映画10 SUKITA

1938年に福岡で生まれた、
写真家 鋤田正義 のドキュメンタリー。



c0195362_21023634.jpeg


映画館でフライヤーを見るまで
わたしは彼のことを全く知らなかった。

映画を見たくなったのは
そのフライヤーの中の
彼の作品をいくつも知っていて
しかも、鮮烈な印象があったから。




特にデビット・ボウイのこれ!

c0195362_21030058.jpeg


とか
YMOのこれ!

c0195362_21031983.jpeg


とか。


こんなソリッドな写真を撮るのは
どんなひとなんだろう。
と心を惹かれた。

しかもこの写真、
全然古くならないのだ!


なんとなくとんがったひとを予想して
いたんだけど、見てびっくり‼️
こう言うひとでした^_^


c0195362_21033746.jpeg

こんなすごいひとを前にしてなんだが、
可愛い♡
目がきらめいていて
見てるだけで、
うれしくなってしまう。

とんがっていたのは鋤田さんではなく
アーティストだった!
そんな当たり前のことに
気づかないなんて・笑

このドキュメンタリー映画は、
まるで鋤田さんのフアンクラブのようだったけど、
そのメンバーがすごい。

デビット・ボウイ。イギー・ポップ、マーク・ボラン、映画監督ジム・ジャームッシュ。デザイナーのポール・スミス。坂本龍一、細野晴臣、糸井重里etc

みんなが鋤田さんが好きというのが
しんしんと伝わってくる(^-^)


c0195362_21040885.jpeg


ドキュメンタリーの中で、
ギタリストの雅を撮った時

「年をとるとすごくいいのは
若い頃と比べて
どんどん自分を壊していけること。

若いうちはまず技術を
身につけないといけないから、
なかなか壊すところまで行かないんだよ。

だから次々と新しいことに
チャレンジするあなたを撮るのに
今のぼくは、ちょうどいいと思う。

刺激受けてますよ」

と、鋤田さんは彼に言ったのだけど、

それがほんとに


ほんとに

ほんとに

かっこよくて


泣いた!

鋤田正義78歳が
30代の雅にそれを言うのだ!
しかもデビット・ボウイを撮った人が。

なんとなくいつもかっこつけたような
印象のある雅が、
心の底からのリスペクトを持って
撮影に臨んでいるところも
実に素敵だった(T ^ T)

才能同士のぶつかり合いというか
創造の現場を見てるようで。

常に新しく、
どんどん変化しながら
年を取っていきたいな!

そして鋤田さんのように
どこまでも目を輝かせながら
高みを目指していたい(^-^)

ステキな映画でした!

珍しく観客の年齢層も低かった・笑

c0195362_21043928.jpeg

10.SUKITA
相原裕美監督、鋤田正義、布袋寅泰、ジム・ジャームッシュ、山本寛斎、是枝裕和、リリー・フランキーほか。
2018.日本 115min 恵比寿ガーデンシネマ

*苺以外の写真はすべて、
今回の映画のフライヤーからお借りしました!ありがとうございました。

by terasumonnmoku | 2018-05-31 00:18 | 映画 | Comments(0)

真理セラピスト・らくがきすと・即興ピアニスト+社会活動家(過労自死遺族/東北希望の会代表)幼少時より、生と様々な死から多くのことを学んできました。11年のセラピスト経験があり、仕事ではいのちのすばらしさについての、エナジーーワーク的なセッションやワークをしています。頭を現実的に使いながらメルヘンな世界を実現させていきたい。社会問題、スピリチュアルな仕事や宇宙のこと、日常について書いています。


by terasumonnmoku