生きやすくなるために必要なこと。1.記憶を更新する。

住んでいた場所を、訪ねた。



c0195362_20514686.jpeg



北大農場の片隅の、そこは、
今は馬術部の敷地になったいて

おもむろに三頭の馬の
出迎えを受ける・笑

c0195362_21131160.jpeg



そこにいた5年ほどの間


わたしたちは友達を呼んで
草原でジンギスカンを食べたり

草を食む牛やキタキツネを
横目に出勤したり、


c0195362_21140113.jpeg

四畳半に学生さんたちと
ぎゅうぎゅう詰めになりながら
スタンフォード大学の教授に
なにか臭いものを
ひたすら食べさせたり、

休暇中の南極探検隊員から、
町内会費の集金をしたり

(夫が)火炎放射器で
家具を焼くついでに
火事をだしかけたり、

c0195362_21171241.jpeg


ガムテープを貼った車のトランクに
(夫が)毎度ゴミ袋を乗せて捨てに行くために
ご近所の注目を集めたり

していたのだが

その頃わたしは情緒不安定で
だいたいにおいて、自分をとても
不幸なひとのように思っていた。



c0195362_21143433.jpeg



人生のほとんどは
勘違いでできている。

そんな毎日は、

めっちゃ、おもしろいやんけ!
と、今なら叫び出すに違いない(^-^)

より生きやすくなるために、
たまにこうして
過去を書き換える必要がある。


そうでなければ
人は永遠に、
勘違いし続けるからだ。

過去を思い起こすたび、
かつての理屈で描かれたストーリーが
立ち上がり、苦しむことになる。


せっかく年をとって成長したのに、
そんなのは無駄だし、そもそ意味がない。



c0195362_21292419.jpeg


真夜中によく遊びに行った
理学部本館は
いま、総合博物館になっていて、


c0195362_20553036.jpeg

タイムスリップしたように
すべてが古びて感じられる札幌の街の中で、
そこだけが、きれいだった。




c0195362_21152041.jpeg



失われたいのちの重さを思うと
涙は出るけど

理学部の建物がこれから先も
なくなることはなさそうで、
うれしい。

そこに彼にとって幸福な時が
満ち満ちていたことを
ほんとうにありがたく思う。

c0195362_21255204.jpeg


かたちは失われても
喜びはなくなることはない。

その時感じた輝きは
ともに時間を過ごしたひとの中で

永遠の、いのちに変わる。














by terasumonnmoku | 2018-06-06 00:57 | Comments(0)
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31