人気ブログランキング |

2019年 05月 26日 ( 1 )

今わたしのいる、
ここ、

Barberyn Ayurveda Resorts 

は、
飛行場のあるコロンボから
300キロほど離れた、

スリランカ南部にある
本格的な Ayurveda 治療の施設です。


c0195362_17562632.jpeg




イメージとしては、
ドイツのサナトリウムか、
日本の湯治施設。

ヴェリガマという
小さな町の、ガヤガヤした通りを
一歩施設に入ると、
そこは別世界。

まるで楽園のよう。


c0195362_18004178.jpeg

緑の中の
静かで美しい環境と
美味しい食事。

c0195362_18030540.jpeg

青い海。
孔雀やイグアナや、リスや
猿が、共存。

エアコンがなく
ネットも2カ所しか繋がらないこともあって
訪れるのは
ドイツ、スイス、などヨーロッパ勢と
アジアからは日本人のみ。
ちなみに欧州勢は滞在期間が長く
基本が21日とか。




「この暑さで、エアコン無しなんて
アメリカ人や中国人には
絶対耐えられないですよ!」

と、外資系の企業で働く
犀(動物のサイ)コレクターの
Nちゃんは、
鼻息荒く断言します。

c0195362_23593850.jpeg



しかし、前回、
2018.9月に行った時より
お客さんは激減。

5分の1ほどに
減っていて
スタッフも減らされています。

それ以外の前回との違いは、
外に出かけるたびに、

「宗教」

を聞かれること。

日本人は仏教徒
とは
広く知られているようで、
そのために、
親近感を持たれているもよう。


もともとスリランカは
国民の7割が仏教徒で、
残り3割が
ヒンズー、イスラムとキリスト教徒です。
(だいたい割合は同じ)  



c0195362_18125562.jpeg




宗教対立とはいえ
支配 vs 被支配者という

欧米やインドとの
国の権力をめぐる
熾烈な駆け引きや争いだったり
するんだろうなあ。

こちらで見せてもらった
仏教寺院も、

オランダ、イギリスに支配され
様々なものをむしり取られ、
(更にその上)

キリスト教を布教されていた
300年前〜くらいに建てられたものが
多い。

スリランカの人にとって宗教とは
単に信仰だけでなく
独立とか、国としての
アイデンティティを表す
象徴のようなものだったのかもしれません。

c0195362_18135433.jpeg



とりあえず、施設に着いて、
はじめのうちは
オイルマッサージ、針治療など、
基本メニューだけなので、

午後は
なるべく外へ偵察に出かけようと
思っています^_^





by terasumonnmoku | 2019-05-26 17:06 | | Comments(0)

幼少時より、生と死から多くのことを学んできました。HSPによる摂食障害、自傷、パートナーの過労自死を通し、生きるための哲学を徹底追及。大切な家族やたくさんの仲間たちとの、しあわせに生きる毎日、スピリチャルな仕事や、社会活動、宇宙のことについて書いています。