人気ブログランキング |




c0195362_17103233.jpeg




読書57.これからの広告人へ 笠松良彦著

アスキー・メデイアワークス発行





おもしろくて

一気に読み終わり


よくよく見ると、

書いた人が知人だったことを知る。





著者は、母のお友達の息子さん。


今まで自分が忘れていたくらいなので、

ご本人も覚えていらっしゃらないだろうが、

若い頃、代官山を案内して

いただいたことがある!


深夜の驚き‼️


というのはさておき


タイムリーに知りたいことが抜き出された、

充実の内容。





最近気になっている


「マーケティング」

「ターゲット分析」

「ベネフィット抽出」

「ターゲットインサイト」

などなどの用語や、広告、

それがターゲットの心を掴み

行動を変える仕組みについて、


わかりやすく解説されている。





特に勉強になったのが


「ターゲットインサイト」の考え方。


深層心理と訳される、

顧客のニーズを掘り起こす、ここがなくして、

伝わるメッセージはないだろう。





ターゲットごとに、メデイアを変え、

聖書、小説、芝居、聖歌と、

メッセージ形態を変えた、

マルティン・ルターのマーケティング・プラン

という視点が、またキャッチャーだ。





アメリカの広告人、ジェームス・W・ヤング著

「アイディアの作り方」の中の、

新しいアイデアを継続的に生産する方法の公式





①アイデアとは既存の要素の

新しい組み合わせ以外の何物でもない


②既存の要素の新しい組み合わせに導く才能は、

物事の関連性を見つけ出す才能に

依存するところが大きい





というのも参考になる^_^





資料も、その分野に関わるものだけではなく、

日頃からありとあらゆる情報を

集めておくことが必要。というのも、納得。





何か売りたいものがあるなら、

とにかく手当たりしだいに勉強が必要だ。


蓄積の上に閃きが舞い降りるのだから。





混迷の現代、電通や博報堂に限らず、

すべてのビジネスを行う人に、

広告人的世界観と能力は、

必要となってくるだろうと思わされる本でした。





#広告 #広告デザイン #広告代理店 #広告業 #広告運用 #マーケティング #デジタルマーケティング #マーケティング戦略 #読書 #読書記録 #読書好きな人と繋がりたい #読書好き #読書ノート #本が好きな人と繋がりたい #本が好き #紙の本が好き 


# by terasumonnmoku | 2019-06-18 17:07 | 読書 | Comments(0)

幼少時より、生と死から多くのことを学んできました。HSPによる摂食障害、自傷、パートナーの過労自死を通し、生きるための哲学を徹底追及。大切な家族やたくさんの仲間たちとの、しあわせに生きる毎日、スピリチャルな仕事や、社会活動、宇宙のことについて書いています。