熊野古道❷大斎原☆大いなる自然の、ちっぽけな一部である幸福を知る

ごうごうと
水のうねりの音を聞きながら眠り
眼を覚ますと



c0195362_06550580.jpeg

晴天!

あと20センチでした。

と、宿のマダム。

道路まで水が上がるのは覚悟しましたが!

笑顔で、言葉を続けます。



c0195362_06544981.jpeg


驚くほどおいしい、旅館の朝ごはんを食べながら
たびたび起こる、河川の氾濫の事。
特に大きな被害をもたらした
平成23年の紀伊半島大水害の話を聞きました。

道路が冠水し、ひと月近く陸の孤島になったこと。
旅館の一階一メートルが水につかったこと。


繰り返す自然の猛威。

淡々と、まるで当然のことのように
語るおかみさんを見て
畏敬の念に打たれました。
河はあふれるのが当たり前という前提が
あったから。
何十年も、何百年もそのようにしてここで、
ひとびとは暮らしてきた。


わたしが認識していなかっただけで、
もともと自然って
そういうものなのでしょう。

決して「不幸にして」
被害にあったのではない。

わたしたちは自然とともに
生きているのではない。
自然によって
生かされているに過ぎない。

頭では分かったつもりで
全然わかっていなかった。


認識の、コペルニクス的転回です。

だけど、だからこそ
ありがたく、謙虚な気持ち。
大いなるものの一部感が
半端ない。

母なる自然。
母なる大地の、
なんとありがたいことでしょう・涙

わたしたちはいのちの循環の
ほんの一部に過ぎないけど
一部としてちゃんと愛されていて
だからこそ全体を
愛することができる。


c0195362_07085577.jpeg


宿のマダムの運転する車で、
悟りを開くという意味を持つ
発心門王から、
熊野古道を出発!



c0195362_07211148.jpeg


人気のない道を
ひたすら歩きます。

途中梅干しの無人販売があったり

c0195362_07215392.jpeg

湿度が高く、苔がすごい!

c0195362_07225235.jpeg


2時間ほどで、本宮に到着!

去年から、自分の振動で人を震わせるんだよ。みたいな意味で、言い続けていた


「励気」

という言葉の描かれた垂れ幕にびっくり!
これは夫が教えてくれた言葉なんだよね(^-^)


c0195362_07320585.jpeg

ハートに温かみが満ち、
イザナギイザナミスサノオノミコトアマテラスご一家の祀られている拝殿の、美しさにしびれる。

c0195362_07332899.jpeg




そして更に!

さらに

さらに


大斎原(おおゆのはら)

c0195362_18073913.jpeg


ここは古くから、
熊野本宮のあった場所。
三本の川の合流地点にできた中洲です。
度重なる水害で
何度も流され

ついに現在の場所に
移築されたのだそう。


c0195362_18093059.jpeg


もとあった建物のジオラマと
増水した周囲の河。
いかにも流されそうで
この配置は衝撃的。


今以上に水に翻弄されていた暮らしの中で、
当時の人だって
ここが危ない事くらい知っていたでしょう。
それでも、この場所に神を寿ぐ社を建てる
必然性があった。
わたしたちが今回、
どうしてもここに来る必要があったように。

見えない世界は
実は合理的で無駄がない。
けれども、見える世界とは違う原理で動いているために
傍目にはこんなふうに非合理なことがままあります。


c0195362_08220839.jpeg


今もここには暖かくやわらかで
それでいて力強い、
太古からの素晴らしいエネルギーが
集まっている。

創造のエネルギーです。
国生みの。
おおゆのはら、さいこう(´;ω;`)

すてきすぎる・・・・・

しかも、人っ子一人いません。
わたしたちが帰る段になって
ようやく観光の皆さんが!


まるで人払いでもされているみたい。
嘘のようにどこもかしこも静かです。


なんて贅沢!


c0195362_08132132.jpeg


速玉大社。

ここでは、見事な日輪のお出迎え。
虹ではなく、
太陽の周りをまるく囲んでいます!
愛を感じる^_^

c0195362_18171503.jpeg


本日締めのここは、神倉神社。

イザナギイザナミは、
まずここに降り立ったといわれています。
おおゆのはらとも
速玉大社とも違う。
強いていうと柑橘系のゼリーのような
エネルギー・笑
宇宙系な感じです。

雨の後だけに、
高い!滑る!危険!


c0195362_18174191.jpeg



こんな階段を、よじ登ります。
行く人は
ちゃんとした靴で登ってね。
杖は邪魔かもしれないよ。


ひろみんは滑り落ちそうになり、
合気道修行中のアメリカ人男性に、
助けられていました(^-^)


c0195362_20145315.jpeg

今晩の宿。
南紀勝浦、勝浦温泉休暇村。
凄まじいオーシャンビュー。

燃えるような夕陽が
海に沈んでいきました。

*平成23年台風第12号(紀伊半島大水害)

*大斎原おおゆのはら

by terasumonnmoku | 2018-06-22 22:51 | | Comments(0)

真理セラピスト・らくがきすと・即興ピアニスト+社会活動家(過労自死遺族/東北希望の会代表)幼少時より、生と様々な死から多くのことを学んできました。11年のセラピスト経験があり、仕事ではいのちのすばらしさについての、エナジーーワーク的なセッションやワークをしています。頭を現実的に使いながらメルヘンな世界を実現させていきたい。社会問題、スピリチュアルな仕事や宇宙のこと、日常について書いています。


by terasumonnmoku
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30