘆き、
(あれは典型的な過労自死事件なのです)

それぞれの問題をシェアしあう合間に
来月の過労死防止シンポジウムや、
年末のクリスマス企画の打ち合わせをこなすという
なんともはや濃い時間が流れていきます。

「悲しいお知らせがあります!」

と、顧問弁護士の土井先生の言葉に緊張感が走ります。

それはなんと、
希望の会のアイドル、
4歳のれいちゃん(仮名)に
ボーイフレンドができた。
というお知らせで
一気に場が和みました・笑。

c0195362_20562856.jpg

れいちゃんと、お母さんは今は仙台を離れ
ご実家のそばで生活をしています。
新しい場所で、
元気に楽しく暮らしているようすがうれしくて
みんなで喜び合いました。

そして希望の会の子供企画にもたびたび参加してくれた
家庭の事情で家を飛び出し、
17歳で自活していたななちゃん(仮名)が
なんとこのたび結婚し、
来年早々お母さんになる
という報告もして
みんなで彼女の未来を、祈りました。

正義感が強く
<走るミサイル>と呼ばれたななちゃんは
厳しい環境の中
風俗に流れるでもなく、
ブラックな居酒屋のバイトで自分を支えていた、
かっこいい女の子です。
(未成年の彼女の特殊な事情に配慮してくれる
とても人情味のある職場だったのですが、28連勤・泣)


献身的に彼女をサポートしていた
社労士の先生に
「わたしのもとに生まれてきてよかった。
と思ってもらえるようなお母さんになりたい」
と言って旅立っていったそうです。
泣けてくる。


ひとって、特に子供は、信頼できる大人がひとりでもいれば
救われるような気がします。
でも誰かを信頼するって
本人の力なんだよね。
まわりの力ではない。
信じる力が自分を救うんだ。

親に傷つけられ、その若さでひどい経験をたくさんした彼女に
社労士の先生との出会いがあったことが
涙が出るほどうれしい。

(とはいえ保護施設に入ることを本人が望まなかったので、
わたしたちには彼女の生活費を援助することも
高校に行かせてあげることもできなかった。
できたことは、本当に少ない。
希望の会に至っては、ただ一緒に遊んでいただけ。
それでも、ななちゃんに会えてほんとうによかった。
ここまで自立心のある人は、おとなでもそうそういない)

これからもいろいろなことがあるでしょうが
きっと彼女ならだいじょうぶ!
どうかどうか、しあわせな毎日でありますように☆

喜びも悲しみも、崇高さも、残酷さも
希望の会には、すべてがつまっている気がします。
生きることの深さを教えてくれる。

そんなふうにして、
みんなで生きていきたいな。

c0195362_20574928.jpg


写真は例会が始まる前、
友人のかなちゃんと食べた加奈子カレー。
ちょうどハローウィンで、沢山の仮装した子供たちが
お菓子をねだりに来ていました(๑'ᴗ'๑)
アメリカで、やったなあ!
あれは本当に楽しかった*\(^o^)/*









by terasumonnmoku | 2016-10-30 21:13 | 希望の会 | Comments(0)

希望の会の例会の日でした。

今日も新しい参加者の方がいらっしゃいました。
最近仕事で鬱になってしまった方や、そのご家族の方の参加が増えています。

一度かなりのところまで追い込まれてしまうと
すぐに社会に戻るのはなかなか困難です。
10年選手も珍しくはありません。

ご家族だけだと、本当に大変です。

希望の会は労働問題を中心に様々な立場の方が集まって
それぞれの視点で意見が交わされているところが特徴です。

人生はそれぞれのもの。
どんな大きな問題も、どんなにつらくても
その人個人で解決していくしかない。
それは息の長い、自分との付き合いです。

社会的支援につなぐことのほかに希望の会が目指しているのは
それぞれが生きること。
苦しい人も、苦しくない人も
ありのままにともにあること。
誰も否定せず、被害者にも支援者にもならず
尊厳を持った一人の個人として互いに認め合うこと。

少しずつやりたいことがかなってきている例会ですが、
最近、藍の会にお借りしている部屋が狭くなってきたのだけが難点。
いろいろ考えて行かないといけないかもしれません。

これは今日顧問弁護士の土井先生からいただいた
シンポジウムの時の参考資料です。
「会社との関係を改めて検討したほうがいい人の11の特徴」


c0195362_22593014.jpeg

実際に仕事が原因で鬱を発症した人、
亡くなってしまった人などから先生が集めた資料だそうです。


今年も11月26日(土)に
わたしたちは「過労死防止対策推進シンポジウム」を開催しますが、
当日はこのほかに

具体的にどのような状況になってきたときに、危機が迫っているのか。
生還者はどうやってピンチを抜け出してきたか。

職場の問題が大きくなり始める各段階で
はたで支える人間にはどのような介入が可能か。

についての、討論が行われ、資料配布をする予定です。
関心のあるかたのご来場をお待ちしています!
(用意が整い次第、近日中に告知します)
















by terasumonnmoku | 2016-09-25 20:38 | 希望の会 | Comments(0)

おかげさまで無事、過労死防止プレシンポジウムが終了しました(^_^)

研究者(臨床心理士)の先生方、弁護士の土井先生、希望の会の遺族、当事者、当事者家族、一般支援者、ワーカフエの働くみんな、学生さんからなる、さまざまな立場で熱い討論が交わされ、ようやくシンポジウムの形が見えてきたところです。

みんなで作り上げていく過程が楽しい。


わたしは過労死は、それにたいする適切な理解と配慮さえあれば、必ず防ぐことができると思っています。

悲しい話をただ話して終わるのではなく、みんなが具体的に次の行動に移れるような、

ハードなテーマを扱いながらも、なぜか根拠のない希望が、聞きに来てくださったみなさまの心に残るような内容になることを願っています。

協力してくださったみなさまも、そっと見えないところで応援してくださっているみなさまも、本日はほんとうにありがとうございました(^_^)

今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます!!!


c0195362_18463661.jpeg


by terasumonnmoku | 2016-09-10 18:38 | 希望の会 | Comments(0)

先日、仙台サポートセンターの市民ライター講座の後輩の方々から
東北希望の会の取材を受けたものが
今日の河北新報夕刊の記事になりました。

c0195362_22580783.jpeg

実際の取材では、記事の内容にはほとんど口を出すことができないのに
今回に限り、執筆者の溝井さん、デスクの河北新報社の大泉さん、サポセンの葛西さんを交え
記事になるギリギリまで意見を聞いていただくという稀有な経験ができたことに、
深く感謝しています。

限られた文字数のなかで、何を伝えるか。


今回みなさんとの熱いやりとりのなかで、

過労死を防ぐには早めの精神科受診、という
実際には機能しない認識が、まだまだ一般的なんだな。とか、

(まずは休養。次は労働環境の改善~人を増やすもしくは、仕事量を減らす、裁量権を増やす、円滑なコミュニケーションを図る
、賃金を上げる、雇用の安定を図る、などの、具体的な対策によってしか、過労死は防げません)

自死遺族差別の問題というのは
社会的にはほとんど認知されていないんだな。

など、さまざまなことがわかり、
当事者にとっては当然のことが
一つ一つ説明しないと通らないということに
目からウロコが落ちました。

すべてを知っている人はいないので
当たり前のことなのですが、
自分が詳しいことは人も知っていて当然と
どこかで思っていたらしい。

考えてみれば、だからこそ、過労死は起り続けているわけで
なぜそのことに気付かなかったのか、不思議です。

それに気付けたこと、
いつもはされるがままに記事になっているところを、
今回は、わたしが大切だと思っている一つ一つを真剣に考えていただき、
それがみなさんのお力を通して、こうして形になっていったことが、
ほんとうにうれしいです。


写真だとみにくいと思うので
詳しい内容はこちら

ちなみにこちらは、
同時に取材を受けた別の記者の方が書かれた記事。
ひとによって、ニュアンスがだいぶ違ってきます。

そしてそして、同じ本日付の紙面には
我が身内、ヨガ講師のぷりちゃんこと、坂本真由美さんの記事が!!!!!

ぷりちゃんが本気だったので
最終原稿が出た段階で、
市民ライターの先輩として、余計なお世話的強烈なダメ出しをしたのです。

それが書き直されて見事な記事になり、
ライター総勢18人中3人の狭き門を勝ち抜いて
夕刊掲載にいたったことを、
めちゃくちゃ喜んでいます。

できると思っているからダメだしするんだけど
もし結果がでなかったら
それはただその人を傷つけるだけに終わってしまう。

誰かに何かいう時は
いつもリスクとの計算で、
できると踏んで実行しても
結果が出るまで気が気ではありません(´;ω;`)


ぷりちゃんよく耐えてがんばったね(´;ω;`)

文章を書くのがあんなに苦手だったのに
ほんとうにすごい。
ほんとうにほんとうにがんばりました(´;ω;`)
結果を出してくれてありがとう!!!!

というわけで、ぷりちゃんの記事はこちら

実は紙面にはもう一人、「ぶんぶんカフェ」についての記事も載っていたのですが
写真の都合で割愛してしまい、ごめんなさい~!





by terasumonnmoku | 2016-07-27 23:47 | 希望の会 | Comments(0)

FBだと記事が流れてしまうので
ブログに転記します。過労死防止法を必死で作ろうとしていた頃の
貴重な記録。


前川 珠子さんが過去の思い出をシェアしました。


3年前の今日(๑'ᴗ'๑)衆議院議員会館にて。


過労死防止法制定を目指す活動の真っ最中でした。

サルでもわかる法律のできる仕組み
みたいな本を読みながら.
ふうふう言いながら署名を集め

ロビー活動をし、マスコミに訴えながら先輩たちを追いかけた時間。


活動に参加できて、ほんとうによかった!


取材を受けた、と書いているので
このころはまだ山本太郎さんは議員さんではなかったようです。

☆   ☆   ☆

最後に、夫が生前、国分町で一緒に飲んだよ。

すげーいい人だった!

と散々自慢していた、山本太郎さんの取材を受けました。


生きていて欲しかった。

そしてわたしがここでこんな話をするのではなく、

彼に、太郎さんとまた、楽しいお酒を飲んでもらいたかったと、

取材を受けた後、さすがに崩壊しました。


ま、人間だからしょうがないですね。


過労死防止基本法は、おかげさまで民主党の泉健太議員が呼びかけ人になってくださり、

自民党を含む全党から世話人を選び、議員立法にむけた議連づくりにむけて動きだしました。
この場にいられて、ほんとうによかったです。


援ありがとうございます!

c0195362_21302222.jpg



by terasumonnmoku | 2016-06-15 22:00 | 労働問題 | Comments(0)

過労死防止学会

5月21日関西大学千里山キャンパスで行われた、過労死防止学会 第二回大会に、参加しました。

過労死防止学会は、2014年に成立した過労死防止法によって、
国の責任で過労死の総合的な調査研究が行われることになったのを受けて、
民間でも過労死(過労自殺および過労疾病を含む)に関する調査研究を行い、
その成果を過労死の効果的な防止のための対策と取り組みに生かすことを目的に設立。

労働法や経済学の研究者、医師、弁護士、報道関係者、遺族、この問題に関心を持つ個人
などによって構成されています。

今回は初の国際シンポジウム。ということで
日中韓の過重労働の専門家が
それぞれの国の労働問題の問題点などについて報告。

韓国がひどいのは想像できましたが、
サービス残業の概念がなく、
週35時間の労働時間規制が、
法律できっちり守られているフランスでも
労働密度の高まりとともに働く人のストレスが高まっている。
などの報告に目を丸くして聞き入りまいた。

時間が短ければよい
というわけではないらしい。

ちょうど今日、フランスで解雇規制を緩める法律に反対する
大規模ストライキのニュースが流れていました。
フランスは、職域で連携した組合があって、ストがうまいらしい。
過労死もたぶんないのでしょうが、
それでも自死率は高く、世界第5位なのだそうです。

c0195362_18551577.jpg
(国際シンポジウムの模様↑)



わたしは翌日の4つの分科会の一つ
「教員の過重労働と公務災害」というテーマの会に参加。

・前川事件とその背景、
・東北大学および宮城における教員の過重労働の実態。
・支援学校の問題について

今回は特に熊本地震を受けて、震災と、復興予算の流入がもたらす仕事量の増大が
どのように職場に深刻な負荷をかけていくかについての、
報告をさせていただきました。

同じ分科会では、支援学級の養護教諭の過労自死事件、国の過労死等防止対策推進協議会委員である中野さんから
過労死等防止推進法にどのように中身を詰めていくか。
そして公務災害認定に係る問題点についてのお話があり、大変聞きごたえのある内容でした。

小中高校教師の過労死過労自死の公務災害認定数は年10件程度なのに
在職中の死亡は毎年150人から200人に上るそうです。
ぜんぶではないにせよ、その中の相当数が過労死なのではないかと想像され
せめて残された遺族のために、普通の労災以上に込み入った手続きが簡略化され、
公務災害として認定される件数が増えていくことを願いました。

ほかの分科会では、「軽井沢スキーバスツアーバス転落事故について」の、自交総連大阪地連の方の発表や、
東京新聞記者の方による「ワタミ過労死事件と和解の社会的意義」についての報告などがあり、
自分の報告との兼ね合いで、聞きに行けなかったのが残念でした。

過労死防止学会としては、今後厚労省から予算をとり、
大学で過労死や労働法についての講義をする計画があるそうです。
若い世代の過労死を防ぐための教育の必要性を
労働問題当事者の方からも訴えられ、自分も感じていたので
とてもうれしかった。今度そのように説明しよう。

2日目の終わりには、厚労省の労働組合の方の発表があり
労基署の相談員がほとんど非正規雇用であること。
毎年島根県一つ分くらいの公務員が減らされていること。
給料もどんどん下がっていること。

過労死を防ぐ立場の厚労省が、特に国会期間中は不夜城となり、
それは、国会で何を答弁するかについて決まるタイミングが、
前日ギリギリであり、それから国会議員が質問を考え
その後職員が大臣の回答に必要な資料をそろえるなど
仕組み自体が過重労働を強いる体制になっている。
一部分だけでなく、全部を見直す必要がある。

などのお話を聞いて、いろいろな立場の方からの意見を伺うことが
大切なことと改めて感じました。

遺族はとかく視野が狭くなりがちで、そうすると誰より自分が苦しい。
それで悲しみが減るわけではありませんが
こういう大きな背景を知っていくことが、力になります。

問題を感情的にとらえるのではなく
機能不全に陥っているシステムをどう再構築していくか。ということについて
様々な視点から冷静に検討を行い、関係各所に向けて提言していくこと。

それが過労死の防止と、その先にある
健全で生産性の高い職場環境を作ることにつながっていく。
そのようにして亡くなっていった大切な家族とともに
日本の未来を新しく創っていくようなことができたら、これに勝る喜びはありません。


森岡先生、
参加されたみなさま、ほんとうにありがとうございました。


過労死防止学会についてはこちら

代表幹事・森岡先生の最近のベストセラー

c0195362_19391885.jpg
こちらには夫のことも、取り上げていただいています。



c0195362_19394926.jpg



by terasumonnmoku | 2016-05-27 21:39 | 労働問題 | Comments(0)

本名・前川珠子 らくがきすと・即興ピアニスト・セラピスト&震災復興途上の過労自死で夫を亡くしたひとりの遺族として、さまざまな活動をしています。東北希望の会代表、全国過労死防止センター幹事。高校生の息子<とうもろこし>と二人暮らし。なお、このブログは完全にプライベートな立場からの発信であり、東北希望の会のオフィシャルな活動とは基本的に関係ありません。

by terasumonnmoku