パラダイムシフトは柔らかく。さとのば大学応援WEBミーティング。

WEB会議室ZOOMの
オンラインミーティングに参加しました(^-^)

ZOOMはスカイプのような
WEB会議ソフトです。
集団でのミーティングに向いていて
掲示板を使っての全体会議、

c0195362_22154830.jpeg


複数のグループに分かれての、セッションが可能。

今回は参加者も比較的多かったので、会議の途中、グーグルドキュメントを駆使。いろんな形でいろんな方の意見を知ることができました!

世界中の24人が参加。回している田原さんは物理の先生。フリースクールをやっている人、学生を連れて、陸前高田に通っているひと。起業支援をしている人、などなど様々な年齢、背景を持ったひとばかり。オンラインの可能性はすごいですね!

本日のテーマはこちら

c0195362_22223348.jpeg

信岡さんはITベンチャーから、過労で島根に転居。地域活性化を目指すも、島根県の年間予算が毎年200億の赤字であることを知り、地域だけでは成り立たないことを痛感。オンラインとリアルをつなげた形の、旅する大学を構想しました。
今回は、その応援の会です。


c0195362_22162225.jpeg







このイベントを主催している与贈工房の理念は、
「すべてのいのちの存在が大切にされ、誰もが自分を十全に生きられる社会へのパラダイムシフトのプロセスを生きる」というもの。


c0195362_22523669.jpeg

パラダイムシフトとは、旧パラダイムを壊すことで起こるのではない。古いパラダイムにまず揺らぎとリフレーミングが起こり、

旧パラダイムは、
実はもっと大きなパラダイムの一部だった!

というふうに展開していく。

c0195362_22520974.jpeg

と定義されていたのが
なんともいい感じでありました。



c0195362_22522582.jpeg

反対でも、破壊でもない。
より大きなものに、どんどん吸収されていくだけ。

パラダイムシフトって
ほんとうにそんなふうに
起こると思うのです(^-^)

そして田原さんが言うように
こんなふうにみんなが集まって
わたしたちの持続可能な未来、より素晴らしい明日に向かい、こうかもしれない。ああかもしれない。とカオスのように語り合ううちに

ちーん!

となんだかわからないように
何かが前に進んでしまう。

宇宙って、本当にそんな感じなんだろうな(^-^)
楽しみですね♪


大きな企業から雇用されることを正解とした大学ではなく、自分なりの正解を見出して、変わり続けていくことができる人、つまり自分として生き、人と一緒にほしい未来をつくれる人を育てるために構想された「さとのば大学」

古いパラダイムにリフレーミングや、揺らぎを起こす何かが、ここで学んだひとの中から、たくさん生まれてくるんだろうな♪

さとのば大学の活動
応援しています!!!
さとのば大学クラウドファンディングはこちら



下三枚の図は
与贈工房の田原さん作成をシェアさせていただきました。ありがとうございました!!!


by terasumonnmoku | 2018-08-10 22:12 | Comments(0)

真理セラピスト・らくがきすと・即興ピアニスト+社会活動家(過労自死遺族/東北希望の会代表)幼少時より、生と様々な死から多くのことを学んできました。11年のセラピスト経験があり、仕事ではいのちのすばらしさについての、エナジーーワーク的なセッションやワークをしています。頭を現実的に使いながらメルヘンな世界を実現させていきたい。社会問題、スピリチュアルな仕事や宇宙のこと、日常について書いています。


by terasumonnmoku