2018年 09月 01日 ( 1 )

老いていく両親のこと。

9月に入りましたね。
この夏はまた、老いて行く親の問題に取り組む
シーズンでした。

(続いてますが!)

この夏の暑さがこたえたらしく、
めっきり弱くなった母と
それを支える父を
どうサポートするか。

2人にとって何が1番の幸せで、
それをどう大事にするか。

考えさせられました。



衰えた母を受け止め切れず
叱咤激励しちゃったり
怒ったり。

可哀想なこともたくさん。

c0195362_17415307.jpeg



だけど、そういうことじゃない。



こんなふうにして、人は少しずつ
死んでいくのだ。
2人はそれを、教えてくれているのでしょう。

「おじいちゃんおばあちゃんが
年取っちゃうのは確かに寂しいけどさ。
だけど正しいことだと思う」

と、息子とうもろこしは言う。

日々成長する彼を見ていると、
親が老いるということが
とても自然な気もしてきます。
いつの時代もひとは代をつなぎながら、
ゆっくりと入れ替わって来た、ということが、
素直に理解できる。

大きな川の流れの中で
きらめく光の波の一つ一つが
隆起し、減衰する。


わたしや、とうもろこしに、
衰えていく姿を見せてくれることが
ほんとうにありがたい。
それは自身の、明日のことでもあるから。

現実に、生活をサポートする方法を
考える必要はあります。
健康上のことも、もちろん。
それはそれでやるとしても
でも、老いて、形をなくしていくこと自体は
強いて抗うようなことではない。

花は散っても花だし、
立ち枯れの紫陽花も美しい。


c0195362_17425492.jpeg

同じように、
いろんなことができなくなってゆく
互いを大切に慈しみあう両親が、
例えようもなく美しく尊く
輝いて見える。

人が生きるって
すごいことだ。

この奇跡の変化する姿を
しっかりと見届けていきたい。


c0195362_17545533.jpeg




by terasumonnmoku | 2018-09-01 21:17 | Comments(0)