熊野古道❸那智大滝との対話。共鳴と循環について

目が醒めると、
見事な朝日でした。
海から登る日の出を見たのは
はじめて(^-^)


c0195362_19364277.jpeg


大いに気を良くして
昨日アメリカ人の合気道修行者
デビット君(仮名)に
教えてもらった

三重県、神内神社へ⛩

まだ神社は見えないのに
近づいただけで空気が濃い。

なんと!
大きな日輪がお出迎え。

c0195362_19371345.jpeg

わしわしと
日輪の下にそびえる大岩に登る。

神社もしめ縄も
なにもないのに
すごいパワー!


c0195362_19381338.jpeg


ここで祈ると、子供が生まれる。
と言う言い伝えの
神内神社。

c0195362_19404407.jpeg

このきれいさ。精妙さは
なんだろう!


c0195362_19411689.jpeg

いにしえの、熊野本宮大社同様
四方を川に囲まれている。
正面入り口に橋がないため、強制的に
足が浄められる造り。

c0195362_19424640.jpeg


おいしい波動を、思うさま堪能。
デビット君!ありがとう😊

そしていよいよ、那智大滝へ!

c0195362_19454912.jpeg

こちらは那智山頂上にある
那智大社。

お隣にお寺があるからなのか
雰囲気が台湾の
宇宙を祀る道教のお寺に似ている!

c0195362_19463720.jpeg


こちらは如意輪観音菩薩像で有名な
青岸渡寺。
奥すぎてよく見えない。

山を降り、滝の入り口を守る
飛龍神社へ!

c0195362_19483720.jpeg

またしばらく、下ります。

ばばーん!!!


c0195362_19493314.jpeg


でかい!
飛龍神社の御神体は
この大滝。
見れば見るほど圧倒される。

左脇で入場券を300円で買うと
さらに近くまで行けます。

c0195362_19503734.jpeg

ここも人気なく、
じっくりと滝とお話しすることが
できました(^-^)


道すがら、
森が壊れて行く様子を見、
その結果、河が砂利で
埋め尽くされていっている話を
聞いて、

無意識にどうしたらいいか
瀧に問うていたのでしょう。


「水の循環は、水のことだけに対処して、
解決しうる問題ではない。
あなたの周りの、エネルギー循環を
調和のとれたものにすることが、大切なのだ。

そうすることによって、
水の巡りも、しだいに整ってくる。
すべては繋がっており、
無関係なものは何一つない。
できるところからはじめるといい」

と深い声で(修辞的に)言われました。
ほっとした。

何か重要なミッションを
果たしたような気持ちです(^-^)
なにもしてないのに!


楽しかった旅も
ここで終わり。

途中南紀白浜付近の
すさみ町の道の駅で
町の特産イノブタ丼を食べ

c0195362_20325434.jpeg


定刻通りの飛行機に飛び乗って
一路帰宅の途につきました(^-^)

c0195362_20333850.jpeg

滝や河。
岩を御神体として
祈りを捧げる日本人。

南方熊楠が守った森は
こんなふうではなかったか
というような
神内神社。

水害の後で根こそぎ倒れ
ばっくり山肌が削られた杉林。

豊かでおいしい水。

特に、
自然について
しみじみと考えさせられる
旅でした。

まるで、校外学習。
神さまからの特別な授業のようだった。

by terasumonnmoku | 2018-06-23 21:29 | | Comments(0)

真理セラピスト・らくがきすと・即興ピアニスト+社会活動家(過労自死遺族/東北希望の会代表)幼少時より、生と様々な死から多くのことを学んできました。11年のセラピスト経験があり、仕事ではいのちのすばらしさについての、エナジーーワーク的なセッションやワークをしています。頭を現実的に使いながらメルヘンな世界を実現させていきたい。社会問題、スピリチュアルな仕事や宇宙のこと、日常について書いています。


by terasumonnmoku