2018年 03月 26日 ( 1 )

猛烈に怒っている夢を見た。



c0195362_16513463.jpeg



何だかわからないが
わたしは、ひどく理不尽な目にあって、
やけを起こしたのだ。

腹立ち紛れに
その辺にあった

赤ちゃんの服 を、着た。

ロンパースみたいなやつ。



c0195362_16122553.jpeg


大人用の赤ちゃん服が
手近にある。
という設定も謎だが、

やけを起こしてそれを着るという展開も
意味不である。

ま、夢だからね。

で、ムカムカしながら階段を下りて行くと

なぜか
同じ格好をした
つまり、
赤ちゃんのロンパースを着て



c0195362_16122553.jpeg


階段を上がってくる夫に、
ぶち当たった。

お互いを見て、
あっけにとられた。

ちょっとした沈黙のあと、

顔と顔を見合わせて
破裂するように
大笑いしている時に

電話が鳴って、目が覚めた。





c0195362_16243044.jpeg


その前日、夫のお墓には
大学時代のお友達が
何名も、お参りに来てくださっていたらしい。

一緒にお酒を飲んでもらって、
うれしかったのだろう。
気持ちが高揚したのかも。

そういうのって、通じるから(^-^)
高揚するとロンパースを着る 
というのは謎だけど・笑


もう絶望したり
何かのせいにしたり
苦しむのはやめようというこのタイミングで
背中を押してもらうように


2人で大笑いできて
ほんとうに嬉しい♡




c0195362_16270519.jpeg



その夜は、
息子とうもろこしのライブだった。

高校の頃から、いや中学の頃から
ずっとやりたがっていた
熱愛するラドウィンプスのコピーバンド。

本人の記憶にはないそうだが、
夫が亡くなった直後
布団の中に小さく丸まって
絶叫するようにラットを歌っていた姿が
今でも目に焼き付いている。

彼らが楽しそうに
ライブハウスを沸かせている姿を見ながら

1つの時代が終わり
また別の新しい何かがはじまったことを
ふつふつと心に感じていた。




c0195362_15195190.jpeg



人生はオセロゲームに似ている。
最後まで、自分を投げだしては
いけない。

ひかりがひかりであることを
思い出すまで
ゲームを続けるんだ。



by terasumonnmoku | 2018-03-26 21:22 | 家族 | Comments(0)