読書 若冲 澁澤龍彦他

[若冲]澁澤龍彦他  河出文庫




c0195362_17022568.jpeg




失敗した。


澁澤龍彦他、の

「他」を見落としていた。


これは「他」総勢16名による、

江戸時代の有名な画家

若冲をテーマにしたエッセイを、

ほぼ無作為に集めたアンソロジー集。


初出が1964年。

から2007年にわたって

バラバラに集められている。


だから文体も、

後ろで流れている時代のリズムも違う。


誰がこんな企画を通してしまったのだろう。無理矢理感がいっぱい・笑。

でも買ってるからな!


中では、植物学者の

瀬川弥太郎さんの文章が面白かった。

若冲についての文章なのに、

彼の描いたサボテンに関する記述しかない。


だけど、サボテンについては、

微に入り細に入りきっちり書いてある・笑。こういうのは、いいな!


評論家ではなく、

それぞれの分野の専門家による

若冲論があったら面白いかも。


システムエンジニアによる若冲論とか、

政治家による若冲とか。


本書によって初めて、

仙台にその名をとったお店のある

有名な「売茶翁」が実在の人物で、

若冲が尊敬した禅宗の

お坊さんだったことを知った。


形式を忌み嫌い、

気分が向いた時だけお茶をたて、

人をもてなしていたそうだ。

どちらかというと引きこもりな若冲も

かなり変わった人だったけど、

売茶翁も楽しい。


きっと、偏屈だけど

魅力的な人だったんだろうな♪


引きこもりで大した旅もしなかった若冲が、生涯を絵にかけて独自の世界を深め、

没後世界的に有名になっていくことの不思議。


本人にも想像できなかった世界に違いない。しかし確かに、若冲の世界には、パリのクリニュー美術館の一角獣のタペストリーとか、ヴィーナスの誕生やらにつながる世界観があって、心が広々とするのだ。


#読書中毒 #本が好き #読書ノート #若冲  

#日本画家


by terasumonnmoku | 2018-08-15 17:01 | 読書 | Comments(0)

真理セラピスト・らくがきすと・即興ピアニスト+社会活動家(過労自死遺族/東北希望の会代表)幼少時より、生と様々な死から多くのことを学んできました。11年のセラピスト経験があり、仕事ではいのちのすばらしさについての、エナジーーワーク的なセッションやワークをしています。頭を現実的に使いながらメルヘンな世界を実現させていきたい。社会問題、スピリチュアルな仕事や宇宙のこと、日常について書いています。


by terasumonnmoku