2018年 10月 07日 ( 1 )


c0195362_17340241.jpeg



あーす・じぷしー

はじまりの物語 Naho &Maho  TOブックス




シャーリー・マクレーンの

「アウトオンアリム」や、

パウロ・コエーリョの世界的ベストセラー

「アルケミスト」など

一連のスピリチュアルな流れをくむ本の一つ。




ペヨーテらしき麻薬性のものを使った

シャーマニズムが入ってくるあたりは

(とは書いてないけど、人によって違う幻覚を

起こすってそれしか考えられない)


メキシコのシャーマニズムを題材にした、

人類学者カルロス・カスタネダの

「ドンファンの教え」にも通じるところがある。




2017年に出された本なので、

過去のスピ本の正統派の流れは汲んでいるが、

今時らしく世界観はかなりライト。




しかし、ここにも仕事をし過ぎて

「あと一週間で鬱になるわよ」

と産業医に言われた女の子がいたことに、涙。

この産業医の先生、偉かったなあ。

女の子をひとり救ったよ(T ^ T)


>思い通りにならないあなたや、一見障がいのように感じるできごとが、<わたしがここで生きている証>って、本当にそうだと思う。




わたし自身は、どんな人も

全部自分のように感じる体質なので、

もともと彼女のような世界観を持っていると

言えるのかももしれない。


全てが自分である恐怖とか、

発狂しそうだったりとか、

通過して来た世界がとてもよくわかる。


最近ほとんどスピリチュアル系の本を

読まないこともあって、

読みながらどこか懐かしさを感じた。


漠然と頭の中にあったことが整理されるようで、

読んでいてとても気持ちが良かった(^ ^) 


ワクワクで生きるために大事なのは

宇宙の意思に従って

自分とみんなのために生きる、

ということ。


「自分」が欠けても「みんな」が欠けても

決してうまくいかないので、

これを読む人は

そこ気をつけてね。


#読書中毒 #本が好き #あーすじぷしー #スピリチュアルメッセージ


by terasumonnmoku | 2018-10-07 17:33 | 読書 | Comments(0)

真理セラピスト・らくがきすと・即興ピアニスト+社会活動家(過労自死遺族/東北希望の会代表)幼少時より、生と様々な死から多くのことを学んできました。11年のセラピスト経験があり、仕事ではいのちのすばらしさについての、エナジーーワーク的なセッションやワークをしています。頭を現実的に使いながらメルヘンな世界を実現させていきたい。社会問題、スピリチュアルな仕事や宇宙のこと、日常について書いています。


by terasumonnmoku