過労死等防止対策推進シンポジウム福島2017終わりました!

本日は福島で行われる
厚労省主催の

初の

過労死防止シンポジウム

でした。

c0195362_17473041.jpeg


福島は、労働局が熱心とのことで
企業の方が大勢。結果計77名てした。
人数ではない。けど、気になる人数〜。


c0195362_17475479.jpeg


産業医の草分け、広瀬先生の講演。

労災に認定されるのは、
脳、心疾患と、精神障害だけだが、
実際はもっと広範囲な健康被害がでている。

生活習慣病の原語ーLifestyle-related diseases

の、<ライフスタイル>、という概念には、
もともと働き方、職場の人間関係の問題が含まれ、
それらが原因で健康を害することがある、
ということを言っていたのに

この言葉が日本で、「生活習慣」と訳されたことで、
病気の原因がプライベートなことに限定
されてしまった。


先生が産業医として夜勤のひとの、
インターバル休憩と、
血圧管理を徹底した職場では、
もう10年以上、
脳心臓血管系の過労死は出ていない。
適切な労務管理によって、過労死は防げる。
そういう認識を広げていかなくてはならない。

という言葉が、
とても印象に残りました。


c0195362_17481745.jpeg


弁護士の太田先生の事例報告もとても良かったし、
希望の会の遺族、作田さんの発表が
ほんとうにすばらしく
思いがこもっていて、泣いてしまった。

みんな、生きて、幸せな人生を。


>わたしたち遺族に同情するのではなく
同調してほしい。

という作田さんの言葉は、
そのままわたしたち全員のねがいです。
かなしみの連鎖を止めたい。

だいぶ人らしい気持ちか復活してきたのか
この方面では
すぐ涙目になる今日この頃。
余裕が出て来たということなんだろうけど
気持ち的には微妙〜。
決して快適ではありません。

ま、いいか。
人間だもの(^ ^)

希望の会からは10人が応援に駆けつけた
今回のシンポジウム。
みんながいてくれてうれしかったし、
無事終わってほっとしました。
お昼ごはんも、おいしかったね♪


c0195362_20575124.jpeg

参加してくださったみなさま
遠くから応援してくださった皆さんも
ありがとうございました。

年内に残す希望の会関係のイベントは、
クリスマス会のみ。

またよろしくお願い申し上げます!!!



c0195362_17553791.jpeg



満月は明後日。
もう月が、きれいです(^ ^)



by terasumonnmoku | 2017-12-02 21:00 | 希望の会 | Comments(0)

真理セラピスト・らくがきすと・即興ピアニスト+社会活動家(過労自死遺族/東北希望の会代表)幼少時より、生と様々な死から多くのことを学んできました。11年のセラピスト経験があり、仕事ではいのちのすばらしさについての、エナジーーワーク的なセッションやワークをしています。頭を現実的に使いながらメルヘンな世界を実現させていきたい。社会問題、スピリチュアルな仕事や宇宙のこと、日常について書いています。


by terasumonnmoku