2018年 02月 22日 ( 1 )

うらやましい

という感情が
わからなかった。

わたしは極端なエンパスで
人との境界線が薄い。

親指を羨ましがる
小指がいないのと同様、
自分のことは
うらやましくならない。

(だからと言って、ネガティブな感情
全般がない、というわけではない。残念なことに!)



c0195362_15220996.jpeg



なのに、昨年末
経験してしまった( ̄O ̄;)

はじめての、はっきりした

うらやましい

という感情を!


どどーん。



c0195362_15224166.jpeg


驚いた。

自分がその人(徳ちゃんだけどね・笑)
でないことが不満で
いろんなことに納得できない。

賞賛的な周りの人の反応を見るにつけ
ぞわぞわと劣等感!!が
掻き立てられる@(・●・)@

ナンナンダ?

荒くて痛い、砂の嵐みたいな波動が
自分からダダ漏れていくのだ。

やだすぎる!


わたしは39.6分の高熱を出し、
寝込んでしまった。
いつもながら、極端な話である。


うらやましい、とか妬ましい、
という感情は
できるのにやらない、
自分のやりたい事を
既にやってる人に対して
持つものだそうだ。

となると、やりたいことを
やればいいのか!

そう結論すると、わたしは
病み上がりの身体を引きずって
突如24時間、屋久島ひとり旅を決行した。
(コトの種類が違う気がするが、気にしない)

これがゾクゾクするほど
楽しかった。

夢中で遊びまわり、
気づくと

うらやましい、
 
が、わたしの中からすっかり消えて
無くなっていた。




c0195362_15231255.jpeg



徳ちゃんの役割を果たすのは
ものすごく大変だ。
一つ一つの作業を思うだけで、
気が遠くなる。

徳ちゃんがみんなから得ている
信頼や、賞賛は、
その大変で膨大な
仕事の結果に過ぎない。

代わりはできないし
仮にできたとしても、やりたくない。

わたしはわたしの役割をしている方が
ずっと楽しいし、みんなの役に立つ。

他のみんなも同じだろう。

それに信頼とか賞賛なら
わたしだって充分持ってる(^_^)

結構みんなから愛されてるし、
ま、怖がられているってのもあるけど・笑

(あたりまえのことだが、こうした承認欲求は、過労死防止活動では立ち上がらない。過労死防止活動はわたしにとって、なにかの補完作用なんだと思う)


c0195362_15234715.jpeg




後日

徳ちゃんに「うらやましい」が
わかった話をした。

すると、

「よかったね。
それ、みんなをサポートするのに
必要だもん。
ほんとよかったよ!」

と、満面の笑顔で、元気よく、
言われました・笑







ね?

うらやましい、

なんて思ってないで

あなたも生きてみようよ!

カラダとココロをふるわせて

自分自身のために(^_^)



羨望の力を
自分を生きる
パワーに変えるのだ!







by terasumonnmoku | 2018-02-22 21:27 | Comments(0)

真理セラピスト・らくがきすと・即興ピアニスト+社会活動家(過労自死遺族/東北希望の会代表)幼少時より、生と様々な死から多くのことを学んできました。11年のセラピスト経験があり、仕事ではいのちのすばらしさについての、エナジーーワーク的なセッションやワークをしています。頭を現実的に使いながらメルヘンな世界を実現させていきたい。社会問題、スピリチュアルな仕事や宇宙のこと、日常について書いています。


by terasumonnmoku