自分から逃げなければ、誰でも素敵に変わっていける真理。波乱の珠子塾でしたー!

本日はあぐり寺で定期開催させていただいている
真理を学ぶ、珠子塾の日

でした(^ ^)

今回は伝授者限定。
「ヒーリング講座2」

いやあ、始まる直前まで
ドタキャンや
ドタ参加の連絡の嵐です。

最初は、
あららららら!
と思っていたのですが、

聞いているうち
なんだか、無性におかしくなってきて


朝からみんなで大爆笑!!!!

すべては必然なんだよね☆

本日のベストメンバー♬
あとでのりちゃんが参加してくれました♡嬉しい♡

c0195362_14170125.jpeg



ヒーリング講座なので、


ヒーリングとはなにか。
なぜヒーリングが効くか。

について、わりかし細かめに解説していきます。


みんなの学びが深まっており、
額面どおりの定理は
語れるようになっているので、
心置きなく
突っ込みも入れまくり(^_−)−☆

た、楽しい!

なんて楽しいんだろう♪

「ひさしぶりに笑いました」

という声もいただき、
ひそかにガッツポーズ。

いつも思うのですが
誰しも、学びが進めば進むほど、

無邪気で、魅力的で
おもしろいひとになってしまう・笑。

いやいや。これを読んでるあなたもです。
たぶんそもそもわたしたちは
そういう存在なのでしょう。


てなわけで、
今日もいっぱい、笑ったね\(^o^)/

あぐり寺の無冥さんはじめ
参加してくださった皆様。
本当にありがとうございましたー!!!

たくさんの差し入れにも
感謝です。

自分のすばらしさから目をそらさずにいれば、
誰でも素敵に変わっていける真理。

ぜひみんなに知ってもらいたいな♪
あなたがどこでなにをしていても
きっと人生が楽しくなります☆.


c0195362_16591109.jpeg

以下みんなの感想です♪

☆ヒーリングについての講座だったのですが、真理のことをヒーリングを通して学びました。私の成長として、「言語化する」自分の言葉で表していくことをしていきます。日々、成長発展し続けます。

☆ヒーリング。資格は取得しているけど、説明、やり方を深く掘り下げながら、しかも、お腹を抱えて笑いながら、それぞれの個性から感じる言葉を聞きつつ学べる、超豊かな時間でした。みんなの意見と珠子さんの説明がまじり合って、分かりやすく聞くことができました。大好きな人達と、好きなことを楽しく学べる心から楽しい時間でした。まず家族から少しずつ愛の循環をしていきます。ありがとうございました。

☆今まで大津先生のセミナーで言葉にとらわれている所が多かったんだなぁと、改めて思いました。分かりやすく説明して頂くと「こんなにシンプルだったんだ・・・・でも深いんだ・・・」と気付きました。ヒーリングをするのも、自分を認めるのも、すごくレベルが高くてかまえるものだと思っていましたが、ぜんぜんそんなことはない、と、少しでも気付いてあげられたのは、自分にとってすごくプラスでした。本当にありがとうございます!

☆ヒーリング、大好きなのに私の中でブレーキがかかる部分があって、それが今日は全くなくなっていた事に、おどろきでした。今までいかに自分の事をおろそかにしていたかよーーーーーーーーーーーく分かりました。でも、もう大丈夫。ヒーリングを楽しんでいきます。

☆今日はみんなでヒーリングを深めて言葉にしてみること、楽しくもあり自分が愛に定まる時間でした。珠ちゃんや、大津先生に出会てこの学び(自分の人生の学び)を進んでゆける幸せを感じます。珠ちゃん、ヒーリングさせてもらって、宇宙そのもの~!!感動しちゃいました。ありがとうございました♡

☆ヒーリングって何?一言で説明して!と言われると、言葉にちゃんと現わせない自分がいて、もどかしかった~!!珠子塾はいつもそう。毎回珠ちゃんの鋭いツッコミに自分がわかっていたつもりのことが、実はまだまだりかいできていない、、、それに気づけて勉強になります!!

☆ヒーリングは互いの存在が愛そのものであることを認めること。光輝く完全な存在だと気づくこと。私の中にある愛そのもので、完全なる調和した波動で、ただただ共鳴し合うこと。だとわかりました。ありがとうございました。



by terasumonnmoku | 2017-11-22 20:50 | 珠子塾 | Comments(0)

真理セラピスト・らくがきすと・即興ピアニスト+社会活動家(過労自死遺族/東北希望の会代表)幼少時より、生と様々な死から多くのことを学んできました。11年のセラピスト経験があり、仕事ではいのちのすばらしさについての、エナジーーワーク的なセッションやワークをしています。頭を現実的に使いながらメルヘンな世界を実現させていきたい。社会問題、スピリチュアルな仕事や宇宙のこと、日常について書いています。


by terasumonnmoku